SHARE

contents kv

出典:amazon

2019/01/20
1,207 0

シリーズ集大成!いよいよ全貌が明かされる!?最終章『トランスフォーマー 最後の騎士王』

トランスフォーマー/最後の騎士王が今すぐ観れる

\おすすめの動画配信サービス/

※配信状況により無料ではない可能性がございます。

『トランスフォーマー』シリーズ第5弾にして最終章『トランスフォーマー 最後の騎士王』の公開を控え、出演者や詳細も少しずつ明かされた。予告編では、オートボットのリーダーオプティマス・プライムがバンブルビーらと戦う姿が描かれている。前作で、オプティマスは創造主に会うため宇宙に向かったはずだったが…。

目次

『トランスフォーマー 最後の騎士王』とは

『トランスフォーマー最後の騎士王』は、実写版『トランスフォーマー』の5作目で最終章になる。

最終章は3部作に分かれており、今回その記念すべき1作目が公開されることとなった。

『トランスフォーマー』シリーズは、日本のタカラトミー発売の変形ロボットの総称で、アメリカの企業と連携されたことによって実写化されたのである。

これまで、全世界でのシリーズ累計興行収入3800億円を記録し、最先端のVFXを駆使している。

実際に爆破が起きる超ド迫力の実写映像に、誰しもが度肝を抜かれることだろう。

トランスフォーマーがなぜ地球にやってきたのか。
その理由も最終章で明らかにされるとのことだ。

また3作目『ダークサイド・ムーン』の主要人物として登場していた俳優陣も再出演している。

また新たに大物俳優の出演もあるとのことで、ファンも期待を膨らませている。

マイケル・ベイ監督が最新作でも超ド迫力映像を魅せる!

『トランスフォーマー最後の騎士王』の監督を務めるのは、もちろんマイケル・ベイである。

大胆映像やスピードのあるカメラアングルで、観客を虜にすることでも知られている。

また、斬新な作品やカラフルな色彩で定評のある監督で、これまで何度もこれが最後だといい続けていた。

『トランスフォーマー』シリーズに関わってから早10年。本当にこれが最後だというベイ監督は、本作を最終章であり、新たな始まりだと語っている。

『最後の騎士王』では、これまでとは違う方向性を取り入れたというベイ監督だが、最新作でもさらなる迫力ある映像を期待できるようだ。

アンソニー・ホプキンスや3作目に登場したキャストも!

鍵を握る少女イザベラ役/イザベラ・モナー

最新作ではSqweeksという青く可愛いオートボットも初登場するという。

イザベラは作中で、Sqweeksを自分のボーイフレンドだといっているのだが、彼女がどのような経緯でSqweeksに出会ったのだろうか。

また、ふたりはどんな関係を築いてきたのだろうか。
勇ましく戦う少女という形で描かれるイザベラにも、ぜひ注目してほしい。

歴史を知る謎の人物エドモンド・バートン役/アンソニー・ホプキンス

『最後の騎士王』では、ハリウッドの大物俳優アンソニー・ホプキンスの登場するシーンの予告編も公開されている。

ホプキンスは、ケイドたちとオートボットの歴史を探るエドモンド・バートン卿という役どころである。

トランスフォーマーの歴史を知る人物とされているが、彼らがなぜ地球にやってきたのかを探っていくようだ。

アンソニー・ホプキンスといえば、『羊たちの沈黙』のハンニバル役でも知られている。

この意外な大物俳優の出演が決定された当初、ファンは大きな驚きを見せていたようだ。

悪役で定評のあるホプキンスだが、この作品では悪となるのか、それとも…。

3作目の主要キャストも再登場

最新作『最後の騎士王』には、1作目から3作目まで出演していたジョシュ・デュアメル、ジョン・タトゥーロも再登場する。

新しいキャストに加え、懐かしい面々の登場に期待も膨らむ。『最後の騎士王』では、どの程度出演するのか、どんな活躍が見られるのかは不明である。

しかし、彼らが培ってきた『トランスフォーマー』シリーズに花を咲かせてくれることは間違いないだろう。

新旧入り混ざった最終章は、どこまで盛り上がりを見せてくれるのか、大いに期待したい。

トランスフォーマーと人間と歴史のターニングポイントが描かれる!

『最後の騎士王』はどんな展開を繰り広げるのか、そのストーリーは不明である。

しかし最終章では、「オートボットがいつから共存していたのか」や「なぜ地球に来たのか」など、シリーズ当初からの謎も解明されるようだ。

オートボットと人間たちの歴史を探るのは、主人公ケイド・イェーガーとエドモンド・バートン卿、そして大学教授のヴィヴィアンという新ヒロインである。

果たして第1章で彼らは、どこまでその歴史に触れることができるのか。
そのターニングポイントがどこまで明らかにされるのかにも注目だ。

今度はオプティマスが敵!?バンブルビーとの対決も!

前作でオプティマスは、創造主に会うため宇宙へ向かった。
そしてその数年後が本作で描かれているが、予告編では創造主に拘束されている姿が収められている。

「お前は故郷を破壊した。償いを求めるか?」という創造主の問いに「はい、創造主様」と服従するオプティマス。

人間と共闘してきたオートボットのリーダー、オプティマス・プライムが敵となってしまうようだ。

しかし予告編をよく確認すると、意外なポイントが浮かんでくる。
オプティマスはブルーの目をしているはずが、なんと紫色に変わっている。

また、バンブルビーと対決する衝撃なシーンも公開されている。
そこでのオプティマスの目はやはり紫色に光っている。

これはもしかすると、創造主に操られているということなのか。
それとも、それこそがオートボット本来の姿なのだろうか。

最後の騎士王とは

作中に登場する騎士王とは、予告編にも収められた大剣をもつ巨大なオートボットがそうかもしれない。

また、顔の片側だけ赤く染められているのは何を意味するのだろう。

地球を血で染めるという意味の赤なのか、それとも騎士王への服従を誓った証なのか。
その詳細はまったくもって不明である。

もしかして、それらにも大きな意味が隠されているかもしれない。

最終章は3部作!初回公開日はいつ?

CMでも放送されているように、劇場公開日は2017年8月4日となっている。
『トランスフォーマー最後の騎士王』の公開で、今年の夏は暑くなりそうだ。

最終章の始まりをいち早く鑑賞したい方は、日時や場所を再確認して足を運んでみるといいかもしれない。

また、新しいものを取り入れたというベイ監督の言葉どおり、”驚きの展開”が楽しみなところである。

参考元

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

合わせて読みたい

このニュースに関連する作品と動画配信サービス

トランスフォーマー/最後の騎士王

動画が配信されているサービス一覧

レンタル

2,189 円/月

U-NEXT詳細

レンタル

550 円/月

dTV詳細

レンタル

2,658 円/月

TSUTAYA TV/DISCAS詳細

レンタル

1,958 円~/月

music.jp詳細

レンタル

550 円~/月

ビデオマーケット詳細

「洋画」人気ニュースランキング