SHARE

contents kv

出典:amazon

2019/03/06
341 0

『七つの会議』のキャストを詳細解説!野村萬斎が初のサラリーマン役に!

七つの会議が今すぐ観れる

\おすすめの動画配信サービス/

※配信状況により無料ではない可能性がございます。

会議中に居眠りする“ぐうたら社員”がエリート営業マンの上司をパワハラで訴えた! その騒動を発端にとんでもない会社の秘密、闇が浮かび上がる…。主演は初のサラリーマン役に挑む野村萬斎。居眠りが常習で謎だらけの万年係長・八角民夫役を演じます。池井戸潤原作の企業クライムミステリー映画『七つの会議』のキャストをまとめました。ラストにはネタバレ情報あり! 結末が知りたい方は最後までチェックを!

目次

『七つの会議』とは?

『下町ロケット』『陸王』など数々のヒット作を世に送り出した池井戸潤さんの小説が原作の新作映画『七つの会議』がついに公開。

中堅メーカーで起こった営業課長のパワハラによる異動。この一件をきっかけに会社が抱える大きな秘密や闇があぶり出されていく企業犯罪ミステリーです。

物語の舞台は、都内にある中堅メーカーの東京建電。

花形部署である営業一課の係長、八角(やすみ)民夫(野村萬斎)は、会議中にいびきをかいて堂々と寝ることから、“居眠りハッカク”と呼ばれていました。

成果を上げ続ける一課のエース、営業一課・課長の坂戸宣彦(片岡愛之助)は、目に余るぐうたらぶりに業を煮やして、部下の八角に暴言を吐いてしまいます。

坂戸は八角にパワハラで訴えられて、人事部に異動。万年二番手で目立たない存在だった原島万二(及川光博)が会社の顔・一課の課長に着任します。

坂戸は社内の絶対権力者の営業部長・北川誠(香川照之)が信頼を寄せるエリート。

お荷物社員の八角が一課に残り、会社に貢献してきた坂戸が他部署へ…この事態に原島は疑問を抱きます。

原島と同じく、謎だらけの八角に不信感を抱く営業部員の事務・浜本優衣(朝倉あき)と尾行調査を開始。

八角に関わった社員たちが次々と地方に飛ばされていくのを横目に調査を続けるふたり。そして、八角の謎の行動と会社が抱える重大な秘密が重なって…。

世間に絶対漏らしてはいけない会社の秘密とは?
そして、八角という男はいったい何者なのか? 

簡単なあらすじに続いて、豪華キャスト&個性的な登場人物をご紹介!

『七つの会議』主要な豪華キャストをご紹介!

野村萬斎さんを主演に迎え、香川照之さん及川光博さん片岡愛之助さんら豪華なキャストをまとめました。

また、記事下部では2013年にドラマ化されたNHKのドラマ版も配役とキャストもご紹介しています!

八角民夫/野村萬斎

東京建電・営業一課の万年係長、八角民夫。会議中、いびきをかいて寝ていることから通称“居眠りハッカク”。つかみどころがないくせ者タイプの男性です。

年下上司の坂戸(片岡愛之助)から、大量の仕事を押し付けられても定時に帰宅。ノルマも最低限をこなす程度で部署が多忙の時期に有休を取ろうとするなどの“ぐうたら社員”。

しかし、かつてトップセールスマンとして同期の北川(香川照之)と競り合っていた過去が明らかに。

離婚歴があり、元妻の淑子(吉田羊)と娘に養育費を支払い中で、時折寂しさをにじませる場面も。

主演を務めるのは、狂言師で重要無形文化財総合指定者野村萬斎さん池井戸作品への参加、現代劇でのサラリーマン役も今作が初めてとなります。

映画「陰陽師」シリーズや『のぼうの城』などの時代劇とは異なるスーツ姿が新鮮。

声の張り方や立ち姿、目線などにも狂言師ならではのものが感じられます。ぜひ、そのあたりも注目してみてください。

北川誠/香川照之

東京建電・営業部長の北川誠は、結果第一主義のモーレツ管理職。

定例会議では、実績を上げ続ける坂戸がリーダーの営業一課を絶賛し、原島が課長を務めるノルマ未達成の二課を責め倒す…

甘えたサラリーマン根性の部下は完膚なきまでに叩き潰してきました。

そんな北川のもとでノルマを達成し続けた坂戸。

社内の権力者である北川は、パワハラ騒動による坂戸の異動をなぜ阻止できなかったのか。

同期でかつてのライバル八角、会社が抱える秘密との関連も気になる人物です。

池井戸潤原作ドラマでは「半沢直樹」シリーズでの大和田常務役が印象的な香川照之さん

市川中車として歌舞伎俳優の顔を持っています。今作では「半沢直樹」シリーズでも共演した片岡愛之助さんも同じ歌舞伎役者

そして、狂言師の野村萬斎さん落語家の立川談春さん春風亭昇太さんも出演。

日本の伝統芸能を守り、牽引しているキャストたちの演技は必見です。

原島万二/及川光博

東京建電・営業二課長の原島万二は、名前通りの万年二番手に甘んじていた社員です。

八角が坂戸を訴えて発生したパワハラ騒動後、花形部署である”営業一課長に。坂戸の後を引き継いだものの、思うように一課の成績が上げられず、北川に叱責されてしまいます。

