SHARE

contents kv

出典:amazon

2019/01/27
2,322 0

人気急上昇中のイケメン俳優!高橋一生さんはこんな作品にも出演

甘いマスクと低音ボイスで人気急上昇の俳優・高橋一生さん。 現在放送中の火10ドラマ「カルテット」や、大ヒット映画「シン・ゴジラ」、先日放送されたジブリ映画「耳をすませば」にも出演しています。

俳優・高橋一生

2015年のテレビドラマ「民王」で人気に

1980年生まれの高橋一生さんは、1990年のビートたけしさん主演映画「ほしをつぐもの」で子役として映画初出演。
舞台やドラマで活躍しますが、主な代表作はありませんでした。

その後、2015年に菅田将暉さん主演のドラマ「民王」で演じたクールでクソまじめな秘書・貝原茂平役で人気となり、スペシャルドラマや、貝原さんが主人公のネット配信限定のドラマ、更には1冊まるごと貝原茂平「民王 スピンオフBOOK【貝原編】」まで発行されました。

「シン・ゴジラ」の安田龍彦役に抜擢

2016年に公開された大ヒット作「シン・ゴジラ」では、巨大不明生物特設災害対策本部に所属する文部科学省研究振興局基礎研究振興課長・安田龍彦を演じ、尾頭ヒロミ役を演じた市川実日子と共に人気が爆発。

似顔絵やパロディイラストを描くファンが続出するなど、これをきっかけに人気が急上昇しました。

3月22日(水)にU-NEXTでの配信も決定したので、まだ見たことないという方は是非チェックしてみてください!

現在放送中の「カルテット」ではチャラ男役

「逃げるは恥だが役に立つ」の後番組となり、かなり期待が高まっていた火10ドラマ「カルテット」では、ドラマ開始からわずか4分、登場してすぐに"たまたま道を尋ねられただけ"の女子大生とキスを交わすなど、「チャラくて面倒な男」家森諭高(いえもり ゆたか)を演じています。

ドラマのエンディングでは椎名林檎さんが作詞・作曲した「おとなの掟」を、松たか子さんら主演メンバーでしっとりと歌い上げています。

チャラくてめんどくさい役柄で母性本能をくすぐりつつ、甘い顔立ちに低い声、そして同時期に放送されたバラエティ番組「A-Studio」では苦労人であることを明かし、星野源ロスに陥っていた女性たちから圧倒的な支持を集めている、今いちばん注目のイケメン俳優です。

高橋一生さんが出演する作品

「耳をすませば」聖司くんとしての出演は声変わり前!

1995年に公開されたジブリ映画「耳をすませば」に天沢聖司役で出演した際、当時中学3年生だった高橋さんは声変わり直前で、収録した1週間後には声変わりしてしまったそうです。

現在はかなり低音ボイスな高橋さんなので、少年期の声だと言われるまで気付かなかった方も多いのでは?

15歳で「ジブリ屈指のイケメンで夢はヴァイオリン職人」を演じ、その後「チャラくてめんどくさいヴィオラ奏者」を演じることになったのは、なんだか感慨深いですね。

「デトロイト・メタル・シティ」ではクラウザーさんの後輩役

2008年に映画化されたギャグ漫画「デトロイト・メタル・シティ」では、主人公・根岸崇一(ヨハネ・クラウザーII世)が大学時代に所属していた音楽サークルの後輩・佐治秀紀役を演じました。

下北沢のシティポップバンド「テトラポット・メロン・ティ」のボーカルで、内股でタンバリンを鳴らす、ナヨナヨしたカワイイ系男子を演じているため、シン・ゴジラやカルテットから高橋さんを知った方はそのギャップに驚いてしまうかもしれません。

実写版「3月のライオン」では林田先生役

3月に実写映画が公開される、羽海野チカさん原作の将棋漫画「3月のライオン」では、神木隆之介さん演じる主人公・桐山零の担任教師である林田高志を演じます。

なかなか見られないヒゲメガネ役ということで、高橋一生ファンの皆様は必見です!

前編は3月18日(土)に公開、続いて後編は4月22日(土)に公開されるため、原作を読みながら待ちましょう!

参考元

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

合わせて読みたい

「邦画」人気ニュースランキング