SHARE

contents kv

出典:amazon

2019/03/18
315 0

『のだめカンタービレ 最終楽章』映画の見所を含めて徹底解説!

人気ドラマ『のだめカンタービレ』シリーズの完結編にあたる、前後編2部作の大ヒット映画『のだめカンタービレ 最終楽章』。のだめと千秋の恋の行方や、豪華キャストが演じる人気キャラの動向、演奏される曲目、気になるラスト、ヨーロッパ5カ国におよぶ豪華なロケ地など、あらすじと見どころを徹底解説。

目次

上野樹里さん演じる変態ピアニスト「のだめ」と、玉木宏さん演じるオレ様指揮者の「千秋」が日本中にクラシック旋風を巻き起こした、二ノ宮知子さん原作の漫画『のだめカンタービレ』シリーズ。

『のだめカンタービレ 最終楽章』と題したこの作品は、テレビで放送された連続ドラマと新春ドラマスペシャルに続く、前後編2部作の映画作品です。

ドラマを見た方なら、映画のオープニングで流れるベートーヴェンの「交響曲第7番」を聴いただけで、のだめワールドに引き込まれること間違いなし!

なんといっても本作は、ヨーロッパの美しいホールで撮影された本格的な演奏シーンの数々が見どころとなっています。

ここでは「のだめと千秋先輩の関係はどうなるの?」「峰くんや清良ちゃんは登場する?」など気になるポイントを、ロケ地や楽曲情報とともに紹介します。

『のだめカンタービレ 最終楽章』映画の個性派ぞろいの豪華キャスト!

出典:amazon

『のだめカンタービレ』シリーズの完結編となる『のだめカンタービレ最終楽章』には、ドラマで不動の人気を築いた主演の上野樹里さんと玉木宏さんをはじめ、瑛太さん、水川あさみさん、小出恵介さん、伊武雅刀さん、竹中直人さんら、人気キャストが揃って出演しています。

前作のスペシャルドラマ版から登場したウエンツ瑛士さんやベッキーさんも、のだめのクラスメイトとして、引き続き物語を盛り上げます。

千秋のライバルである指揮者・ジャンの彼女を演じた山口紗弥加さんも登場し、のだめとバトルを繰り広げます。

映画で重要な役となるのだめのライバル・孫Rui(ソン・ルイ)役には山田優さん。

さらに新キャラとして、谷原章介さん、なだぎ武さんらが参加しています。

『のだめカンタービレ』をきっかけにブレイクした俳優も多く、個性的で豪華なキャストの共演を楽しむことができます。

キャストについてもっと知りたい方はこちら

『のだめカンタービレ 最終楽章』映画前編・あらすじ【ネタバレあり】

出典:amazon

連続ドラマで飛行機恐怖症を克服し、前作のスペシャルドラマではのだめと一緒にパリへ留学して、プラニティ国際指揮コンクールで優勝した千秋

映画『のだめカンタービレ最終楽章』前編は、千秋がパリの伝統ある「ルー・マルレ・オーケストラ」の常任指揮者に抜擢されたことから、物語が始まります。

マルレ・オケは、若き日のシュトレーゼマンも指揮を務めていた名門ですが、現在の実態は、経営難で団員がごっそりと辞め、演奏者を慌てて寄せ集めた“決壊寸前”のオーケストラでした。

