閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

ハイキューの動画配信サービス情報! 1期.2期.3期と映画を無料で視聴する方法とは?

アニメ 邦画
提供元:FOD
ハイキュー!!
更新日:

ハイキュー! ! シリーズが今すぐ観れる

\おすすめの動画配信サービス/

※配信状況により無料ではない可能性がございます。

ハイキュー! ! シリーズの作品一覧

※注1:現在、作品詳細情報がありません。

ハイキュー! ! シリーズの動画配信状況

【PR】

※注1:現在、作品詳細情報がありません。

ハイキュー! ! シリーズの動画配信・レンタル情報

ハイキュー! ! シリーズの動画が配信されているサービス一覧

ハイキュー‼の動画配信サービス一覧! 1期・2期・3期から劇場版まで一気に観られるのはココ!

『ハイキュー‼』を配信・レンタルしている動画配信サービスは、全部で8つあります。しかし、これだけサービスが並んでいると「どの動画配信サービスを選んだらいいかわからない!」と悩んでしまう人もいるでしょう

今回は、aukana編集部おすすめの動画配信サービス2つをご紹介します!
動画配信サービスをはじめて利用する人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ハイキュー‼の動画を無料で一気見するならU-NEXT! 映画版も視聴できるのはここだけ!

U-NEXTとは、映画やドラマ、アニメなど約13万本の動画が見放題の動画配信サービス。レンタル動画も2万本と多く、さらに漫画や小説、雑誌35万冊が読み放題という、充実したサービスが魅力です!

月額2,189円 (税込)とやや高めですが、現在は31日間無料トライアルを実施しています。期間内に解約すれば、無料で動画が見放題になります。

月額会員登録すると、毎月1,200円分のポイントがもらえます。さらに無料トライアルするだけでも600円のポイントがもらえるので、無料で動画視聴できるだけでなく、優良レンタル動画も実質無料で視聴できるというお得なサービスです!

U-NEXTでは『ハイキュー‼』の1期~3期、さらに映画版4作を配信しています!見放題プランで本作すべてを網羅しているのは、このU-NEXTだけです

『ハイキュー‼』だけでなく、『テニスの王子様』や『黒子のバスケ』などのジャンプアニメもたくさん配信しているので、「スポ根アニメをたくさん観たい!」という人にはおすすめです。

ハイキュー‼の1期・2期・3期を無料フル視聴するならdアニメストアもおすすめ!

dアニメストアとは、株式会社NTTドコモが運営しているアニメ専門の見放題サービス。約2,800作品が月額440円(税込)で見放題のコンテンツです。

ジョジョの奇妙な冒険』や『食戟のソーマ』などの人気ジャンプアニメから、舞台・ミュージカル作品なども配信しています。

現在は初回31日間無料おためし期間を設けているので、U-NEXT同様、期間内に解約すれば無料で動画が見放題となります!

dアニメストアでは、『ハイキュー‼』の1~3期を配信しています。映画版の配信はありませんが、アニメシリーズを制覇したい人にはおすすめです。

ハイキュー‼をアニフリやフリアニ、YouTubeまとめ動画でダウンロードするのは違法! 動画配信サービスならサービスなら大画面で観ても高画質♪

今までは、アニフリやフリアニ、Youbue(ユーチューブ)無料動画まとめサイトなどの違法サイトで、アニメや国内ドラマ、映画などのダウンロードができていました。

しかし、上記サイトでの動画のダウンロードは違法です。もし、動画が見られたとしても、低画質、音映像も途切れ途切れ、外国語の字幕がついているなど、快適に動画を楽しめないことがほとんどです。

さらに、コンピューターウイルス感染の恐れも。一方で、今回紹介した動画配信サービスでは、高画質で高音質な動画を合法で見ることができます。

最近では、著作権の取り締まりも厳しくなって入り、違法サイトが次々と停止となっています。安心安全、いろんなジャンルのアニメを快適に視聴したい人は、ぜひ動画配信サービスを利用してみてください!

ハイキュー‼とは高校バレーに賭けた青春を描いたスポーツアニメ! 過去には舞台化されたこともある人気作

テレビアニメ『ハイキュー‼』は、「週刊少年ジャンプ」にて連載中の、古舘春一による同名漫画が原作です。2014年に1期、2015年に2期(セカンドシーズン)、2016年に3期(烏野高校 VS 白鳥沢学園高校)が放送され、さらに映画4作が製作されています。

今まで、スポーツアニメといったら、『スラムダンク』のバスケや、『メジャー』の野球など、メジャーなスポーツが注目されてきました。しかし、本作では男子バレーという、新たな境地を開拓したことで注目を集めました

「第2のスラムダンク」という異名を持つ本作。2015年には、元子役の須賀健太主演で実写舞台化されたことも。初公演から4年経った2019年でも、11~12月に公演が続いているほどの人気を誇っています。

ハイキュー‼シリーズのあらすじ 1期・2期・3期から映画版まで紹介!

