SHARE

contents kv

出典:amazon

2019/10/23
176 0

サクラとサスケが結婚! ふたりのなれそめや子ども、結婚した理由とは?【NARUTO-ナルト-】

NARUTO-ナルト- 疾風伝 シリーズが今すぐ観れる

\おすすめの動画配信サービス/

※配信状況により無料ではない可能性がございます。

サクラとサスケは最終回で結婚していたことが明かされました! はじめはサクラの片想いだったこのカップルですが、ふたりはどのように関係性が変化し、結ばれたのでしょうか? この記事では、サスケとサクラの関係性やふたりの娘であるサラダが活躍する外伝を徹底解説します!

目次

サクラとサスケが結婚した姿が描かれた『NARUTO』の最終回!

700話続いた『NARUTO』の最終回では、サスケとサクラが結婚していたことが明かされました

サスケが復讐のために木ノ葉の里を抜けてからは、サスケを追い求めて戦い続けるサクラの姿が印象的でした。

サスケとサクラ、ふたりはなぜ結婚まで至ったのでしょうか?

この記事ではふたりのなれそめや結婚後のふたりの姿などを紹介します!

サクラとサスケは片想いの関係だった! ふたりの関係性の変化とは?

出典:amazon

サクラとサスケは同じ第七班の一員です。

サクラは小さい頃からサスケに対して恋心を抱いていました!

そのため、サクラはサスケの前では恋する乙女モードを全開にさせます。

一方のサスケは、一族を滅亡させたイタチへの復讐に一直線

片思いを募らせていたサクラとサスケの関係性が変化したのは、いつからでしょうか?

サクラとサスケ① 傷つくサスケとナルトを守るため、髪を切って自分を変える決意をするサクラ!

出典:amazon

中忍選抜試験の死の森でのサバイバルの最中、サスケは大蛇丸に襲われて呪印をつけられてしまいます!

大蛇丸との戦いで傷ついたナルトと呪印による高熱とダメージで苦しむサスケを助けるため、サクラは必死で看病をしました。

サクラは苦しむサスケやサクラを助けて傷つくリーを見て、満身創痍のなか自分も戦う決意をしますが、敵のひとりであるキンに髪を掴まれてしまいます!

「私よりいい艶してんじゃない? コレ。フン、忍のくせに色気付きやがって。髪に気をつかうヒマがあったら修行しろ! このメスブタが」(※1)と、暴言を浴びせるキンに対してクナイを携えたサクラは、そのまま自分の髪を切りました

サクラにとって髪切りは過去の弱い自分に決別し、ナルトとサスケを守るために戦うという決意でした。

「みんな、今度は私の後ろ姿をしっかり見ててください!! 」(※2)と、決意を新たにしたサクラは気迫で敵に食らいつきました!

その後、自分を守るために傷ついたサクラのすがたを見たサスケは、「サクラ。誰だ、お前をそんなにした奴は」と、怒りをあらわにします。

その後、呪印の影響で残虐性が上がったサスケは敵をボロボロに壊そうとしますが、いつもの優しいサスケを知るサクラはサスケを抱きとめ、「やめて!! おねがい、やめて」(※3)と懇願しました。

サスケはサクラの行動で、正気に戻ります。

※1「NARUTO 6巻」 53話より引用
※2「NARUTO 6巻」 54話より引用
※3「NARUTO 7巻」 55話より引用

サクラとサスケ② サスケから「ありがとう」の言葉をもらったサクラ

出典:amazon

イタチに復讐できるだけの力を身につけるため、呪印をコントロールする術を学ぶため、サスケは木ノ葉の里を抜けて大蛇丸のもとへと行く決意をしました。

深夜、サスケが木ノ葉の里を出ようとしたところでサクラと遭遇します。

サクラは涙を流しながら「どうして何も言ってくれないの? 何でいつも黙って、私に何一つ話してくれないの」と聞きますが、「余計なお世話だって言ってんだよ。いちいちオレに構うな」と、サスケはサクラを突き放しました。

