SHARE

contents kv

出典:amazon

2020/04/28
31 0

アニメ『約束のネバーランド』No.1天才少年ノーマンを解説!

約束のネバーランドが今すぐ観れる

\おすすめの動画配信サービス/

※配信状況により無料ではない可能性がございます。

やさしさとあたたかさに満ちた素敵な孤児院・グレイス=フィールドハウス(GFハウス)。ママのイザベラを中心に、利発な年長者三人が38人の子供たちをまとめています。ハウスでは毎朝難しいテストが行われ、年長者のノーマン、エマ、レイの三人は毎回満点を取る程の優秀さを誇ります。エマは負けず嫌いの性格ゆえ、レイは幼い頃から自分の価値を上げるために努力してきましたが、その中でノーマンだけは本物の天才でした。

目次

アニメ『約束のネバーランド』のメインキャラであるノーマン。

元気で前向きなエマと、ずっと秘密を抱えて孤独と戦ってきたレイ、そして冷静沈着かつ頭脳明晰なノーマン…。それぞれが非常に魅力的な年長者3人組ですが、なかでもノーマンは生まれながらの天才でイケメン。最初のテストからずっと満点を取り続ける程の頭脳と子供らしからぬ冷静さを持っています。

一方で、エマへの秘めた想いや「死」への恐れなど、非常に人間味溢れる一面も併せ持ちます。今回はそんなノーマンの魅力を、作品の内容も混じえながら紹介していきます!

『約束のネバーランド』ってどんな物語?(ネタバレあり)

出典:amazon

今回の主役・ノーマンについて語る前に、まずは彼らが置かれている状況などについて確認しましょう!

ノーマンたちが暮らす「孤児院」・グレイス=フィールドハウス(GFハウス)

アニメ『約束のネバーランド』の第1期の舞台である「孤児院」・グレイス=フィールドハウス(GFハウス)には、38人の子供たちと、その世話をするシスター(ママ)のイザベラが、家族のように仲良く暮らしていました。

施設について、孤児たちは「赤ん坊の頃に預けられた孤児たちを、シスターのイザベラが特殊な勉強やテストを用いて育て上げ、6歳~12歳の間に里親へと送り出す」と教えられていました。

毎朝非常に難しいテストを行なっており、そこで毎回満点を取るほど優秀な頭脳をもつフルスコア組である主人公のエマノーマンレイが、施設の年長者3人組として兄弟たちをまとめていました。

施設の正体は「農園」だった!

ある日ノーマンとエマは里子に出される兄弟を追いかけ、GFハウスはあたたかい「孤児院」などではなく、実はハウスの外にいる鬼」の食料として子供を育て上げて出荷する高級農園」だった、という恐ろしい事実を目の当たりにします。慕っていたシスター・イザベラも優しい「ママ」ではなく、子供の生育を管理する飼育監だったのです。

ショックに打ち震える二人でしたが、年長者3人組のうちのもう一人・レイとともに、「農園」からの脱出を計画します。

果たして、ノーマンたち年長者3人組は無事に「兄弟」みんなを「農園」から救い出すことはできるのでしょうか? 

施設NO.1の頭脳を持つ天才・ノーマンについてご紹介!(ネタバレあり)

出典:amazon

銀髪がノーマン

それでは、主要人物の一人であり、今回の記事の主役であるノーマンについてご紹介します! 

物語の鍵を握る、年長者3人組の一人!

GFハウスの38人の「兄弟」をまとめ上げる11歳の年長者3人組の一人で、物語の鍵を握る重要人物です。

主人公のエマ(認識番号63194)、ノーマン(認識番号22194)、レイ(認識番号81194)の3人は、毎朝のテストでいつも満点を取る“フルスコア組”と呼ばれています。

ノーマンは小さい頃から病弱で決して運動神経もよくはありませんが、飛び抜けた頭脳を活かして、抜群の身体能力を持つエマを鬼ごっこでいつも負かしています。

また非常に大人びており、年長者3人組の中でものリーダー的存在で、脱出作戦の実質的なリーダーを任されます。

いつも穏やかな表情をしており、表情から優しさが滲むイケメンです。「兄弟」みんなのことを大切に思っていますが、なかでもエマには特別な思いを寄せています。

冷静沈着で仲間思いな少年!

