閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

【七つの会議】の動画を視聴フルで配信してるサービス、レンタル情報!

映画 邦画
提供元:U-NEXT
七つの会議
更新日:

七つの会議が今すぐ観れる

\おすすめの動画配信サービス/

※配信状況により無料ではない可能性がございます。

七つの会議の動画配信・レンタル情報

七つの会議の動画が配信されているサービス一覧

七つの会議の作品紹介

七つの会議のあらすじ

会議中に居眠りする“ぐうたら社員”がエリート営業マンの上司をパワハラで訴えた! その騒動を発端に会社が抱えるとんでもない闇が浮かび上がる! 『下町ロケット』『陸王』などで知られるヒットメーカー池井戸潤原作小説の映画化。初のサラリーマン役を務める野村萬斎主演の企業クライムミステリー。

物語の舞台は、ありふれた中堅メーカーの東京建電。花形部署である営業一課の万年係長、八角(やすみ)民夫(野村萬斎)は、会議中にいびきをかいて堂々と寝ることから、“居眠りハッカク”と呼ばれている。

成果を上げ続ける一課のエース、課長の坂戸宣彦(片岡愛之助)は、目に余る八角のぐうたらぶりに業を煮やし、叱責。坂戸は年上部下の八角にパワハラで訴えられ人事部に異動させられてしまう。後任には、万年二番手だった原島万二(及川光博)が着任。ノルマを達成し続けていたエリートが去り、お荷物社員の八角が残る。

そして、八角が関わった社員たちが次々と左遷…八角はいったい何者なのか。そして、会社にはひた隠しにしている大きな闇があった!

七つの会議のクレジット(監督・キャスト)

【キャスト・スタッフ】
野村萬斎 
香川照之 及川光博 片岡愛之助 
音尾琢真 藤森慎吾 朝倉あき 岡田浩暉 木下ほうか 吉田羊
土屋太鳳 小泉孝太郎 溝端淳平 春風亭昇太 立川談春 勝村政信
世良公則 鹿賀丈史 橋爪功 北大路欣也

原作:池井戸潤『七つの会議』(集英社文庫刊)
監督:福澤克雄
脚本:丑尾健太郎 李正美

七つの会議の登場人物・キャスト

  • 八角民夫(野村萬斎)

    営業一課の万年係長。通称“居眠りハッカク”。ノルマは最低限しかこなさず、繁忙期に有休申請する始末。かつてトップセールスマンとして同期の北川と競り合っていたという。いつからどんな理由で会社のお荷物社員になってしまったのか。世間には決して知られてはいけない会社の深い闇を知る人物のひとり。

  • 北川誠(香川照之)

    営業部長。会社にすべてを捧げる結果第一主義のモーレツ管理職。甘えたサラリーマン根性の部下は完膚なきまでに叩き潰してきた。ノルマ達成のため尽力してくれた営業一課・課長の坂戸には全幅の信頼を置いていた。しかし、パワハラ騒動における役員会の人事を覆せず…。

  • 原島万二(及川光博)

    営業二課長で、名前通りの万年二番手に甘んじてきた。パワハラ騒動後、“華の”営業一課長に急遽抜擢。坂戸の後を引き継いだものの、思うように一課の成績が上げられず、北川に叱責される日々。不可解な異動に疑問を抱き、不審な動きをする八角を浜本とともに尾行するが…。

  • 浜本優衣(朝倉あき)

    営業部員で事務を担当する女性社員。寿退社を控え、誰がやっても同じではない仕事がしたいと、社内環境改善のためにドーナツの無人販売を企画。しかし、営業部と敵対する経理部が邪魔をして試験販売止まり。このドーナツが会社の闇が暴かれるきっかけのひとつに。

  • 坂戸宣彦(片岡愛之助)

    営業一課長で、ノルマを達成し続けるトップセールスマン。突然、部下である八角にパワハラで訴えられ、人事部へ異動することに。営業部長の北川傘下のエリートながら、営業一課を去ることになった坂戸。異動してから1日も会社に顔を出していないことがわかり…。

  • 新田雄介(藤森慎吾)

    経理部課長代理。社内で犬猿の仲である営業部の“粗”探しに余念がない。情報収集中に営業部が不可解な転注(今までの取引先への発注を取りやめ、新たな会社に発注を行うこと)を行っているのを発見する。