サクラは第七班としてサスケやナルトと過ごした日々を楽しかったと振り返り、「サスケくんの、一族のことは知ってる。でも復讐だけなんて、誰も幸せにならない。サスケくんも、私も」と、サスケを説得します。

ナルトやサクラとは相容れないというサスケ。

サクラは涙を流しながら「私はサスケくんが好きで好きでたまらない!! サスケくんが私と一緒にいてくれれば絶対後悔させない毎日楽しくするし、絶対幸せになるはずだから!!」「お願いだからここに居て!! 復讐だって手伝う! 絶対私が何とかしてみせるから」と、思いをぶつけます。

そんなサクラに対して、サスケは笑顔で「やっぱりお前、うざいよ」と言います。

サスケは、以前ナルトに関して無神経なことに対してのサクラへのマイナスの思いをぶつけるためにこの言葉を言いましたが、今回は「第七班での日々を覚えている」「サクラの真摯な気持ちは伝わった」という主旨で発言しました。

最後、サスケは自分のことをすごく思ってくれたサクラに対して「ありがとう」と言って里をでます

※セリフはすべて「NARUTO 21巻」181話から引用

サクラとサスケ③ 自分の手でサスケを殺すと決意するサクラ

イタチへの復讐のために木ノ葉の里を出たサスケ。

ところが、サスケはイタチへの復讐を成しとげたあと、イタチの一族皆殺しが木ノ葉の里の上層部の命令だったことやイタチのサスケに対する深い愛情を知り、憎しみの矛先を木ノ葉の里に向けます

さらに、木ノ葉の里ではナルトとサクラの味方で里を抜けたサスケに対して寛大な処置を取っていた綱手が意識を失い、サスケを抹殺しようとするダンゾウに火影の座が渡ってしまいました。

”暁”に入って雲隠れの里の人柱力であるキラービーを殺害しようとしたことで、サスケは国際的な犯罪者となってしまい、抹殺許可が下りるまでになってしまいます。

復讐心から木ノ葉だけに留まらず、他国にまで憎しみをバラまくサスケの姿にナルトの同期の忍は「サスケの殺害」を決意します。

その話をシカマルから聞いたサクラは悪の道へと突き進むサスケを解放するため、サスケのことが好きだった自分がみずからの手でサスケを殺害する覚悟を決めました

その後、51巻で再会したサクラとサスケは殺し合いに発展しますが、すんでのところでカカシやナルトが止めます。

サクラとサスケ⑤ サクラのおでこに指を当てることで愛情を贈るサスケ!

出典:amazon

72巻でナルトとサスケが戦いで思いをぶつけあったあと、ふたりはようやく理解しあうことができました

戦いのあとナルトと和解したサスケは、「すまなかった」と、サクラに謝罪します。

その言葉を聞いたサクラは涙を流しながら「しゃんなろーよ、バカ」と、戦いで傷ついたサスケを治療しました。

ボロボロの状態でも笑顔を見せる3人のすがたを見たカカシは、かつての第七班のすがたを思い浮かべて「やっと、戻ったね」と、笑顔を見せます。

その後、サスケは自らの意思で忍界を見つめ直す旅にでることをサクラに告げました。

サクラは照れたような乙女チックな表情を見せながら「わ、私もついて行くって言ったら?」と聞いてみると、サスケは「罪を償う旅でもある。お前はオレの罪とは関係無い」と、サクラを突き放します。

「かんけーない、かぁ」とガックリとするサクラに対して、サスケはサクラのおでこに指を二本トンっと置いて「また今度な。ありがとう」と、微笑みかけます

この仕草は、最愛の兄のイタチがサスケに愛情を示すときにやっていたものです!

さらに、サスケが木ノ葉の里を抜ける前にサクラに言った「ありがとう」という言葉を添えて、サクラに愛情をおくりました

※セリフはすべて「NARUTO 72巻」 699話より引用

サクラがサスケに向ける「好き」はどう変化した?

