SHARE

contents kv

出典:amazon

2019/03/22
472 0

『SHIROBAKO』アニメの登場人物を徹底解説!

アニメ『SHIROBAKO』は、現在第1期がすでに放送され、今後劇場版の制作が発表されている、人気作品です。アニメの制作現場を描いた本作は、そのストーリー描写がリアルと話題になり、人気を集めました。そんな『SHIROBAKO』が高評価を得ている大きな要素のひとつである、登場人物たちを徹底解説していきます!

目次

「SHIROBAKO(白箱)」とは、業界用語で、完成したアニメ作品のデータが記録されたディスクのこと。

本作は、アニメーション制作の現場を舞台に、夢に向かって努力している女の子たちの奮闘を描いたアニメとなっており、そのリアルな描写が実際のアニメ制作の現場に携わっている人をも唸らせ、高い人気を誇っています。

そして、そのストーリーをより魅力的に見せているのが、生き生きと描かれている登場人物たちの姿です。

アニメ作品は、さまざまな工程を経て制作されているだけに、本作にはそれぞれの役割を担っているキャラクターたちがたくさん登場します。

ここからは、そんな『SHIROBAKO』で活躍する登場人物たちをご紹介していきます。

『SHIROBAKO』のキャラクター<約束を交わした5人>

本作の主人公である宮森あおいを含む、上山高校アニメーション同好会のメンバーたち。

将来、みんなで一緒にアニメ制作に携わることを約束し、その夢に向かって切磋琢磨しあいながら、成長していきます。

まずは、そんな『SHIROBAKO』の中心人物5人をご紹介します。

宮森あおい(木村珠莉)

宮森あおい(みやもりあおい)は本作品の主人公です。

短大を出たあと武蔵野アニメーションに就職しており、物語が始まった時点では入社一年目の新人です。

役職は「制作進行」であり、クセの強いスタッフたちに対してもめげずに向き合っていくその姿勢は、新人でありながら先輩からも「この仕事に向いている」と言われるほど評価されています。

迷いを抱え立ち止まりそうになることもありますが、それでもまっすぐに邁進していく裏表のない純粋さ、一生懸命さが彼女の持ち味。

「あおいのようなまとめ役がいる職場で働きたい」という感想を持つ視聴者も多く、彼女の頑張る姿がこの作品の魅力をよりいっそう引き立てています。

安原 絵麻(佳村はるか)

安原絵麻(やすはらえま)の役職は「アニメーター」です。

高校を出た後に就職しており、あおいよりも2年早く武蔵野アニメーションに所属しています。

真面目な性格が仕事ぶりにも発揮されていますが、物事を深く考えるがゆえに思い悩むことも多く、スランプに陥ってしまうこともあります。

しかし、先輩から「同僚を頼る」ことを教えられたことで立ちなおり、技術・人間性の両面で後輩や同僚を助け、先輩からも支持される存在へと成長していく様が描かれています。

坂木 しずか(千菅春香)

出典:amazon

坂木しずか(さかきしずか)の役職は「声優」です。

養成所を出てプロダクションに所属しますが、なかなかオーディションで役を勝ち取れず、居酒屋でバイトをしながら生活しています。

5人の中では自分の意見をハッキリいうタイプで行動力もありますが、皆と同じ作品に関わることになるのは一番遅く、思い悩む姿が色濃く描かれるキャラクターです。

その分、終盤で遂に声優としての参加を果たしたことは、他の4人の士気を大きく上げることになります。

特に、彼女の境遇と重なる台詞を収録する現場であおいが涙を流す場面は、本作品でも屈指の感動を呼ぶシーンとなっています。

藤堂 美沙(髙野麻美)

藤堂美沙(とうどうみさ)の役職は「3Dクリエイター」で、あおいたちのひとつ後輩にあたります。

3DCGの専門学校を卒業して、労働条件の良いCG制作会社に就職します。

しかし、ストーリーのある作品に関わりたいという自身の夢に対して、自動車のCG制作ばかりという仕事内容のギャップに思い悩み、退職を決意した後にあおいの紹介を受けて移籍を果たします。