ノーマンはどんな時でも冷静に思考し、行動する一方で大胆さも併せ持つ、非常に仲間思いな少年です。

実際、「孤児院」の秘密を知った後、実際には非常に難しいことであるということは理解しながらも、エマがこだわる「全員での脱出」を目指します。仲間思いのエマを尊敬し、またノーマン自身も「兄弟」を愛おしく思っているからこその決断でした。

また、レイは幼い頃の記憶が残っていたため、すでに「孤児院」の秘密を知っており、イザベラのスパイをしながらノーマンとエマを陰ながら守ろうと孤軍奮闘していました。それを見抜いたノーマンは、騙してでも二人を守りたいと考えるレイとハイレベルな駆け引きを繰り広げ、彼を救おうと奮闘します。

ノーマンもレイも、相手を出し抜くような行動をとりながら、実は相手のことをとても大切に思っています。時には冷酷な印象を与えることもありますが、すべて仲間を思っての行動なのです。

アニメ第1期でのノーマン最大の見せ場でもあるので、ぜひ注目して見てみてください!

GF(グレイス=フィールド)一番の天才!

ノーマンは施設でも圧倒的な頭脳を誇っており、フルスコア組(毎回満点)三人の中でも、テストが始まって以来ずっと満点を取り続けているのはノーマンだけです。

レイは、より長く生きるためには良い成績を取り続ける必要があると突き止め、たくさんの書物を読み、必死に勉強して今の成績を維持しているいます。またエマは同い年のノーマン、レイに引っ張られるように切磋琢磨し、持ち前の前向きな性格から成績を伸ばしてきました。なので「生まれながらの賢さ」で順位をつけるとすれば、1位ノーマン、2位レイ、3位エマという順番になるでしょう。

実際、ノーマンは「孤児院」の秘密を知ったのち、脱出作戦のリーダーとして奮闘し、その頭脳を活かしてママのイザベラとギリギリの駆け引きを繰り広げます。

また、イザベラが子供の位置を特定できるのは、イザベラが子供たちの居場所を特定できるのは体のどこかに発信機が埋め込まれているからだと判明した際には、ハウスに新しくやってきた1歳のキャロルになら、まだ埋め込まれた傷が残っているかもしれない…と冷静な思考力を発揮しました。

運動は少し苦手?

ノーマンは年長者3人の中でもあまり運動は得意ではない方とされています。
しかし、その施設NO.1の頭脳で運動能力の低さをカバーしており、上述したように、鬼ごっこではいつもエマに勝利しています。

また、新たに施設にやってきた飼育監シスター・クローネとの鬼ごっこでは、運動能力の低さを感じさせない走りを披露し、逃げ切って見せました。タイムアップ後に、岩の上から勝ち誇ったようにクローネを見下ろす冷たい表情には、思わずドキっとさせられました。

顔に似合わない、頭脳を活かした狡猾な立ち回りや駆け引き、そして時折見せる、いつもの穏やかな表情からは考えられないほど冷酷な表情…。
ノーマンの一番の魅力は、これらのギャップだと言えるでしょう!

ノーマンの内通者さがしは中盤一番の盛り上がり!

物語の中盤、ノーマンはイザベラに情報を流している内通者をあぶり出そうとします。

ドンとギルダにニセの情報を流して二人のうちどちらが内通者なのか調べようとしますが、全く疑われていないと油断していたレイにもノーマンは罠を仕掛けていました。

このあたりは中盤の大きな盛り上がりとなっています。

やがてノーマンは、レイがノーマンとエマの二人を生かすためにいろいろ画策していたことを知ることになります。

しかしノーマンもまた、自分のためにエマやレイが犠牲になることだけは避けたいと考えているのです。

それぞれの想いを胸に仲間を思いやるやさしい子供たち。本当に、みんな生き残ってほしい!

