閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

【鍵のかかった部屋】の動画を配信しているサービスはある??視聴したい人におすすめの動画配信サービス!

提供元:FOD
鍵のかかった部屋

鍵のかかった部屋を配信中の動画配信サービス一覧

鍵のかかった部屋の動画が配信されているサービス

鍵のかかった部屋の動画が配信されているサービス詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

鍵のかかった部屋の作品紹介

鍵のかかった部屋のあらすじ

2012年にフジテレビで「月9」ドラマとして放送された、「密室」における事件のみを取り扱うミステリードラマ。貴志祐介の推理小説『防犯探偵・榎本シリーズ』に含まれる、『硝子のハンマー』『狐火の家』『鍵のかかった部屋』などを原作としている。

セキュリティ会社の社員・榎本が弁護士の青砥、芹沢たちとともに、密室にまつわる事件を解決していく様子を描いている。主人公・榎本を演じたのは、今作が「月9」ドラマ初主演となった、人気アイドルグループ・嵐の大野智。

榎本の助手役になる弁護士・青砥を演じたのは、『LIAR GAME』シリーズや『SPEC』シリーズなどに出演している人気女優、戸田恵梨香である。

大手弁護士事務所のフリードマン・芹沢総合法律事務所に移籍したばかりの弁護士・青砥純子(戸田恵梨香)は、やる気に満ちあふれていた。仕事を覚えるため、上司の芹沢豪(佐藤浩市)に同行し、大手銀行の金庫室を訪れた青砥。

芹沢と頭取が金庫室内部のチェックをおこなっている間、扉の外で待つことになった青砥は、何気なく目の前にあったボタンを押してしまう。すると突然金庫室の扉が閉まり、芹沢たちは金庫に閉じ込められてしまう。

暗証番号は金庫内にいる頭取しか知らない。絶望的な状況のなか、淡々と開錠作業を始めた男の姿が…。暗証番号を念入りに調べるこの男こそ、セキュリティ会社社員・榎本径(大野智)であった。

鍵のかかった部屋のクレジット(監督・キャスト)

鍵のかかった部屋の登場人物・キャスト

  • 榎本径(大野智)

    大手警備会社「東京総合セキュリティ」に勤めている。会社の備品倉庫室にこもって鍵や錠前の研究に没頭しており、知識はかなり豊富。「この世に破れない鍵はない」が口ぐせで、犯人を特定することには何の興味も示さないが、「密室」というワードには敏感に反応する。

  • 青砥純子(戸田恵梨香)

    小さな弁護士事務所から移籍し、フリードマン・芹沢総合法律事務所の新人弁護士となる。とても真面目な性格で、明るく元気。やる気はあるのだが、おっちょこちょいで空回りしてしまうこともある。

  • 芹沢豪(佐藤浩市)

    フリードマン・芹沢総合法律事務所に所属する弁護士。企業法務が専門で、刑事事件にはあまり興味がない。せっかちな性格で、すぐに結論を急ぐところがあり、マイペースな榎本にイライラさせられることが多い。

  • 鴻野光男(宇梶剛士)

    警視庁捜査一課の刑事であり、ある事件で芹沢を犯人だと考えて疑ってしまい、芹沢とはそれ以来因縁の関係になる。密室事件の謎を解き明かしてしまう榎本に興味を持つ。

  • 水城里奈(のん)

    父親に勧められ、フリードマン・芹沢総合法律事務所で秘書を務めている。学生のころから演劇をしている。

  • 日下部雅友(堀部圭亮)

    司法書士。山荘の密室で葬儀会社社長・大石の遺体を発見した。大石の遺書を管理しており、さまざまな状況から大石の死を自殺とは信じられず、芹沢の事務所に再捜査を依頼する。

  • 池端誠一(風間杜夫)

    大石の甥であり、大石が社長を務める葬儀会社の専務。司法書士の日下部とともに、山荘で大石の遺体を発見する。

鍵のかかった部屋の見所ポイント

  • 1 『鍵のかかった部屋』で主人公・榎本を演じたのは、「月9」初主演となった大野智!

    人気アイドルグループ・嵐の大野智は、今作で主人公・榎本径を演じ、「月9」ドラマ初主演となりました。セキュリティ会社の社員ではあるものの、いつも倉庫室に閉じこもり、鍵や錠前の研究に没頭する“オタク”になりきっています。

    少し丸まった背中、無愛想で無表情、淡々とした話し方など、とても自然に演じています。

    「密室」というキーワードに敏感に反応し、その知識を熱く語り出したら止まらない榎本の姿はとてもリアルで、鮮やかに密室のトリックを解き明かしていく過程は、見ごたえたっぷりです。

  • 2 『鍵のかかった部屋』では魅力的なキャストが集結! 戸田恵梨香と佐藤浩市の絶妙なやりとりが面白い!

    主人公の榎本が淡々とトリックを暴いていくなか、その助手役を務めている弁護士の青砥、そして青砥の上司・芹沢とのやりとりが実に軽快です。

    おっちょこちょいで、好奇心旺盛な弁護士・青砥を演じているのは戸田恵梨香です。榎本が解き明かす難しいトリックを素人の目線から見ており、青砥のセリフや質問によって、ドラマを見ている視聴者も内容を理解しやすくなっています。

    殺人事件にはまったく興味がないとグチをいいながらも、ついつい事件に関わってしまう、青砥の上司・芹沢を演じているのは佐藤浩市です。芹沢のグチがいいスパイスとなり、3人のやりとりは小気味よく、視聴者を飽きさせません。

  • 3 『鍵のかかった部屋』では原作本との設定に違いがある? 特別編も制作された!

    今作の原作は、貴志祐介の『防犯探偵・榎本シリーズ』に含まれる『狐火の家』や『鍵のかかった部屋』、『硝子のハンマー』などです。

    すべて「密室」で起きた事件を扱っており、榎本たちがそのトリックを物理的に解明していくところがとても斬新です。原作と違う点としては、榎本のキャラクターが、原作よりもオタク度が高くなっており、個性的な演出が大野智の持ち味をうまく引き出しています。

    また、青砥の上司・芹沢はドラマオリジナルのキャラクターであり、原作のファンにとっても新鮮に楽しめる要素が詰まっています。2014年には特別編となる、スペシャルドラマも放送されました。

鍵のかかった部屋の評価・感想・レビュー

鍵のかかった部屋と合わせてよく観られている人気の動画配信作品

この記事の執筆者
aukana編集部
aukana編集部

aukanaは、毎日の生活をほんの少しだけワクワクさせるエンターテイメント情報を届けるメディアです。動画配信サービス、映画、ドラマ、アニメ、漫画、音楽など、エンターテインメント作品に関する情報が満載!