千秋は「パリ在住の若くて安い指揮者」として選ばれ、気難しいコンサートマスターのトマ・シモンは、千秋の実力を認めていないのでした。

団員はアルバイト優先で練習が足りず、公演で演奏したラヴェルの「ボレロ」は散々な演奏に。

オケを立て直そうと厳しく指揮する千秋でしたが、団員から「これじゃ生活ができない」と嫌われ悩みます。

団員オーディションが実施され、個性的な演奏者が次々と現れるなか、シモン千秋は意見がことごとく一致。

音楽に対して真剣に向き合う互いの姿勢に気づき、千秋は「このオケは、きっとよくなる」と感じました。

そしてシモンマルレ・オケに活気を取り戻すことが自分の夢だと語り、「今年こそは、お前だったらって思っているんだぞ」と、千秋に告げました。

タクシー運転手の仕事の合間に車内で練習するオーボエ奏者や、橋の下に集まってパート練習をするメンバー、各自が生活の合間に練習を重ね、ついに定期公演の日を迎えます。

チャイコフスキーの「序曲1812年」と「交響曲第6番悲愴」、そして千秋の弾き振りでバッハの「ピアノ協奏曲第1番 」を演奏し、公演は大成功。

観客も団員も、みんなが笑顔になる素晴らしい演奏でした。

一方、千秋の成長を目の当たりにしたのだめは、大きな焦りを感じます。

自分が練習していたバッハの「ピアノ協奏曲第1番 」を、千秋が舞台であっさり弾いたこともショックでした。

のだめは必死でピアノの練習に取り組みますが、コンセルヴァトワールのオクレール先生には「コンクールは許可できませんよ、ベイベーちゃん」と言われるばかり。

のだめにはその理由が分からず、途方に暮れます。

さらに、千秋から「別々に暮らそう」と言われ、のだめが気を失うところで前編は終了します。

『のだめカンタービレ 最終楽章』映画後編・あらすじ【ネタバレあり】

出典:amazon

音楽に集中するため別々に住み始めたのだめ千秋

そんなある日、のだめの部屋にバイオリニストの峰龍太郎とティンパニー奏者の奥山真澄が現れます。

2人はバイオリニスト三木清良のコンクールを応援するために日本から来たのでした。

騒いで千秋に叱られたり、こたつを囲んで飲んだり、懐かしい光景が繰り広げられます。

そして、清良はコンクールで3位に入賞。

微妙な順位だといいつつも、2年間やり切ったことに満足し、と一緒に日本に帰ると決めたのでした。

のだめはコンクールのピアノ部門で聴いたラヴェルの「ピアノ協奏曲ト長調」に感動し、いつか千秋とコンチェルトがしたいと張り切ります。

しかしそれは、千秋が次の公演でピアニストの孫Ruiと共演する曲でした。

千秋Ruiの公演で、のだめは自分が目指していた以上の演奏を聴いて、目標を完全に見失います。

帰宅した千秋を笑顔で妻のように迎え「結婚してください」と言うのだめ

千秋は戸惑いながらも、のだめがピアノから逃げようとしていることに気が付きました。

のだめの部屋にシュトレーゼマンが現れ、自分と一緒にコンチェルトをしようと誘います。

2人が共演すると聞いて、会場に駆けつける千秋

のだめの演奏は、千秋が自分のことを「彼女をこの舞台に連れてくるために、神様が俺を日本に押しとどめていたのではないか」と思うほど素晴らしいものでした。

