閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

【東京喰種 トーキョーグール【S】】の動画を配信しているサービスはある??視聴したい人におすすめの動画配信サービス!

東京喰種 トーキョーグール【S】
更新日:

東京喰種 トーキョーグール【S】が今すぐ観れる

\おすすめの動画配信サービス/

東京喰種 トーキョーグール【S】を観たい方におすすめの動画配信作品

東京喰種 トーキョーグール【S】と同じ 「東京喰種トーキョーグール 実写 シリーズ」 に含まれている作品をおすすめとして表示しています。

提供元:FOD

邦画

東京喰種 トーキョーグール 実写版
東京喰種トーキョーグール 実写 シリーズ

世界累計発行部数が3000万部を超えた、石田スイのデビュー作『東京喰種トーキョーグール』の実写映画化作品。 食物連鎖の頂点とされるヒトを捕食して生きる喰種(グール)。その存在が明らかになると、国家は喰種対策局「CCG」を組織し、多くの喰種を駆逐することに成功する。だが、喰種は滅びることなく、今も東京で暮らしていた。 大学生のカネキは、行きつけの喫茶店で見かける女性・リゼに恋をしていた。 ある日初デートに出かけるが、その帰り道に突然豹変したリゼによって襲われてしまう。なんと、リゼは喰種だったのだ! このまま死んでしまうかと思われたその時、崩落事故が起き、巻き込まれたリゼは息絶えてしまう。 瀕死の怪我を負ったカネキは病院に運ばれ、リゼの臓器を移植されて一命を取り留めるが、それによって半喰種半人間となってしまう。人間を捕食しなければ生きられなくなったカネキ。 それはCCGとの対峙をも意味するのだった。人間であり喰種でもあるカネキは葛藤し、生きるために戦うことを決意するが…。

配信中の動画配信サービス

提供元:FOD

邦画

劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス

『サイコパス(PSYCHO-PASS) 第2期』の最終回から約2年後の西暦2116年。シュビラシステム導入以来、初めてのテロ未遂事件が発生。テロを企てた密入国テロリストの中には、3年前に逃亡した狡噛慎也の姿が…。舞台を日本国内から海外へと移し、『PSYCHO-PASS サイコパス』の物語は次のステージへ! 総監督・本広克行、監督・塩谷直義、ストーリー原案・虚淵玄による、テレビアニメ『PSYCHO-PASS サイコパス』シリーズがいよいよ劇場版となって登場!2116年。密入国者によるテロ未遂事件が起きた。武装した謎の密入国者は日本の警備システムを知り尽くし、なおかつ戦闘に慣れていた。密入国者を捕らえた公安局刑事課一係は、局長の指示で人間の視覚による記憶から情報を引き出すメモリスクープを実行。するとそこには、日本がシビュラシステムの導入を進める東南アジア連合「SEAUn」の反体制勢力組織のメンバーで、かつて刑事課一係で執行官を務めていた狡噛慎也が写っていたのだった…!?槙島事件以降、行方知らずとなっていた狡噛慎也を追って監視官・常守朱は単身、SEAUnの首都であるシャンバラフロートへと捜査に乗り込む。反体制勢力組織に参加する狡噛の真実を求めて、朱たち公安局刑事課一係のメンバーたちが立ち向かう!

配信中の動画配信サービス

邦画

キングダム(実写版)

原泰久の大ヒット漫画がついに実写映画化。 春秋戦国時代、紀元前245年の中華・西方の国「秦」を舞台に、大将軍になることを夢見る戦災孤児の少年・信と、中華統一を目指す若き王・嬴政の運命を描く壮大なストーリー。 戦災孤児の信と漂は、いつか天下の大将軍になるという夢を追いかけ、日々剣術の腕を磨いていた。 しかし、ある日、漂だけが王都の大臣・昌文君によって呼び出され王宮へ。ふたりは別々の道を歩むことになる。 その後、漂は王宮で勃発した王の弟・成蟜によるクーデターに巻き込まれて致命傷を負ってしまう。 命からがら、なんとか信のいる納屋にたどり着いた漂は、血まみれになりながら信にある丘に建つ小屋の地図を差し出した。 「いますぐそこに行け! お前が羽ばたけば、俺もそこにいる…。信! 俺を天下に連れて行ってくれ…」。 漂の最後の願いを聞いた信は、地図を握りしめ一心不乱に走りだす。 地図が示す場所で、信の目に飛び込んできたものは…なんと死んだはずの漂の姿だった!?

