SHARE

contents kv

出典:amazon

2019/03/06
7,941 3

『からかい上手の高木さん』最終回までのあらすじをネタバレ含め徹底解剖!

からかい上手の高木さん 第一期が今すぐ観れる

\おすすめの動画配信サービス/

※配信状況により無料ではない可能性がございます。

「からかい系ラブコメディ」という新ジャンルを開拓し、大人気を博した『からかい上手の高木さん』。原作は連載中ですが、アニメ版は最終回を迎えました。アニメ版で放送されたあらすじについて、徹底解剖していきます!

目次

原作の人気ぶりからアニメ化し、大成功を収めたアニメ『からかい上手の高木さん』。

高木さんと西方くんの掛け合いで思わずにやにやとしてしまう、日常の中に散りばめられた高木さんの可愛さと西片くんの純情さが作り出す空気感が特徴です。

アニメ2期の放送も期待される『からかい上手の高木さん』のあらすじを、改めて振り返っていきます。

『からかい上手の高木さん』とは?

出典:amazon

『からかい上手の高木さん』とは、山本崇一朗氏原作の、「ゲッサン」で連載しているラブコメディ漫画です。

純情な西片くんとからかい上手の高木さんの2人を中心に展開されるキュンとしたり、にやにやする話が人気を集めています。

2018年1月から1クールでアニメ化され、2期を待つ声も多い作品です。

ヒロインの高木さん

高木さんは、本作のメインヒロインです。下の名前は明らかになっていません。

真ん中分けでおでこを見せるロングヘアーが特徴的な美少女で、いつも隣の席の西片くんをからかっています。

頭も良く、運動も得意な西片くんをからかうこと以外は模範的な優等生です。

主人公の西片くん

西片くんは、本作の主人公です。 下の名前は明らかになっていません。

前髪が特に短めのショートヘアの、特徴が少ない男の子です。 隣の席の高木さんにいつもからかわれており、いつも仕返しを試みて返り討ちにあう、というのがパターンになっています。

仕返しは考えているものの、本当に嫌がっている描写はなく、からかわれるの楽しみにしている節もところどころで見られています。

『からかい上手の高木さん』のあらすじを全12話徹底解説!

では、ここから『からかい上手の高木さん』のあらすじについて全12話を一挙公開していきたいと思います!

ネタバレも含みますのでご注意を…。

第1話「消しゴム 日直 変顔 100円」

出典:amazon

『消しゴム』
消しゴムを忘れたから貸してほしいという高木さん。貸した後に「消しゴムに好きな人の名前を書いて使い切ると両想いになれる」という噂を西片くんに教えます。 貸した消しゴムの中身を見られた後、高木さんがトイレへ行っている間に高木さんの消しゴムを見ることにした西片くん。そこには「ろうかみろ」と書いてあり、その先には廊下から西片くんを見ている高木さんの姿がいたのでした。

『日直』
西片くんが日直の日、朝早く投稿すると窓から高木さんの姿が。自分をおどかそうとしていると考えた西片くんは、教室に着いた後仕事そっちのけで高木さんを探しはじめます。フェイクにも引っかかり、結局驚かされてしまった西片くん。 そのまま2人きりの時間が流れ、「世界中に2人だけみたいだね」と言われどきどきしてしまう西片くんなのでした。

『変顔』
何か高木さんへ仕返しできないかと考えていた西片くんは、自分の変顔が面白いことに気づきます。 さっそく授業中に披露するのですが笑わせることができず、逆に変顔指導を受けることに。その結果先生にも怒られてしまい「とりあえずこの授業中は高木さんに関わらないようにしよう」とそっぽを向くことにします。 しかしどうしても高木さんが気になってしまいそちらを見ると、高木さんは西片くんを見つめ続けていました。「やっとこっち向いた」とかわいい笑顔で言われた西片くんは照れてしまいます。最後に高木さんが変顔をして大声で笑った西片くんは、再び先生に怒られるのでした。

