SHARE

contents kv

出典:amazon

2020/05/29
125 0

アニメ『ご注文はうさぎですか?』1期.2期各話あらすじを!!【ネタバレ注意】

ご注文はうさぎですか? シリーズが今すぐ観れる

\おすすめの動画配信サービス/

※配信状況により無料ではない可能性がございます。

地上波だけでなく、動画配信サービスでも圧倒的人気を誇った日常系アニメ「ご注文はうさぎですか?」。女の子たちのかわいさ、うさぎの街を舞台としたふんわりとした雰囲気。癒しが詰まった作品のあらすじを一挙解説します!

目次

青春や恋愛といった他のジャンルの成分が入っていない、純粋な日常系作品である「ご注文はうさぎですか?」。「あぁ^~心がぴょんぴょんするんじゃぁ^~」という言葉がネット上で大流行するなど、見る人の心を奪っていきます。
日常系だからこそ許される、誰もが幸せで優しい世界。そんな作品の魅力を紹介していきます!

登場キャラクターについては、こちらをご覧ください。

アニメ『ご注文はうさぎですか?』あらすじ解説

第1羽「ひと目で、尋常でないもふもふだと見抜いたよ」

出典:amazon

春。高校入学を機に新たな街での生活を送ることになった「ココア」という少女がいました。

下宿先である家を探しながら歩くも迷ってしまいます。ふと目に止まったのは「ラビットハウス」という名の喫茶店。うさぎが大好きなココアは名前に惹かれ店の中へ。

そこにいたのは制服を着た可愛い少女と頭に乗ったアンゴラうさぎでした。うさぎの名前はティッピー。メスだそうです。

コーヒーの味はよく分からないものの、頭に乗ったうさぎをもふもふするために3杯飲むココア。ティッピーから謎の野太い声が聞こえたものの、そこで本来の目的を思い出し、下宿先の家を探していると少女に告げます。すると、ラビットハウスこそがココアの下宿先だったのです。

高校の方針で、下宿先の仕事を手伝わなければならないということでラビットハウスで働くことになります。

少女の名前は「チノ」。中学2年生でオーナーの娘です。さっそく働くことになりロッカーへ。

するとそこには下着姿の謎の少女が隠れていました。気配を察知して身を隠したとのことです。下着姿の少女の名前は「リゼ」。ココアとは違う高校の2年生で、ラビットハウスで働く先輩と紹介されます。

制服を着てお店へ出るココア。意外にも接客はしっかりとしており、暗算が得意、ラテアートも書けることが分かります。

バイト後、チノの父親と初対面し挨拶をします。ラビットハウスは夜はバーとなっており、その時の店主なのです。

チノに「ココアお姉ちゃん」とふと言われたことにより、テンションが上がり、一緒に夕飯を作ろうとしたり、お風呂に入ったりと仲良くなっていく2人。

なにもかもが新しく、素敵な人たちとの出会いとなったラビットハウス。
これからの素晴らしい生活を確信するココアでした

第2羽「小麦を愛した少女と小豆の愛された少女」

出典:amazon

高校の入学式の日。

チノと一緒に登校するココア。チノは中学生のため、途中の道で別れます。
その後、リゼとも出会い挨拶しますが、その後何度も出会ってしまう2人。ココアが迷ってしまったのですが、リゼまで自分が迷ったのではと疑心暗鬼になってしまいます。

迷った末公園に着いたココア。するとそこにウサギに羊羹を上げている和服の少女と出会います。羊羹とうさぎにくいついたココア。波長が合うようで、その場で少女と仲良くなります。

少女の名前は千夜。ココアと同じ高校のようで、1年生とのことです。このままでは入学式に遅刻すると焦るココアですが、千夜から入学式は明日だと告げられるのでした。

休みの日、ラビットハウスの新メニュー開発をすることに。実は実家がパン屋のココアの発案でパン作りに挑戦します。千夜も呼び、4人でパン作りがスタート。経験者のココアの指導でスムーズに進んで行きます。不思議なものから完成度の高いものまで、個性的なパンが完成し、結局みんなで楽しくパンを作って食べて終わるのでした。

パン作りのお礼にと、千夜の家に招待されたココア、チノ、リゼ。そこは「甘兎庵」という街で有名な和菓子屋だったのです。

そこには看板うさぎの「あんこ」というウサギが。ティッピーのことを気に入ったようで、

かなり独特なメニュー名で、何のことか分からないチノとリゼ。しかしココアは解読しています。やはりココアと千夜は波長が合うようです。

和菓子と抹茶のラテアートを楽しみ、帰路につく3人。チノの頭にはあんこが乗っており、ティッピーは甘兎庵で羊羹をやけ食いしているのでした。

第3羽「初めて酔った日の事憶えてる?自分の家でキャンプファイヤーしようとしたわよね。」

出典:amazon

コーヒーカップを見にお店へやってきたココア、チノ、リゼ。様々な種類のカップに目移りするなか、気に入った1個を見つけ手に取ろうとすると、同じカップに別のところから手が。そこには金髪にウェーブのかかった少女がいました。

少女の名前は「シャロ」。リゼと同じ高校の後輩で、ココアと同い年とのことです。昔助けられたことからリゼのことを慕っており、リゼがかなりのお嬢様であることが明らかになります。