配信中の動画配信サービス

東京喰種トーキョーグール 実写 シリーズの作品一覧

東京喰種トーキョーグール 実写 シリーズの動画配信状況

【PR】

東京喰種 トーキョーグール【S】の動画配信・レンタル情報

東京喰種 トーキョーグール【S】の作品紹介

東京喰種 トーキョーグール【S】のあらすじ

喰種VS喰種―喰うか、喰われるかの極上のバトルアクションが開幕!!

全世界発行部数累計4400万超えの大人気漫画『東京喰種トーキョーグール』。アニメ・ゲーム・舞台とメディアミックス化され、2017年7月には実写映画化。DVDレンタルランキングでは初登場1位を記録し、400万を超える人が視聴。

2019年7月、ファン待望の続編が公開。主人公の金木研(カネキ)を演じるのは1作目と同じく窪田正孝。また、カネキを苦しめる史上最悪な喰種・月山習役は演技派俳優の松田翔太が演じる。ほかにも、若手実力派キャストが勢ぞろいとなった本作。喰種たちの戦いに目が離せない!


人間を食糧として捕食する《喰種》が蔓延する街・東京で、不慮の事故から《半喰種》となってしまったカネキ。葛藤を抱えるカネキであったが、喰種たちが集う喫茶店「あんていく」で仲間たちとともに、ささやかながらも幸せな日常を送っていた。

そんなカネキの前に、謎の男・月山習が突然現れる。カネキに異常なほどの執着を見せる月山、その魔の手はやがてカネキの周りの人にもおよび…。カネキは大切な仲間たちを月山から守ることができるのか!?

東京喰種 トーキョーグール【S】のクレジット(監督・キャスト)

原作:石田スイ「東京喰種トーキョーグール」 (集英社ヤングジャンプ コミックス刊)
監督:川崎拓也 平牧和彦
脚本:御笠ノ忠次
出演:窪田正孝 山本舞香 鈴木伸之 小笠原海 白石隼也 木竜麻生 森七菜 桜田ひより 村井國夫/知英 マギー ダンカン 柳俊太郎 坂東巳之助/松田翔太

東京喰種 トーキョーグール【S】の登場人物・キャスト

  • 金木研(カネキ)(窪田正孝)

    東京に住んでいる青年。不慮の事故がきっかけで、人を喰らわないと生きていけない《喰種》と人間のハーフ、《半喰種》になってしまう。喰種が集う喫茶店「あんていく」で働いている。知能指数が高く、記憶力に優れている。

  • 月山習(松田翔太)

    月山財閥の御曹司。「美食家(グルメ)」と呼ばれる史上最悪な《喰種》である。カネキに興味を示し、近づく。

  • 霧嶋菫香(トーカ)(山本舞香)

    《喰種》の女性で、「あんていく」でアルバイトしている。《半喰種》であるカネキを受け入れており、仲間として大切に想っている。

  • 亜門鋼太朗(鈴木伸之)

    20区を担当している男性捜査官。アカデミーを首席で卒業したエリートで、「世界を変える」という信念の元、活動している。

  • 永近英良(ヒデ)(小笠原海(超特急))

    カネキの親友。《喰種》ではない。カネキとは正反対の明るく活発な性格で、ヒデの存在がカネキにとって人間としての感情を持つ主柱となっている。

  • 西尾錦(ニシキ)(白石隼也)

    《喰種》の青年。カネキの大学の先輩。《喰種》でありながらも、人間である貴未と付き合っている。

  • 西野貴未(木竜麻生)