今やジャンプアニメの代表作となった『ハイキュー‼』。動画を観る前に、ここで一度、本作の1期、2期、3期から映画版のあらすじをみていきましょう。

ハイキュー‼(1期)あらすじ

主人公の日向翔陽は、幼い頃にテレビで観た「小さな巨人」と呼ばれる伝説の高校バレー選手に憧れ、バレーを始めます。しかし、日向の中学はバレー部がほぼ機能していない状況で、部員は日向ただ一人。

何とか部員を集めて公式戦に出場しますが、「コート上の王様」と呼ばれる天才セッター、影山飛雄が所属している強豪校を前に、無残にも負けてしまいます。

その後、憧れのバレー選手が通っていたという烏野高校に入学した日向は、さっそくバレー部への入学を申し出ますが、そこで待っていたのは、かつての宿敵・影山でした。

低身長ながらも抜群の運動神経を誇る日向と、類まれなるボールコントロール技術と観察力を持つ影山。初めはいがみ合っていたものの、互いの強みを生かすためにタッグを組むようになります。

こうして日向たちは、個性豊かなバレー部員たちとともに、全国大会優勝を目指すのでした

ハイキュー‼セカンドシーズン(2期)あらすじ

全国高等学校バレーボール選抜優勝大会(通称:春高)の予選を控えた烏野高校バレー部。ある日、音駒高校をはじめとする強豪校が集まる合同合宿に参加することに。いつも以上に練習に力が入る日向。しかし、あまりにも夢中になりすぎて練習中に日向と影山は道に迷ってしまいます。

その後、強豪校である白鳥沢高校のバレー部の主将、牛島若利と遭遇したふたりは、白鳥沢高校の体育館へ行き、練習試合を見学することに。

牛島は影山がセッターであることを聞くと、彼は影山に向かって、白鳥沢高校に来るべきだといい放ちます。それを聞いたふたりは怒りをあらわにします。日向と影山は牛島に宣戦布告をすると、その場から立ち去るのでした。

絶対に負けられないという気持ちが、さらに大きくなったふたり。合宿まであとわずかというこの時期に、烏野高校バレー部は「定期テスト」という大きな壁にぶち当たるのでした

ハイキュー‼烏野高校 VS 白鳥沢学園高校(3期)あらすじ

かつては「落ちた強豪、飛べない烏」と呼ばれていた烏野高校バレー部。汗と涙でにじんだ日々はやっと実を結び、晴れて春高の宮城県大会に出場することに。そしてたどり着いた決勝戦。烏野高校は、県内最強と呼ばれる強豪校、白鳥沢高校と対戦します

以前から因縁のある牛島を目の前に、闘争心を燃やす日向と影山。しかし、強者スパイカーである彼は、「烏野の守護神」であるリベロ・西谷夕をも吹っ飛ばす、驚異的なパワーを持っていました。

さらに左利きという、特異なスタイルで烏野高校のメンバ―たちを翻弄する牛島。窮地に立たされた西谷は、とある作戦を決行しますが…?

映画 総集編 前編『ハイキュー‼終わりと始まり』あらすじ

『ハイキュー‼』の1期、全25話を再編集し、さらに新カットを加えた劇場版1作目

中学時代、人生初めての公式戦で強豪校に惨敗した日向。憧れのバレー選手が通っていたという烏野高校に入学した日向は、中学時代の大会で自分を負かした天才セッター、影山と再会します。

ふたりは反発しあいながらも、互いの才能や人柄を認めていき、クセの強いバレー部員とともに、全国大会優勝に向けて練習に励みます。

己の弱点を見つめ直し、ときに仲間同士で衝突し合いながらも、着実に腕を上げていく日向たち。そして、迎えたゴールデンウイーク合宿で、強豪校の音駒高校と練習試合をすることに。はたして烏野高校バレー部は成長を見せつけることができるのでしょうか?

映画 総集編 後編 『ハイキュー!! 勝者と敗者』あらすじ

前作『ハイキュー‼終わりと始まり』の後編。全国大会優勝を目指す烏野高校バレー部。日向たちは全国大会の一歩として、宮城県大会の予選に出場することになります

しかし、そこに立ちはだかるのは、県内ベスト4位の座に君臨する強豪校、青葉城西高校。その高校は、影山の中学時代の先輩にして、県内トップクラスのセッターとして有名な及川徹が所属していました。

かつてのチームメイトであり、先輩である及川に複雑な感情を抱く影山…。

試合が始まりますが、数々の修羅場を切り抜けてきた青葉城西高校の圧倒的な威力に翻弄される日向たち。はたして、県大会の切符は手に入れることができるのでしょうか?

映画 総集編 青葉城西高校戦『ハイキュー!!才能とセンス』あらすじ

春高の予選に向けて、強豪校が集まる合同合宿に参加する烏野高校バレー部。過酷な練習を終え、さらなる成長を遂げた日向たち。そして迎えた春高の予選。烏野高校は順調に勝ち進み、そして準決勝にこぎつけます。対戦相手は、以前インターハイの予選で戦った青葉城西高校

合宿での成果を見せつけようと攻撃を仕掛ける烏野高校ですが、及川のコントロール力あるサーブや、京谷賢太郎の驚異的なスパイクに押され、窮地に立たされます。はたして日向たちはこのピンチをどのように乗り越えるのでしょうか?