シャロもまた、優雅な雰囲気をまとっており、リゼと同じ高校ということからかなりのお嬢様であると察した一同。

しかし実は貧乏で、天兎庵の隣の小さな平屋に住んでいるのです。その縁で千夜とは幼馴染。貧乏であることを隠しており、千夜にも皆には内緒にするようくぎを刺すのでした。

ある日、シャロがいかがわしい店でバイトを始めたのではとチラシを持ってきた千夜。それを確認するため皆で店へ乗り込みます。
千夜の心配は杞憂で、実際は制服が可愛いハーブティー専門店でした。せっかくのなのでその店でお茶をすることに。シャロの豊富な知識やクッキーの美味しさに感動します。

後日自分もハーブティーを作るとココアが宣言。しかし手に持っていたのはただの雑草なのでした。

雨の日、ラビットハウスでお茶をしていたシャロと千夜。カフェインを摂ると酔っぱらってしまうというシャロに、試しに飲ませてみると豹変。かなりのハイテンションになります。このままでは帰れないということで千夜がおぶろうとするも、店を出て1歩で倒れてしまいずぶ濡れに。
結局、5人でラビットハウスにお泊りすることになります。

お風呂に入ったり、実は怪談好きだったチノの話を聞いたりと、仲睦まじく5人で夜を明かします。
朝4人が起きると、ココアの姿がありません。部屋を見渡すと、床で寝相の悪いココアが幸せそうな顔で眠っているのでした。

第4羽「ラッキーアイテムは野菜と罪と罰」

出典:amazon

背が伸びないことを気にしているチノ。頭にいつもティッピーを乗せているからでは?とココアに言われ真に受けてしまいます。

とりあえず背が伸びそうなことを試しはじめ、苦手なセロリを食べたり、ジャンプをしたり、大きな声を出して自分を大きく見せる練習をします。
ひっそりとジャンプしているところを千夜に見られてしまい、夏の暑さにやられてしまっていると思われてしまいます。

結局、夏バテしていると勘違いされてしまい、栄養と睡眠をよく取らなきゃ駄目だよ!とココアに心配されてしまうのでした。

ある日、コーヒー占いが得意というティッピーに占ってもらうと、ココアはなにやらよくない結果に。お弁当の上に空からあんこが降ってきたり、スカートがめくれたままだったり、水浸しになってしまったり…。それでも笑顔を忘れないココアでしたが、最後まで災難続きなのでした。

図書館に来たココア、チノ、シャロ、千夜。千夜は、ココアから勉強を教わるとのことです。ココアの教え方が感覚的すぎて、理解できないとチノから言われますが、千夜にはしっかり伝わっている模様。

そして、将来の夢の話になります。みんなそれぞれ夢を語るなか、ココアは決めかねていました。結局様々なものを取り入れて「街の国際バリスタ弁護士」という新しい職業を目指すと宣言します。

ココアとチノが本を探しに行っている間、もしシャロがココアたちと同じ高校だったら、という話をする2人。千夜とココアを見て、少し羨ましくなったようです。しかし千夜の「大人になってもずっと一緒よ」という言葉に、少し救われるのでした

一方チノが読みたいといっていた本を探しにきた2人。ココアがその本らしきものを見つけ、「少しは頼れるお姉さんになれたかな?」と笑いかけます。
少し嬉しそうに、そして照れくさそうに本を受け取ったチノはこう言うのでした。
「ココアさん…これじゃない」

第5羽「ココアと悪意なき殺意 」

出典:amazon

ココア、チノそれぞれの学校でスポーツ大会の日が近づいています。
ココアはバレーボール、チノはバドミントン。それぞれ特訓を開始することになりました

ココアは千夜と特訓するものの、千夜の無意識殺人スパイクを顔面に受けてしまいギブアップ。また、千夜自身も力を使い果たしギブアップし、前途多難な様子です。

自分のスパイクは相手に向かい、相手のスパイクは全て避けてしまう謎の特殊能力を持った千夜。これでは練習になりません。
一方チノは、リゼに特訓をお願いし、軍隊仕込みのトレーニングをすることに。「パトリオットサーブ」なるものを伝授され、本番への準備は万全といった様子です。

バレー組に合流したチノとリゼ。そこにシャロもやってきて、2対2のバレー対決をすることになりました。競技に関係のないリゼとシャロが好プレーを連発する結果となり、肝心の2人は目立たないままでした。

スポーツ大会本番。あと1点で勝利となるチノは「パトリオットサーブ」を使用。しかし、サーブはネットに引っ掛かってしまい、力尽きたチノは敗北してしまいます。

一方ココアのバレーボールは勝利。千夜はその動きから、バレーボールからドッヂボールへ競技変更。大活躍を見せたのでした

父の日の迫ったある日。リゼは、「パトリオットサーブ」の開発中に父親の大事にしていたワインを割ってしまいます。そこでバイトを増やし、父の日にプレゼントしようと画策。

千夜の店「甘兎庵」やシャロのバイト先「フルール・ド・ラパン」でもバイトをします。結局ワインが高すぎて買えなかったものの、おしゃれなワイングラスを購入。「大人になったら一緒に飲もう」とメッセージを添えるのでした。

第6羽「お話をするお話」

出典:amazon

休日の日。チノを散歩に誘うココア。ボトルシップを作りたいと言うチノを半ば強引に連れ出し出掛けます。

街を歩いていると、服を買いに来て悩んでいるリゼや、公園のクレープ屋でバイトをしているシャロ、新しい着物を着た千夜といつもの面々と出会います。

公園で休憩していると、チノの中学の友人であるマヤ、メグに出会います。映画を見に来たとのことです。一方ココアは珍しい色のウサギを追いかけていると、謎の女性に出会います。女性の名前は青山ブルーマウンテン。小説家で、最近書いた小説が映画化したほどの人気作家でした。

