SHARE

contents kv

出典:amazon

2019/05/07
942 0

マット・デイモン好きなら絶対に観るべき映画「エリジウム」!独特の世界観に引き込まれよう!

エリジウムが今すぐ観れる

\おすすめの動画配信サービス/

※配信状況により無料ではない可能性がございます。

数々の映画に出演し、アメリカにとどまらず日本でもファンの多い「マット・デイモン」。俳優だけでなく、脚本家やプロデューサーとしても活躍中です。逞しさの中にセクシーさを秘めた彼の魅力と共に、主演映画「エリジウム」の世界観についてご紹介します。

目次

愛される人柄が魅力の「マット・デイモン」

プロフィール

1970年10月8日、アメリカ・マサチューセッツ州生まれ。

2005年にアルゼンチン人のルシアナ・ボザン・バロッソと結婚しました。

彼女の連れ子を含め、4人の子どもを持つパパです。

実は”理想のパパ”としても人気が高いんですよ。

経歴

ジュリア・ロバーツが主演した映画「ミスティック・ピザ」で1988年にデビューしました。

”スティーマー”という端役で出演しているので、まだ観たことのない方はチェックしてみてくださいね。

有名になったきっかけは、映画「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」です。

この映画では出演だけでなく脚本も担当しましたが、なんと、この作品がアカデミー賞脚本賞を受賞したのです。

これには脚本を共同で執筆した、幼馴染の俳優「ベン・アフレック」も大喜び。

授賞式のスピーチでは、マイクをベンに譲り、彼の優しさと思いやりも注目されました。

トレーニングを重ねてアクション俳優としても活躍

1作目の「ボーン・アイデンティティー」が大ヒットし、シリーズ化している「ボーン」シリーズ。

徹底した食生活に、過酷なトレーニングを重ねて鍛え抜かれた肉体で、アクションシーンに挑戦しています。

”演技派俳優”と呼ばれていた彼が、”アクション俳優”としても有名になった映画です。

2016年10月7日に最新作の「ジェイソン・ボーン」が公開されました。

近未来を舞台にした映画「エリジウム」

脚本、監督を務めるのは「第9地区」で有名なニール・ブロムカンプ。

出演はマット・デイモンの他に、「羊たちの沈黙」のジョディ・フォスターや、「第9地区」のシャールト・コプリーといった豪華俳優陣が揃えられています。

日本では、殺傷表現を理由にPG12指定となっているので、注意してください。


舞台は2154年、近未来でのストーリーです。

タイトルになっている「エリジウム」というのは、限られた富裕層の人間たちが、汚れを排除したスペースコロニーの名称です。

「エリジウム」に住む人間以外は、地球に住んでいます。
地球は人口が増え過ぎて荒れ果ててしまい、犯罪が多発し、貧困がはびこるようになっています。

マット・デイモン演じるマックスも、犯罪に手を染め留置所送りになり、また出所しては罪を犯し…といった生活を繰り返していました。

しかしこの生活を断ち切ろうと、とある工場で働き始めます。

徐々に更生したように見えたマックスですが、ある事故をきっかけに変わってしまいます。

何が何でも「エリジウム」に行かなければならなくなるのです。

危険を顧みず「エリジウム」に潜入を試みるマックスの前に立ちはだかるのが、ジョディ・フォスター演じるデラコート高官。

不法に入国しようとする者から「エリジウム」を守る役割を担っています。


なぜマックスは「エリジウム」に行かなければならないのか。

また、観る人の価値観によっては、デラコート高官が悪者に見えるかもしれませんし、はたまた賛同できるかもしれません。

現代の格差社会を、地球上と宇宙に二極化し、近未来世界として上手く投影している作品になっています。

「第9地区」を既に観ている方にもおすすめしたいです。

終わりに

貧困の差などの社会問題についても考えさせられる映画「エリジウム」。

SF映画に抵抗がある人も、興味がない人も楽しめるのではないでしょうか。

また、マックスを演じるのはマット・デイモンしかいない!と言っても過言ではないぐらいに適役です。

映画の内容と共に、彼の魅力も存分に味わってください。

参考元

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

合わせて読みたい

このニュースに関連する作品と動画配信サービス

エリジウム

動画が配信されているサービス一覧

レンタル

2,658 円/月

TSUTAYA TV/DISCAS詳細

レンタル

1,958 円~/月

music.jp詳細

レンタル

550 円~/月

ビデオマーケット詳細

定額見放題

2,530 円/月

スターチャンネル詳細

「洋画」人気ニュースランキング