閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

【Dr.コトー診療所(2003年)】の動画を配信しているサービスはある??視聴したい人におすすめの動画配信サービス!

提供元:FOD
Dr.コトー診療所(2003年)

Dr.コトー診療所(2003年)を配信中の動画配信サービス一覧

Dr.コトー診療所(2003年)の動画が配信されているサービス

Dr.コトー診療所(2003年)の動画が配信されているサービス詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

Dr.コトー診療所(2003年)の作品紹介

Dr.コトー診療所(2003年)のあらすじ

「病気を見ずに人を見ろ。人が人を治すんだ」

医療設備も乏しい南海の孤島にやってきた医師。

島の人たちを病から救うため、生きるということに向かい合い、コトー先生の挑戦が始まるー。

原作は「週刊ヤングサンデー」に連載され、高い評価を得た山田貴敏の同名漫画。最終回視聴率22.3%を記録した人気ドラマ。




雄大な自然に満ちた南の海に浮かぶ孤島・志木那島にある日、船酔いでグッタリした1人の外科医を乗せた漁船が到着した。

外科医の名前は五島健助。

彼は外科医としての高い技術を持ち東京の大学病院で活躍していたが、医師のいない志木那島に自ら志願してやって来たのだ。

ようやく見つかった新任医師の着任に心から喜ぶ村役場課長の星野正一だったが、島に暮らす村人たちの反応は冷めていた。

その理由は、前任の医師たちが皆診療所からすぐに逃げ出し、島から去ってしまっていたからだ。

しかし、医療器具もほとんど整っていないさびれた診療所で、健助はできる限りの準備をして患者を待った。

離島医療への熱い情熱を持った健助は、果たして村人たちに受け入れられるのだろうか?

Dr.コトー診療所(2003年)のクレジット(監督・キャスト)

Dr.コトー診療所(2003年)の登場人物・キャスト

  • 五島健助(吉岡秀隆)

    東京の大学病院から志木那島の診療所に新しく赴任してきた外科医。島でただ一人の医師で、通称コトー先生。小3の時に読んだシュバイツアーの伝記に大きな影響を受け、医師に憧れる。高3の時、命を救われたことをきっかけに医学部を志望した。大学病院の外科でかなりの腕をあげ、将来を期待されていたが、自ら離島の医師を志願した。

  • 星野彩佳(柴咲コウ)

    志木那島で育ち、父は役場の民生課課長をしている。中1の時、大好きな祖母を医療不足のために亡くしてしまったことがきっかけで看護師になった。正義感がとても強い女性で、健助との出会いにより、看護師としての使命感に燃えはじめる。

  • 原剛利(時任三郎)

    頑固で男気にあふれた、無口な漁師。1人息子の剛洋を男手ひとつで育てており、本当はとてもやさしい心を持つ不器用な男。亡くなった妻のことで、診療所の医師に対しては不信感を持っている。

  • 原剛洋(富岡涼)

    剛利の一人息子。父親思いでとても心優しい少年。コトー先生に助けられ、憧れを抱くようになる。

  • 安藤重雄(泉谷しげる)

    志木那島漁業組合漁労長。子どものころからずっと漁に出ており、勉強は大嫌いだが、人一倍情に厚い。正一とは幼なじみで口げんかのたえない友だち同士。診療所の医師に対して否定的な見方をしている。

  • 西山茉莉子(大塚寧々)

    島で小さな居酒屋を経営し、島の男たちの憩いの場となっており、マドンナ的な存在。美人でスタイルもいいが、離婚した経験があり、独身で1人暮らし。

  • 星野正一(小林薫)

    志木那島村役場の民生課課長を務めており、診療所の医師を長年探し続けていた。島で育ち、頭が良く、幼なじみの重雄とは何かと意見がぶつかる。島の人々が健助を受け入れてくれるよう、常に健助を応援している。

  • 和田一範(筧利夫)

    診療所の事務を担当する。とてもお人好しで、ちょっと気が弱いところもある。急患の時などは夜中でも健助の片腕となって働き、事務員の域を超えて診療所を支えている。

Dr.コトー診療所(2003年)の見所ポイント

  • 1 「僕らは病気を診るんじゃない、人を診るんです」

    不便な島の診療所での医療は、常にギリギリの状況下での、まさに究極の選択の連続です。

    難しい手術や高度な医療機器が必要な場合は本土の病院へ搬送、と選択したいところですが、志木那島から本土への移動時間は最短でも6時間…。

    さらに天候が悪ければ、海という大きな自然とのたたかいも加わります。

    そのような過酷な状況の中で、常にコトー先生が考えているのは、その患者にとって何が一番大切か? です。

    立派な医学書に書いてある最新の治療方法よりも、まずは、その患者にとっての最善の治療方法を考え、優先するコトー先生の姿勢を見ていると、「人を診る」ということの大切さを改めて強く感じることができます。

  • 2 実力派俳優、吉岡秀隆の新たなハマリ役!

    主人公の五島健助を演じるのは、5歳の頃から俳優として活躍し続けている吉岡秀隆さん。

    人気ドラマ『北の国から』シリーズの黒板純役や国民的映画『男はつらいよ』シリーズの諏訪満男役はあまりにも有名ですが、その幅広い演技力で様々な役をこなし、日本アカデミー賞主演男優賞を2回も受賞した実力派俳優です。

    地味でどこか頼りない風貌の健助を、独特の柔らかな雰囲気で演じていますが、患者と接する時に見せる真剣なまなざしからは、健助の内に秘めた医療への熱い思いがひしひしと伝わってくるのです。

    海辺にたたずむ姿は演技とは思えないほど自然体で、コトー先生は吉岡秀隆さんしかいない! と思うはずです。

  • 3 コトー先生のモデルとなった偉大な医師

    このドラマの原作となった同タイトルの漫画は2000年から約8年間「週刊ヤングサンデー」に連載され続け、単行本は1000万部以上の売り上げを誇る大ヒット作品となりました。

    コトー先生のモデルになったのは、鹿児島県の下甑島(しもこしきじま)の診療所で長年勤務された瀬戸上健二郎先生です。

    最初は半年だけ、という約束で着任した瀬戸上先生も、不便な離島医療に前向きな気持ちで臨み、島民たちとともに協力し合い、なんと39年間も勤めあげられたそうです。

    「患者さんのために」を信条にされている瀬戸上先生の実話を知ると、ドラマもより一層リアリティを増し、深みのあるものになります。

Dr.コトー診療所(2003年)の評価・感想・レビュー

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 5 (1件中)
  • 投稿者名:名無し
    評価: GOOD 投稿日:2019.05.14/01:10

    ツンデレな柴咲コウがかわいい。ロケーションが最高。

Dr.コトー診療所 シリーズのあらすじ一覧

Dr.コトー診療所(2003年)と合わせてよく観られている人気の動画配信作品

この記事の執筆者
aukana編集部
aukana編集部

aukanaは、毎日の生活をほんの少しだけワクワクさせるエンターテイメント情報を届けるメディアです。動画配信サービス、映画、ドラマ、アニメ、漫画、音楽など、エンターテインメント作品に関する情報が満載!