  • 加茂田久司(勝村政信)

    経理部課長。営業部が行った転注についての報告を新田から受け、役員会での追及材料にすることを思いつき…。

  • 三沢逸郎(音尾琢真)

    明治40年創業の老舗のネジ製造工場・ねじ六の四代目社長。誠実に仕事をこなすことがモットー。過去に東京建電と取引があった。現在、受注が減り、経営がピンチに。

  • 江木恒彦(立川談春)

    東京建電の下請け会社・トーメイテックの社長。坂戸が担当していた部品メーカーで、営業一課が扱う商品のネジを一手に製造している。設立後から短期間で急成長し、事業規模を広げている。

  • 宮野和広(橋爪功)

    東京建電の社長。製造部から、叩き上げで社長に上り詰めた人物。東京建電初のプロパー出身の社長。

  • 村西京助(世良公則)

    東京建電・副社長。親会社のゼノックスから出向している“外様”の役員。同期であるゼノックスの常務取締役・梨田との出世競争に敗れた過去が。

  • 梨田元就(鹿賀丈史)

    ゼノックスの常務取締役。過去に東京建電の営業部に八角と北川の上司として在籍していた。かつての部下、北川が仕切る東京建電の営業定例会議にも出席し、強権的な態度を見せている。ゼノックス製の型落ち商品の販売を一方的に押し付ける傾向も…。

  • 徳山郁夫(北大路欣也)

    ゼノックスの代表取締役社長。通称・御前様。徳山が出席する定例会議は“御前会議”と呼ばれている。

  • 淑子(吉田羊)

    八角の元妻。娘とふたりで住んでいる。別れた後も八角と定期的に会い、相談に乗っている。

七つの会議の見所ポイント

  • 1 新境地を開いたふたり!野村萬斎と及川光博の新たな魅力

    主役の“居眠りハッカク”こと八角民夫を演じるのは、狂言師で重要無形文化財総合指定者の野村萬斎さん。

    池井戸作品への参加、現代劇でのサラリーマン役も今作が初めてとなります。狂言での舞台や、映画『陰陽師』シリーズや『のぼうの城』などでおなじみの着物姿とは異なるスーツ姿が新鮮。声の張り方や立ち姿、目線などにも狂言師ならでは凛々しさや気品が感じられます。

    そして、今作では花がなく目立たない社員・原島を演じる及川光博さんも新たな顔を見せています。持ち前のミッチーらしい華やかさやかっこよさを消して、組織の中でもがき苦しむ地味なサラリーマン役。萬斎さん、及川さんの新しい魅力に出会える作品です。

  • 2 ヒットメーカー池井戸潤原作! ドキドキの企業犯罪エンタテインメント

    今作は、ありふれた会社の中に潜む大きな闇に迫る企業犯罪ミステリー。謎のぐうたら社員・八角(野村萬斎)と会社が抱える闇を営業部の社員・原島(及川光博)と浜本(朝倉あき)が推理しながら追いかけます。

    1998年に『果つる底なき』で第44回江戸川乱歩賞を受賞している池井戸さん。今作は特にミステリー要素が強く、冒頭からラストまで池井戸さんが仕掛けるドキドキの謎解きが楽しめるエンタテインメント作品に仕上がっています。

  • 3 タイトルどおり!見ごたえ抜群の会議シーンが多数登場

    作品タイトルにもなっている『七つの会議』の「七つ」とは、池井戸さん曰く、複数を総称する「七色」と同じような意味合いを指すとのこと。

    小さい打ち合わせテーブルでの少人数のものから、社長も出席する大広間での大規模なものまで印象的な会議シーンが多数登場します。会議の中で飛び出すのは、敵対する部署同士の足の引っ張り合いや罪のなすりつけ合い。

    社員たちの隠された本性、会社が抱える闇があぶり出される会議シーンは必見です!