出典:amazon

サクラのサスケに対する思いの変化は、カカシのセリフで読み取ることができます。

第七班として任務を共にする期間が長かったため、カカシはサクラのサスケへの愛情をしっかりと理解していました。

うちはマダラと戦うことになった第七班のシーンでは、カカシはサクラを見て「そしてサクラ。あの時とサスケに対する想いは違うだろう。同じ好きでも、その想いは別のものだ。命を狙われた相手を未だに想う。何があろうと好いたサスケを切り捨てず、サスケを闇から救うのは自分の役目だと思ってる。お前はそういう優しい子だ」(※1)と、独白しました。

ナルトとサスケが戦うことになる前、サクラを眠らせたサスケに対してカカシは「サクラはお前を助けたかったんだ、ずっと!」「それにサクラは今、お前を自分のものにしたいんじゃない! ただお前を助けたいんだ! お前に殺されかけたこともあるこの子が、今でもお前のことを想い、涙を流すのはお前を愛して苦しんでいるからだ!」(※2)と、サクラの気持ちをサスケに代弁します。

昔は恋愛感情だけでサスケのことが好きだったサクラが、成長するにつれて「自分がサスケを救いたい!」という想いに変化していきました。

※1「NARUTO 70巻」 675話より引用
※2「NARUTO 72巻」 693話より引用

サクラとサスケが結婚! ふたりの子どもの名は「サラダ」!

出典:amazon

最終回ではサクラの長年の恋心が身を結び、サスケと結婚したことが明かされました。

ふたりの間には、ひとり娘のサラダも誕生しています。

サクラとサスケ、ふたりはどうして結婚したのか気になっているかたも多いのではないでしょうか?

サクラとサスケの結婚の理由や、娘のサラダを主人公とした外伝にはなにが描かれているのか説明します!

サクラとサスケが結婚した理由はなに!? サスケとサクラのなれそめとは?

出典:amazon

『NARUTO』のなかでサスケとサクラのふたりがどうして結婚まで至ったのかは明言されていません。

サクラはサスケのことが大好きでしたが、一見するとサスケのサクラに対する想いは分かりにくかったと思います。

実は、サスケの行動をよく見てみると、サスケはサクラに対して結構気にかけていたことがわかります

4巻の36話では、自分の実力に悩んでいるサクラの様子に気がつき、中試験の試験官による幻術について「サクラ、どうだ!? お前なら一番に気付いているはずだ。お前の分析力と幻術のノウハウはオレ達の班で一番伸びてるからな」と、サクラの能力をほめることでサクラを後押ししました。

7巻の55話では、敵の攻撃から気絶しているナルトとサスケを庇って傷つくサクラに対して、サスケが「サクラ。誰だ、お前をそんなにした奴は」と、怒りを見せています。

21巻の181話では、里を出て行こうとするサスケを引き止めようとしたサクラの思いの大きさが伝わったのか、「ありがとう」という言葉をサクラに言ってから里を去りました。

それから、しばらくのサスケは兄のイタチのことで頭がいっぱいになります。

その後の66巻の632話では、「百豪の印」のチャクラを使って敵をなぎ倒すサクラの活躍を見て、サスケはどこか誇らしげな表情を見せました。

72巻の699話では、贖罪のたびにでるために木ノ葉に別れを告げる前、サスケとの別れを惜しむサクラのおでこに指を置き、「また今度な」と挨拶をしました。

この仕草や言葉は兄のイタチがサスケによくやっていたもので、サスケにとっての最大限の愛情表現となります!

サクラとサスケの娘、サラダとは?

出典:amazon

サクラとサスケの娘、サラダはメガネをかけたかわいい女の子です。

頭がよくて勝気な性格はサクラに似ていて、容姿はサスケに似ています。

サスケの写輪眼とサクラの怪力を使って戦うすがたは、まさにふたりの娘だと感じた方も多いのではないでしょうか?

