SHARE

contents kv

出典:amazon

2019/04/10
884 0

サバイバルを通して家族の絆を描く!矢口史靖監督最新作の「サバイバルファミリー」

サバイバルファミリーが今すぐ観れる

\おすすめの動画配信サービス/

※配信状況により無料ではない可能性がございます。

「ウォーターボーイズ」・「スウィングガールズ」・「ロボジー 」など新鮮な題材を誰が見ても楽しめる娯楽作品に仕上げる矢口史靖監督の最新作の「サバイバルファミリー」が公開中です。この映画の題材も電気が全く使えなくなった世界を舞台に家族の苦闘と成長を描くというユニークなもので、矢口監督らしい娯楽作品として話題です。

目次

「サバイバルファミリー」のあらすじ

東京で何の不自由もなく暮らしている鈴木家は、父・義之(小日向文世)と、母・光恵(深津絵里)、息子・賢司(泉澤祐希)、娘・結衣(葵わかな)の4人家族です。

鈴木家は平凡ながら幸せな家庭のように見えますが、実際は家族同士の会話も少なく、一緒にいてもお互いの心は離れているようでした。

そんな鈴木家ですが、ある日突然、テレビ・電話・冷蔵庫という電化製品に加えて、ガス・水道・電車・自動車という電気を必要とするもの全てが使えなくなるという緊急事態に見舞われます。

当初は、これは一時的な停電で、すぐに電気は復旧すると信じて疑いませんでしたが、電気は1週間経っても使えない状況が続きます。

電気を失ってしまった危機的な状況を打開するべく、義之は家族を連れて東京を脱出するという決断をし、そこから鈴木家のサバイバル生活が始まるのでした。

「サバイバルファミリー」のキャスト

「サバイバルファミリー」の父・鈴木義之役は小日向文世が、母の鈴木光恵役には深津絵里という実績のある2人が演じます。

一方で、オーディションで選ばれた娘の鈴木結衣役は葵わかな、息子の鈴木賢司役には泉澤祐希というフレッシュな魅力が光る2人が抜擢されています。

そんな鈴木家の面々がサバイバルの道中で出会う斎藤敏夫には時任三郎、斎藤静子には藤原紀香、斎藤涼介には大野拓朗、斎藤翔平には志尊淳が演じます。

その他にも渡辺えり、柄本明、ミッキー・カーチスなどのベテラン俳優陣が多く登場するなど、主役から脇役まで豪華な役者陣の演技の共演に注目です。

サバイバル生活を通して描く家族の絆!

「サバイバルファミリー」の主人公の鈴木家の父・義之は偉そうなわりに何もできないダメな男です。
母の光恵は魚を捌けず、食事はスーパーの惣菜で間に合わせたり、娘の結衣と息子の賢司は親よりもスマホに夢中だったりして、家族はバラバラです。

しかし、電気が世界から失われてしまい、生きるための生活の糧を自分たちでなんとかしなければなりません。
つまり、鈴木家は協力して助け合わないと生きていけない状況に追い込まれてしまうのです。

サバイバル生活を通して、鈴木家はぶつかり合いながらもお互いに成長していきます。

それを象徴するのが、家族全員で100キロの豚をドロドロになりながら追いかけ回すシーンです。スピードを上げて逃げまくる豚を追いかけるという、コミカルだけど、鈴木家の絆の深まりを実感できる場面だと言えます。

サバイバル生活中を通して、家族の再生を描くのがこの作品のテーマなのです。

山口ロケで撮影された映像の魅力!

映画は鈴木家が西へと自転車で移動していくロードムービートしての側面を持っています。

特に出演者たちが高速道路を自転車で疾走していくシーンは印象的です。
実はこの場面は監督のこだわりでCGを使わず、実際の道路を封鎖して撮影に臨みました。

その撮影地に選ばれたのが宇部市や山口市など、山口県でした。
「宇部湾岸道路」のワイヤーは大迫力で、スケールの大きな映像になっています。

山口県の風景の魅力を生かした映像もこの作品の見どころと言えます。

まとめ

「サバイバルファミリー」は矢口監督らしい、電気がなくなるというユニークな設定の中で、鈴木家の成長を描く物語です。

そうしたストーリーの面白さに加えて、ベテランから若手までの出演陣の演技、山口で撮影した映像の魅力が存分に楽しめる作品となっています。

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

合わせて読みたい

このニュースに関連する作品と動画配信サービス

サバイバルファミリー

動画が配信されているサービス一覧

レンタル

562 円/月

ビデオパス詳細

レンタル

500 円/月

dTV詳細

レンタル

2,417 円/月

TSUTAYA TV/DISCAS詳細

レンタル

500 円~/月

ビデオマーケット詳細

「邦画」人気ニュースランキング