【ノマレイ】親友?ライバル?同じ年のレイとの関係

出典:amazon

黒髪がレイ

さて、生まれながらにして天才のノーマンと、努力の人レイ。仲間であり、ライバルのような存在の二人ですが、ここでレイについてちょっと触れておきましょう。

レイには幼児期健忘がありません。普通、人間は三歳くらいまでの記憶はほとんど忘れてしまって覚えていません。でもレイにはその記憶が残っているのです。そのため、どうやってこのハウスに来たのか、また誰から、どんな状況で生まれてきたのか、そんなことまで覚えています。
そのため飼育監であるイザベラの企みも、ハウスの秘密も幼い頃から知っており、一人孤独な闘いを続けてきたのです。

たくさんの本を読み、豊富な知識を手に入れ、イザベラのスパイになったフリをし、報酬として脱出に必要な道具を手に入れる…。それはエマとノーマンを助けたいから。

レイはノーマンへの対抗心というより、自身の出自に対して思うところがあり、自分の価値を上げるために熱心に勉強してきました。
これは最終話の重要な伏線です。レイの衝撃の行動、そのときのために11年間を費やしてきたといっても過言ではないでしょう。

ノーマンはそんなレイに対して、自分とエマを守るためにあえてスパイのような行動をしていることを察し、なんとかレイを救いたいと考えるようになります。最終話あたりのこの二人の駆け引きは必見です!

一緒に“鬼”を目撃してしまったノマエマ

二人でコニーの死体と鬼を目撃してしまったエマとノーマン。
めったに泣かないエマが号泣してしまいます。

ノーマンは、エマが恐怖からではなく、大切な家族を殺されたことで涙を流したことに感動します。
レイやノーマンと脱走計画を練るなかで、ブレずにみんなで助かりたいというエマを、ノーマンは自分もこうありたい、そんな彼女の願いを叶えたいと思っています。

ここが、単なる初恋とはちがうところなのです。

ノーマンの魅力が詰まった名言集!

出典:amazon

初恋、なんて生易しいものじゃない!ノーマンとエマ

出典:amazon

中央がエマ

病弱だったノーマンは幼い日、風邪をこじらせて寝込んでしまいました。ママに止められているのにも関わらず心配しておしゃべりしに来てくれたエマに、ノーマンは淡い恋心のようなものを抱いたのです。

そう、始まりはこのとき。エマが作った“糸電話”が二人を(レイも)結びつけたのです。

そしてその糸電話は、唯一ノーマンがハウスから持ち出したものでした。

結局ノーマンは、エマ本人には「好き」と言葉にしてはいません。
でも、レイにはちゃんと「好きだから、エマには笑っていてほしい」と告げています。

ノーマンはエマの、いつでも、どんなに困難でも全員で助かりたい、と考えている姿勢を尊敬しています。

単なる恋心ではなく、仲間、同志、人間と人間として、深い絆でつながっているのです。

頭の良さを感じさせるノーマン名言集①


「これ、一体何から僕らを守ってるんだろう?」


1話冒頭で幼いノーマンが門の檻のような柵を見てつぶやいたセリフです。勘がいい、というか、実はその柵は守ってるんじゃなくて逃げられなくするためのものなんですけど…。すごく逆説的なセリフです。

「ウラをかくんだ。最速で脱獄を決行しよう!」(4話)

いつ脱出するかを考えているとき、いくらなんでもこんなにすぐに実行には移せないだろうと、大人であるママを出し抜こうとしています。

「やはり大人は殺せないってことか」(7話)

シスター・クローネに、彼女たちの心臓が止まると本部にそれが通報されると聞かされたときのセリフです。11歳の少年が、脱走の障壁となる大人を殺そうと考えてたってことですね。ノーマンの覚悟、さすがです。

やさしいみんなのリーダー、ノーマン名言集②

切れ者で冷たそうな印象もありますが、やはりみんなから慕われるリーダー・ノーマンはこんな素敵なセリフもしゃべっています。

「大丈夫。逃げよう、みんな一緒に」(1話)