忍術アカデミーを卒業したあとは、ナルトの息子のボルトと大蛇丸がクローン技術を使って作りだした息子のミヅキと同じ班に所属しています。

サクラとサスケの娘、サラダを主人公とした外伝「七代目火影と緋色の花つ月」

出典:amazon

サスケとサクラの娘、サラダを主人公とした外伝、「七代目火影と緋色の花つ月」は、NARUTOの物語の主題でもある「つながり」をテーマとした作品です。

劇場版『BORUTO』の前日譚としての一面もあります。

サラダは生まれてこのかた、父親の顔を一度も見たことがありませんでした。

ある日、サラダは家の写真立てのなかにサスケの協力者である「鷹」のメンバーとサスケが写った写真を発見します。

その写真のなかに写っていた女性の香燐がかけている眼鏡が自分のものと似ていることに気がついて

この外伝では、うちは家の絆や七代目火影としてのナルトの活躍などを描いています!

サクラやサスケ、七代目火影のナルトが格好いい! 大人になった第七班の活躍!

出典:amazon

この外伝では、大人となった第七班のナルト、サスケ、サクラの活躍が見ることができます!

サラダと”鷹”のメンバーのひとりである水月の勘違いによって「自分がサクラの子どもではない」と悲しむサラダに対して、「大事なのは血のつながりではなく、心のつながりだ!」と温かく諭すナルトのすがたはとても印象深いものとなっています。

一方、サラダに惜しみない愛を注ぎつつ、サスケやサラダのピンチに駆けつけて敵に一撃で致命傷を負わせるサクラサクラとの信頼関係を見せつつ、圧倒的な力でナルトと共に敵を倒すサスケなど、戦闘シーンでも3人が大活躍です!

さらに、物語の終盤ではサスケの「写輪眼」とサクラの「怪力」を使って敵を倒すサラダのすがたも描かれました!

最終回には未登場の鷹のメンバーやサスケの師匠、大蛇丸が登場! さらにはカブトも?

出典:amazon

『NARUTO』の最終回では、ナルトの仲間たちの将来や結婚相手が描かれました。

では、サスケ側の人間だったは第四次忍界大戦から約20年後、どうなっているのでしょうか?

「七代目火影と緋色の花つ月」では、原作の最終回では未登場の大蛇丸、カブト、”鷹”のメンバーが登場します!

サスケの師、大蛇丸は現在70歳以上となっていますが、なんと、見た目がかなり若返っていました

サスケとイタチの兄弟コンビと戦ったあと、改心を果たした大蛇丸の部下のカブト。戦争終結後はなんと、孤児院を経営していました!

”はサスケの復讐を達成させるために生まれた組織で、イタチへの復讐から木ノ葉への復讐、戦争への参戦まで、ずっとサスケの味方として裏切ることなく、サスケの目的を果たす手伝いをしていました

サラダは、自分の本当の母親が”鷹”のひとりである香燐ではないかと疑いますが、その真相は?

サラダとボルトと「お弁当」

出典:amazon

サラダは未だ会ったことがない父のサスケに会うため、チョウジとカルイの娘であるチョウチョウを引き連れて七代目火影を追うことを決意します。

一方、ボルトはナルトがヒナタの作ったお弁当を忘れて任務に出かけてしまったことに対して怒っていました。

そこにサラダがやってきて、「そのお弁当、私が届けようか?」(※1)と提案します。

「イヤいい。持って帰って母ちゃんに思い知らせてやる! 母ちゃんが作って持たせてるの知っててこれだからよ」(※1)と強く断るボルトに対して、サラダは「届ける人がハッキリと分かってるなら迷うこともないじゃん。それなら私にだって届けられる! それにお弁当ってただ食べるだけじゃないでしょ? 作ってくれた人が特別だってちゃんと分かってる時には」(※1)と、諭します。

サラダは、自分のためにいつもお弁当を作ってくれるサクラのすがたを思い浮かべたのです!

