閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

当サイト内に掲載されている[PR][Sponsored]の表記がある商品は広告(アフィリエイトプログラム)により編集部のおすすめとしてご紹介させて頂いております。
更新日:

【スクリーム(1996年)】の無料動画を配信しているサービスはどこ?映画を日本語吹き替え版/字幕版で見れるところは?

提供元:amazon
スクリーム(1996年)

スクリーム(1996年)を配信中の動画配信サービス一覧

定額見放題

定額見放題

レンタル

レンタル

無料配信

無料配信

現在、提供しているサービスがありません。

配信中サービスの詳細はこちら

迷っているあなたへ!

おすすめの動画配信サービスはこちら

【スクリーム(1996年)】は3社の動画配信サービスで配信中です。
定額見放題1社、レンタル2社です。ここでは配信されているサービスの詳細を紹介します。
※実際の配信状況は各VODサービスをご確認ください。

スクリーム(1996年)の動画が配信されているサービス

スクリーム(1996年)が視聴できる3社の各サービス詳細です。
月額料金、無料期間、見放題本数の基本情報と各サービスのおすすめポイントが確認できます。

スクリーム(1996年)の動画が配信されているサービス一覧

【PR】
配信状況 料金(税込)
定額見放題
1,026円/月
レンタル
30日間無料 1,958円/月
レンタル
30日間無料 600円/月
無料配信無料で配信中のサービス

現在配信のないサービス一覧

DMM TV U-NEXT クランクイン!ビデオ バンダイチャンネル dアニメストア ABEMA DMM宅配レンタル AppleTV+ auスマートパスプレミアム Netflix(ネットフリックス)

スクリーム(1996年)の動画が配信されているサービス詳細

定額見放題

定額見放題

Huluの基本情報

Hulu
月額料金
1,026円(税込)
無料期間
種類
定額見放題
同時再生可能
端末数
1
ダウンロード
見放題作品
14万

Huluの編集部的ポイント

5
コスパ
月額料金だけで100,000作品以上の全ての作品が見放題!レンタル作品がないので追加料金なしで気になった作品を何度でも視聴できます。
3
無料期間
無料お試し期間は2週間。ちょっと短めですが、使いやすさを確認したり自分好みの作品がそろっているかを確認するには十分な期間です。
4
作品数
作品数は100,000作品以上。アニメや日テレ系のドラマ、バラエティ、海外ドラマに映画も充実しています。見たいと思える作品が見つかるはず。
3
使いやすさ
ダウンロード可能・TV接続可能です。ただし、同時視聴は未対応です。
1
特典
なし

Huluなら無料期間中も動画のダウンロードが可能! いろいろなデバイスから動画を楽しもう

スクリーム(1996年)はHuluで視聴可能です!

Huluは、2週間の無料体験期間が設けられており、約100,000本以上の動画がなんと見放題です!

洋画や邦画はもちろん日テレ系列のサービスなのでバラエティも充実した配信ラインナップ!
無料お試し期間を利用すればあらゆるジャンルすべての配信作品が無料で楽しめます。

ジャンルも豊富にそろっているため、いろいろなテイストの作品が楽しめるでしょう。

主なジャンルは次の通りです。

・海外ドラマ・TV
・国内ドラマ・TV
・洋画
・邦画
・アニメ
・リアルタイム

Huluでは最大6つのデバイスでひとつのアカウントを共有可能。プロフィール設定もできるため、家族に自分のマイリストや視聴履歴が見られるのも防げます。さらに、ダウンロード機能もあるため、オフライン再生もできちゃうんです!

スマホ・タブレット・パソコンのほか、Chromecast・Amazon Fire TV Stick・スマートテレビ、Wii U・PlayStation4からも視聴できるのも大きなポイントです。

Huluで視聴できるシリーズ作品

Huluのシリーズ本数:1本/4本

\ Huluを今すぐ楽しむ!/

レンタル

レンタル

music.jpの基本情報

music.jp
月額料金
1,958円(税込)
無料期間
30日間無料
種類
レンタル
同時再生可能
端末数
-
ダウンロード
見放題作品
-

music.jpの編集部的ポイント

5
コスパ
音楽だけでなく動画や書籍などの様々なコンテンツを総合的に楽しめる。月額1,958円(税込)と若干高めですが、コスパ◎
5
無料期間
無料お試し期間はたっぷり楽しめる30日間。映画、音楽、漫画、書籍など様々なコンテンツが無料で楽しめます。
3
作品数
音楽やそれ以外のコンテンツも含めて総勢8000000点以上!ただし正式な数は公表されていません。
2
使いやすさ
PC、スマホから視聴できる上、Full HD対応なので大画面のテレビで高画質の映像を楽しめます!倍速機能あり(0.5倍~2.0倍)
5
特典
毎月3,000円分のポイントが貰えます!新作映画が6本ほどポイントだけで観ることができます!

music.jpではレンタルがお得!新作映画を楽しもう!