    ニシキの恋人である人間の女性。ニシキが《喰種》であることを知りながらも付き合っている。

  • 小坂依子(森七菜)

    トーカの親友。トーカが《喰種》であることには気づいていないが、常に気遣っている。

  • 笛口雛実(ヒナミ)(桜田ひより)

    《喰種》の少女。「あんていく」を度々訪れる。心優しい性格の持ち主。学校には通っていないため、文字の読み書きなどはカネキが教えている。

  • 芳村(村井國夫)

    初老の《喰種》であり、「あんていく」の店長。《半喰種》化したカネキを「あんていく」の仲間として迎え入れた。

  • イトリ(知英)

    「Helter Skelter」というバーの店主。広い情報網を持っており、《喰種》の裏情報に通じている。

  • マーガレット(マギー)

    左右の瞳の色が違う美しい「オッドアイ」を持つモデル。その美しさから、月山習に目をつけられる。

  • 小倉久志(ダンカン)

    《喰種》研究家。テレビなどで《喰種》についての所見を述べることが多いが、その殆どが見当違いとなっている。

  • 四方蓮示(桝俊太郎)

    男性《喰種》。寡黙で不愛想に見えるが、誠実な人柄をしており、「あんていく」でも厚く信頼されている。

  • ウタ(坂東巳之助)

    特徴的なパンクファッションに身を包んだ、マスク職人の男性。見た目とは裏腹に、穏やかな性格をしている。

東京喰種 トーキョーグール【S】の見所ポイント

  • 1 大人気アニメを実写化! 映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』洗練された世界!

    『東京喰種 トーキョーグール【S】』は、『週刊ヤングジャンプ』で人気となった『東京喰種トーキョーグール』が原作となります。

    人気漫画が原作とあって、その世界はとても洗練されています。「喰種」(グール)と呼ばれる人間を捕食する生物がいる世界。これだけだと、ただの「人間VS喰種の闘い」と思ってしまいますが、実際には違います。

    不慮の事故から「半喰種」となってしまった主人公が自分を喰種として受け入れられない苦悩や葛藤、喰種と人間の許されない恋など、そういった複雑な心情が見事に描かれたヒューマンストーリーなのです。作品の世界に浸り、主人公に感情移入してみてください!

  • 2 息を呑む!? 映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』のアクションシーンは魅力的!

    『東京喰種 トーキョーグール【S】』では、前作に引き続きCGを駆使したアクションシーンが魅力です。喰種同士の闘いは大迫力で見応えがあり、思わず息を呑んでしまいます。

    そのアクションシーンにはワイヤーアクションも駆使しており、人間とは違った動きをする「喰種」のバトルに目が離せません。

    喰種の特徴でもある「赫子」(かぐね)はCGで再現されており、その赫子の精度も素晴らしいです。特に、山本舞香さんの演じる霧嶋菫香の赫子はとても美しいので、そちらも注目してご覧ください。

  • 3 圧巻の演技力!  映画『東京喰種 トーキョーグール』2のキャストははまり役!

    『東京喰種 トーキョーグール【S】』は、とにかく出演しているキャストがはまり役といえます。

    前作から主演を務める窪田正孝さんは、原作者である石田スイさんからの要望ということもあり、まさに「金木研」そのもの。本作から出演している山本舞香さんも人間との関係性に葛藤する喰種の女性「トーカ」の心情をうまく演じています。

    特に注目して頂きたいのは、月山習役の松田翔太さんの演技です。普段は紳士にふるまいつつ、その裏にもつ月山の変態じみたカネキへの異常なまでの執着はまさに鳥肌もの。これは松田さんにしか演じることができない領域の演技だと思いますので、こちらも必見です。

東京喰種 トーキョーグール【S】の予告・動画

映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』主題歌予告90秒 7月19日(金)全国公開

東京喰種 トーキョーグール【S】の評価・感想・レビュー

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 4.2 (1件中)
  • 投稿者名:やたおか(映画レビュアー)
    評価: BAD 投稿日:2019.07.28/10:08