サラダの言葉に母のすがたを思い浮かべたボルトは、サラダにナルトのお弁当を届けることを託しました。

※1…「NARUTO外伝 七代目火影と緋色の花つ月」2話より引用

サクラとサスケからの愛情を再確認したサラダ!

出典:amazon

妻であるサクラと離れた地で任務に挑むサスケに対して「(パパとママの気持ちがつながってるって)パパはなんでそう言いきれるの?」(※1)とサラダが聞くと、サスケは「お前がいるからだ、サラダ」(※1)とハッキリと断言しました!

父と母をめぐる旅で、サスケやサクラからの愛情や心の「つながり」を再確認したサラダ

強敵との戦いを終えた後、サスケはサクラとサラダが待つ家へと帰ります。

そこで束の間の休息を過ごすうちは一家。父との初めての夕食に、サラダも幸せそうです。

次の日、サスケが任務のため、再び別れの時がやってきました。父との別れを寂しそうにするサラダに対してサスケはそっとサラダを抱きしめ、さらにサラダのおでこに指をおいて「そんな顔をするな、また今度な」(※1)と言いました!

この仕草は、サスケの最愛の兄であるイタチがサスケに対してよくやっていたものです。

さらに、サクラが父に会えずに寂しい思いをしているサラダに対してやった仕草でもありました。

そのとき、サラダはこの仕草の意味が理解できずにサクラに聞くと、「パパに会ったら分かると思うよ」(※2)という答えが返ってきます。

その答えの意味がようやくわかったサラダは、サクラに対してニッコリと笑いかけました!

※1…「NARUTO外伝 七代目火影と緋色の花つ月」10話より引用
※2…「NARUTO外伝 七代目火影と緋色の花つ月」8話より引用

「火影」になる決意をしたサラダと、「火影」を否定するボルト!

出典:amazon

両親からは愛情を、七代目火影であるナルトからは温かさと優しさを貰ったサラダは、ナルトにお弁当を届けてくれたことに対してお礼を言うボルトに対して「里の人皆にお弁当を届けるわけにはいかないから、代わりに火影になるって決めたの」(※1)と、宣言します!

一方、父が火影であることで構ってもらえず、寂しさと不満を抱いているボルトは、「フン、くだらねーぜ。火影なんてよ」(※1)と、つぶやきました。

※1「NARUTO外伝 七代目火影と緋色の花つ月」10話より引用

サクラと香燐、おどろきの「つながり」とは?

ところで、サラダと水月は香燐の棚のなかからサラダのDNAと一致するへその緒が出てきたため、香燐をサラダの母親だと勘違いしました。

水月が事件のあと香燐のもとへと訪ねると、「はあ!? ンな訳ねーだろ! サラダちゃんを取りあげたのはウチだっての!」と、叫びます。

実は、サクラにはサスケと共に旅をしていた時期があり、サクラは香燐が管理する大蛇丸のアジトでサラダを産みました

香燐は以前、サスケのことが大好きでした。

そのことについて水月が尋ねると、「バーカ! ウチはサスケが幸せになれりゃ、それでいいんだよ。それに女にだって友情はあんだから」と、答えます。

サクラと香燐には、兄であるイタチを苦しめた木ノ葉の里への復讐に囚われて苦しむサスケのすがたを知っているという共通点があります。

サスケがイタチへの思いから復讐心を暴走させた時、偶然居合わせたサクラと香燐は涙を分かち合いました。その時に、二人の間で奇妙な友情が芽生えたと考えられます。

「へーそんなもんかね。ならサスケのことはキッパリ割り切ったってこと?」と水月が聞くと、香燐は「分かってねーなつながりってのは色々なカタチがあんだよ」と、つぶやきます。

香燐はサスケとの関係性は変化しても、サスケとの「つながり」が切れたわけではないと言いたかったのです。

ちなみに、サラダと香燐のメガネが似ていたのは香燐がサラダにプレゼントしたものだから。

香燐は水月に対して、サラダに謝ってくるついでに新しいメガネも買ってプレゼントするように言いつけました。

※セリフはすべて「NARUTO外伝 七代目火影と緋色の花つ月」10話より引用

サクラとサスケについてまとめ

ここまで、サクラとサスケの関係性の変化や結婚後のふたりの様子などを紹介してきました。

最後に、サクラとサスケについてまとめます!