映画 総集編 白鳥沢学園高校戦『ハイキュー!!コンセプトの戦い』あらすじ

ハイキュー!! コンセプトの戦い

劇場版総集編の4作目。

ついに、春高バレーの県大会出場をはたした烏野高校バレー部。そして迎えた決勝戦、日向たちは全国トップの実力を誇る強豪校、白鳥沢高校と対戦することに。白鳥沢高校のバレー部主将、牛若の強烈なスパイクに翻弄される日向たち。さらに、ミドルブロッカーの天童覚の巧妙かつ強靭なブロックが追い打ちをかけます。

日向と影山の必殺技「変人速攻」も歯が立たず、窮地に追い込まれますが、烏野高校屈指のリベロ、西谷夕と冷静沈着なブロッカー、月島蛍の起点によって、徐々に巻き返していくのでした。はたして試合の結果は…?

ハイキュー‼の見どころ3つ ファンの心をつかんで離さないそのワケとは?

名作ジャンプアニメとして名高い『ハイキュー‼』。その人気の理由とは、一体何なのでしょうか?ここでは、本作の人気の理由と、見どころ3つをご紹介します!

①日向×影山 正反対な凸凹コンビが面白い!

『ハイキュー‼』は、主人公の日向と、もうひとりの主人公である影山の凸凹コンビが魅力です。

小柄ながらも、圧倒的な運動神経を持つ日向は、とにかく素直な性格。高圧的な相手以外は、誰とでもすぐに打ち解けることができます。ちょっぴり天然で、ときに空気を読まない発言をして周りを困らせることも。

一方、影山は「コート上の王様」と呼ばれる天才セッター。圧倒的なコントロール力を持ち、トスの腕は一流。口調がきつく、周りから怖がられるという、日向とは対照的な性格

対照的なふたりですが、互いの強みを熟知しており、これをどうにか試合で活かそうと試行錯誤する様子が見どころです

通常ならセッターとスパイカー、両者が互いの息を読み取って技を仕掛けるのですが、ふたりの場合は、影山が自由奔放な日向に合わせてトスを上げるという独特な戦闘スタイルをとっています。

「変人速攻」と呼ばれる、合図なしという珍しい必殺技の数々も要チェック!

②画力がまさに「神レベル」! 迫力の試合シーンと心理戦に釘づけ!

とにかく試合シーンの作画がすばらしい!「神レベル」と呼ばれる迫力ある作画は、本作の一番の魅力といっても過言ではありません。まるで本物のバレーの試合を観ているかのような、リアルな体の動き

髪の毛や服、指先、瞳に映る風景…。細部までこだわりつくした作画に、思わず息をのむほど。とくに、高い位置、低い位置など、あらゆるアングルからキャラクターの動きを描くシーンは圧巻です。

まるで自分がボールになったような、そんな不思議な錯覚をしてしまうほどに、臨場感があふれています

さらに、試合中の手に汗握る心理戦にも注目です。相手チームが、次はどんな攻撃を仕掛けてくるのか、どこにボールを落としてくるのか…。ボールが飛んでくるたびにドキドキハラハラしてしまいます!

相手の裏の裏をかいたつもりが、裏目に…と、予想を裏切るような展開ばかりなので、観ていて飽きることはありません。予測不能、臨場感あふれる試合シーンは要チェックですよ!

③少年ジャンプらしい「努力・友情・勝利」の青春アニメ!

『ハイキュー‼』の原作は、少年誌「週刊少年ジャンプ」で連載中の人気漫画です。週刊少年ジャンプには「努力・友情・勝利」という三原則があり、多くのジャンプ漫画にも同様の要素が含まれています。もちろん、本作も例外ではありません。

「落ちた強豪、飛べない烏」と呼ばれる烏野高校バレー部。かつては強豪校だったものの、近年は大きな結果が残せずにいるという古豪となっていました。主人公の日向も人生初の大会で敗北、もうひとりの主人公の影山も、勝利へこだわるあまり、チームメイトから裏切りを受けるという、苦い過去を持っています。

そんな彼らが日々の練習や、仲間との衝突を経験して、己と向き合い、成長していく姿が、本作の見どころなのです。バレー部員のひとりひとりの成長が丁寧に描かれているので、「全員が主人公」とも受け取れるディテールの深さにも定評があります。

毎日の努力、仲間との友情、そして試合での勝利。スポ根好きにはたまらない、青春アニメです。

ハイキュー‼を観るならココは外せない! 人気エピソード4つを紹介

「ハイキュー‼」は、どのエピソードも見どころ盛りだくさんですが、そのなかでも人気が高いエピソードを4つをご紹介します!動画を視聴する前に、ぜひチェックしてみてくださいね。

①ハイキュー‼ 1話「終わりと始まり」

日向は、背が小さいことにコンプレックスを抱える中学生。小学生の頃、電気屋のテレビに映ったバレーの試合で、「小さな巨人」と呼ばれる低身長の選手に憧れた日向は、バレー部への入部を希望します。しかし、日向の中学には女子バレー部と男子バレーボール愛好会しかありませんでした。

仕方なく、男子バレーボール愛好会のたったひとりの部員として、体育館の隅っこで日々練習を重ねる日向。3年生になった頃、新入部員が入ったことで希望を持った日向は、地区大会出場を目指して、部員集めを開始します。