七つの会議の評価・感想・レビュー

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 4.5 (5件中)
  • 投稿者名:k-ta
    評価: GOOD 投稿日:2019.09.16/10:49

    社会派ドラマや映画が好きな人はおもしろいと思える作品。仕事をするうえで大事なことを認識させられるし、ストーリーとしてもおもしろい。

  • 投稿者名:Shintaro Hara
    評価: GOOD 投稿日:2019.07.03/11:34

    平成最後の社会派映画といわれる池井戸潤原作のこの作品。全俳優の顔芸対決期待通り観れましたw まあやはり香川さんの完全優勝ですがw なかなかリアリティある作品になってて経営者の方々もおもしろく観れるんじゃないでしょうか。エンドロールを含む締め方もとても丁寧に作られていて、しっかりメッセージ性がある。現代の日本の経済の現状の考察も含まれていて良き。俳優陣も贅沢な使い方してる人もいて、退屈になることは無いと思います。長すぎるとかもないのでそこも良き。まあ、一つどうしても気になったのは、野村萬斎のアニキ、立ち方の姿勢おかしいってw もう能楽師感ですぎw 演技は圧巻でした!

  • 投稿者名:Mayu
    評価: GOOD 投稿日:2019.02.18/20:05

    社内政治が絡む、社会派ミステリー(?)。
    野村萬斎がたまに語尾に野村萬斎を出してくるから気になってしまったけど、全体的には満足。
    日本の大企業ってこういうものなのかと、お勉強した気分。
    空飛ぶタイヤと似てるなぁー…と思った。

  • 投稿者名:はちってさん
    評価: GOOD 投稿日:2019.02.18/12:35

    池井戸潤らしいハラハラ感やスカッと感はあったけど、7つの会議がどれのことを指してるのかわかんなかったから原作読んでみまーす

  • 投稿者名:Alex
    評価: BAD 投稿日:2019.02.04/21:16

    福澤監督、池井戸潤の安定のドラマコンビで出演者も過去に2人の作品に出たことある役者ばかり。

    ドラマを観ている人からすると恒例の役者の顔ドアップ、必要以上のリアクションと台詞回し、ふるふる震えながら睨みつけるやつ。大スクリーンでおじさんのドアップを観るのは中々のもの。

    中堅電機メーカーで起こった不祥事に巻き込まれていく社員たちをコミカルにも、時にシリアスに描いた今作。

    行き着くのは人命は何より大切だ、ということだがそれまでのコミカルな部分が多過ぎてシリアスな雰囲気に入り込めなかった。まぁ、これだけ癖のある役者がずっとシリアスムードだと息詰まるけど…

    プロパーと外様の役員、本社と子会社、営業ノルマなどの話はリアリティがある。そこにオーバーなリアクションを加えることで、このエンタメは完成するんだなと再確認。

    他の観客の人が予想以上に反応が良く、みんな年配の方だったのが印象的。

    #7つの会議 #映画好きな人と繋がりたい #池井戸潤 #福澤克雄 #映画 #映画鑑賞 #野村萬斎 #香川照之

七つの会議が動画配信されているサービスの詳細

レンタル

auユーザー以外でも大丈夫!見放題作品が豊富で登録もラクラクなのはビデオパス

月額料金 562円(税抜)
30日間無料
作品数 1,314本 (内定額見放題:201本)
機能 ダウンロード再生機能が使える。auのキャリア決済で支払いもラクラク
こんな方に auユーザー以外も要注目!コスパ◎のお得なサービス!

ビデオパスで配信中のおすすめ作品

レンタル

ドコモユーザー以外も使える!月額500円のバラエティに富んだ低価格サービスはdTV

月額料金 500円(税抜)
31日間無料
作品数 1,054本 (内定額見放題:550本)
機能 音楽プレイリスト機能やカラオケなど音楽に強い。別アプリでVR動画も!
こんな方に 低価格で映画もカラオケもコミックも楽しみたい欲張りな方

dTVで配信中のおすすめ作品

レンタル

月額あたり約500円!独占配信やオリジナル作品も充実

月額料金 500円(税込)※年会費4,900円
30日間無料
作品数 6,032本 (内定額見放題:1,501本)
機能 オフライン再生やマルチデバイスでの視聴に対応!
こんな方に とにかく安い月額料金で利用したい方・話題のオリジナル作品を楽しみたい方・Amazonの利用が多い方

Amazonプライムビデオ(Amazon Prime Video)で配信中のおすすめ作品

七つの会議と合わせてよく観られている人気の動画配信作品

七つの会議に関する記事一覧

この作品を配信中のおすすめ動画配信サービス