サクラとサスケのまとめ① ふたりが結ばれた理由とは?

出典:amazon

サクラがサスケに対して抱いていた恋心は、いつしか「自分がサスケを闇から救いだして幸せにしてあげたい」という深い愛情へと形を変えます

その想いがサスケに届いたのか、サスケのことがずっと好きだったサクラはついにサスケと結婚することになりました!

結婚後は、サラダという一人娘を授かっています。

サラダはサスケの写輪眼とサクラの怪力を使う、将来有望な女の子です!

2週間無料で楽しむ!/
Hulu
ナルトを観る
PR

参考元

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

合わせて読みたい

このニュースに関連する作品と動画配信サービス

NARUTO-ナルト- 疾風伝 シリーズ

動画が配信されているサービス一覧

定額見放題

2,189 円/月

U-NEXT詳細

定額見放題

1,026 円/月

Hulu詳細

定額見放題

1,100 円/月

バンダイチャンネル詳細

定額見放題

550 円/月

dTV詳細

レンタル

2,658 円/月

TSUTAYA TV/DISCAS詳細

定額見放題

440 円/月

dアニメストア詳細

NARUTO-ナルト- シリーズ

動画が配信されているサービス一覧

定額見放題

2,189 円/月

U-NEXT詳細

定額見放題

1,026 円/月

Hulu詳細

定額見放題

1,100 円/月

バンダイチャンネル詳細

定額見放題

550 円/月

dTV詳細

レンタル

2,658 円/月

TSUTAYA TV/DISCAS詳細

定額見放題

440 円/月

dアニメストア詳細

NARUTO-ナルト-

動画が配信されているサービス一覧

定額見放題

2,189 円/月

U-NEXT詳細

定額見放題

1,026 円/月

Hulu詳細

定額見放題

1,100 円/月

バンダイチャンネル詳細

定額見放題

550 円/月

dTV詳細

レンタル

2,658 円/月

TSUTAYA TV/DISCAS詳細

定額見放題

440 円/月

dアニメストア詳細

NARUTO-ナルト- サスケ奪還編

動画が配信されているサービス一覧

定額見放題

2,189 円/月

U-NEXT詳細

定額見放題

1,026 円/月

Hulu詳細

定額見放題

1,100 円/月

バンダイチャンネル詳細

定額見放題

550 円/月

dTV詳細

レンタル

2,658 円/月

TSUTAYA TV/DISCAS詳細

定額見放題

440 円/月

dアニメストア詳細

NARUTO-ナルト- 中忍試験編

動画が配信されているサービス一覧

定額見放題

2,189 円/月

U-NEXT詳細

定額見放題

1,026 円/月

Hulu詳細

定額見放題

1,100 円/月

バンダイチャンネル詳細

定額見放題

550 円/月

dTV詳細

レンタル

2,658 円/月

TSUTAYA TV/DISCAS詳細

定額見放題

440 円/月

dアニメストア詳細

NARUTO-ナルト- 木ノ葉崩し編

動画が配信されているサービス一覧

定額見放題

2,189 円/月

U-NEXT詳細

定額見放題

1,026 円/月

Hulu詳細

定額見放題

1,100 円/月

バンダイチャンネル詳細

定額見放題

550 円/月

dTV詳細

レンタル

2,658 円/月

TSUTAYA TV/DISCAS詳細

定額見放題

440 円/月

dアニメストア詳細

「アニメ」人気ニュースランキング