閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

【すべてがFになる】の動画を配信しているサービスはある??視聴したい人におすすめの動画配信サービス!

提供元:FOD
すべてがFになる

すべてがFになるを配信中の動画配信サービス一覧

すべてがFになるの動画が配信されているサービス

すべてがFになるの動画が配信されているサービス詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

すべてがFになるの作品紹介

すべてがFになるのあらすじ

森博嗣による人気ミステリー小説を、武井咲と綾野剛のダブル主演でドラマ化。資産家の娘で驚異的な計算能力を持つ萌絵と、天才的な考察力を持つ創平のコンビが難事件に挑む。共演は小澤征悦、早見あかり、吉田鋼太郎ほか。

神南大学工学部建築学科3年の西之園萌絵(武井咲)は、天才プログラマーの真賀田四季(早見あかり)に面会する。

両親を殺害した疑惑をかけられ、研究所に幽閉されている四季の中には、多くの人格が存在していた。目の前で起きた飛行機事故で萌絵が両親を亡くし、泣いていた彼女の近くに神南大学建築学科准教授の犀川創平(綾野剛)がいたことまで知っていた四季。

創平を好きか聞かれた萌絵は、イエスと答える。すべてがFになったらまた会えるといい残して、四季は画面から消えた。天才プログラマーの四季に萌絵が会ってきたと聞いて羨ましがる創平。これから極地環境研究センターに行くという彼に、萌絵はついていく。

土木工学科准教授の喜多北斗(小澤征悦)に迎えられ、マイナス20度の低温実験室を見せてもらったふたり。萌絵の先輩・服部珠子(吉谷彩子)に誘われ、彼らは教授の木熊京介(平田満)や助教の市ノ瀬里佳(市川由衣)、学生たちとの打ち上げに参加することに。

打ち上げが始まると、実験室の隣室で珠子、その隣室で丹羽健二郎(菊田大輔)が殺害されていることがわかり…。

すべてがFになるのクレジット(監督・キャスト)

すべてがFになるの評価・感想・レビュー

すべてがFになる  シリーズのあらすじ一覧

すべてがFになると合わせてよく観られている人気の動画配信作品

この記事の執筆者
いけだ
いけだ

ドラマ鑑賞と読書が好きです。ドラマは国内のものをよく観ます。笑って観られるコメディが好きです。あとミステリー小説を読むのにもハマっています。