何とか部員を集め、地区大会に出場した日向。対戦相手は、「コート上の王様」と呼ばれる天才セッター、影山飛雄が所属する強豪校。人生初の公式戦を迎えた日向の運命は

記念すべき第1話!日向の隠れた才能が開花する、影山との試合シーンに注目です。

②ハイキュー‼ 2話「烏野高校排球部」

中学時代、地区大会で戦った影山へのリベンジを誓い、並々ならぬ努力を重ねてきた日向。憧れの「小さな巨人」の出身校への入学をはたし、希望に満ちあふれていた日向ですが、体育館へ向かう途中で、影山と再会します。

何と、影山も烏野高校に入学していたのです。再会直後、いがみ合ったふたりは、流れで勝負をすることに。その勝負とは、影山が打ったサーブを日向が受け止められたら勝ち、というもの。

烏野高校バレー部員たちが見守るなか、ゲームがスタート。影山に勝つことを目標に、烏野高校に入学した日向は意気込みますが、パワーアップした影山のサーブに圧倒されしまいます。はたして勝負の結果は…?

のちに相棒となるふたりが、どのように互いを認め合うようになったのかという点に注目してください!

③ハイキュー‼セカンドシーズン 6話「テンポ」

烏野高校バレー部のコーチである烏養繋心は、もっと強くなりたいと願う日向とともに、自分の祖父であり、以前に烏野高校バレー部の監督を務めていた烏養一繋のもとへ向かいます。

影山との必殺技「変人速攻」を自分のものにしたいという、日向の悩みを聞く一繋。一繋は、速攻である限り、主導権を握るのはスパイカーである日向にあると伝え、まずは意識から変えていくべきだとアドバイスをします

その後、日向は一繋の提案で、小学生のスパイクをブロックし、様々な「テンポ」を習得するという練習をすることに。

同じころ、影山は子どもバレー教室の会場へ行き、偶然及川と遭遇します。日向同様、速攻技について悩んでいる影山は、及川に相談しますが、及川も一繋と同じく、主導権は日向にあると助言します。はたして、日向と影山、ふたりがたどり着いた答えとは…?

技術的な問題、意識的な問題が取り上げられたこのエピソード。「バレーって奥深い!」と感心してしまうような、専門的な解説も見どころです!

④ハイキュー‼烏野高校 VS 白鳥沢学園高校(3期)1話「ごあいさつ」

春高の県大会。烏野高校バレー部は決勝戦へと勝ち進みますが、全国トップの実力を誇る強豪校、白鳥沢学園が立ちはだかります。白鳥沢学園は、あの青葉城西高校でさえも一度も勝ったことがないという、全国大会の常連校。

学校の関係者、日向の中学時代の友人たちも応援に駆けつけ、烏野高校を応援しますが、周りは白鳥沢学園を応援する人であふれています。試合前の練習中、相手の実力を測り合う両チーム。そして、運命の決勝戦が幕を開けます。

決勝戦前のそわそわ感、ドキドキ感が味わえるエピソードです。烏野高校のバレー部主将の澤村大地に、同じ烏野高校の女子バレー部主将の道宮結がお守りを渡すシーンは、何だかほっこりします。月島の兄、明光も登場するのでお見逃しなく!

ハイキュー‼のOVA『特集!春高バレーに賭けた青春』から約2年、新作OVAが発売決定!

1期の「リエーフ見参!」2期の「VS”赤点”!」3期の「特集!春高バレーに賭けた青春」など、今まで3作のOVAが発売されました。前作から約2年、新作OVA『ハイキュー‼陸VS空』の発売が決定

新作の発表は、2019年8月にお台場で行われたイベント「ハイキュー‼の日前日祭」にて告知されました。内容は、音駒高校、梟谷学園、戸美学園が東京代表をかけて死闘を繰り広げるというもの。

発売日は、2020年の1月を予定しています。強豪校同士の戦いをぜひチェックしてみてください。

ハイキュー‼の4期は2020年1月に放送開始予定!

「ハイキュー‼」の3期がおわって早2年。ファンからの間では「早く4期が観たい!いつ放送されるの?」という声が集まっています。ここで朗報です!本作の4期が2020年の1月から放送されることが決定しました

強豪校の戦いや、烏野高校バレー部の成長した姿も楽しみですね!

ハイキュー‼の登場人物&声優キャストを紹介

『ハイキュー‼』には、個性豊かなキャラクターたちがたくさん登場します。ここでは、本作の登場人物と声優をご紹介します!

烏野高校バレー部のメンバーたち

かつて一世を風靡した天才選手、「小さな巨人」の出身校として名を馳せていたものの、時代とともに強豪としての称号を失った古豪。ここでは、烏野高校の男子バレー部の主要メンバーや、関係者についてご紹介します!

日向翔陽(CV:村瀬歩)

本作の主人公。烏野高校の1年生。ポジションはミドルブロッカー。小学生のときに電気屋のテレビで見かけた「小さな巨人」と呼ばれるバレー選手に憧れ、バレーを始めます。低身長というコンプレックスを持ちながらも、並外れた動体視力、ジャンプ力、スピード力を持つ、最小スパイカーとして活躍しています

性格は明るく素直で、社交的。しかし試合前になるとお腹を下しまうという、プレッシャーに弱い一面も。相棒である影山とは、最初は気が合わずいがみ合っていましたが、練習を重ねていくなかで、互いの強みや人柄を認めるようになり、強い信頼関係で結ばれていきます。

初めの頃は、速攻技を武器に敵チームを攻めていきますが、徐々に精度を上げ、フェイントの技術も習得。さらに、苦手だったレシーブも上達するなど、作中では大幅な成長を見せています。

影山との関係性や、日向の勝利への執着心、そしてバレーへの熱意に注目してください!