夕方の帰り道、2人で歩いているとリゼに似た、ストレートヘアのお嬢様が歩いているのを目撃。思わず声を掛けるも人違いとのことで、ロゼという名前だと言われます。当然正体はリゼなのですが、ティッピーには見抜かれているのでした。

ある日、ラビットハウスにやってきたマヤとメグ。新たな妹候補の登場に、ココアのテンションは上がり続けます。一方でチノはなんだか不機嫌な様子。

甘兎庵に相談しにいくと、それは嫉妬だと千夜に言われてしまいます。納得のしていないチノでしたが、そこに青山も登場。昔ラビットハウスでお世話になったこと、また、そんなモヤモヤは誰しも抱えているということを教わります。

そのことを知ったチノはいつもの調子に。最近元気がなかったと心配してくれていたマヤとメグにも笑顔を見せるのでした。

街を歩いていたココアとティッピー。すると、偶然青山に出会います
そこで、映画化した小説のモデルの人が、チノの祖父であることが明らかになりました。

遠まわしながら、奇跡の再開を果たした2人。ティッピーはそれを聞きながら、ほんのりと頬を染めるのでした

第7羽「Call Me Sister.」

出典:amazon

何やらココアとチノがぎこちないようです。リゼが話を聞いてみると、喧嘩をしているとのこと。

チノが長い時間掛けて少しずつ作っていたジグソーパズルを、ココアが勝手に完成させてしまったことが原因
のようです。

悪気のないこととはいえ、落ち込んでしまったチノ。罪滅ぼしにと新たなジグソーパズルを買ってきたココア。しかし、その総ピース数は8000。とても1人ではできないため、ココア、リゼ、千夜、シャロも協力することに。
パズルを作っていくうちに、段々と仲直りしてくるココアとチノ。休憩にと、2人でホットケーキを作ることにします。

しかしそこでも、ココアがひっくり返そうとしたホットケーキが飛んでしまい、チノの顔面に直撃する大惨事が。死をもって償おうとするのでした。
パズルを再開し、改めて仲直りできそうな雰囲気。最後の最後に、今度は解くのを楽しみにしていた知恵の輪をココアが解いてしまう珍事が。膨れ面のままでいるチノでした。

別の日、今度は千夜とシャロが喧嘩をしてしまった模様。
シャロ自身も朝、千夜がシャロを追いかけていて途中で転んでしまったことも気にしているようです。

仲直りするため、ココアとシャロは甘兎庵へ。夕食を作ることにします。
そこで千夜が追いかけていたのは、シャロのパンツを届けようとしていただけなのでした。

ラビットハウスでパン祭りが開催されることに。ココアは張り切ってチラシを作り、街の人々に配る作戦で出ます。しかし、英語で書いたスペルが「Rabbit Horse」と綴り間違いが判明。慌てて回収することに。全員で協力し、なんとか回収することに成功します。

その夜、お礼のパンを届けに千夜、シャロの家へ向かう3人。
千夜には届けたものの、シャロの家が見当たりません。

豪邸だと信じて探していると、甘兎庵の隣の小さな家からシャロが。シャロがお金持ちのお嬢様ではないということがバレるのでした。
しかし、みんなそんなことを気にするはずもなく、今まで通り仲良くしてくれます。

シャロの気苦労は徒労に終わる結果となり、千夜は自分だけが知っている秘密がなくなったと少しだけ寂しそうにするのでした。

第8羽「プールに濡れて 雨に濡れて涙に濡れて」

出典:amazon

自分が貧乏であることがバレてしまい、恥ずかしさからヤケ酒ならぬヤケカフェイン摂取をするシャロ。そんななか、みんなで温泉プールへ行くことになります。

それぞれが水着を用意し、プールで遊ぶ面々。なぜかプール上でチェスをしたり、素潜り勝負をしたり、真面目に泳ぐ練習をしたりと自由です。
最後はフルーツ牛乳、コーヒー牛乳で乾杯し楽しいひとときを過ごすのでした。

雨の日、放課後に青山の小説が原作となった映画を見に行くことに。はじめは5人ともしっかりと見ていたのですが、寝てしまったり、それぞれ違うことに意識を割きすぎた結果、最後までしっかりと見たのがチノだけという結果になってしまいました。

一方のラビットハウスには、青山がラビットハウスに辿り着き、店の扉を開けます。しかし、店にいたのはチノの父親だけ。実は男性が苦手だった青山は、そのまま扉を閉じ逃げ出してしまうのでした。

場面は戻り映画を見終わった5人。しっかり見ていたのはチノだけでしたが、映画の感想で盛り上がります。実は作品のモデルとなっていたのはチノの祖父なのですが、そんなことには気づかない5人。眠くなったチノを全員で騎馬戦スタイルで送り届けるという謎の行動をするのでした。

映画を見た後日、バリスタに改めて憧れを抱いたココア。しかし、チノにまずはコーヒーの味を覚えるよう言われてしまうのでした。

第9羽「青山スランプマウンテン」

出典:amazon

ラビットハウスが開店してしばらくの頃のお話。オーナーであるチノの祖父はなかなか売上が思わしくなく、飼いウサギのティッピーと公園で黄昏ていました。「いっそウサギになれたら…」とふと呟きます。

そこへやってきた幼い少女。さっきのひとり言を聞いていたようで、「おじいちゃんの注文は、ウサギさんになることなの?」と尋ねられます。
そして少女は祖父に、ウサギさんになれるようおまじないをするのでした。