憧れの一課へとの昇格人事。会社にチャンスを与えられたものの、何か腑に落ちない原島は、プレッシャーのあまり胃痛がひどくなる一方。

エリートの坂戸が営業部から異動になり、八角が残る…その不可解な人事に疑問を抱き、不審な動きをする八角を尾行することに。

今作では花がなく目立たない社員・原島を演じる及川光博さん。

池井戸潤原作ドラマでは「半沢直樹」シリーズに出演し、堺雅人さんが演じた半沢直樹をクールにサポートする同僚・渡真利忍役を好演しました。

そんな持ち前の華やかさやかっこよさを消して、今回は組織の中でもがき苦しむ地味なサラリーマン役を全うする及川さん。

演技の幅を広げたミッチーの新境地を見届けましょう。

浜本優衣/朝倉あき

東京建電・営業一課員で事務を担当する女性社員の浜本優衣。

寿退社を控え、誰がやっても同じではない仕事がしたいと思い、社内環境改善のため、ドーナツの無人販売を企画。

残業が多めで、ストレスもたまりがちな職場の雰囲気を変えようと行きつけの店のドーナツを仕入れ、一個200円での試験販売にこぎつけます。

しかし、営業部と敵対する経理部は、浜本が出した企画をどうにか潰そうとしますが…。

このドーナツが会社が隠そうとしている秘密を解くカギに。

TBS系ドラマ『下町ロケット』では、佃製作所の技術開発部のメンバーとしておなじみの朝倉あきさん。

ガウディ編から登場し、引き続きゴースト編、ヤタガラス編でも男性が多い現場で粘り強く頑張る女性技術者を演じました。

今作では、原島とともにコンビを組み、八角と会社の秘められた謎を追う重要な役どころ。芯の通った演技で今後活躍が期待される次世代ヒロインです。

坂戸宣彦/片岡愛之助

東京建電・営業一課長の坂戸宣彦は、ノルマを達成し続けるトップセールスマン。

結果第一主義の部長・北川(香川照之)が全幅の信頼を寄せる部下です。

しかし、ある日、部下である八角(野村萬斎)にパワハラで訴えられ、人事部への異動が命じられます。

北川からは全幅の信頼を寄せられるエリートながら、花形の営業一課を去ることになった坂戸。

そして、異動してから1日も会社に顔を出していないことがわかり…。

片岡愛之助さんは、2013年のTBS系ドラマ「半沢直樹」シリーズで、おネエ口調の大阪国税局統括官・黒崎役で強烈なインパクトを与え、大ブレイクしました。

今作では、花形の営業一課の課長が抱える、はかり知れない苦悩や葛藤も見どころのひとつ。ノルマ至上主義の末路が描かれます。

『七つの会議』東京建電・経理部員を演じるキャストたち

八角や原島が在籍する営業部をやたら目の敵にするのが、東京建電の経理部。営業部の足を引っ張り、邪魔をし続けるのがこの3人です。

新田雄介/藤森慎吾

東京建電・経理部課長代理。常に行っているのは、社内で犬猿の仲である営業部の“粗”探し。

領収書や社内での人間関係などを調べまくり、営業部に不利益な情報の収集に余念がない新田。

ある日、不可解な転注(今までの取引先への発注を取りやめ、新たな会社に発注を行うこと)を発見します。プライドが高く、嘘つきな面も。浜本と何か関係が?

出演作:映画『闇金ウシジマくん Part3』、声の映画出演『TAXi4』『カーズ/クロスロード』『モンスター・ホテル クルーズ船の恋は危険がいっぱい?!』など。

加茂田久司/勝村政信

経理部課長。部下の新田とともに営業部を目の敵にしている。新田が見つけた営業部の不可解な転注を部長の飯山に報告し…。

出演作:ドラマ『斉藤さん2』『Doctor-X 外科医・大門未知子』『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』映画『クロユリ団地』『龍三と七人の子分たち』『無限の住人』など。

飯山孝実/春風亭昇太

経理部長。社内では営業部の北川に並ぶ実力者とされている。役員会で加茂田の進言どおり、営業部が行った転注を議題にすると…。

出演作:ドラマ『下町ロケット』『おんな城主 直虎』『タイガー&ドラゴン』、映画『免許がない』『ふしぎな岬の物語』『祈りの幕が下りる時』など。

『七つの会議』東京建電のトップ役を演じる実力派キャストの面々

村西京助/世良公則

東京建電・副社長。親会社のゼノックスから出向している“外様”の役員。同期であるゼノックスの常務取締役・梨田との出世競争に敗れた過去が。

出演作:ドラマ『下町ロケット』『マルモのおきて』『梅ちゃん先生』、映画『Wの悲劇』『カンゾー先生』『鬼平犯科帳』など。

宮野和広/橋爪功

東京建電初のプロパー出身の社長。製造部から、叩き上げで社長に上り詰めた人物。

出演作:ドラマ『不毛地帯』『京都迷宮案内』『すずらん』、映画『家族はつらいよ』『永遠の0』『東京家族』など。

映画『七つの会議』東京建電の親会社ゼノックスのトップを演じるのはこのキャスト!