影山飛雄(CV:石川界人)

本作のもうひとりの主人公。烏野高校の1年生。ポジションはセッター。学生とは思えない正確なトスの技術と、人並外れた観察力を持ち、中学時代は「コート上の王様」という異名を持つ天才セッター。一見クールですが、バレーへの愛情は人一番強く、キツイ口調の裏には優しさが感じられます。

天才である自覚はないものの、プライドの高さはメンバーのなかでもトップクラス。中学時代は、勝利へのこだわりが強すぎるせいで、試合中に放ったトスを、チームメイトから無視されるという事態に。

トスだけではなく、レシーブやブロック、はたまたスパイクまでどんなポジションも楽々こなしてしまうという、多才ぶりを見せています。

人とのコミュニケーションに難ありな影山が、日向やチームメイトと打ち解けていく様子、さらにセッターとして成長していく姿に注目です!

澤村大地(CV:日野聡)

烏野高校の3年生で、男子バレー部の主将。ポジションはウイングスパイカー。抜群の守備力を持つ、チームのリーダーです。高いレシーブ力と正確性のあるスパイクが武器。性格は温厚で面倒見がよく、チームメイトからの信頼も厚い人物です。いわば、チームの頼れる父親的存在です。

対戦相手である音駒の主将・黒尾とは折り合いが悪く、笑顔ながらも険悪な雰囲気を醸し出していましたが、のちに和解。中学の同級生でもある女子バレー部主将の道宮から慕われているにも関わらず、あまり気づいていない様子。

全国大会優勝を目指し、チームを引っ張っていく彼の勇姿に注目です!

菅原孝支(CV:入野自由)

烏野高校の3年生で、バレー部の副主将。ポジションは、影山と同じセッター。影山と同じ天才というわけではありませんが、温厚で気配り上手な性格ゆえに、チームの雰囲気を作り出す司令塔的存在です

チームメイトの異変にいち早く気づいたり、場を和ませたり、ふざけるメンバーたちを諭したり、日向たちにとって兄のような存在でもあります。

時折、雰囲気に流されて日向たちに交じってふざけるという、お茶目な一面も。影山と菅原、正式なセッターを決めるにあたっての葛藤や、菅原の涙ぐましいサポート力にも注目です!

東峰旭(CV:細谷佳正)

烏野高校の3年生。バレー部のエース。ポジションはウイングスパイカー。最大の武器は、パワー力抜群のスパイク。中学時代から強力スパイカーとして名を連ねていました。

しかし、高校に上がったときの試合で、相手チームに得意のスパイクを連続でブロックされ、チームを敗北させてしまったことに罪悪感を感じ、一度部活を離れていました。

その後、新入部員の日向に言葉や、町内会の試合に出場したことから、再びバレー部に戻ることを決意します。

筋肉質な高身長にあご髭という、大人びた外見とは裏腹に、弱気な性格。いつもおどおどしていた彼が、エースとしてどのように成長していくのか、注目してください!

西谷夕(CV:岡本信彦)

烏野高校の2年生。ポジションはリベロ。低身長の日向よりも背が低いのですが、それを感じさせない存在感を放つ少年です。

澤村から「烏野の守護神」と呼ばれているほど、リベロとしての才能はお墨つき。驚異的な瞬発力と動体視力、先を見通す感のよさを持っており、どんな球でも受け止めます

中学時代はベストリベロ賞を受賞したという、輝かしい経歴を持っています。信頼していた東峰が部活に復帰するまで、部活から離れていましたが、彼の復帰と同時に、部活に顔を出すようになりました。

どんなピンチもチャンスに変える彼の活躍に注目です!

田中龍之介(CV:林勇)

烏野高校の2年生。ポジションはウイングスパイカー。同じくスパイカーの澤村や東峰と比べると実力は劣るものの、練習を重ねていくうちに、スパイカーとしての実力を発揮するようになります

強面ですが面倒見がよく、日向や影山が入部したての頃は、陰ながらふたりをフォローし、手を焼く場面も。口が悪く、威勢のよさはチームでも一番。
どんな逆境でも決して折れない、強靭な精神力と、周りを盛大に巻き込むギャグセンスが光る、ムードメーカー的存在です。

本作のコメディ要員である田中の、抱腹絶倒のギャグシーンをお見逃しなく!

月島蛍(CV:内山昂輝)

烏野高校の1年生。ポジションはミドルブロッカー。山口とは小学生以来の幼なじみで、チームで1番の毒舌家。日向の何事にもまっすぐで情熱的な性格を嫌っており、さらにプライドの高い影山とは犬猿の仲。

敵チームの様子や、コート上の状況を瞬時には把握するという、抜群の観察力の持ち主。チームのブレイン的存在です

しかし、人とのコミュニケーションは苦手なようで、チームメンバーに毒を吐いては険悪な雰囲気になることも。

初めは「たかが部活」と割り切っていましたが、試合を重ねていくにつれ、バレーに対する情熱や、負けたくないというプライドを見せるようになります。そんな彼の内面的な成長に注目!

