SHARE

contents kv

出典:amazon

2019/04/08
837 0

ベッキー&乙武洋匡の赤裸々告白が話題!新感覚バラエティ「ワイドナショー」

東野幸治がMCをつとめ、ダウンタウンの松本人志をはじめとする芸能人たちが芸能ニュースや時事問題に対して自論を展開していく新感覚バラエティの「ワイドナショー」を紹介します。この番組は出演者たちのコメントや、今年話題のベッキーや乙武洋匡が番組に出演して騒動について語ったりするなど話題を集めています。

目次

ワイドナショーとは?

「ワイドナショー」は毎週日曜日の午前10時からフジテレビで放送されている情報・ワイドショー・バラエティ番組です。番組のスタイルは、普段は芸能ニュースやスキャンダルでワイドショーに取り上げられる側の芸能人たちが、逆に話題のニュースについて自論を展開していくというものです。

番組のメインMCを東野幸治と山崎夕貴アナと秋元優里アナが担当し、コメンテーターとしてダウンタウンの松本人志はじめとする芸能人たちが登場します。また、より若い世代の意見を取り入れるために”ワイドナ高校生”として高校生たちも意見を言ったりします。

話題を呼んだベッキーの登場

「ワイドナショー」で特に話題になったのが今年”ゲスの極み乙女。”の川谷絵音との不倫騒動で活動を自粛していたベッキーが番組に出演してその胸中を告白したことです。ベッキーは10月9日放送回にコメンテーターとして出演したのですが、そこでMCの東野幸治が「川谷さんが結婚していると知ったのは、好きになった後なの?」というストレートな質問をぶつけます。それに対してベッキーは「はい」と正直な気持ちを答えます。

その後もベッキーには、出演者たちから川谷絵音との関係についての質問が浴びせられていきますが、彼女は反省もふまえて現在の素直な気持ちをきちんと話していきました。こうしてベッキーが腹をくくったように答える姿は肯定的に受け止められ、番組自体も話題を集めました。

活動自粛中の乙武洋匡の赤裸々告白!

3月に発覚した5人の女性との不倫騒動のために活動を自粛し、9月には離婚を発表した乙武洋匡が久々に登場した11月27日放送回も注目を集めました。乙武洋匡は以前にこの番組のコメンテーターとして出演していました。

そんな活動自粛中の乙武洋匡のもとを松本人志・東野幸治はじめとする「ワイドナショー」の出演者たちが自宅訪問して、近況について尋ねるというものでした。離婚したために現在は独身生活を送っている乙武洋匡は「40歳無職。貯金もだいぶなくなっちゃいました」と赤裸々に現在の状況を告白しました。

また、離婚の理由もマスコミの追跡から子供たちを守りたかったということや、子供たちとは7ヶ月会えていないということも話しました。そして、最後に松本人志からぜひ復活してほしいというエールを送られて放送は終了しました。

このように話題の人が実際に番組に出演して心境を述べるところがこの番組の魅力となっています。

10代のリアルな声を届ける”ワイドナ高校生”たち

「ワイドナショー」では、”ワイドナ高校生”として高校生たちが話題のニュースについて10代ならでは視点で意見を述べます。例えば、女子高生棋士として人気の竹俣紅はベッキー&川谷絵音の不倫報道についての意見を求められました。それに対して、彼女は「学校では、みんな飽きてます」ともうその話題は古いとリアルな高校生の意見を言って注目を集めました。

また、”まえだまえだ”の兄の前田航基は、ドナルド・トランプが次期大統領になってTPPから撤退することについて意見を求められると「(アメリカが)いなくなってくれたら、太平洋の各国は意外と有益だったりして」と鋭い意見を述べて他の出演者たちを感心させました。

このように大人たちの意見とは違う視点で意見を述べる高校生たちの視点は鋭く、番組を興味深いものにしています。

前園真聖の熊本ヴォルターズ取材!

また、番組の独自の企画として元サッカー日本代表の前園真聖が、今年地震で大きな被害に見舞われた熊本のバスケットチームの熊本ヴォルターズを取材するコーナーが設けられています。前園真聖は何度も熊本を訪れて取材を行いチームを応援するなど、この「今週の熊本ヴォルターズ」は好評企画になりました。

まとめ

「ワイドナショー」はベッキーや乙武洋匡などの、世間を騒がせた話題の人物を番組に実際に出演させてコメントを引き出すことで話題を作っています。

また、10代の高校生が意見を述べたり、番組独自の企画を作ることで他の類似した番組との差別化もうまく図っています。これらの要素が噛み合っているところが人気の秘訣だと言えるでしょう。

参考元

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

合わせて読みたい

「バラエティ」人気ニュースランキング