SHARE

contents kv
2019/01/20
630 1

松田翔太が「裏」警察を熱演!『ディアスポリス DIRTY YELLOW BOYS』

大人気コミックを松田翔太主演で映画化。異邦外国人を護る【裏都庁】の警察官として難事件に挑むアクション映画です!監督は『私の男』の熊切和嘉。悪役の須賀健太も迫力のある演技を見せています!

人気コミック『ディアスポリス 異邦警察』待望の実写化

松田翔太がクセのある役柄を熱演

脚本リチャード・フー、漫画すぎむらしんいちによる共作コミックを映像化した『ディアスポリス 異邦警察』。
テレビドラマ化と同時に映画化が発表され、その斬新なテーマとストーリーに注目が集まりました。

主演を飾るのは松田翔太。
探偵モノへの主演ということでいやがおうにも実父の松田優作『探偵物語』を連想させます。
さらにドラマ版ではエピソードごとに別の監督がメガホンを執り、『私立探偵濱マイク』を彷彿とさせます。
この概要を聞いただけで映画ファンは惹きつけられますね。

彼が演じるのは東京の移民を護る異邦警察官・久保塚早紀。
決して単純な正義漢ではない色気のある役をスタイリッシュ且つ大胆に演じます!

脇を固めるのがバディ役の浜野謙太。
久保塚と対極のキャラクター・鈴木 博隆を好演します。ケンカばかりなのに実は信頼関係バツグンの2人の絆が本作のみどころのひとつと言えるでしょう。

映画『ディアスポリス -DIRTY YELLOW BOYS-』公式サイト | 9月3日(土)公開! http://www.dias-police.jp/

松田翔太主演 映画『ディアスポリス -DIRTY YELLOW BOYS-』9月3日(土)公開! モスクワ国際映画祭グランプリ『私の男』の熊切和嘉監督 最新作 生きるか?捕まるか?ギリギリな密入国者たちの裏社会エンターテインメント!

東京の暗部を舞台にした不敵な世界観

『ディアスポリス』は切り口がとにかく斬新な作品です。
時代的にも移民問題が顕在化してゆくであろう過渡期である現在の日本にぴったりの”時事ネタ”ではないでしょうか。

物語の舞台は東京・裏社会。

密入国外国人15万人の自衛組織・通称【「裏」都庁】。そこには貧しく虐げられた異邦民のために病院もあり銀行もあり、なんと警察も存在します。
久保塚早紀(松田翔太)はそこのたったひとりの警察官です。
久保塚はまともな処遇を受けられない異邦民のためにあらゆるトラブルに立ち向かいます!

これまでにない独特な設定の物語のなか、映像に匂い立つ雰囲気は秀逸、混沌とした世界観のなかで久保塚のセクシーなキャラクターが際立ちます。

最狂エピソード『ダーティーイエローボーイズ』

須賀健太とNOZOMUが暴力集団の長を怪演

原作コミックのなかでもファンに人気のあるエピソード『ダーティーイエローボーイズ』。
過激な内容で映像化不可能と評されてきましたが、今回の実写化では作品の世界観をしっかりとスクリーンに定着させています。

さらに敵役を演じる須賀健太、オーディションで抜擢されたNOZOMUがそれぞれ見事な中国語を操り、暴力的な役柄を好演しています。
特に須賀健太の主演級の存在感はこの作品の核として大いに機能しています。

監督は『私の男』で注目を集めた熊切和嘉。ドラマ版に続いて劇場版でもメガホンを握ります。

Story

裏都民であるマリアが何者かによって誘拐され、その友人である外国人女性は身代金を要求されます。
助けを求められた久保塚(松田翔太)は犯人の居場所をつかみ、現場に駆けつけますが、すでにマリアは殺されています。

犯人の手がかりを追う久保塚は「ダーティーイエローボーイズ」なるアジア人の犯罪集団に所属する周(須賀健太)と林(NOZOMU)をつきとめます。

2人の後を追う久保塚は彼らが地下教会と関係があることを知るのです。

一方、逃亡する周と林は「ダーティーイエローボーイズ」を乗っ取ろうと画策しますが…。

まとめ

カルト的人気を誇る人気コミックの映画化。

ドラマ製作時点で映画化も決定しており、製作側はドラマ版で世界観の構築を主眼におき、その後の映画版につなげていくというプランを練っていました。

ドラマ版では複数の監督を起用し、見事に原作の混沌としたイメージを作品に定着。
そして映画版。
原作の人気エピソードを満を持して採用し、高感度のアクション映画を作り上げました。

しかしドラマを観ていたファンにはストーリーに張り巡らされていた伏線が気になるところ。今回の映画版ではその謎は解き明かされませんでした。

製作側は次回作に意欲的な発言を残しています。
ぜひさらなる続編、期待しています!

参考元

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

この記事に関連する記事

この記事に関連する作品と動画配信サービス

ディアスポリス −異邦警察−

動画が配信されているサービス一覧

定額見放題

933 円/月

Hulu詳細

定額見放題

500 円/月

dTV詳細

定額見放題

888 円/月

FODプレミアム詳細

レンタル

933 円/月

TSUTAYA TV/DISCAS詳細

ディアスポリス -DIRTY YELLOW BOYS-

動画が配信されているサービス一覧

定額見放題

1,990 円/月

U-NEXT詳細

定額見放題

933 円/月

Hulu詳細

定額見放題

500 円/月

dTV詳細

レンタル

500 円~/月

ビデオマーケット詳細

レンタル

933 円/月

TSUTAYA TV/DISCAS詳細