スクリーム(1996年)はmusic.jpで視聴可能です!

新作映画をお得に見たいならmusic.jpがおすすめ!
テレビ1780コースなら毎月1,958ポイント+1,000円分の動画ポイント(映画以外も視聴可能)がもらえる!

他にも75%OFFのクーポンや100%OFFのクーポンもらえ、お得にレンタルすることができます。

music.jpでは、加入している料金プランごとにレンタルに使えるポイントが貰えます。

サービスに加入するのを悩んでいる人でも、月額料金以上に動画を視聴できるポイントが貰えるので、新作が実質無料で視聴できると考えるとお得。

レンタルできる作品のラインナップも洋画、邦画を中心にドラマやアニメまでいろいろと揃っているので、試してみる価値ありです。

music.jpで視聴できるシリーズ作品

レンタル

レンタル

Amazonプライムビデオ(Amazon Prime Video)の基本情報

Amazonプライムビデオ(Amazon Prime Video)
月額料金
600円(税込)
無料期間
30日間無料
種類
レンタル
同時再生可能
端末数
1
ダウンロード
見放題作品
2万2千

Amazonプライムビデオ(Amazon Prime Video)の編集部的ポイント

5
コスパ
月額500円(税込)でアニメやドラマ、映画が見放題。さらに配送特典や音楽聴き放題サービスも並行して受けられるコスパの良さが魅力です。
5
無料期間
30日間無料でAmazonプライムのサービスが受けられます。動画だけでなく配送特典付きなので、普段Amazonで買い物をする人は一石二鳥!
4
作品数
月額500円(税込)で、アニメや映画、国内ドラマが見放題です。ジャンルも多岐にわたり、韓国ドラマや海外ドラマも楽しめます!
4
使いやすさ
マルチデバイスに対応しているため、スマホ、PCに加えて、TV、PlayStationなどのゲーム機でも楽しめます。また、レコメンド機能があなたに合った作品をおすすめしてくれます!
3
特典
Amazonプライム会員であれば配送特典や音楽サービスなど数多くのサービスを受けられます。

Amazonプライムビデオはレンタル作品も!?動画をレンタルしてAmazonプライムビデオをさらに楽しもう!!

スクリーム(1996年)はAmazonプライムビデオ(Amazon Prime Video)で視聴可能です!

Amazonプライムビデオ(Amazon Prime Video)はレンタル配信作品を含めると70,000作品以上のラインナップ。

レンタル作品はレンタルした日から30日の間ならいつでも視聴が可能です。ただし視聴開始から48時間後にはレンタルが終了することは気を付けなければいけません。

Amazonプライムビデオのレンタル価格は作品にもよりますが安くて100円からレンタルすることが可能です。時期によってキャンペーンなども随時行われるため頻繁に確認することをおすすめします。

また誤って作品をレンタルしてしまってもキャンセルの手続きを行えば、きちんと返金される仕組みになっているため安心してレンタルサービスを利用することができます。(返金にかかる日数は3~5日営業以内)。

動画がたっぷり楽しめるAmazonプライムビデオのほか、音楽配信サービスのAmazonミュージックやkindleでの雑誌・書籍読み放題など月額を補って余りあるサービスのAmazonプライム会員。

Amazonプライム会員の大きな強みとして動画配信だけでなく「お急ぎ便・日時指定無料」、「プライム会員限定クーポン」など多様なサービスを展開していることが挙げられます。またこれらのサービスを全て初回登録の30日間無料期間にも利用することができます。

Amazonプライムビデオで視聴できるシリーズ作品

\Amazonプライムビデオ(Amazon Prime Video)を30日間無料で楽しむ!/

スクリーム(1996年)の作品紹介

スクリーム(1996年)のあらすじ

90年代を代表するホラー映画シリーズの第1作目。連続殺人が起きるアメリカの田舎町を舞台に、母を失った女子高生と、正体不明の殺人鬼との対決を描く。今作に登場する殺人鬼が着用したマスクの「ゴーストフェイス」は映画を超えて、大衆に広く知れ渡った。

劇中では70年代~80年代にブームになった、『ハロウィン』や『13日の金曜日』などのスラッシャー映画への言及がある。殺人鬼と被害者の双方が、「実在するホラー映画の知識」を持っており、ホラー映画に関連したネタも多く仕込まれた。

アメリカのとある田舎町で、女子高生とその恋人が殺害される事件が起きる。1年前に何者かに母を殺害された女子高生・シドニー(ネーヴ・キャンベル)は、殺人事件に興奮する同級生たちのなかで、ひとり居心地の悪さを感じていた。

行方知れずの殺人鬼を警戒するシドニーだったが、父が出張に出かけた夜、マスクをかぶった謎の人物に襲われてしまう。おびえるシドニーは、現場に居合わせた恋人のビリー(スキート・ウールリッチ)を疑うが、彼の容疑はすぐに晴れてしまい…。