アニメでは描かれていませんが、高校時代には当初アニメーターを志していたものの、絵麻との実力差を目の当たりにしてしまいます。

その後、自身の活路として3DCGの分野を見出したという過去があり、劇中での遍歴も含めて5人の中でも特にリアリティの強いキャラクターと言えますね。

今井 みどり(大和田仁美)

出典:amazon

今井みどり(いまいみどり)の役職は「脚本家」ですが、あおいたちのふたつ後輩で、現役で大学に通っていることもあって5人の中で唯一就職前の学生であり、脚本家“志望”に留まっています。

語尾に「~っす」をつける砕けた喋り方と、いちばんの年下でありながら、5人で集まる際にはいつも最後にやってくるというマイペースさが印象的なみどり。

しかしそんな彼女も、それぞれの夢の舞台へと踏み出していく先輩たちの背中に焦りを感じずにはいられなくなるほど、自分の夢と皆との約束に対する真摯さは負けていません。

設定制作として武蔵野アニメーションでアルバイトをすることになった際には、シナリオライターの「舞茸 しめじ」を師事し脚本家としての修行に励んでいる様子が描かれています。

今後の進展を想像するのが楽しいキャラクターですね。

『SHIROBAKO』のキャラクター<ムサニのメンバー>

主人公・宮森あおいたちを取り巻く、ムサニのメンバーをご紹介します。

彼らの存在によって、あおいは悩みながらも学び、仕事の辛さや楽しさ、達成感などを味わって成長していきます。

渡辺 隼(松風雅也)

渡辺隼(わたんべじゅん)は、麻雀好きで雀荘に足繁く通っていることから仕事場にはあまり顔を見せませんが、制作進行やデスクの経験を経て、現在はプロデューサーとなっている人物です。

彼の実力を知る人からは、その能力を高く評価されており、実際に引く手あまたの人気漫画である「第三飛行少女隊」の映像化権を勝ち取ってくるといった活躍を見せてくれます。

本田 豊(西地修哉)

本田豊(ほんだゆたか)は1期での作品制作において、現場をまとめる「制作デスク」。制作進行のまとめ役を担います。

ピンチの際に飛び出す「万策尽きたー!!」という台詞が印象的な、心配性ながら温厚な人物です。

実はケーキ屋さんになる夢を持っており、作品の完成を待って転職してしまいます。

しかし、現場を去った後の2期においても、差し入れを持ってきた際には今まで苦労をともにしてきた木下監督へピンチを打開する助言をしており、本作品において忘れることの出来ないキャラクターになっています。

矢野 エリカ(山岡ゆり)

矢野エリカ(やのえりか)はあおいの先輩製作進行で、的確な助言やフォローなどをしてくれる、あおいにとって頼りになる存在です。

サボリ魔スタッフの行動を予測してしっかりと働かせるなど、制作進行としての見事な手腕も描かれています。

しかし、入院していた父親の病状が悪化してしまったことで、看病のために途中で休職することに。

そんな彼女がピンチに陥った現場に復帰して状況を立て直していく場面は、とても爽快感のあるオススメのシーンのひとつになっています。

落合 達也(松岡禎丞)

落合達也(おちあいたつや)は、先輩の制作進行です

賑やかな現場では比較的物静かですが、仕事の腕は信頼されており、またその胸のうちには「自分が見たいものを作りたい」という野心を秘めています。

物語の途中で大手のアニメ制作会社に努める大学時代の先輩からの強い勧誘を受け、制作デスクとしてそちらに移籍することに。

ムサニを去る際には、自身に代わって最終話の担当を引き継ぐことになったあおいに対し、その経験を経て得られるものと、必要な覚悟を語りました。

高梨 太郎(吉野裕行)

