閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

【古畑任三郎 第3シリーズ】の動画を配信しているサービスはある??視聴したい人におすすめの動画配信サービス!

提供元:FOD
古畑任三郎 第3シリーズ

古畑任三郎 第3シリーズを配信中の動画配信サービス一覧

古畑任三郎 第3シリーズの動画が配信されているサービス

古畑任三郎 第3シリーズの動画が配信されているサービス詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

古畑任三郎 第3シリーズの作品紹介

古畑任三郎 第3シリーズのあらすじ

倒置法を取り入れた「倒叙ミステリー」の代名詞であるサスペンスドラマ『古畑任三郎』が、装いも新たに三たび帰ってきた!

個性的な新キャラクターを投入し、これまでとは一味違った新しい世界観で送るシリーズ第3弾。犯人役を演じるゲスト陣には福山雅治、市川染五郎、真田広之らを筆頭に豪華な役者たちが勢揃いした。
 

世間では奇妙な連続殺人事件が発生していた。

一見すると事故死や自然死としか思えない死体なのだが、被害者たちの肛門にはなぜか事件を示唆するようなおみくじが入っていたのだ。そんな猟奇的殺人に現場はお手上げのなか、部長となった芳賀は西園寺にある指示を出す。

「古畑という刑事を現場に呼び戻せ。彼にしか解決できない」と。 

古畑を迎えに行った先は、なんと警察犬の飼育小屋だった。 事件調書にさっと目を通しただけで、不可解な点に気づいた古畑の鋭い観察眼はまったく衰えてはいなかった。 

「実は君みたいな迎えに来てくれる人をずっと待っていたんだよ…」 

こうして現場復帰を遂げた古畑と、新たな部下・西園寺、そしておなじみの今泉を含めたトリオが、鋭い推理力を武器にさまざまな難事件に挑んでいく!

古畑任三郎 第3シリーズのクレジット(監督・キャスト)

古畑任三郎 第3シリーズの登場人物・キャスト

  • 古畑任三郎(田村正和)

    警視庁刑事部捜査一課の警部補。一線を離れ警察犬の飼育に携わっていたが、部長になった芳賀のおかげで現場復帰を果たす。独自の捜査スタイルを持つ古畑が思い通りに捜査できるようにと、捜査班とは別に個人で動けるように取り計らってもらっている。

  • 今泉慎太郎(西村雅彦)

    警視庁刑事部捜査一課の巡査。自律神経失調症で入院していたが、西園寺が気を利かせて古畑復帰に合わせて復職させた。自身の存在を脅かす西園寺の登場に、危機感を抱いている。古畑から可愛がられる西園寺に嫉妬しており、何かと張り合っては痛い目を見る始末。

  • 西園寺守(石井正則)

    警視庁刑事部捜査一課の巡査。新たに古畑のサポート役となった小柄な部下。真面目すぎるところがたまに傷だが、刑事としてはとても優秀で、古畑の信頼も得ている。今泉の無能さにはあきれ果てているものの、その存在自体は認めているもよう。

  • 花田(八嶋智人)

    ファミレスの店員や喫茶店のマスターなど、登場ごとに職業を変える謎の男。事件捜査をしている古畑たちに何かと首を突っ込んできては、事件の核心をずばりと突く不思議な能力に、古畑たちも次第に一目置くようになる。視聴者の代弁者的役割を担うストーリーテラーである。

  • 芳賀啓二(白井晃)

    警視庁刑事部の部長。第2シリーズでは古畑の部下であったが、現在は昇進して部長となった。古畑への尊敬の念は変わらず、古畑を現場に呼び戻した張本人。

  • 桑原万太郎(伊藤俊人)

    警視庁科学捜査研究所の技官。今泉の良き相談相手として、古畑に対する愚痴を一手に受け止めている。大学時代に落語研究会に所属していた。

  • 向島音吉(小林隆)

    古畑が担当する事件現場を警備する巡査。依然として古畑には名前を憶えてもらえない。しかし、古畑のことを「最高の刑事」といい、尊敬してやまない。

古畑任三郎 第3シリーズの見所ポイント

  • 1 新キャラクターの西園寺、花田がもたらす相乗効果!

    新登場となる西園寺は、今泉とは正反対で大変有能で従順な部下ですので、事件捜査におけるサポートをほぼ引き受けることになっています。

    これまで今泉が得意としなかった事件に関するデータ収集が完璧なので、視聴者に対する情報開示が大変スムーズになりました。

    また、花田はその都度職業を変えて突如登場する謎めいたキャラクターです。

    視聴者が持つ疑問や矛盾、事件のあらすじをまとめてくれたり、場面転換の役割を担ったりと、視聴者側のポジションでストーリーを分かりやすくしてくれます。

    奇想天外なトリックが目立つ今シリーズでは、ふたりは視聴者に事件をきちんと理解させる重要な役柄とも言えるでしょう。

  • 2 これまでとは一線を画した、様々な趣向の演出も見もの!

    今回はシリーズ初の試みがとても多く、斬新な展開が盛りだくさんな点も見どころです。

    例えば、古畑が謎解きに参加せずに西園寺と今泉のふたりだけで事件を解決したり、殺人が起こる前の計画段階で解決してしまったりと、これまでの謎解きパターンの裏をかく仕掛けが、視聴者の好奇心を刺激してくれます。

    また、犯人の犯行方法もさまざまなバリエーションで魅せてくれます。

    例えば、一度も現場に行かずに遠隔犯行を行ったり、村人全員でアリバイ工作を手伝ったりと、思いもよらないトリックが目白押しです。

    しかし、ほんの少しのほころびから古畑に矛盾を突かれ、犯行を見破られる終盤は、これまでと同様に爽快感抜群ですのでご期待ください!

  • 3 古畑がてこずった唯一の犯人!?

    これまで古畑が逮捕してきた数々の犯人たちは、みな素直に罪を認める特徴がありました。

    これは、古畑自身が誇りに思っていることであり、そのように導いてあげられた自分にも誇らしさを感じていました。

    しかし、今シリーズでは初めて罪を認めず逃走を図る人物がいたのです。

    それが、古畑シリーズ史上唯一2週連続の大がかりな事件の犯人、江口洋介演じる日下です。

    「犯罪はゲームだ」という日下には、残念ながら古畑の真心が届かなかったのです。

    それでも犯人の行動心理を見事に読み取った、古畑の勝利に終わるのですが、その方法とは一体…?

    気になる逮捕劇の全貌は、ぜひ本編でチェックしてみてください!

古畑任三郎 第3シリーズの評価・感想・レビュー

古畑任三郎 シリーズのあらすじ一覧

古畑任三郎 第3シリーズと合わせてよく観られている人気の動画配信作品

この記事の執筆者
aukana編集部
aukana編集部

aukanaは、毎日の生活をほんの少しだけワクワクさせるエンターテイメント情報を届けるメディアです。動画配信サービス、映画、ドラマ、アニメ、漫画、音楽など、エンターテインメント作品に関する情報が満載!