スクリーム(1996年)のクレジット(監督・キャスト)

  • 監督
    :ウェス・クレイヴン
  • 主演・出演
    :ネーヴ・キャンベル,コートニー・コックス
  • レーティング
    :R18+

スクリーム(1996年)の登場人物・キャスト

  • シドニー・プレスコット(ネーヴ・キャンベル)

    過去のトラウマに悩まされる女子高生。母の死を目の前で目撃しており、1年経った現在も、その傷が癒えていない。恋人のビリーとの仲も良いが、トラウマのため、セックスレス状態にある。ゴーストフェイスの出現により、ふたたび事件に巻きこまれた。

  • ビリー・ルーミス(スキート・ウールリッチ)

    シドニーの恋人。母親が家を出ていったため、現在は父とふたりで暮らしている。深夜にシドニーの部屋に忍びこみ、密会をしていた。事件が起きた際にも、シドニーの部屋に侵入しており、犯人ではないかと疑われてしまう。

  • ゴーストフェイス

    シドニーたちが住む町に現れた、謎の殺人鬼。全身を真っ黒なマントで覆い、マスクをかぶっているため、正体がわからない。被害者の内臓をえぐるなど、残虐な方法で殺人をおこなう。シドニーの周りで頻繁に姿を見せる。

  • ゲイル・ウェザーズ(コートニー・コックス)

    ゴーストフェイスが起こした事件を追うリポーター。シドニーの母の事件も取材しており、本を出版する予定がある。シドニーの周りをしつこく嗅ぎまわっているため、シドニーやその友人たちからは、とことん嫌われている。

  • デューイ・ライリー(デヴィッド・アークエット)

    シドニーの護衛についた、保安官代理。ゲイルのことが気になっている。

  • テイタム・ライリー(ローズ・マッゴーワン)

    シドニーの親友。ゴーストフェイスの事件後で、おびえていたシドニーを家に泊めた。

  • ランディ・ミークス(ジェイミー・ケネディ)

    大のホラー映画好きで、映画の知識を使って、事件の推理をおこなう。

  • ケイシー・ベッカー(ドリュー・バリモア)

    事件の第1被害者。ゴーストフェイスのゲームに強制的に付き合わされ、殺害される。

  • ステュアート(マシュー・リラード)

    シドニーやビリーの友人。連続殺人事件を楽しんでいる部分がある。

スクリーム(1996年)の見所ポイント

  • 1 『スクリーム』で語られた、「ホラー映画のルール」とは?

    『スクリーム』はホラー映画ですが、作品内で「ホラー映画オタク」が登場しています。「ホラー映画だったらどう行動するか?」といった、映画にある暗黙の了解をネタにしているのが特徴です。

    劇中で語られたのは、「童貞は生き残る」や「酒を飲んだら殺される」など、これまでのホラー映画にありきたりな「ルール」でした。

    『スクリーム』はこのルールにあえて従ったり、逆に裏切ったりと、予期せぬ展開が続きます。映画自体がパロディのようになっている、斬新な作品です。

  • 2 『スクリーム』の犯人である、ゴーストフェイスが作り出した新たな文化!

    『スクリーム』の顔ともいえるのが、犯人がつけているマスクの「ゴーストフェイス」です。これは単に顔を隠すためだけではなく、ターゲットを怖がらせる目的にも使われました。

    また、ゴーストフェイスは殺人鬼ながら、身体能力はあくまでも一般人です。これはほぼモンスターのような存在感を放った、ジェイソンやブギーマンとは大きく異なります。

    今作で初登場したゴーストフェイスは、フレディやジェイソンと並ぶ、「ホラー映画の顔」となりました。現在ではハロウィンの仮装や、ゲームへのゲスト出演など、シリーズ作品以外にも頻繁に登場しています。

  • 3 『スクリーム』はただの「怖い映画」じゃない! ホラー映画のお約束をぶち破る!

    今作は70年代後半に大ブームとなった、スプラッター映画から大きな影響を受けた作品です。セリフのなかでもスプラッター映画の存在が言及され、「ホラー映画のルール」も登場します。

    しかし、今作が公開した当時のスプラッター映画はすでにマンネリ化しており、人気も下火になっていました。

    そんな時代に生み出された『スクリーム』は、「スプラッター映画に飽きた観客」をターゲットにしています。映画オタクを登場させ、その裏をかくことで、マンネリ化を防いだのです。

スクリーム(1996年)の評価・感想・レビュー

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 5 (1件中)
  • 投稿者名:noripi
    評価: GOOD 投稿日:2019.10.21/22:07

    女ばっかり出過ぎ(笑)

スクリーム シリーズのあらすじ一覧

スクリーム(1996年)と合わせてよく観られている人気の動画配信作品

この記事の執筆者
いけだ
いけだ

ドラマ鑑賞と読書が好きです。ドラマは国内のものをよく観ます。笑って観られるコメディが好きです。あとミステリー小説を読むのにもハマっています。