SHARE

contents kv

出典:amazon

2019/04/18
1,070 0

小ネタと豪華な俳優陣の演技合戦が見もの!相葉雅紀主演のドラマ「貴族探偵」PART2

フジテレビの月9ドラマとして絶賛放送中の「貴族探偵」を紹介します。麻耶雄嵩の小説を原作に、主演に嵐の相葉雅紀を迎えたこのドラマは、自らを貴族を名乗り、探偵なのに謎を解かない主人公の特異なキャラや、武井咲や松重豊など脇を固める豪華な俳優陣の共演が話題を集めています。

目次

「貴族探偵」の代わりに事件を解決する使用人達②!

メイドとして「貴族探偵」に仕える田中を中山美穂が演じています。

このメイドの田中は紅茶をいれると天下一品の腕前を持ちますが、性格は控えめで普段は表に出ようとはしません。

けれども、実は彼女はこんがらがった事件の相関図をボードを使ってわかりやすく解説する切れ者だったりします。

中山美穂は人気女優として活躍していましたが、今回は脇役として活き活きとメイドを演じ、ドラマにアクセントを与えています。

コミカルに警部補・鼻形雷雨を演じる生瀬勝久!

神奈川県警捜査一課の警部補・鼻形雷雨を演じるのは生瀬勝久です。

この鼻形雷雨ですが、上昇志向が強くて「貴族探偵」など権力を持つものにはおべっかを使う一方で、部下には偉そうな態度をとるわかりやすい性格しています。

また、愛香とともに事件の捜査をするのですが、その時の生瀬勝久と武井咲の掛け合いがコミカルでコントを見るような楽しさがあります。

生瀬勝久の代表作の一つというと「TRICK」シリーズの警部補・矢部謙三ですが、今回演じる鼻形雷雨は「TRICK」時の演技を彷彿させると評判を呼んでいます。

鼻形雷雨は生瀬勝久の良さがでた、はまり役で作品全体にユーモアを与えてくれています。

意外すぎる役柄で登場する仲間由紀恵!

「貴族探偵」のキャストには仲間由紀恵も名を連ねているのですが、人工知能の「Siri(シリ)」をもじった「ギリ」役で出演しています。

愛香がスマホで「ギリ」に調べて欲しいことを尋ねた際、それに応える音声を仲間由紀恵が担当しています。

そうした、意表をついた役柄ということもあり、言われないと仲間由紀恵が「ギリ」の声をやっていると気づかない人も多かったりします。

ただし、「貴族探偵」のメインポスターの中の肖像画には仲間由紀恵が描かれていることもあり、今後「ギリ」とは別のキャラクターでの登場が予想されます。

随所に盛り込まれる小ネタが面白い①!

ドラマ「貴族探偵」の一番の見どころは随所に盛り込まれた小ネタです。

例えば主人公の「貴族探偵」が開口一番に言い放つセリフが「ようこそ、我が家へ」ですが、これは相葉雅紀が主演をつとめたドラマ「ようこそ、わが家へ」へのパロディです。

また、他の嵐ネタとしてはドラマの中でさりげなく映し出される「ストームファイブ」と「AMNOS」という言葉もあげられます。

A=相葉,M=松本,N=二宮,O=大野,S=櫻井の「AMNOS」と「ストームファイブ」いずれも嵐を連想させるワードです。

こうしたさりげない演出を見つけるのがファンにとってドラマを見る楽しみになっています。

また、コミカルなシーンとしては毎回ドラマの中で探偵の師弟コンビを演じる武井咲と井川遥が変顔対決をする場面があります。

世代を代表する美人女優の変顔バトルも笑いを誘ってくれるのです。

そして、この作品の1話では、ゲストで女優の木南晴夏が登場しますが、彼女は武井咲とは昨年のドラマ「せいせいするほど、愛してる」で共演して泥沼の女同士のバトルを繰り広げました。

けれども、そうした2人が今回は仲が良い間柄という真逆の設定で登場さているところも小ネタとして面白かったりします。

随所に盛り込まれる小ネタが面白い②!

また、こうした小ネタは外にも、メイドの田中がボードで事件の相関図を説明するシーンでは、そのボードを見た鼻形が「まるで『ミヤネ屋』やね!」とツッコミを入れます。

フジテレビの「貴族探偵」に対して、「情報ライブミヤネ屋」は日テレ系列の読売テレビの番組です。

ライバル会社の番組をセリフの中で引き合いに出してくるクスッと笑える小ネタなのです。

そして、他局の番組では主人公の「貴族探偵」が「ドラマや映画は原作よりもつまらなくなるのが相場と決まっているからな」と言います。

けれどもそれに対して、メイドの田中が「最近では『逃げ恥』の評価は高かったようですよ」と言い返す場面でも他局の人気ドラマを小ネタとして登場させています。

このように嵐ネタもあれば過去のドラマのオマージュみたいな随所に盛り込まれる小ネタをゲームみたいに見つけるのがこの作品を見る醍醐味なのです。

事件の真相を解き明かす再現VTRにもユニークな工夫が①!

ミステリードラマの一番の醍醐味は何と言ってもクライマックスの殺人事件の真相が解き明かされる場面です。

本格ミステリーでは凝ったトリックを作家も用意して読者を楽しませてくれるのですが、そうした凝ったトリッックは時には凝りすぎて理解しがたい場合もあります。

そこで、このドラマでは再現VTRで犯人が被疑者を殺す過程や、警察の捜査から逃れるために用いたトリックを映像としてわかりやすく見せてくれます。

また、その再現VTRには「貴族探偵」の使用人達が出演するという今までになかったようなユニークな趣向が盛り込まれています。

しかも、その再現VTRでは松重豊が女装をして、滝藤賢一とベッドシーンを演じてしまうというシュールな場面もあったりします。

こうしたシュールな演出をすることで、殺人の再現VTRなのに笑いのエッセンスが加わり、喜劇的として秀逸な場面に仕上がっているのです。

事件の真相を解き明かす再現VTRにもユニークな工夫が②!

その他にも第2話の車で巨大な石を落とすシーンを再現する場面では実際に模型を作って、それをコマ撮りで撮影するという手間のかかった映像で表現します。

さらにそのコマ撮り映像に「コマ撮りで撮っているのか? こまどり姉妹」というセリフをかぶせるという昭和世代が笑える小粋な小ネタを挟んでくるのです。

このように毎回違った趣向で見せる再現VTRは視聴者からも好評を得ています。

まとめ

ドラマ「貴族探偵」は主演の相葉雅紀演じる「貴族探偵」はじめとする個性豊かなキャラクターを芸達者な役者陣が演じるところが見どころです。

また、豊富な小ネタやこだわりの再現VTRなど遊び心溢れる映像やセリフが実に素晴らしくて作品を楽しくしてくれています。

そうした原作のエッセンスを忠実に再現しつつ、映像としての魅力を加味しているところが”麻耶クラスタ”という熱狂な麻耶雄嵩ファンがこのドラマを絶賛している要因だと言えます。

参考元

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

合わせて読みたい

このニュースに関連する作品と動画配信サービス

貴族探偵

動画が配信されているサービス一覧

Not Available 現在、こちらの作品を配信中・レンタル中のサービスはありません。

「国内ドラマ」人気ニュースランキング