衝撃の事実にショックを受けたエマを励ますための優しい言葉です。

「逃げよう。生きよう。たとえ世界がどんなでも」(6話)

ウィリアム・ミネルヴァという救世主(?)の存在を知り、エマたちとともに全員で逃げる決意を固めたときのセリフです。冷静に考えて、小さい子供たちを連れて鬼の住む外の世界に逃げるのは無謀だと考えていましたが、それでもエマの願いを叶えるために全力を尽くすという決意が感じられます。

「命はくれてやる。でも、そのほか何ひとつゆずるつもりはない」(9話)

エマやレイを殺させないために、自分がおとなしく“出荷”されてあとの皆の脱出をしやすくしようと覚悟を決めたあと、ノーマンはこう言いました。11歳ですよ。ノーマン、カッコ良すぎです!

エマには内緒?レイへのノーマン名言集③

実はノーマンはレイに、サラッとエマが好きだとカミングアウトしています。

「好きだから、エマには笑っていてほしいんだ」


生死がかかった状況なので、キュンキュンした気持ちにひたっている暇はありません…。

「死なせない。そのために僕は僕を利用する」(真顔で)

そして、ドヤ顔で言い放ちます。

「幸い僕はやろうと思ってできなかったことは一度もないんだよ」(クーッ!カッコいいゼ)

また、レイを仲間に引き入れる時には

「ほっとけないだろ」(2話)

と、レイの気持ちをうまくくすぐってきたり、
レイが内通者だとわかったときも、

「内通者は君だったんだね、レイ」「寝返って」
(4話)と言ったり、
「やっぱりレイは敵じゃないんでしょ?」(5話)と笑顔で言ったりします。

頭のいい二人だからこその関係性ですね。

大切なエマだから…ノーマン名言集④

「逃げよう。生きよう。たとえ世界がどんなでも」(6話)

このときは、全員で逃げる決心をして、みんなで準備をすすめていきます。

しかしその後、ノーマンは出荷されることに…
人知れず恐怖に怯え、ノーマンは泣いています。でもすぐに気持ちを引き締めて、エマたちに笑顔を向けるのでした。

「イヤだ。逃げるつもりはない」(9話)

イザベラに足を骨折させられたエマをかばうため、ノーマンは逃げずに出荷される道を選びます。

何を言ってもムダだよ、気持ちは変わらない。あとは頼む」
「大丈夫。絶対あきらめないでね」(10話)

そしてノーマンは、糸電話だけをトランクに入れ、ハウスを出ていきました。
ただし、用意周到な計画をノーマンは準備していたのです。

ノーマンのその後…

さあ、作品内の重要人物であり人気キャラのノーマンは、鬼に食べられてしまったのでしょうか?

10話でノーマンは出荷されてしまいますが、死んだ描写はありません。
部屋で待つように言われ、ドアを開けるとなにかに驚いたような表情でそのシーンは終わってしまいました。

実は原作では、ノーマンの生きている姿が描かれています!
ノーマンは食料としてではなく、研究に協力する形で生かされています。
アニメ二期はゴールディ・ポンド編なので、ノーマンとの再会まではいかないかもしれません。

※気になる方は、週刊少年ジャンプ連載中の原作マンガ(原作:白井カイウ、作画:出水ぽすか)を読んでみてください。

また、GFハウスに残った次世代のノーマンともいえるフィルの活躍も楽しみです。
2020年、アニメ二期が今から楽しみです!!

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

合わせて読みたい

このニュースに関連する作品と動画配信サービス

約束のネバーランド

動画が配信されているサービス一覧

定額見放題

2,189 円/月

U-NEXT詳細

定額見放題

1,026 円/月

Hulu詳細

定額見放題

888 円/月

FODプレミアム詳細

レンタル

2,658 円/月

TSUTAYA TV/DISCAS詳細

定額見放題

1,100 円/月

バンダイチャンネル詳細

レンタル

550 円~/月

ビデオマーケット詳細

定額見放題

440 円/月

dアニメストア詳細

定額見放題

880 円~/月

Netflix(ネットフリックス)詳細

「アニメ」人気ニュースランキング