そして現在。甘兎庵でおしとやかになりたいと言うリゼを千夜が指導する姿や、相変わらず貧乏なシャロを観察する青山。新しい小説のネタを探しているようです。

リゼは演劇部に助っ人として呼ばれ、ヒロイン役を演じるとのこと。そのために以前のロゼのような恰好をしたりと、おしとやかさに磨きをかけていきます。

ココアとチノは、リゼは本当はずっと演劇部に入りたかったのではと考え、このまま演劇部へ行きラビットハウスを辞めてしまうのではと心配しはじめます。
結局、ヒロイン役はリゼに合わせた軍人役にアレンジされており、演劇部に入ることもなかったのでした。

ある日、突然小説家を辞めたという青山。スランプに陥ってしまったようです。他にあてがないということで、夜のバーをメインに、ラビットハウスで働くことになります。

人生相談窓口を開いたりとフリーダムな展開を見せる青山。すると、スランプに陥ったのがかつてチノの祖父にもらい、ずっと使っていた万年筆を失くしてしまったのが原因ということが明かされます。

全員総出で万年筆を探しに行くと、ティッピーが見事に発見。ずっと祖父に会いたがっていた青山のために、ティッピーが自ら青山に渡しに行きます。
しかし、祖父の声を出したのがティッピーでなく人形だと勘違いされるのでした

万年筆が見つかったことで小説家に復帰した青山。さっそく新作に取り掛かります。

今回のテーマはシャロのようです。

第10羽「対お姉ちゃん用決戦部隊、通称チマメ隊 」

出典:amazon

千夜の家で勉強合宿をすることになったココア。バイトを休むことになります。

その入れ替わりで、チノの友人であるマヤ、メグがラビットハウスにやってきて手伝うことに。ここでチノ、マヤ、メグの3人をチマメ隊と名付けるリゼ。チマメ隊とリゼで店を回すことになります。

思ったよりココアがいないことに寂しさを覚えているのか、無自覚にミルクココアを量産してしまうチノでした。

一方のココアも、勉強合宿とは言いつつも甘兎庵で店を手伝っていました。
その後シャロも呼んで勉強を始めますが、ボケ倒してしまいシャロにツッコミを受けるのでした。

バイト後、温泉プールにやって来たチマメ隊とリゼ。青山も遊びに来ていました。すると、なぜか水鉄砲によるサバイバルゲーム大会が開催されることになります。

最後は以前と同じようにコーヒー牛乳で乾杯。帰りながらココアにメールをするかどうか悩むチノでした。

ココアたちもまた一緒にお風呂に入ったり、語り合ったりしていました。そしてチノが恋しくなり電話を掛けるココア。ちょうどチノも電話を掛けようとしていたところだったのです。

なんやかんやでココアのことが大好きなチノであり、2人の絆を再確認できたお話でした

第11羽「少女は赤い外套を纏いウサギを駆りて聖夜の空を行く」

出典:amazon

クリスマスが近づいてきた日の夜、5人はクリスマスマーケットに買い物に来ていました。

みんなクリスマスはそれぞれ忙しいとのことですが、全員のバイトが終わったらパーティをしよう、ということになります
子どもの頃はサンタになることが夢だったというココアは、全員にプレゼントを振舞います。さらに個別で、チノへのプレゼントもひっそりと用意するのでした。

クリスマス当日、それぞれ忙しい時間を過ごす面々。会場予定であったラビットハウスもいつも以上の大盛況。満席状態が続くほどです。

すると、開催予定時間にチノが招待したマヤとメグが到着。あまりにも忙しそうな様子を見て手伝うことに。さらに遅れてきたシャロ、千夜も手伝うことになり、パーティメンバー全員でこの忙しさを乗り切ります。

なんとか営業は終了し、チノの父親が作ってくれた料理が並べられます。チノによる乾杯の音頭でパーティはスタート。
手伝いをしていた青山も参加することになり、オールキャスト勢揃いとなるのでした。

パーティが終わり、みんな寝静まった頃、チノの枕元にプレゼントを置こうとするココアサンタ。
チノの寝顔をうっとりと見続けます。そしてその様子をまた、チノの父親も見守っていたのでした。

翌日の朝、チノの枕元には2つのプレゼントが。父親と、ココアからのプレゼントです。どちらもチノが欲しかったもので目を輝かせます。周囲を見渡すと、そこにはベッドの端で眠っているココアの姿がありました。

チノの寝顔を見ているうちに眠ってしまったようです。その後もらったプレゼントをリゼに見せるチノ。すると、眠っていたココアも起きてきました。慌てて起きたようで、まだパジャマ姿です。そして手にはプレゼントが。

おっちょこちょいなサンタクロースにも、かわいいサンタクロースからプレゼントがあったのでした

第12羽「君のためなら寝坊する 」

出典:amazon

ある日チノが目を覚ますと、同じベッドでココアが寝ていました。話を聞くと、先に寝たチノが服のそでを掴んで離さなかったからとのこと。寝ている間の無意識の行動に恥ずかしがるチノでした。

リゼ、シャロ、千夜と高校生組で買い物に行っているココアを待っている間も、どこか寂しそうな表情をするチノ。どんどんココアのことが大好きになっているようです。

ある日、学校の宿題でラビットハウスへ職業インタビューに来たマヤとメグ。甘兎庵とフルール・ド・ラパンへもインタビューに行きたいとのことで、ココアが連れて行くことになります。
さらに、フルール・ド・ラパンにいた青山にもインタビューをするなど、意外にも真面目にインタビューに取り組みます。