高梨太郎(たかなしたろう)は、あおいより1カ月だけ早く入社した制作進行です。

責任感が薄い上に無神経な発言が多く、それゆえ物語序盤では小さなトラブルの種を大きなものにしてしまうトラブルメーカーになってしまっています。

職場での評価も相応に低いのですが、それをものともしない頑丈なメンタルを持っています。

それが良い方に働いた後期では、刺々しい態度を見せる平岡 大輔に対しても構わず接していくことで、彼をチームの輪に引き込む一助となります。

平岡 大輔(小林裕介)

平岡大輔(ひらおかだいすけ)は、後期より中途採用でムサニに入社する制作進行

投げやりな仕事ぶりが目立ちますが、それは過去の仕事で酷い扱いを受けてからであり、学生時代の同期である矢野 エリカに「かつては真面目で情熱を持っていた」と語られています。

その態度から、ムサニ内でもトラブルの原因となりますが、そんな彼にも向き合うことを止めなかったあおいや丸川社長、そして太郎の存在によって徐々に態度を丸くしていきます。

そして、これまでの経験と顔の広さを活かした仕事ぶりで、周囲の助けとなる存在となっていきます。

丸川 正人( 高木渉、回想時:小林裕介)

丸川正人(まるかわまさと)は武蔵野アニメーションの社長で、あらゆる問題にも動じない温厚な人物です。

現在は制作現場には関わっていませんが、手作り料理を差し入れたり問題を起こしたスタッフを優しく諭すなど、間接的に社員たちを後押ししてくれます。

かつてはムサニの前身となった会社で設定制作を担っており、あおいがアニメ業界を志すきっかけになった「アンデスチャッキー」も手がけていた経歴があります。

興津 由佳(中原麻衣)

興津由佳(おきつゆか)は、唯一の総務担当として淡々と仕事をこなす人物です。
その美貌も相まって近づきがたい雰囲気があるように見えますが、現場がピンチの際には「残業はしない」という自身の主義を覆してまで助け舟を出してくれる人情を持っています。

過去には制作進行を担当しており、それを知る人の中では復帰を望む声もあるようです。

小笠原 綸子(茅野愛衣)

小笠原綸子(おがさわらりんこ)は、武蔵野アニメーションを代表する実力を持ったアニメーターです。

常にまとっているゴスロリ衣装は、周囲に振り回され悩んだ過去の経験から見出した、自分を守る「武装」だと語っています。

他のアニメーターのことを気にかけており、周囲からスキルを学ぼうとする絵麻を後押ししたり、リテイクに悩む井口をフォローしたりと、人間的な面でも現場を助けてくれます。

ムサニを支える柱のひとりと言える存在です。

井口 祐未(沼倉愛美)

井口祐未(いぐちゆみ)は綸子に次ぐ実力を持つ、武蔵野アニメーションの看板アニメーターのひとり。

マイペースで飄々とした印象の人物です。

彼女もまた新人時代には綸子に助けられ多くを学んでおり、その経験から仕事に行き詰まった絵麻を散歩へと誘い出して立ち直らせるなど、先輩から貰ったものを後輩へと受け継いでいく様子が描かれています。

杉江 茂(小柳基、回想時:高橋伸也)

杉江茂(すぎえしげる)は社長の「丸川 正人」が現役だった頃にも同じ現場で働いていた、武蔵野アニメーション最古参のベテランアニメーターです。

子ども向けの社外作品をひとりで黙々とこなしており、今時の作品には向かないとされ、当初はあおいたちが携わる作品には関わっていませんでした。

しかし、その実力を社外の有名アニメーターから聞いたあおいの提案により、挽回不能と思われたムサニの窮地に戦力として急遽投入されることに。

結果、その高い能力と豊富な知識は社内に知れ渡ることとなり、ピンチを打開した後はスタッフたちの要望から社内ワークショップを開くようにもなりました。

前期最大の山場における彼の参戦とそこからの一致団結の様子は、作品内でも有数の名場面と言えるでしょう。是非注目してみてください。

久乃木 愛(井澤詩織)

