SHARE

contents kv

出典:amazon

2019/05/07
1,280 0

日本未公開!女子会のような痛快ラブコメ『ダメ男に復讐する方法』を観なきゃ損!

日本では未公開の映画『ダメ男に復讐する方法』は、男に騙された妻ひとり愛人2人の3人の女たちが手を組んで男に復讐をするという痛快ラブコメディである。利害が一致した3人が計画をたててダメ男を叩き潰す様に超スッキリ感!面白おかしくユーモアたっぷりの作品、ぜひ一度ご覧あれ!

目次

『ダメ男に復讐する方法』とは

『ダメ男に復讐する方法』とは、2014年にアメリカで公開されたラブコメディである。日本では公開されておらずビデオスルーのみとなっている。

ダメ男とは、ケイトの夫マークのことで、妻がありながら数多くの女性と浮名を流している。

ケイトが初めて知ったのはカーリーで、その次にアンバーの存在が明らかになった。

ケイトは夫の浮気を我慢したままこの生活を続けていくのか、それとも夫の財産すべてを巻き上げて縁を切るのか…。

ダメダメ男に騙された3人が復讐するラブコメ

何人もの女性と関係を持つダメ男に騙された3人が、復讐を計画して実行するドタバタラブコメディ。

カーリーはマークと真剣な付き合いをしていたが、親に会わせようとするとマークはいつも用事があるという。

その行動を不振に思ったカーリーは、マークの家を訪ねることに。するとそこにいたのはなんと、マークの妻ケイトだったのだ。

マークに妻が居ると知ったカーリーは、マークとの別れを決意する。しかしマークの浮気を知ったケイトが今度はカーリーの元を訪れ、カーリーを頼ってくるようになるのだ。

初めは快く思ってなかったカーリーだが、次第にケイトと打ちとけ、奇妙な友情が芽生えていくのである。

ダメ男に騙された3女子

カーリー・ホイットン役/キャメロン・ディアス

マークと真剣交際をしていたはずが、マークにとってはただの浮気だった!?

弁護士をしているだけあって、初めはお堅い印象のカーリーだが、ケイトと知り合ってから変化していく。

カーリー役を演じているのは引き締まったボディとセクシーな笑顔がトレードマークのキャメロン・ディアス。

1998年に『メリーに首ったけ』でゴールデングローブ賞主演女優賞を受賞し、世界的に名を知らしめた。

ケイト・キング役/レスリー・マン

夫マークの浮気の事実を知ってから、誰も相談する相手がいないと浮気相手のカーリーの元を訪れた。

妻であろうともマークに騙されたのは同じだとして、事もあろうかカーリーを相談相手として頼るようになる。

離婚を決心したものの、マークに迫られると断れずズルズルと結婚生活を続けてたり、やっぱり離婚を…と、なかなか踏み切ることができない。

どっちつかずの優柔不断なところがあるが行動力だけはバツグンである。

アンバー/ケイト・アプトン

カーリーの次に発覚したアンバーは、妻とはうまくいっておらず離婚するつもりだとマークにいわれて騙された愛人2号。

カーリーもケイトも瞬殺されるほどのメリハリ悩殺ボディの持ち主。

ふたりに事情を聞かされると、自分も騙されたひとりだと彼女たちの計画に賛同する。

アンバー役を演じているのは、グラマラスボディで人気のモデル、ケイト・アプトン。

雑誌の表紙を飾り注目され、現在は女優としても活動している。

まるで女子会を思わせる楽しさ!

3人の騙され女子が揃うと、まるで女子会のようになる。
弁護士、主婦、巨乳という全く違う3人の共通点は、ひとりの男に復讐という繋がりだけである。

しかし彼女らはそれさえも楽しんでいるようにも見えるのだ。復讐方法も、離婚を突きつける前に全財産を奪ってやろうというもの。

しかしその前に、カーリーはマークの飲み物に下剤を入れたり、ケイトはシャンプーに脱毛剤を注入。

他にもスムージーに女性ホルモンを混ぜて、マークの乳首がエライことになるなど、女子会なみのにぎやかな復讐方法が面白いのだ。

一体マークはどうなったかというのは、ぜひ視聴して確認してみて欲しい。

それぞれ個性のある女子たちで展開にメリハリがある

カーリー、ケイト、アンバーの3人の女性たちは、それぞれ個性があるのでキャスティングは最高だったのではないだろうか。

カーリーが、巨乳のアンバーを追いかける必死なシーンや、ケイトにもみくちゃにされるシーンなどの演技力は見事なものだ。

またケイトはウェディングドレス姿で、1本のワイン片手にスプレータイプのホイップクリームを食べるという強烈なキャラ。

結婚式のビデオを観て大泣き。カーリーが心配してやってきたが、マークが帰ってくると慌ててカーリーを窓から落としたりと破天荒さも面白い。

一方アンバーは、22歳という年齢の割には落ち着いているように見える。

豊満ボディのモデルだけあって、水着姿はナイスショットなのだ。

復讐のシーンは男性には恐怖かもしれないが、それ以外では男性も楽しんで頂ける作品ではないだろうか。

日本未公開なのでDVDなどの視聴になるが、モヤモヤ女子は観るとスッキリするかも!

参考元

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

合わせて読みたい

「洋画」人気ニュースランキング