そろそろ帰ろうとするココアですが、マヤとメグに「お姉ちゃん」とねだられ、2人を連れてどこまでも行ってしまうようなココアなのでした。

買い出しの日、出掛けるココアとチノ。そこで少しの異変に気付いたチノは、ココアが熱を出していることを見抜きます。

リゼや千夜、マヤとメグも見舞いに来てくれ、元気を出しますがついはしゃいでしまいまた熱が上がってしまいます。
同じタイミングでシャロも風邪を引いてしまい、千夜がお見舞いに行くことに。寝るまで一緒にいてくれるという千夜に、照れながらも感謝するシャロでした。

一方、まったく熱が下がらないココア。眠っていてもうなされてしまうほどです。父親は仕事しており、風邪薬も切れている状態。そこで、千夜の家に風邪薬をもらいに行くことにします。千夜から薬をもらい、看病するチノ。
翌日、ココアの風邪は完治。しかし、今度はチノがおたふく風邪にかかってしまいました。昨日のお礼にと全力で看病するココアでした。

チノのおたふく風邪も治ったある日の朝、なかなか起きないココアをチノがついに「お姉ちゃん」と呼びます。すると飛び起きたココア。久々に2人揃ってお店に立つのでした。

喫茶店ラビットハウスは、今日も元気に営業しています。

アニメ『ご注文はうさぎですか??』あらすじ解説

第1羽「笑顔とフラッシュがやかましい これが私の自称姉です」

出典:amazon

ある日、みんなの写真を撮って、実家に送ろうとするココア
リゼの笑顔や、千夜とのツーショット、シャロの写真は撮れますが、チノは恥ずかしがってなかなか撮らせてくれません。

チノの笑顔を撮るために、リゼがチノをくすぐったり、ココアとのツーショットでリラックスさせようとしますが上手くいきません。しかし、最後には千夜とココアのしょうがない漫才を見て思わず笑ってしまい、それを撮影することに成功しました。しかし撮った写真を確認すると、そこに写っていたのは笑顔ではなく、嘲笑なのでした

別の日、甘兎庵が雑誌に大きく紹介されました。さらにフルール・ド・ラパンも紹介されています。しかし、ラビットハウスは取材を受けておらず雑誌に載っていません。

さらに、リゼのファッションショット、青山のグルメコラム、さらにはココアの実家のパン屋も載っていました。
ラビットハウスだけ掲載されていないことにショックを受けるチノとティッピー。追い打ちをかけるように客が全く来なかったり、椅子が壊れてしまったりと悪いことが続きます。

翌日、いつか取材が来たときのためにインタビューの練習をするチマメ隊。その後、取材が来ないのは自分の笑顔がないせいだと感じたチノは、笑顔の練習をすることに。すると、ココアがとあることをチノに伝えにきます。

数日後、そこには2ページにわたってラビットハウスの特集が組まれた雑誌がありました。それを見て、本当の笑顔を見せることができたチノなのでした。

第2羽「灰色兎と灰かぶり姫」

出典:amazon

営業が終了した夜、チノが怪談をココアに話しています。マヤとメグに怪談を話す練習とのことです。

すると突然、シャロがラビットハウスに「匿ってほしい」とやって来ます。話を聞くと、最近家で怪奇現象が立て続きに起こっているとのこと。
翌日、リゼにも学校で相談すると、体育で足を捻挫しながらも、お化け退治に来てくれるとのこと。隣に住む千夜も加わって、原因究明に乗り出します。

するとあっという間に原因が判明。その正体は、屋根裏に住みついていた野良ウサギだったのです
その後、一度は追い出そうとしますがウサギの苦手意識を絶つために、飼う決意をします。リゼにワイルドギースという名前をつけてもらい、シャロの家に新しい家族が増えたのでした。

捻挫が悪化してしまったリゼのお見舞いにきたココアとチノ。初めてリゼの家に来ましたが、ボディガードがいるほどの大豪邸。

中に入るとそこにはメイド姿のシャロと千夜がいました。さらに、リゼの部屋にあった望遠鏡を割ってしまい、その代償としてココアとチノも1日メイドをすることになります。

4人が仕事をしている間、リゼはティッピーと部屋でお留守番。そこで、みんなに自分の趣味部屋を見せることを決めます。
最後にはリゼもメイド姿になり、みんなで王様ゲームをすることになるのでした。

数日後、足が完治したリゼはラビットハウスへ復帰。再び日常が帰ってくるのでした。

第3羽「回転舞踏伝説アヒル隊」

出典:amazon

ココアと千夜の学校の帰り道、チマメ隊に出会います。写生大会と創作ダンスの発表会があるため、まずは写生の題材を探していたのことです。

いい題材を探すため、フルール・ド・ラパンやラビットハウスでモデルを探し始めます。シャロやティッピーをモデルに絵を描き始めました。
みんなで描いた絵をラビットハウスに貼り、改めてチノの独創的な芸術センスを感じるのでした。

写生大会が終わり続いては創作ダンスの準備が始まります。
振付どころか曲すら決まらない状態で、マヤはやきもきするばかり。

すると、チノが持ってきたクラシックの曲にメグが反応。バレエを踊りだします。実はメグの家はバレエ教室を営んでおり、昔習っていたとのことです。マヤもその教室に通っており、チノもバレエを習い、課題をクリアを目指しはじめます。

