SHARE

contents kv

出典:

2019/01/16
16,740 2

もう見られないのが残念!桂歌丸VS6代目三遊亭目圓楽の罵倒合戦傑作選

人気長寿番組「笑点」の名物と言えば、桂歌丸VS6代目三遊亭圓楽の罵倒合戦でした。しかし昨年5月で番組を卒業したため、2人の罵倒合戦はもう見ることができなくなりました。 今回は、2人が繰り広げた罵倒合戦の中でも選りすぐりのものをご紹介いたします。

プロフィール

桂歌丸

本名:椎名 巌(しいな いわお)
1936年8月14日生まれ
神奈川県横浜市出身

笑点の放送開始から大喜利のメンバーとして出演し、2006年5月から5代目三遊亭圓楽の跡を継いで5代目司会者を務め、2016年5月22日の放送をもって司会を卒業し、「終身名誉司会者」となりました。

3代目三遊亭圓楽

本名:會 泰通(あい やすみち)
1950年2月8日生まれ
東京都墨田区出身

1977年8月から大喜利メンバーとして出演し、現在のメンバーでは林家木久扇に次ぐ古参メンバーです。
2010年3月に、それまで名乗っていた「楽太郎」から「6代目三遊亭圓楽」を襲名しました。

圓楽による歌丸罵倒集

大喜利冒頭でのメンバーの挨拶にて。

栃木の専門学校で教鞭を取っていることを紹介して、笑点を見学に来た学生たちに対してこう言います。
6代目圓楽:「学生の皆様、終わりましたら楽屋にて歌丸師匠で介護実習をします。」

歌丸と圓楽が一緒に口を閉じて黙り込むお題にて。

5代目圓楽:「どうしたの?」
6代目圓楽:「(歌丸を指さして)死人に口なしです。」

メンバーが選挙で落選した候補者に扮するお題にて。

5代目圓楽:「先生、落選です。」
6代目圓楽:「(歌丸を指さして)慌てるな、こいつが死ねば繰り上げ当選だ。」

ヒントを言って「○○なし・○○なし」と答えるお題にて。

6代目圓楽:「歌丸師匠です。」
5代目圓楽:「なんですか?」
6代目圓楽:「毛なし・脈なし。」
会場爆笑
歌丸:「脈はあるよまだ。」
6代目圓楽:「(歌丸の腕を触りながら)微かに。」

「○○飛んで行け」と言った後に何かひと言加えるお題にて。

6代目圓楽:「髪の毛飛んで行けぇ!」
歌丸:「どうなりましたか?」
6代目圓楽:「(歌丸を指さして)こんなざまぁになりました。」

夏の嫌われ者とは何かというお題にて。

6代目圓楽:「(歌丸を見ながら)三途の川を泳いでターンして戻って来る奴。」
歌丸:「言っといて私の顔を見る必要ないでしょ。」

歌丸がサッカー選手を志す子供になるお題にて。

歌丸:「ねぇねぇ僕サッカー選手になるんだ!」
6代目圓楽:「ヘディングが滑るぞ!」

メンバーが何かに失敗した人になるお題にて。

6代目圓楽:「あぁ、やっちゃったよ。」
歌丸:「どうしたの?」
6代目圓楽:「歌丸師匠にタクシーが来ましたって言うところを、お迎えが来ました言っちゃった。」

色々なものを投げるアクションをしながら何か言うお題にて。

この日の司会は入院した5代目圓楽に代わって三遊亭小遊三が務めました。

南無阿弥陀仏と唱えながら何かを投げる6代目圓楽
小遊三:「どうしました?」
6代目圓楽:「富士子さん(歌丸の奥さん)に歌丸の散骨頼まれたんです。」

上を向いて色々なしぐさをするお題にて。

春風亭昇太・林家たい平と共に手を振る
6代目圓楽:「さようならー。」
歌丸:「何してるの?」
6代目圓楽:「歌丸師匠が煙になって登ってく・・・。」
歌丸:「山田君!あの3人の1枚ずづ持っていきなさい!!」

カツラを被ろうとする歌丸いじり。

その1
歌丸:「私は頑固じじいです。」
カツラを被ろうとする歌丸。
6代目圓楽:「それおかしい。」
歌丸:「えっ?」
6代目圓楽:「それ増えてる!!」
歌丸:「山田君!1枚持っていきなさい!」

その2
歌丸:「私はおじいさんになりますからね。」
カツラを被る歌丸。
6代目圓楽:「増えてる!」
歌丸:「山田君!1枚持っていきなさい!」
6代目圓楽:「そのままでいいじゃない!!」
歌丸:「山田君!全部持っていきなさい!!!!」