東京建電の親会社、大手総合電機メーカー・ゼノックス御前様こと社長の徳山以下、ゼノックスのトップはこの3名です。

田部/木下ほうか

ゼノックスの副社長。社長徳山の腹心で絶対的な権力者であり、“御前会議”出席メンバーのひとり。

出演作:ドラマ『下町ロケット』『先に生まれただけの僕』『昼顔』、映画『空飛ぶタイヤ』『ソロモンの偽証』『北の零年』など。

梨田元就/鹿賀丈史

常務取締役。過去に東京建電に営業部に在籍し、八角と北川の上司だった人物。

古巣にゼノックス製の型落ち商品を一方的に押し付ける傾向も。東京建電の営業定例会議にも出席し、強権的な態度を見せます。

出演作:ドラマ『西郷どん』『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』『振り返れば奴がいる』、映画『相棒-劇場版IV-』『武士の献立』『謎解きはディナーのあとで』など。

徳山郁夫/北大路欣也

代表取締役社長。通称・御前様。徳山が出席する定例会議・“御前会議”は大広間で行われる。

出演作:ドラマ『下町ロケット』『三匹のおっさん』『マッサン』、映画『桜田門外ノ変』『花より男子-ファイナル』『春の鐘』など。

『七つの会議』で東京建電の下請けメーカー社長を演じるキャスト陣

東京建電と取引のある2つの企業、ねじ六とトーメイテック。2社とも坂戸とのつながりがありました。

坂戸の異動で営業担当が変わり、事態は一変。会社の抱える秘密と関連がありそうですが…。

三沢逸郎/音尾琢真

明治40年創業の老舗ネジ製造工場・ねじ六の四代目。誠実に仕事をこなすことがモットー。

過去に東京建電と取引がありましたが、営業担当の坂戸から打ち切りを言い渡されていました。

経営難に陥り、頭を抱えていたところに八角が新担当として現れ…。

出演作:ドラマ『陸王』『コウノドリ』『龍馬伝』、映画『検察側の罪人』『孤狼の血』『祈りの幕が下りる時』など。

三沢奈々子/土屋太鳳(三沢逸郎の妹)

逸郎の妹。契約が減り、従業員が10人程度まで減ってしまった会社を支えています。ポジティブで明るい性格。

出演作:ドラマ『下町ロケット』『まれ』『IQ246~華麗なる事件簿~』、映画『PとJK』『8年越しの花嫁』『青空エール』など。

江木恒彦/立川談春

短期間で急成長をとげた部品メーカー・トーメイテック社長。東京建電の下請け部品メーカーとして、営業一課が扱う商材のネジの部品を製造しています。坂戸が営業担当を務めていたが…。

出演作:ドラマ『下町ロケット』『ルーズヴェルト・ゲーム』『天才を育てた女房』、映画『忍びの国』など。

『七つの会議』NHKドラマ版の配役とキャストもまとめてみた!

映画公開前の2013年にNHKでドラマ化されて話題を呼んだ『七つの会議』。

ドラマ版では、東山紀之さん演じる原島万二が主人公となり、会社が隠ぺいする秘密に迫るストーリーでした。

他の主要キャストは、ぐうたら社員の八角民夫役を吉田鋼太郎さん。

東京建電社長・宮野和弘役を長塚京三さん

営業部長の北川誠役を石橋凌さん

営業一課の坂戸宣彦役を眞島秀和さん

事務職の浜本優衣役を村川絵梨さん

経理課の新田雄介役を山崎樹範さん

親会社社長・徳山郁夫役を山本圭さん

常務取締役の梨田元就役を神保悟志さん

ねじ六社長・三沢逸郎役を甲本雅裕さん

トーメイテック社長・江木恒彦役を小木茂光さんが演じています。

内容もキャストも映画とは、少しテイストが異なるドラマ版。気になった方は動画サイトなどで探してみてください。

『七つの会議』は豪華キャスト揃いの極上の謎解きミステリー!

ヒット作を連発している直木賞作家・池井戸潤さん原作の企業犯罪サスペンス『七つの会議』の豪華キャスト陣をご紹介しました。

江戸川乱歩が好きで、江戸川乱歩賞も受賞している池井戸潤さん原作の企業ミステリー。

冒頭からラストまでスリリングな謎解きが楽しめる企業犯罪エンターテインメント

ぜひ、ご覧ください!

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

合わせて読みたい

このニュースに関連する作品と動画配信サービス

七つの会議

動画が配信されているサービス一覧

レンタル

1,990 円/月

U-NEXT詳細

レンタル

562 円/月

ビデオパス詳細

レンタル

500 円/月

dTV詳細

レンタル

500 円~/月

ビデオマーケット詳細

「邦画」人気ニュースランキング