通い出して数日経ち、チノもバレエに慣れてきました。そんな時、ココアが陣中見舞いにやってきます。
次の日にリゼが様子を見に言くと、ココアもまたバレエを習い始めていまし
た。

さらに翌日、千夜とシャロが様子を見に行くと、リゼもレオタード姿に。
結局いつものメンバー全員でバレエをするのでした。

創作ダンス発表会が終わり、ラビットハウスに戻ってきたチノ。嬉しさのあまり、ティッピーは号泣してしまうのでした

第4羽「ココア先輩の優雅な お茶会チュートリアル」

出典:amazon

春。ココアがこの街に来て1年が経ちました
公園で偶然出会ったみんなは、カフェでお茶をすることに。

高校生組、中学生組で席が分かれてしまい、中学生組は高校生組のようになりたいという話を繰り広げます。
ココアが中学生組にケーキをごちそうしたり、青山も合流したりとレギュラーが勢揃い。

最後は久しぶりにチノへの過保護が炸裂したココアなのでした。
その後帰宅したココアの机に、どこかからの手紙が届いており…

春休み。チノが目を覚ますとすでにココアが起きていました。朝食の準備までしています。

お店でもいつもと違う接客ぶりで、謎のやる気を出しているようです。
しかし、長くは続かず、無理がたたり知恵熱のようなものを出して寝込んでしまいます。

事情を聞くと、手紙は実家からで、今度ココアの姉がラビットハウスに顔を出しに来るとのことでした。
そこで、ココアが成長している証を見せるためにチノとリゼがひと肌脱いでくれます。しかし、結局いつものラビットハウスになってしまうのでした。

そして数日後、ついに姉がラビットハウスにやってくる日がやってきます。

第5羽「ひと口で普通の もちもちだと見抜いたよ」

出典:amazon

鉄道に揺られ、木組みの街を目指す女性の姿。姉が来るということで、朝から落ち着きのないココア。チノたちはどんな人なのか、心待ちにしているようです。

予定では駅には着き、店に来ていてもいい時間ですが姿を現しません。心配したココアは姉を探しに店を飛び出します。

一方姉は公園で青山と知り合い、談笑していました。そこで変装した姿でラビットハウスに現れ、サプライズをしようと画策します。
ココアと入れ違いでラビットハウスに到着。頃合いを見て正体を明かします。

モカ」と名乗るココアの姉は、さっそく圧倒的なお姉ちゃんパワーでチノとリゼまでも手なづけてしまいます。
その後、本場のパン屋の味を提供し、ますますモカに懐いていく2人。
その光景を、ひっそりと外から見ていたココア。チノを取られたと勘違いしてしまいます。

ココアも変装して店に入りますが、一瞬でモカに正体を見破られ、感動の再会。普段はお姉ちゃんぶるココアですが、モカの前では甘える妹のようです。
自分もお姉ちゃんパワーが上がったと自慢するココアに、数日間ラビットハウスでお世話になるサプライズを公開するモカ。並んでみると、やはり姉妹だ、ということがハッキリわかります。

夜、久々の再会を喜ぶ2人は、ココアの部屋で眠ってしまいます。チノが布団を掛け帰ろうとしますが、ふとその端っこにくるまるチノ。
数日間だけの3姉妹の日々が始まるのでした

第6羽「木組みの街攻略完了」(みっしょんこんぷりーと)

出典:amazon

モカがラビットハウスに来た翌日の朝。さっそく早起き競争で負けるココア。さらにパン焼き競争をはじめるなど、朝から楽しそうにエキサイトしています。

結局、2人がパンを作りすぎたためピクニックをすることに。
ここで、シャロもモカのお姉ちゃんパワーの前に陥落。モフモフされてしまいます。

その後、ボートレースをすることになりますが、ここでもモカに勝つことができなかったココア。家に帰ってからも、なかなかモカに甘えることができなくなってしまいます。

一方のモカも、ココアが姉離れをしたのではないかと心配し、ヤケ酒ならぬヤケミルクをしているのでした。

翌日になっても、ココアはモカに甘えないまま。
落ち込んだままのモカは、チノとお風呂に入ります。明日家に帰るモカは、このままココアグレてしまうのかと落ち込んでしまいます。そんなモカを見てチノは「私がいるから大丈夫です!」と宣言。少し気が楽になるのでした。

いよいよモカが帰る日の朝。荷物をまとめ、店を出ようとすると、着ぐるみを来た怪しい人物に拉致されてしまいます

連れていかれたその先にはみんなが。ココアがさよならパーティを企画していて、それを悟られないようにしていたとのことでした。
青山もやってきて、ついに憧れの作家と対面したモカ。サインを麺棒にもらえたのでした。

パーティも終わり、駅での別れの時。2人ともお互いにプレゼントした髪飾りを大事にしていたことを確認し、モカは去って行きました。
ラビットハウスには、数日間で大きく進歩したモカのラテアートが残されていたのでした。

第7羽「甘えん坊なあの子は シャボン玉のように儚く消える」

出典:amazon

ある日、制服が汚れてしまったココア。洗濯をしようとするのですが、あいにく洗濯機が故障していたのでした。

そこで、ココアが持ってきた大きな鉄タライで手洗いで洗濯をすることに。
張り切って洗うココアですが、力を入れ過ぎていてしまい生地が痛んでしまいそう。そこへやってきたのがシャロです。

貧乏生活が長かったシャロは、手洗いの洗濯が得意なのでした。一緒にやってきた千夜も混ざり、5人で手洗いをすることに。洗ってる時に出るシャボン玉で遊ぶなどのひとときを過ごすのでした。