    本作は、石田スイさんの人気コミック「東京喰種トーキョーグール」を実写映画化した2作目の作品です😌
    今作では清水富美加さん(現:千眼美子)が演じられていたトーカ役は山本舞香さんに変更されているみたいですね🤔
    レビューサイトの評価としてはあまり高くないようです😂
    ということで、早速レビューしていきたいと思います😎

    【レビュー】
    この映画を観た感想として一言で言うと、「前作よりもアクションは改善されたけど、ストーリーの面白さはない実写化失敗作品」という印象です😥

    まず良かったところは、前作よりも多少増えたアクションですね😁
    前作では、アクションがかなり少なく、能力をつかったバトルが少しある程度でしたが、今作では、そのバトルアクションが少し増え、更に窪田正孝さんの格闘アクションが増えていて、その点で楽しめました😌
    彼の柔軟な身のこなしとスタイルの良さで、格闘アクションがより良くなっていると思いましたね😄

    他に良かった点として、不気味な世界観の演出です🤔
    最初の眼球のシーンや、グールレストランのシーンでは、非常に不気味で気持ち悪く、上手く世界観を表現できているように思いました🤨
    精神的にもキツイシーンですけどね🤣

    良くなかったのはまず、ストーリーの魅力のなさや前作同様のテンポの悪さ、そして抑揚のなさですね😥
    今作のテーマでは、「グールと人間の友情や恋愛は可能なのか」そして「主人公金木くんを食べようとすると美食家グールとの戦い」ですが、友情と恋愛の部分に関しては、面白いドラマになるはずが中途半端に描いている為、物足りず、美食家グールとの戦いについては、彼が変態というだけで特段魅力的な場面はなく、それらがテンポ悪くノンメリとした抑揚のない展開で描かれている為、ストーリー自体に共感や関心はなく、面白さはあまり感じませんでした😂
    美食家グールとの戦いを映画で描く理由はあったの?と思いました😅

    次にCG技術の低さですね🤔
    前作ほど目立つ酷さはないですが、リアルとCGの融合に違和感を感じました😅
    お金のかけれない邦画なので仕方ないですかね😭

    後は細かな設定など、気になるところがありました😰
    1つ目は、金木くんは人間を食べてないのに、何故生きているのか、と疑問に思う点ですね🤔
    劇中では全く食べるシーンがなく、会話からも食べていないように伺えます🤔

    2つ目は、序盤でCCGが来た際に金木くんはあの場をどうやって切り抜けたのか、その場面をシーン切り替えでごまかしているところですね🤣
    映画ではたまにあるシーン切り替えによるごまかしですが、今作でもそれはありました😂
    切り抜ける為のアクションを入れれば面白いのにと思いましたね😭

    3つ目は、キャストの変更です😱
    前作で登場した清水富美加さんは山本舞香さんに変わり、残念でした😅
    こればかりは、映画製作者の責任では全くないので、仕方がないところではありますけどね😭
    とはいえ、清水富美加さん同様の雰囲気で演じられていたので、大きな違和感はありませんでした😁

    【総評】
    総評として、アクションの点については若干良くなった印象ですが、ストーリーの魅力のなさ、テンポの悪さ、抑揚のなさ、CG技術の低さ、その他細かい設定等の詰めの甘さが目立ち、前作を更に下回る完成度の作品だと思いました😅
    ですので、前作を観て今作が気になっている方は観ても良いかもしれませんが、面白く感じなかった方や、今1作目から見始めようとしている方にはオススメしません😱
    ちなみに3作目もありそうです🤣

東京喰種 トーキョーグール【S】の動画が配信されているサービスの詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

東京喰種トーキョーグール 実写 シリーズの作品一覧

東京喰種 トーキョーグール【S】と合わせてよく観られている人気の動画配信作品

東京喰種 トーキョーグール【S】に関する記事一覧