久乃木愛(くのぎあい)は、後期から絵麻と同じ原画マンに昇格してくる若手のアニメーターです。

コミュニケーションが苦手で人見知り。

緊張のあまり、毎回言いたいことの最初の1~2文字で言葉が詰まってしまいますが、その意図を汲み取って他者との仲介をしてくれる絵麻に信頼を寄せています。

下柳 雄一郎(間島淳司)

下柳雄一郎(しもやなぎゆういちろう)は3D監督を務めています

本来は温厚な人物ではありますが、爆発の演出を3Dと作画のどちらで制作するのかについて、高梨太郎が誤解を生む言い回しで橋渡しをしたために大きな齟齬が生じ、作画担当の遠藤亮介と間接的にぶつかることになってしまいました。

しかし、両者がともに好きな作品の展覧会にて遠藤と鉢合わせた際に意気投合と和解を果たし、以降は仕事と趣味の両面で交流している様子が見られます。

『SHIROBAKO』のキャラクター&声優<ムサニの作品に関わる人物>

ここからは、ムサニと関わりの深い、外部の制作者であるキャラクターたちをご紹介します。

ムサニのメンバー同様、あおいたちに多大な影響を与えた人たちばかり。

個性が強いメンバーが多いのも特徴です!

木下 誠一(檜山修之)

木下誠一(きのしたせいいち)は社外スタッフではありますが、作中作の監督を務める現場の中心人物です。

優柔不断なところがあり、仕事の進みにも安定しない面がありますが、アニメへのこだわりをは監督という仕事を負うに値するものがあり、エンジンがかかると作業の遅れを挽回する仕事ぶりを見せてくれます。

頼りないところはあるものの、その重責に見合う心構えと信念を持っており、外部との軋轢が問題になった際には、原作者との直接相談に乗り出す行動力も発揮します。

山田 昌志(浜田賢二)

山田昌志(やまだまさし)は、フリーランスの演出家です。

邦画好きであり、彼の作風にもそのエッセンスがよく含まれているとスタッフに語られています。

自身のデビュー作となった、木下監督の過去作品にて損な役回りになってしまった苦い思い出があり、現在でも根に持っているようです。

それでも、現在に至るまで仕事をともにしていることから、彼を認めている部分もあることが見受けられますね。

円 宏則(斎藤寛仁)

円宏則(まどかひろのり)は、フリーランスの演出家です。

ネットでの評判をまめにチェックして楽しむタイプですが、トラウマを持つ木下監督には毎回その情報を読み上げるのを止めるように言われています。

基本的には気のいい人物ではありますが、いい加減な仕事ぶりと挑発的な態度を見せた平岡大輔と大喧嘩を起こす一幕もありました。

遠藤 亮介(松本忍)

遠藤亮介(えんどうりょうすけ)はフリーランスのアニメーターで、社外スタッフながらも、劇中ではほぼムサニに常駐している人物です。

爆発などのエフェクト作画を得意としており、「感覚最優先の暴走列車」と評されるほど感受性を活かした制作を良しとする考えを持っています。

そのこだわりから3D作画に対して快く思っていませんでしたが、3D担当者との和解をきっかけに理解を示し、自身からも歩み寄る姿勢を見せるに至りました。

瀬川 美里(山川琴美)

瀬川美里(せがわみさと)はフリーランスの在宅アニメーターです。

仕事には厳格な態度を持っており、望ましくない仕事をする人物には遠慮なく指摘の言葉を向ける、しっかりとした女性です。

実力もあり、ピンチの際にはその厳しい人柄を承知の上でも頼られることになりますが、あまりの作業量により倒れているところをあおいに発見される場面は、業界の大変さを思わせる印象的なシーンになっています。

葛城 剛太郎(こぶしのぶゆき)

葛城剛太郎(かつらぎこうたろう)はメーカープロデューサーです。

立場上、制作に問題が発生するたびに納品の心配をさせられることになる可哀想な人物です。

しかし、作品が完成した際にはその出来に涙を流して喜び、納品を間に合わせるためにスタッフたちとともに放送局へと走るなど、スタッフたちが作りあげた作品に対する想い入れを感じさせてくれます。