のだめの衝撃的なデビューは世界中で報じられますが、のだめは燃え尽き、失踪してします。

失踪から1週間後、自分の部屋でゴミに埋もれていたのだめは、屋根裏部屋から聞こえる不思議な音につられて階段を上がります。

そこで、幽霊学生と呼ばれる作曲学科のヤドウィと出会い、自由に楽しく演奏する喜びを思い出しました。

仲間のところに戻ったのだめは、幼稚園で子どもたちに囲まれてピアノを弾きます。

千秋が駆け付けたときに、のだめが演奏していたのは、2人が最初に出会ったときと同じ、ベートーヴェンの「ピアノソナタ第8番 悲愴」でした。

のだめのピアノを聴き、のだめを何度でも舞台へ連れて行きたいと思う千秋

一緒にコンチェルトをやろうと言いますが、のだめは「怖い」と断ります。

千秋のだめと一緒に、初めて2人で演奏したモーツァルトの「2台のピアノのためのソナタ」を弾きます。

のだめも自分も昔とは違う、でも絶対に合わせてみせると誓う千秋

そして、弾き終えた2人に、笑顔が戻りました。

「最高の演奏をして、またそれを超える演奏を目指すのです」と語るシュトレーゼマン

彼は、のだめ千秋に自分とのコンチェルトを超えてほしくて、のだめと共演したのでした。

エンドロールでは、オクレール先生のところに戻って再びピアノに向きあうのだめと、マルレ・オケで指揮する千秋の日常が描かれます。

自分たちの音楽を何度でも超えていくと決めた2人は、橋の上で長いキスを交わし、物語の幕が閉じられました。

『のだめカンタービレ 最終楽章』映画見どころ① のだめをおびやかす天才ピアニスト・孫Rui

『のだめカンタービレ最終楽章』では前編・後編を通して、山田優さん演じる天才ピアニストの孫Ruiが、のだめのライバルとして重要な役割を果たします。

前編ではパリに留学してきたRuiが、買い物や部屋探しにのだめと千秋を振り回します。

あいさつと称して、千秋にハグやキスをするRuiに嫉妬するのだめ。

さらに、千秋がのだめに公演で弾いてほしいと頼んだ「ボレロ」のチェレスタを、練習の場に偶然訪れたRuiが弾くことになり、のだめが夢見た千秋との初共演はかなえられませんでした。

後編では、パリに再び現れたRuiが千秋と共演します。

曲目は、のだめがいつか千秋と一緒に演奏したいと思っていたラベルの「ピアノ協奏曲」。

千秋とRuiの演奏が、自分が目指していた演奏以上のものだったことに絶望し、のだめは目標を見失ってしまいました。

『のだめカンタービレ 最終楽章』映画見どころ② 人気キャラの恋の行方と活躍は?

映画『のだめカンタービレ最終楽章』には、バイオリン奏者の峰龍太郎(瑛太)をはじめ魅力的なサブキャラが多く登場し、それぞれの物語を繰り広げます。

峰龍太郎は、遠距離恋愛中のバイオリニスト三木清良(水川あさみ)のコンクールを応援するために、ティンパニー奏者の奥山真澄(小出恵介)と一緒にパリへ行き、のだめや千秋たちと賑やかなシーンを繰り広げます。

また、のだめと同じコンセルヴァトワールに留学しているオーボエ奏者の黒木泰則(福士誠治)は、千秋が指揮するマルレ・オケのオーディションに合格し、千秋とともにオケを立て直します。

