SHARE

contents kv

出典:amazon

2019/04/09
1,485 0

ローラのハリウッドデビュー作!「バイオハザード:ザ・ファイナル」

バイオハザード:ザ・ファイナルが今すぐ観れる

\おすすめの動画配信サービス/

※配信状況により無料ではない可能性がございます。

大人気ホラーアクションゲームを映画化した「バイオハザード」シリーズの完結編「バイオハザード:ザ・ファイナル」が12月23日(金・祝)から公開されます。シリーズ1作目から主演をつとめるミラ・ジョヴォヴィッチだけでなく、今作では日本からモデルのローラが主要キャストとして出演することでも話題を集めています。

目次

映画版バイオハザードシリーズとは

「バイオハザード」は元々は1996年にカプコンより発売されたPlayStation用ホラーアクションゲームで、それを原案に2002年にハリウッドで映画化されました。

そして、1作目の興行的な成功を受けてシリーズ化されて以来、最終作の「バイオハザード:ザ・ファイナル」を含め合計6作品が製作されてきました。

「バイオハザード」ストーリーの舞台は21世紀初頭で、とある地下深くの秘密研究施設で開発されていたウィルスが漏洩するという非常事態が起こります。

漏洩したウィルスに感染することによって、死体がゾンビ化したアンデッドや、ケルベロスなどの怪物が誕生します。主人公のアリス率いる特殊部隊は、その怪物らと死闘を繰り広げます。

そして、「バイオハザード」シリーズの主役・アリスをシリーズの全作品で演じるのはミラ・ジョヴォヴィッチで、ハードなアクションを華麗に演じています。
このシリーズは彼女の代表作として知られています。

バイオハザード:ザ・ファイナルのあらすじ

ゾンビに包囲されたホワイト・ハウスの戦いは失敗に終わってしまいます。さらに、手を組んでいたウェスカーに裏切られたアリスは、全ての悪夢が始まった場所であるラクーンシティに戻ります。

ラクーンシティでは、人類の大半がアンデッド化する状況の原因を作った巨大企業・アンブレラ社が、アリスを迎え撃つために、新たなミュータントやゾンビの大群を結集させていました。

次々と襲いかかる敵に対して、アリスは昔の仲間たちとともに、人類の存亡をかけた最終決戦に挑みます。

監督のポール・W・S・アンダーソンの演出に注目!

「バイオハザード:ザ・ファイナル」の監督は、シリーズ3・4作目以外の全てのシリーズ作品でメガホンを取ってきたポール・W・S・アンダーソンです。

主人公アリスを演じるミラ・ジョヴォヴィッチの夫でもあるポール・W・S・アンダーソン監督は、「三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」などの大作の監督を務めてきました。そうしたこともあり彼はスタイリッシュで洗練されたアクション演出に定評があります。

「バイオハザード」シリーズも1作目はB級テイストの濃厚なホラー要素が強かったのですが、シリーズを追うごとにアクションが激しく派手になっていき、ゲーム版の「バイオハザード」とはまた違った世界観を作り出してきました。

そして、今作では最終決戦を描くということもあり、大スケールのアクション演出が見られそうです。

また、この最終作では、オリジナルに回帰することでホラー要素を強めていると言われています。そうしたこともあり、シリーズ1作目のテイストが好きな人や、ゲーム版の「バイオハザード」が好きな人にもたまらない作品となりそうです。ポール・W・S・アンダーソン監督の演出に注目です。

ローラが主要キャストとして登場!

「バイオハザード:ザ・ファイナル」はモデルのローラが主要キャストの1人として出演していることも話題となっています。ローラは、アリスとともにアンデッドの大群と戦う女戦士・コバルトを演じています。

映画の中でのローラは普段バラエティで見せる明るいキャラとは違い、マシンガンを向ける視線は鋭く、敵を倒す表情は鬼気迫るものがあります。

主演のミラ・ジョヴォヴィッチも、「現場で彼女のエネルギーや才能を見ることは大きな喜びだった」、「ローラは強い女性で、現場では誰もが彼女を尊敬したの」と賛辞を送っています。

ストーリーの結末、スペクタクルなアクションシーン、そして、日本から参戦したローラの演技など、「バイオハザード:ザ・ファイナル」は見所が多い作品です。

参考元

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

合わせて読みたい

このニュースに関連する作品と動画配信サービス

バイオハザード:ザ・ファイナル

動画が配信されているサービス一覧

レンタル

562 円/月

ビデオパス詳細

レンタル

1,990 円/月

U-NEXT詳細

レンタル

500 円/月

dTV詳細

レンタル

2,417 円/月

TSUTAYA TV/DISCAS詳細

レンタル

500 円~/月

ビデオマーケット詳細

「洋画」人気ニュースランキング