名物!「やるかじじい」

寒稽古をする師範(歌丸)と弟子(メンバー)のお題にて。
歌丸:「だぁー!!」
6代目圓楽:「やるかじじい!!」
歌丸:「全部持っていきなさい!」

「○○に逆らって何が悪い」というお題にて。
6代目圓楽:「先輩に逆らって何が悪いっていうんだ!」
歌丸:「悪いさ!」
6代目圓楽:「やるかじじい!!」
司会の机を飛び越えて6代目圓楽に詰め寄る。
逃げる6代目圓楽。
歌丸「山田君!楽さんの全部持ってきなさい!」

北斗の拳のケンシロウ(メンバー)とその敵(歌丸)に扮したお題にて。
6代目圓楽:「歌丸!お前はもう死んでいる!」
歌丸:「なぜだ。」
6代目圓楽:「うるせぇ!やるかじじい!!」
歌丸:「自分の腹にあること言ってるだけじゃねえか!山田君全部持ってっちゃえ!」

歌丸による圓楽罵倒集

「万歳」と「万々歳」の札を使ったお題にて。

歌丸:「隣の与太郎(木久蔵)さんがいなくなれば万歳。隣の腹黒がいなくなれば万々歳。」

童謡「ぞうさん」の替え歌を作るお題にて。

6代目圓楽:「歌さん歌さんお迎え近いのよ。」
歌丸:「そうよお前を道連れよ。」
観客爆笑&拍手
歌丸:「伊達に50年落語やってらぁ!」

メンバー同士がハグするお題にて。

ロックンローラー(メンバー)が言葉を投げかける問題。
6代目圓楽:「お前たち、歌丸が好きか!」
全員:「イェーイ!」
6代目圓楽:「本当に好きか?」
全員:「イェーイ!」
6代目圓楽:「俺は大嫌いだ!」
歌丸:「俺だってアンタ大嫌いだ!!」

ヒントを言って「○○なし・○○なし」と答えるお題にて。

歌丸:「腹黒い楽太郎さんです。」
5代目圓楽:「ほう!」
歌丸:「反省なし、処置なし。」

ヒントを言って「○○玉」と答えるお題にて。

歌丸:「バンザーイ!楽太郎が死んだ!」
5代目圓楽:「なんですか?」
歌丸:「くす玉。」

3人の名前を言ってから共通点を言うお題にて。

歌丸:「ブルータス・明智光秀・三遊亭楽太郎。」
5代目圓楽:「なんですか?」
歌丸:「人を裏切る奴。」
楽太郎以外の全員が拍手。

本当は仲が良い2人です

こうして罵倒し合っている姿を見ると、「2人は仲が悪いのか?」と思われがちですが、実は罵倒合戦が始まるきっかけにはこんなエピソードが隠されています。

歌丸が「俺のことをいじりなさい」とアドバイスした。

6代目圓楽(当時は楽太郎)は大喜利メンバーになった当初、5代目圓楽の馬面いじりや、林家こん平のチャラーンなどといった自分のキャラクターが無く困っていました。
そんな時に、歌丸が「俺のことでいいから。俺をいじりなさい。」とアドバイスしたことによってキャラクターが確立され、笑点の名物となりました。
いじり始めた当初は、ネタということもあってか遠慮していたようですが、いじっているうち楽しくなり、過激な発言を連発するようになりました。

2人は固い絆で結ばれています。

笑点では罵倒し合っている2人ですが、本当はとても仲が良いんです。
歌丸が体調不良で入院すると、誰よりも早くお見舞いに駆け付けます。
2人はそれぞれ違う派閥出身ではあるものの、よく2人会を行ったり、歌丸に落語の稽古をつけてもらうなど、派閥の垣根を越えた師弟愛があります。

まとめ

この罵倒合戦は、歌丸は6代目圓楽をかわいがり、6代目圓楽は歌丸を尊敬しているからこそできることであり、互いの信頼関係がよく分かります。

歌丸が卒業したことで6代目圓楽もいじる相手がいなくなり、少し寂しいことでしょう。

参考元

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

この記事に関連する記事

仲村耕輔

written by 仲村耕輔

アニメ漫画大好きの22歳です。 宜しくお願いします。

あなたが観たい作品が見つかる!VOD動画配信サービス 28社を徹底比較!

アクセスランキング

前日のアクセス数が最も多かった「バラエティ」記事のランキングです

もっと見る

MS!編集部記事一覧