SHARE

contents kv
2016/12/16
1,163 0

期待と不安…でも待ち遠しい!?実写化が発表された漫画をご紹介

大好きなマンガやアニメの実写化には不安がつきもの…。 それでも批判を覆し、大ヒットしたマンガ原作の実写化作品も多数あります。 この記事では、まだ公開されていない「実写化が発表された漫画」をご紹介します。

マンガの実写化でもヒットした作品

「バクマン。」や「HK/変態仮面」など

「絶対にやらないほうがいい」とまで言われることの多いマンガやアニメの実写化ですが、成功した作品も多数あります。

「バクマン。」を例に挙げると、キャストが発表された当初は主人公2人を演じる佐藤健さんと神木隆之介さんのイメージが全く逆だという声もありましたが、映画公開後は「全く問題なかった」「合っていた」という声も多く、原作ファンからもかなり評価の高い作品となりました。

また、「HK/変態仮面」では主人公を演じた鈴木亮平さんがかなりストイックな肉体改造を行い、原作のイメージに自ら近づいて行ったことで「成功した実写化作品」の一つとして挙げられることが多い作品です。

そのほか「ウシジマくん」シリーズや「デトロイト・メタル・シティ」、ドラマでは「重版出来!」「逃げるは恥だが役に立つ」など、マンガの実写化というかなりハードルの高い原作ながらもヒットした作品は多いようです。

現在発表されているマンガ原作の実写化作品

銀魂

「銀魂」は、2004年から週刊少年ジャンプにて連載されているギャグ漫画で、過去にアニメ化、ゲーム化などもされているかなり人気の作品です。

幅広い世代にファンを持つ作品ですが、監督は「勇者ヨシヒコ」シリーズの福田雄一監督、キャストは主人公の銀時役を小栗旬さん、ツッコミ担当の新八役を菅田将暉さん、ヒロインの神楽役を橋本環奈さんと、主演の3人だけでもかなり豪華なメンツ。

その他キャストも、勇者ヨシヒコシリーズでおなじみのムロツヨシさん、元ももいろクローバーの早見あかりさん、KinKi Kidsの堂本剛さん、中村勘九郎さんなど異常なほどに豪華です。

公開は2017年の7月予定。
かなりテンションの高いギャグ漫画なので、原作ファンの皆さんは不安かもしれませんが、ティザーポスターも公開されますます期待が高まりますね。

クズの本懐

横槍メンゴさんが月刊ビッグガンガンで連載中の「クズの本懐」は、性的倒錯した美男美女の高校生2人の恋愛模様を描く、「歪んだラブストーリー」を描いた漫画です。

アニメ版は2017年1月12日より「ノイタミナ」枠で公開され、Amazonプライムビデオでも独占配信が行われますが、それと同時にフジテレビオンデマンドでも実写版の先行配信が行われます。

ヒロインの花火を演じるのは、「HiGH&LOW THE RED RAIN」でもヒロインを演じた吉本実憂さん、麦を演じるのはミュージカルテニスの王子様で越前リョーマ役を務めた桜田通さんです。

かわいらしい絵柄と過激な描写で人気の作品のため、実写化の発表には賛否両論のコメントが飛び交っています。

いぬやしき

「いぬやしき」は、「GANTZ」の作者・奥浩哉さんが現在イブニングで連載中のSFマンガです。

2017年の10月に「ノイタミナ」枠でアニメ化されることが決定し、2018年には実写映画化もされることが決定しました。

主人公の老人・犬屋敷壱郎は余命3カ月だと宣告されますが、ある事件をきっかけに宇宙人の手によって機械の身体と超人のようなパワーを手にし、人助けに自分の存在意義を見出します。

ですが同じ事件に居合わせ、同じように機械の身体となってしまった青年・獅子神は、犬屋敷とは真逆の方法で自分の能力を利用していきます。

機械の身体となってしまったことへの苦悩や、主人公たちの身の回りに起こる絶望と救済を描いた作品です。

現在、キャストや詳細は発表されていませんが、おそらくCG技術を多用した壮大な作品になることが予想されます。続報が楽しみです。

3月のライオン

「3月のライオン」は、「ハチミツとクローバー」の原作や「東のエデン」のキャラクターデザインでもおなじみの羽海野チカさんがヤングアニマルで連載中の将棋マンガです。

主人公の桐山零を演じるのは、俳優としてだけではなく声優としても活躍する神木隆之介さん。

公開は2017年の3月。
神木さんは冒頭で紹介した「バクマン。」や、「探偵学園Q」「脳内ポイズンベリー」など数々のマンガ実写化を成功させてきた実力派俳優なので、かなり期待が高まります。


その他実写化作品

その他にも、「東京喰霊」や「一週間フレンズ。」、「鋼の錬金術師」「覆面系ノイズ」など、2017年はたくさんのマンガ実写化作品が見られそうです!

大好きなマンガの実写化はかなり不安ですが、実写化が成功して好きな作品に新しいファンが増えるのは嬉しいことですよね。
今後も最新の情報をチェックするようにしましょう!

参考元

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

この記事に関連する記事

よなは

written by よなは

趣味はネットカフェに行ってそんなに流行ってないマンガを読むことです。

あなたが観たい作品が見つかる!VOD動画配信サービス 28社を徹底比較!

アクセスランキング

前日のアクセス数が最も多かった「邦画」記事のランキングです

もっと見る

MS!編集部記事一覧

その他トピックパス