稲浪 良和(岩田光央)

稲浪良和(いわなみよしかず)は音響監督です。

無愛想で少し怖い印象を受けますが、不慣れな新人声優に話しかけて自然な演技を引き出したり、スポンサーたちが声優のキャスティングに政治的な意図を持ち込もうとした際には作品に対する悪影響を説くなど、音響監督として確かな能力と経験を持っています。

打ち上げの席では酔って陽気になっている様子が見られ、案外その素顔は普段の近づきがたい印象とは異なるものなのかもしれませんね。

舞茸 しめじ(興津和幸)

舞茸しめじ(まいたけしめじ)は社外スタッフのシナリオライターです。

木下監督が行き詰まった際に相談相手として本田に呼び出されるなど、窮地の際に頼られるほどの信用を向けられています。

脚本家志望の今井 みどりには師匠と呼ばれており、師弟関係については否定しているものの、課題を出したり自身の仕事を一部任せるなど、彼なりにみどりを評価しその成長を見守ってくれているようです。

『SHIROBAKO』キャラクターの実在するモデルは?

『SHIROBAKO』の登場人物には実在する人物がモデルとなっているキャラクターが多数存在する、という噂が囁かれています。

それではモデルのいるキャラクターとその元ネタの人物について、一挙紹介していきましょう。

【風貌が似せられたキャラクターとそのモデル一覧(敬称略)】

キャラクター:木下誠一 モデル:水島精二

キャラクター:丸川正人 モデル:丸山正雄

キャラクター:稲浪良和 モデル:岩浪美和

キャラクター:菅野光明 モデル:庵野秀明

キャラクター:北野三郎 モデル:板野一郎

キャラクター:大倉正弘 モデル:小倉宏昌

キャラクター:伊波政彦 モデル:南雅彦

キャラクター:中春鳴 モデル:中原麻衣

キャラクター:伊藤鈴鹿 モデル:伊藤静

キャラクター:茅菜夢衣 モデル:茅野愛衣

キャラクター:葛城剛太郎 モデル:轟豊太

キャラクター:竹倉圭司 モデル:松倉友二

キャラクター:浜崎五郎 モデル:浜口史郎

キャラクター:半藤達也 モデル:浜村弘一

キャラクター:野亀武蔵 モデル:野上武志

キャラクター:池谷ひろし モデル:池端隆史

キャラクター:舞茸しめじ モデル:吉野弘幸(名前のモデル:奈須きのこ)

キャラクター:山田昌志 モデル:吉原正行

キャラクター:新川奈緒 モデル:中野尚美

キャラクター:杉江茂 モデル:森康二

【人物像が似せられたキャラクターとそのモデル一覧(敬称略)】

キャラクター:高梨 太郎 モデル:昔の水島努

キャラクター:矢野 エリカ モデル:水島努の知り合い(元アニメ制作スタッフ)

※両方とも水島努監督のTwitter発言より

『SHIROBAKO』登場人物まとめ

アニメ『SHIROBAKO』の登場人物たちをご紹介してきました。

この登場人物と役職の数々を見るだけで、アニメーション制作にはたくさんの人たちが携わっているのだとびっくりしてしまいますね。

そして、これだけ多くの人と関わりながらひとつのアニメを作る過程が描かれているお仕事アニメ『SHIROBAKO』は、主人公たちに感情移入しながら、一緒に泣いたり笑ったり、達成感を味わったりできる作品です。

アニメ1期の放送はすでに終了していますが、これから劇場版の公開が控えていますので、今のうちに内容をチェックしてみてはいかがでしょうか?

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

合わせて読みたい

このニュースに関連する作品と動画配信サービス

SHIROBAKO

動画が配信されているサービス一覧

定額見放題

1,990 円/月

U-NEXT詳細

レンタル

562 円/月

ビデオパス詳細

定額見放題

888 円/月

FODプレミアム詳細

レンタル

500 円~/月

ビデオマーケット詳細

定額見放題

400 円/月

dアニメストア詳細

「アニメ」人気ニュースランキング