SHARE

contents kv

出典:amazon

2017/01/25
2,359 1

思い出の曲が必ず見つかる!名曲・ヒット曲が多いポカリスエットのCM曲一覧【PART2】

「思い出の曲が必ず見つかる!名曲・ヒット曲が多いポカリスエットのCM曲一覧」のPART2として、今回は2000年から2009年までをまとめてみました。使用曲を歌っているミュージシャン自らが出演者も兼ねているのが、この年代のポカリスエットCMの特徴と言えます。

目次

爽やかな曲が多い2000年代前半のCM使用曲一覧

2000年前半は爽やかな曲が多く使用されています。またCM出演者も多く、CM使用曲を歌う歌手がそのままCMに出演するという新しい試みも行われています。

2000年CMの使用曲は2曲!

2000年のCMでは鈴木杏さんが起用されました。
鈴木杏さんは1997年のドラマ「青い鳥」で注目されましたが、ポカリスエットのCMに出演したことで更に知名度を上げています。

CMのキャッチフレーズは1998年、1999年と同様に「ボディリクエスト」、使用された曲はJUDY AND MARYの「Brand New Wave Upper Ground」とポルノグラフィティの「ミュージック・アワー」です。

この年に放送された「ライブ」編のCMにもポルノグラフィティの曲が使用されています。使用曲は「サウダージ」で、「ポカリスエットミュージックリーグ」でポルノグラフィティが同曲を歌うシーンがCMに使用されました。
「ハートの奥まで、しみこむ水がある」がキャッチフレーズとなっています。

2001年CMの使用曲は3曲!

2001年のポカリスエットCMは4バージョンが放送されました。うち3バージョンには2000年から引き続き鈴木杏さんが出演し、ここに新たに俳優のジャン・レノが加わっています。

鈴木杏さんとジャン・レノが主演するバージョンのキャッチフレーズは「私を作る水」でした。

使用曲は、LOVE PSYCHEDELICOの「Free World」、CHARAの「スカート」、玲葉奈の「travellin' man」です。

「アカペラ」編では、JUDY AND MARYのボーカルを務めるYUKIが出演し、うっとりするようなアカペラを披露して話題となりました。

2002年CMの使用曲は「SONS OF THE SUN」

2002年のCMは俳優の玉木宏さん、モデルであり俳優でもある寿里さん、女優の加藤夏希さんの3人が主演という異例のスタイルで放送されました。

キャッチフレーズは1984年から1991年まで使用されていた「イオンサプライ」です。

玉木宏さんは同年に放送された「氷河」編にも出演しています。

ロケ地はアラスカのマタヌスカ氷河で、玉木宏さんと俳優でありプロサーファーでもある中村竜さんが出演しています。

2003年CMの使用曲は「それがすべてさ」

2003年のCMでは福山雅治さんが主演し、キャッチフレーズは「イオンと若さをあげる」、CMテーマは「青に染まる」でした。

複数のバージョンが放送されましたが、そのいずれにも福山雅治さんが出演しています。

2004年CMの使用曲は「RED×BLUE」

2004年のCMも福山雅治さん主演、使用曲も福山雅治さんです。
キャッチフレーズは、「イオンサプライ」、CMテーマは「青いままでいこう」、使用曲は「RED×BLUE」でした。

出演者も豪華な2000年代後半のCM使用曲一覧

2005年からは新たに「CMキャッチコピー」が登場するようになりました。

また、2008年からはポカリスエットが提供するミニ番組として「ブカツの天使」が始まります。CMではないものの「ポカリスエットのCM」と聞くと、このミニ番組で使用されていた曲を思い出す方も少なくないようです。

2005年CMの使用曲は「未来」

2005年のCMキャッチコピーは「一緒に生きてく水」で、女優の綾瀬はるかさんが起用されました。

綾瀬はるかさんは、ドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」のヒロイン役で有名でしたが、このCMを機に更に活躍の場を広げ大成功した一人です。

2015年に実施されたgooの『印象に残る「ポカリスエット」CMの女性出演者』ランキングでは、綾瀬はるかさんが第2位を獲得しています。

CM使用曲は、Mr.Childrenの「未来」でした。

「走る春」編、「見上げる夏」編、「メモと昇降口」編では、綾瀬はるかさんの相手役として俳優の平岡祐太さんが出演しています。

2006年CMの使用曲は「ハネウマライダー」

2006年のCMキャッチコピーは「RE-BODY」で、使用曲はポルノグラフティの「ハネウマライダー」、出演は前年度に引き続き綾瀬はるかさんでした。

また、綾瀬はるかさんが出演した「ピア・ジャンプ」編は、同年8月のテレビCM好感度ランキングでトップを獲得しています。

2007年のCM使用曲は「SMAP No.5」

2007年のCM出演はSMAPで、CMキャッチコピーは「ACTION~イオンがあるからアクションできる」です。

このシリーズでは、キャッチコピーに倣ってSMAPメンバーそれぞれが体当たりでアクションに挑む様子が放送されました。
使用曲はCMオリジナル曲になります。

SMAPのメンバー全員で出演している「砂の惑星」編も放送され、「SMAP No.5」が使用されました。

2008年のCM使用曲は「Hidamari」

2008年のCMキャッチコピーは「汗を楽しめ!!FAST SUPPLY,KEEP LONG」で、出演は前年度に引き続きSMAPでした。

「いきなり果たし状」シリーズでは、SMAPのメンバーはラグビーやビーチバレーの対決に挑戦していました。

「機能」編シリーズとして、中居正広さん、サッカー選手の中村俊輔さんがそれぞれ出演するバージョンも放送されました。

SMAP出演以外のバージョンとして、「魔法の手」編も放送されています。
こちらは「ZAZEN BOYS」の向井秀徳さんがナレーションを務め、トクマルシューゴさんの「Hidamari」が使用されています。この曲は2016年現在、CD化されていません。

2009年のCM使用曲は2曲!

2009年のCMでは女優の川口春奈さんが大抜擢されました。
川口春奈さんは「三井のリハウス」のリハウスガールとしても同年に抜擢されているため、「異例のW抜擢」として話題になりました。

CMキャッチコピーは「KEEP YOU BEST」で、Hi-Fi CAMPの「一粒大の涙はきっと」「だから一歩前へ踏み出して」が使用されました。

【番外編】関連商品のCMもすごかった!

ポカリスエットの関連商品として「ポカリスエットステビア」という商品がありました。
発売期間は1990年から2007年までなので現在は販売されていません。

2000年のポカリスエットステビアのCMには有名になる前の米倉涼子さんが出演していました。

2006年からは「ポカリスエットイオンウォーター」が発売されています。

参考元

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

合わせて読みたい

「音楽」人気ニュースランキング