黒木に思いを寄せ、オーディションでピアノ伴奏をしたターニャ(ベッキー)が、のだめの作ったカレーで食中毒に苦しむ「のだめカレー事件」も見どころのひとつです。

『のだめカンタービレ 最終楽章』映画で演奏された名曲

出典:amazon

『のだめカンタービレ』では、ドラマのテーマ曲として一躍有名になった「ベト7」をはじめ、劇中で演奏される数々の楽曲が注目を集めてきました。

『最終楽章』では、本場ヨーロッパの美しいコンサートホールを舞台に、よりスケールアップした圧巻の演奏シーンが楽しめます。

『のだめカンタービレ最終楽章』映画で演奏される主な楽曲

前編

ベートーヴェン「交響曲第7番」
:映画の冒頭で、千秋が指揮するオープニングテーマ曲。ロケ地はウィーン楽友協会。

モーツァルト「トルコ行進曲」:ピアノ科の進級試験でのだめが弾いた曲。

ベートーヴェン「交響曲第9番」:千秋にチェレスタの演奏を頼まれて喜ぶ、のだめの妄想シーンで流れる曲。

ラヴェル「ボレロ」:マルレ・オーケストラの公演で、千秋が初めて指揮した曲。

チャイコフスキー「序曲1812年」「ピアノ協奏曲第6番悲愴」:マルレ・オーケストラの定期公演で、千秋が指揮した曲。

バッハ「ピアノ協奏曲第1番ニ短調 」:マルレ・オーケストラの定期公演で、千秋が弾き振りを披露した曲。


後編

ベートーヴェン「交響曲第7番」:オープニングテーマ曲。ピアノ演奏用に編曲されたもの。

ブラームス「ヴァイオリン協奏曲ニ長調作品77」:清良のコンクール演奏曲。

ラヴェル「ピアノ協奏曲ト長調」:コンクール会場でのだめが気に入り千秋との共演を望みますが、千秋とRuiが共演した曲。

ショパン「ピアノソナタ第3番」:のだめがオクレール先生から課題として与えられた曲。

ベートーヴェン「 ピアノソナタ第31番」:のだめがオクレール先生から課題として与えられた曲。

ショパン「ピアノ協奏曲第1番」:のだめがシュトレーゼマンと共演した曲。

ベートーヴェン「ピアノソナタ第8番 悲愴」:のだめが幼稚園の子どもたちに囲まれて弾いた曲。

モーツァルト「2台のピアノのためのソナタ」:千秋とのだめが2人で一緒に弾いた曲。

ガーシュウィン「ラプソディ・イン・ブルー」:エンディングテーマ曲。ドラマ版とは異なるピアノ協奏曲版

のだめシリーズの他の名曲について知りたい方はこちら

『のだめカンタービレ 最終楽章』映画のヨーロッパ4カ国ロケ地紹介

出典:amazon

映画の制作にあたって、大々的なヨーロッパロケが実施されました。

ロケ地は4カ国におよび、その中にはウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の本拠地として知られるウィーン楽友協会など、世界最高峰の音楽ホールも含まれています。

『のだめカンタービレ最終楽章』映画の主なロケ地

オーストリア・ウィーン
音楽友協会:前編の冒頭で、千秋がベートーヴェンの「交響曲第7番」を指揮するホール。
ベルヴェデーレ宮殿:前編の冒頭で千秋がジョギングをしている場所。

フランス・パリ
台湾領事館:千秋やのだめの住むアパルトマン。
レアール広場:前編のピアノの試験で、トレビアンをとったのだめが千秋に抱き着く広場。
ポン・デ・ザール:映画のラストシーンで、のだめと千秋が長いキスをする橋。

スロバキア・ブラチスラヴァ
スロバキア国立劇場:前編に何度も登場する、マルレ・オケの拠点。
レデュタ劇場:前編のクライマックスである、マルレ・オケの定期公演が行われた劇場。

チェコ・プラハ
マヤコフスキー・ドゥーム:後編で千秋とRuiが共演したホール。
スメタナ・ホール:後編でのだめとシュトレーゼマンが共演したホール。

『のだめカンタービレ 最終楽章』映画まとめ

いかがでしたでしょうか。

のだめを演じるコミカルな演技が話題となった上野樹里さんや、クールで才能溢れる千秋を演じた玉木宏さんをはじめ、本作でブレークした俳優陣が劇場版でも大活躍している『のだめカンタービレ 最終楽章』。

そんな、クラシック音楽ブームを巻き起こした本作について、あらすじをはじめ、劇中で演奏された曲やヨーロッパで撮影されたロケ地などを紹介しました。

のだめと千秋のラブストーリーを楽しむのも良し、クラシックの名曲を壮大なヨーロッパの景色と一緒に堪能するのも良し、のこの作品。

まだ観たことがない方はもちろん、すでに観ている方でも、何度観ても楽しめますので、ぜひご覧になってみてください。

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

合わせて読みたい

このニュースに関連する作品と動画配信サービス

のだめカンタービレ シリーズ

動画が配信されているサービス一覧

定額見放題

1,990 円/月

U-NEXT詳細

定額見放題

888 円/月

FODプレミアム詳細

定額見放題

933 円/月

Hulu詳細

定額見放題

500 円/月

dTV詳細

定額見放題

500 円~/月

ビデオマーケット詳細

定額見放題

400 円/月

dアニメストア詳細

レンタル

2,417 円/月

TSUTAYA TV/DISCAS詳細

のだめカンタービレ 最終楽章 前編

動画が配信されているサービス一覧

レンタル

1,990 円/月

U-NEXT詳細

レンタル

500 円/月

dTV詳細

レンタル

500 円~/月

ビデオマーケット詳細

レンタル

2,417 円/月

TSUTAYA TV/DISCAS詳細

のだめカンタービレ 最終楽章 後編

動画が配信されているサービス一覧

レンタル

1,990 円/月

U-NEXT詳細

レンタル

500 円/月

dTV詳細

レンタル

500 円~/月

ビデオマーケット詳細

レンタル

2,417 円/月

TSUTAYA TV/DISCAS詳細

「邦画」人気ニュースランキング