山口忠(CV:斉藤壮馬)

烏野高校の1年生で、月島の幼なじみ。ポジションは月島と同じミドルブロッカー。月島を「ツッキー」と呼んで慕う、月島のよき理解者。不愛想な月島とは対照的に、明るく素直で人懐っこい性格。

小学生の頃、いじめられていた自分を助けてくれた月島に憧れの感情を抱いており、チームメイトの前で月島の自慢話をすることも。

スタメンではありませんが、月島に憧れて、スキルを上達させようと必死で練習を続けています。そんな彼が、月島にどのような影響をあたえるのか、注目してください!

縁下力(CV:増田俊樹)

烏野高校の2年生。ポジションはウィングスパイカー。攻撃も守りもそつなくこなす、チームの縁の下の力持ち。スタメン入りは少ないのですが、試合のベンチでチームを応援したり、普段の部活中には自由奔放なメンバーにツッコみを入れたりと、チームの保護者的存在です。

一見はクセのない常識人ですが、笑顔で毒を吐いたりという二面性も。

清水潔子(CV:名塚佳織)

烏野高校の3年生で、男子バレー部の女子マネージャー。クールな美人で、田中や西谷から猛アプローチを受けるものの、全く相手にしていない様子。マネージャーとしての仕事をそつなくこなし、バレー部を陰で支える母親的存在です。

あまり笑顔は見せないものの、試合前にメンバーを励ましたり、いち早く異変に気づいたりと、チームを大切に想っています。

谷地仁花(CV:諸星すみれ)

烏野高校1年生で、男子バレー部のマネージャー。マネージャーの仕事を引き継ぐ新規マネージャーを探していた清水の勧誘を受け、マネージャーに就任。おっちょこちょいですが、明るく元気な性格。清水とともにバレー部を支えます。

武田一鉄(CV:神谷浩史)

烏野高校のバレー部の顧問教師。バレー初心者ですが、猛勉強したり生徒たちに教わったりと、必死で覚えている様子。気弱ですが、生徒たちのことを大切に想っている心優しい教師です。

烏養繋心(CV: 田中一成(第1期~第3期8話)江川央生(第3期9話~))

烏野高校バレー部のOBで、現在のコーチ。烏野高校が強豪だったころに監督を務めていた烏養一繋の孫。初めはコーチになることを拒否していましたが、武田の猛アプローチに折れ、コーチに就任します。

チームメンバーそれぞれの個性や長所、短所を見抜き、的確な指示を送るなど、コーチとしての腕は一流。

青葉城西高校バレー部のメンバーたち

宮城県の私立校。影山の中学時代の先輩、及川が在籍しているチームで、県大会4位の実力を持っています。ここでは、青葉城西高校バレー部のメンバーたちをご紹介します!

及川徹(CV:浪川大輔)

青葉城西高校の3年生で、バレー部の主将。ポジションはセッター。影山の中学時代の先輩。驚異的な力を持つサーブを抜群のコントロール力で操ります。攻撃や守備もそつなくこなすというオールマイティーなスタイルの選手ですが、それは才能ではなく、本人の並々ならぬ努力のたまもの。

容姿端麗で表面上は王子様のようにふるまっていますが、天才ではない自分いコンプレックスを抱いており、敵と見なした人間をとことん攻めるなど、ねちっこい一面も。

岩泉一(CV:吉野裕行)

青葉城西高校の3年生で、バレー部副主将。ポジションはウィングスパイカー。及川とは幼なじみで、小学生のころからの付き合い。正確なスパイク技術と、冷静な判断力に長けた選手です。

金田一勇太郎(CV:古川慎)

青葉城西高校の1年生。ポジションはミドルブロッカー。影山と同じ中学校出身で、影山の支配的なプレーに不満を抱いていたメンバーのひとり。口も態度も悪いのですが、真っ直ぐな性格の持ち主です。

国見英(CV:田丸篤志)

青葉城西高校の1年生。ポジションはウイングスパイカー。影山の中学生のころのチームメイトで、仲はあまりよくなかった様子。普段から眠そうにしているため、やる気がないと周りから指摘されることもありますが、それは体力を温存するためです。試合中ではその効率のよさを生かしたプレーで、相手チームが疲れたころ合いを観て攻めます。

京谷賢太郎(CV:武内駿輔)

青葉城西高校の2年生。ポジションはウィングスパイカー。強面でけんかっ早い、凶暴な性格。野生の勘を生かした戦闘スタイルが特徴。

松川一静(CV:祐仙勇)

青葉城西高校の3年生。ミドルブロッカー。フェイント技が得意。

花巻貴大(CV:櫻井トオル)

青葉城西高校の3年生。ポジションはウイングスパイカー。冷静沈着で、とんなボールも拾ってのける、実力の持ち主。

渡親治(CV:ランズベリー・アーサー)

青葉城西高校の2年生。ポジションはリベロ。試合では正確なトスを上げ、チームの得点に貢献しています。

入畑伸照(CV:星野充昭)

青葉城西高校バレー部の監督。

溝口貞幸(CV:荻野晴朗)

青葉城西高校バレー部のコーチ。

音駒高校バレー部のメンバーたち

東京の都立高。烏野高校の監督と音駒の監督同士の仲が悪く、バレー部メンバー同士も、互いをライバル視しているという因縁があります。ここでは、音駒高校のバレー部のメンバーたちや関係者についてご紹介します!