制服を洗ってしまい、店に出れなくなったココアたち。すると、新たな制服が見つかります。それは、チノの母がかつて作ったもので、現在のラビットハウスの制服もチノの母が作ったものだったのです。

ちょうど5着あったため、シャロと千夜も制服を着ていつもと少し違うラビットハウスとなるのでした。

買い物にやってきたチノとココア。すると、同じく買い物のシャロと千夜に出会います。今晩のメニューをカレーにする予定だったシャロということで、みんなでシャロのカレーパーティをすることに。

シャロの家に集まり、カレーを作る一同。最後に隠し味としてリゼの持ってきたチョコレートを入れます。それを味見したチノとココアですが、食べたチョコにはブランデーが入っており、酔っぱらってしまいます。

ココアはすぐに酔いが冷めましたが、チノは酔っ払いのまま。色んな人に甘えまくりな姿になってしまいました。
酔いが冷めたあと、その行動を覚えていたようで、大きくはずかしがるのでした。

その後みんなでカレーに舌鼓。最後は、残ったチョコを食べたシャロがチョコのカフェインで酔っぱらってしまうのでした。

第8羽「スニーキングストーキング ストーカーストーリー」

出典:amazon

新学期を控えたある日、千夜が泣きながらシャロの家を訪れます
話を聞くとココアと喧嘩したそうで、クラス替えが原因のようです。ココアと離れるのが不安な千夜と、特に何も気にしていないココア。そのことがきっかけとのことでした。

そこでリゼ、チノ、シャロの3人は2人を仲直りさせるために奔走することに。

夕方、千夜の元へココアから「果たし状」というタイトルのメールが。指定された公園へ行くと、そこでココアがクラス替えがあることを知ります。
どうやらココアは、新しく入ってくる新入生に対していいお姉ちゃんでいれるかを心配していたというお互いのすれ違いが原因だったとのことです。
結局千夜とココアはまた同じクラスとなり、心から安心するのでした。

ある日のチマメ隊。3人で進路の話をしており、チノとマヤはココアたちの高校。メグはリゼたちのいる高校へ進学しようとしていることが分かります。

すると放課後、マヤはリゼの高校へ。2人で歩いていると、青山を見かけたため尾行をすることに。
するとその陰から、リゼを見ていたシャロもまた2人を尾行しはじめます。
そんな青山はシャロが物陰から何かを見ているのを見て、3つ巴の尾行劇が始まりました。

さらにその光景をチノとメグも尾行。最終的にはその2人をココアと千夜が尾行し、最終的にリゼ&マヤ←チノ&メグ←ココア&千夜と、連結列車のようになりました。

先頭の行くまま、公園に着いた一行。そこでマヤはリゼに、今の学校のこと、チノとマヤと高校が離れるかもしれないという相談をします。

するとリゼの「いつも一緒にいるだけが友達じゃないだろ?」という言葉で吹っ切れたマヤ。いつもの調子を取り戻します。
すると隠れていた全員が登場し、公園でみんなでジェラートを食べるのでした。

実はティッピーもチノたちの帰りが遅くて心配で尾行しており、父親も勝手に出て行ったティッピーが心配で追いかけていたというオチもついていました

第9羽「毛玉は特攻し 無慈悲なボタンは放たれる」

出典:amazon

チノが甘兎庵でお茶をしていたときのこと。昔、ラビットハウスと甘兎庵はお互いがライバルで因縁関係を結んでいたとのこと。孫の代である自分たちはそんなこと気にせず仲良くやろうという話になります。
しかし、千夜はなんのことやらとはてな顔。ライバルとも思われていなかったようです。

そこでラビットハウスの面々は、本当に因縁があったのか調査することに。
シャロを召喚して尋問しますが、特に何も起こらず。しかし頭を打ったシャロが子供のころの記憶を思い出します。

小さい頃、シャロと千夜は2人でラビットハウスへ。そこのコーヒーの名前がかっこよく見えたため、そこに対抗するためかっこいい名前を甘兎庵でも作ろうと千夜が決意していたのです。千夜の独創的なセンスは、ラビットハウスのメニューが原因なのでした。

その後、怒りに震えるティッピーが甘兎庵へ特攻を仕掛けます。しかし、あっさりチノに窘められます。

しかも、当時はお互いのメニューでコラボしていたりと、因縁というよりは協力関係にあったようです。改めてお互いいい跡取りになれるよう約束をするチノと千夜なのでした。

チマメ隊が職業体験へ。チノは甘兎庵、マヤはラビットハウス、メグはフルール・ド・ラパンへ行くことになりました。
それぞれてんやわんやしながら、普段働いてみたかったお店で働く3人。
そこでチノは、本当は千夜はシャロと一緒に働いてみたいということを知ります。

そこで千夜はシャロと同じ制服で働きたいという手紙を届け、その思いが成就。結局シャロの制服を着るというように解釈されてしまい、甘兎庵で働くということはまだ叶いませんでしたが、嬉しそうな2人でした

お互いのお手伝いのお店で新姉妹が爆誕したりと、新たなカップリングも楽しめる回でした。

第10羽「Eを探す日常」

出典:amazon

部活の助っ人で様々な部活に参加していたリゼ。応援する生徒の中にシャロもいました。それを見て、シャロもなにか部活をしたかったのではと勘違いする面々。

そこでリゼは、部活の助っ人をシャロと一緒にやることに。
様々な部活で活躍するリゼ。それを見て、かつて「ミス・エメラルド」と呼ばれた謎の助っ人がいたことが明らかになります。