黒尾鉄朗(CV:中村悠一)

音駒高校の3年生で、バレー部主将。ポジションはミドルブロッカー。計算しつくされた強力なブロックが武器。さらに、レシーブやリベロなど、そのほかの動きもそつなくこなすという、総合スキルの高い選手です。

普段はおどけた薄ら笑いを浮かべることが多く、周りからはうさんくさいと思われている様子。しかし、誰よりも冷静にその場を把握し、人を動かすという、支配的なスキルを持っています。チームのブレイン的存在です。

孤爪研磨(CV:梶裕貴)

音駒高校の2年生。ポジションはセッター。黒尾の幼なじみで、彼に影響を受けてバレーを始めました。性格は内気で物静か。ゲーム好きで、それは機械だけにとどまりません。

バレーでの心理戦をもゲームとして捉えており、相手が次にどんな一手を出し、どのように阻止するのか…という一連の流れを瞬時に考えるという、人並外れた観察力と判断力を持つ実力派

山本猛虎(CV:横田成吾)

音駒高校の2年生。ポジションはウイングスパイカー。気性が荒く、情熱的な選手。烏野高校の田中と性格が似ており、試合を通して仲よくなる場面も。

夜久衛輔(CV:立花慎之介)

音駒高校3年生。ポジションはリベロ。防御力抜群なレシーブが武器。人当たりがよく、後輩への丁寧な指導には定評があります。烏野高校のリベロである西谷とは仲がよく、互いに尊敬し合っている関係。

灰羽リエーフ(CV:石井マーク)

音駒高校の1年生。ポジションはミドルブロッカーで、日本人とロシア人とのハーフ。高身長という恵まれた体格を持っていますが、バレーは初心者レベル。周りに追いつくために猛特訓中。

海信行(CV:星野貴紀)

音駒高校の3年生で、バレー部の副主将。ポジションはウイングスパイカー。周りのフォローやレシーブが得意な、チームの保護者的存在。

猫又育史(CV:福田信昭)

以前、音駒高校バレー部の監督を務めていた老人。烏野高校の一繋とはライバル同士。

直井学(CV:福田信昭)

音駒高校のバレー部のコーチ。

梟谷学園高校バレー部のメンバーたち

東京の私立高。毎年のように全国大会入りを果たしている強豪校です。ここで梟谷学園バレー部のメンバーや関係者をご紹介します!

木兎光太郎(CV:木村良平)

梟谷学園の3年生で、バレー部主将。ポジションはウイングスパイカー。全国トップ5に入るほどの実力の持ち主で、強烈なスパイクと安定したレシーブが武器。テンションの移り変わりが激しのですが、ひとたびテンションが上がると、いつも以上の実力を発揮するという、未知数な能力を持っています。

赤葦京治(CV:逢坂良太)

梟谷学園の2年生で、バレー部の副主将。ポジションはセッター。日向と影山の速攻技のからくりをいち早く見抜くという、高い観察力の持ち主。先輩のメンバーにもひるむことなくツッコミを入れます。主将である木兎のテンションの上がり下がりを気に掛けるという、優しい一面も。

木葉秋紀(CV:村田太志)

梟谷学園の3年生。ポジションはウイングスパイカー。チャラ男な性格ですが、レシーブの腕前はかなりのもの。

鷲尾辰生(CV:古賀明)

梟谷学園の3年生。ポジションはミドルブロッカー。強力なジャンプサーブが武器。総合スキルの高い、ハイスペックな選手。

猿杙大和(CV:橘潤二)

梟谷学園の3年生。ポジションはウイングスパイカー。陰でチームを支える優れた選手です。

小見春樹(CV:菊池幸利)

梟谷学園の3年生。リベロ。猿杙や木葉と仲がいい選手。

白鳥沢学園高校バレー部のメンバーたち

宮城県にある中高一貫の私立高。毎年全国大会に出場している強豪校。全国の高校バレー選手のなかでも3本の指に入る強者、牛島が在籍しているチームです。ここでは、白鳥沢学園バレー部のメンバーや関係者をご紹介します!

牛島若利(CV:竹内良太)

白鳥沢学園の3年生で、バレー部主将。ポジションはウイングスパイカーで、「全国三大エース」のひとり。青葉城西高校の及川でさえも歯が立たないという強敵です。

相手の身体を吹っ飛ばすほどの強烈なスパイクを打ち、さらに左利きという個性を生かして、烏野高校や強豪校を惑わせます

数々の修羅場で培ってきた精神力が武器。どんなピンチでも決してうろたえることなく、リーダーとしての役目を全うしようと姿はまさにエースの鑑。

天童覚(CV:木村昴)

白鳥沢学園の3年生。ポジションはミドルブロッカー。牛島に次ぐ、チームの中心的存在。相手のフェイクを見抜いたり、次の動きを読んだりと、類まれなる直感力の持ち主。性格は明るくひょうきんですが、キレやすいという一面も。

五色工(CV:土屋神葉)

白鳥沢学園の1年生。ウイングスパイカー。1年生ながらもスタメンとして活躍する優秀な選手。ストレート打ちが得意。

白布賢二郎(CV:豊永利行)

白鳥沢学園の2年生。ポジションはセッター。陰で牛島のプレーを支える実力派。一見クールで冷淡ですが、努力家な一面も。

大平獅音(CV:丹沢晃之)

白鳥沢学園の3年生で、バレー部の副主将。ポジションはウイングスパイカー。堅物そうな見た目に対して、性格は優しく穏やか。レシーブ技術は高く、守備力も抜群。

川西太一(CV:大森大樹)

白鳥沢学園の2年生。ポジションはミドルブロッカー。相手の攻撃に合わせて、様々なタイプのブロックを操る実力派。攻撃と守備、両方こなせるオールマイティーな選手。

山形隼人(CV:福田賢二)

白鳥沢学園の3年生。ポジションはリベロ。どんな強いスパイクでも受け止める、強靭なパワーを持つ選手。

瀬見英太(CV:寺島拓篤)

白鳥沢学園の3年生。ポジションはセッター。レギュラーではないものの、驚異的なジャンプサーブを見せるなど、実力はかなりのもの。

鷲匠鍛治(CV:中尾隆聖)

長年、白鳥沢学園バレー部の監督を務めている優秀な監督。

ハイキュー! ! シリーズの評価・感想・レビュー

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 5 (1件中)
  • ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校

    投稿者:間瀬 一穂
    評価: GOOD 投稿日:2019.08.29/08:11

    A

ハイキュー! ! シリーズの動画が配信されているサービスの詳細

シリーズ配信数
6

毎月1,200円分のポイント付与!最新作をお得に見たい方はU-NEXT

月額料金 2,189円 (税込)
31日間無料
作品数 作品数16万本(内見放題14万本)!新作の配信も早い!
機能 アカウント共有ができるから家族で使える!ペアレンタルコントロールで視聴制限も可能
こんな方に 最新劇場公開作やTV放送中の作品をイチ早く見たい方

U-NEXTで配信中のおすすめ作品

シリーズ配信数
3

懐かしのドラマから最新ドラマまで!フジテレビのドラマが見放題

月額料金 976円(税込)
1ヶ月間無料
作品数 フジテレビで放送したドラマ・バラエティ、配信限定番組など
機能 最大7日間無料の見逃し配信は登録不要!雑誌や漫画も充実!
こんな方に フジテレビのドラマ・映画や雑誌・漫画も楽しみたい方

FODプレミアムで配信中のおすすめ作品

シリーズ配信数
5

バンダイ系列のアニメが見放題!ガンダムやラブライブなど!

月額料金 1,100円(税込)
初回無料
作品数 約3,909本中1,723本が見放題!アニメ専門動画配信サービス
機能 HD画質まで対応!マルチデバイス対応でテレビでも見られる
こんな方に アニメを毎週たくさん見たい方・アニメが放送されない地域の方

バンダイチャンネルで配信中のおすすめ作品

シリーズ配信数
6

宅配DVDレンタルとの併用で見られない作品はほとんどナシ!?TSUTAYA!

月額料金 2,658円(税込)※動画見放題+定額レンタル8の場合
30日間無料
作品数 新作・準新作を除く対象作品約10,000タイトルが見放題
機能 オフライン再生や動画のダビングもできる。宅配レンタルが魅力!
こんな方に 動画配信サービス+CD・DVDの宅配レンタルも利用したい方におすすめ!

TSUTAYA TV/DISCASで配信中のおすすめ作品

シリーズ配信数
3

アニメを見るならdアニメストア!アニメ専門のSVODサービス

月額料金 440円(税込)
31日間無料
作品数 アニメ作品数業界No1★深夜アニメを含む新番組も豊富
機能 スマホでアニソンのバックグラウンド再生ができる!もちろんオフライン再生も
こんな方に アニメオタクな中高生や2.5次元ミュージカル沼の皆さん

dアニメストアで配信中のおすすめ作品

シリーズ配信数
7

月額あたり約500円!独占配信やオリジナル作品も充実

月額料金 500円(税込)※年会費4,900円
30日間無料
作品数 作品数非公開・独占配信・オリジナル作品も含む
機能 オフライン再生やマルチデバイスでの視聴に対応!
こんな方に とにかく安い月額料金で利用したい方・話題のオリジナル作品を楽しみたい方・Amazonの利用が多い方

Amazonプライムビデオ(Amazon Prime Video)で配信中のおすすめ作品

ハイキュー! ! シリーズの作品一覧

ハイキュー! ! シリーズに関する記事一覧

ハイキュー! ! シリーズと合わせてよく観られている人気の動画配信作品

この記事の編集者
マーシャ
マーシャ

大学卒業後、株式会社CAMに入社。 同年、グループ会社である株式会社CyberOwlへ出向。 現在、「aukana」の記事編集業務を行う。

※配信されている作品は、サービス各社の状況によって配信スケジュールが変更される場合がございますので詳しくは、動画配信サービス各社のサイトにてご確認ください。

このシリーズを配信中のおすすめ動画配信サービス

ページトップ