そこで「ミス・エメラルド」の情報をかけて様々な部活で勝負もすることに。吹き矢部でシャロの意外な才能が開花します。
様々な勝負をし「ミス・エメラルド」の本名や部活の情報を得ましたが、正体は謎のまま。帰ることになります。

夕方のラビットハウス、原稿作業をすすめる青山。そこで青山の本名が明らかになります。
「ミス・エメラルド」=青山であることが最後にネタバレされるのでした。

ある休日の朝。チノを誘って外出しようとするココアですが断られ、続いてシャロの前でも疲れていて門前払い。千夜は仕事で、リゼも都合が悪く1人ぼっちに。

ラビットハウスに帰ってきても、チノは忙しそうで、1人ぼっちの休日は終わるのでした。

次の日、ココアが目を覚ますと高校生組、チマメ隊が家の前に。出掛ける準備をしていました。話を聞くと、リゼからの山への招待状が来ていたとのこと。

しかしココアが自分には届いていないといい、引きこもってしまいます。
実際は、ココアが手紙を開けていなかっただけというミスなのですが、落ち込んだまま。

そこで、みんなでココアへの愛の告白タイムが。とどめはチノの「あーそーぼ」で完全復活。晴れて全員で山へ向かうのでした。

第11羽「スターダスト・マイムマイム」

出典:amazon

第10話からの続きになります。山へたどり着いた一行

ココアは実家の雰囲気と似ているとテンションが上がりはじめます。
さっそくコテージに着きますが、そこで食料がないことに気づきます。電話も通じず、最寄りの店まで遠いということで、自給自足のキャンプをすることに。

山菜取り組と魚釣りに分かれ、サバイバルがスタート。途中チノの帽子が飛ばされ、追いかけていくうちに中州に行くハプニングによってココアに怒られたり、みんなで水浴びを楽しみながらも順調に食料を集めることに成功します。

いつの間にか眠っていたチノ。気が付くと夜になっていました。コテージが電気が点かない、ベッドが足りないということでテントで泊まることになります。

コーヒーで酔ったシャロの発案でマイムマイムをすることに。
かなりの高速回転で目が回ってしまいますがお構いなし。
他にも流れ星を見て願いを込めたり、みんなで焼きマシュマロを食べたりと、キャンプを楽しみます。

翌朝、一番早く寝てしまったココアは一番のお寝坊さんに。罰ゲームとして、全員がゾンビになるドッキリを受けてしまいます
こうして、初めてのキャンプは幕を閉じるのでした。

第12羽「宝物は君の決定的瞬間」

出典:amazon

ラビットハウスでキャンプでの写真を見ていると、チノが写真の才能があることが判明。みんなで撮り合うことになります。

あくまで自然体のみんなを撮りたいチノと、ついつい不自然にしてしまうココアたちに、チノがやきもきしてしまいます。
そんななか、シストの地図が見つかりました。この街では誰もがやったことがあるということで、ココアも初シストにチャレンジ。チマメ隊と協力することに。

数日後、初シストを楽しむココア。そこで、チマメ隊結成エピソード、そしていかにチノがマヤとメグの優しさに触れていたかを知ります。
小さい抜け道を通れず、ココア意外の3人でとうとうお宝を発見するのでした。

夜、チノが写真を整理していると、ほとんどが少しふざけた調子のココア。それに対してココアが珍しく反省していると、言い合いをする2人。初めて姉妹喧嘩みたいなことができたと、涙ながらに喜ぶココアなのでした。

その後、実はモカとチノが文通としていることが発覚。チノがみんなの自然体の写真を撮りたがっていたのはそのためだったのでした。
翌日、チマメ隊が新たなシストを発案。お宝を隠します。今度はチマメ隊以外野の員で宝探しをするのでした。

一方、ココアの実家にはモカ宛にココアとチノからの手紙が。内緒でチノと文通していたことがバレ、モカには辛すぎる罰が手紙に書かれていたのでした。

ED後、無事シストをクリアした女子高生組が、チマメ隊たちの前で発見したお宝を披露。
そんな中で寝てしまったチノ。寝ぼけた中でココアに「うん。」と初めてため口を使います。
また少し、姉妹としての距離が縮まった2人でした。

『ご注文はうさぎですか?』のあらすじまとめ

出典:amazon

日常系アニメというのは、どこから見始めても楽しむことができます。
かわいい女の子たちによる日常劇、ほんの少しの不思議要素と香り高いコーヒーの香り。そんな癒し要素たっぷりの「ご注文はうさぎですか?」を、是非ご覧になってみてはいかがでしょうか?

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

合わせて読みたい

このニュースに関連する作品と動画配信サービス

ご注文はうさぎですか? シリーズ

動画が配信されているサービス一覧

定額見放題

2,189 円/月

U-NEXT詳細

定額見放題

1,026 円/月

Hulu詳細

定額見放題

888 円/月

FODプレミアム詳細

宅配レンタル

960 円/月

ABEMA詳細

定額見放題

1,100 円/月

バンダイチャンネル詳細

レンタル

1,958 円~/月

music.jp詳細

定額見放題

2,658 円/月

TSUTAYA TV/DISCAS詳細

定額見放題

440 円/月

dアニメストア詳細

定額見放題

550 円~/月

ビデオマーケット詳細

宅配レンタル

1,980 円~/月

DMM宅配レンタル詳細

「アニメ」人気ニュースランキング