『100円』
『あしたは土曜日』の3人組が主役です。 ある日の下校中、3人で帰っているとミナが100円が落ちているのを発見。足で踏み隠し他の2人に「すぐ行くから先に言ってて」と言います。 露骨にあやしいその態度に2人はミナの足を上げさせます。結果2人にバレてしまった上に、100円と思ったものはゲームコインでした。

第2話「習字 衣替え 英訳 プール」

出典:amazon

『習字』
習字の時間、お互い相手に求めているものを書こうということになった西片くんと高木さん。やりとりのうちに西片くんは「優しさ」と書こうとします。すると急に優しくなる高木さん。優しさを見せつつも、しっかりいたずら心を忘れずにほっぺに墨をつけています。最後に2人が書いたものは「油断大敵」。この言葉を仲良く提出することにしたのでした。

『衣替え』
『あしたは土曜日』の3人がメインです。 衣替えの季節、3人で同じ日に夏服に切り替えようと話していた3人ですが、ある日サナエが1人で夏服で登校してきます。 約束を忘れて謝るサナエ。そして翌日、ミナとユカリは夏服に、サナエは冬服に戻して登校するという、コントのようなオチを披露しました。

『英訳』
授業中、いつものように高木さんへの仕返しをどうするか考えていた西片くん。先生に当てられてしまい、答えられず怒られてしまいます。 そこで高木さんを自分との会話に集中させ、当たったときに答えを言えず恥をかかせてしまおうと考えました。 順調に会話が弾む2人。そしてついに高木さんに当たります。わくわくした西片くんですが高木さんはあっさりと正解。慌てる西片くんは再び当てられ、自分は答えられずじまい。ひとりだけ先生に怒られるのでした。

『プール』
手をケガしてしまい、プールの授業を見学することになった西片くん。隣へやってきて座る高木さん。なぜか彼女も見学のようです。 「見学の理由当ててみてよ」という高木さんに対し、最近習った保健の授業の知識から「生理」という単語が思い浮かびどぎまぎする西片くん。最終的に顔を赤くしながら「生理」と答えると大笑いする高木さん。そのまま体操服を脱いで水着となり、プールへ飛び込んでいくのでした。

第3話「コーヒー 空き缶 炭酸 筋トレ アフレコ 傘」

出典:amazon

『コーヒー』
『あしたは土曜日』の3人がメインです。 「大人になったから」というミナはミルクと砂糖入りの缶コーヒーを無理して飲んでいます。あまりにも辛そうにしているのを見かねたサナエは、ブラックコーヒーも飲めるから自分が今飲んでるジュースと交換してあげると提案してくれます。しかしコーヒーを手放すと自分がまだ子どもであると認めなければならないと思い込むミナ。結局サナエと交換。「まあコーヒーが飲めない大人もいるよね」とのんびり話すのでした。

『空き缶』
帰り道で偶然会い、2人で帰ることになった西片くんと高木さん。手に持っていたジュースの空き缶を投げるとゴミ箱へ一発で入ります。それを見た高木さんはお互いに缶を投げ合ってどれだけ入るかの勝負を提案。先ほど成功したことで自信を持った西片くんは「負けたらなんでも言うことを聞く」と快諾。高木さんが成功し、続いて投げる西片くん。その瞬間「西片が勝ったら私のファーストキスを上げるよ」と爆弾発言。それにどきっとした西片くんは失敗。なんでも言うことを聞くことになってしまいます。しかし高木さんは「なにもしない」とのこと。安心が半分、なんだかもやもやした西片くんでした。

『炭酸』
『コーヒー』に引き続き、今度は炭酸を飲むミナ。炭酸の刺激が辛く、またもやギブアップ。騒がしいというユカリに「じゃあ飲んでみてよ」と炭酸を差し出します。平気そうに飲んだユカリですが、炭酸によりげっぷが出そうになります。我慢が限界に近づいてきたとき、再び炭酸を飲んだミナが辛いと騒ぎだします。それに便乗し無事にゲップを出せたユカリ。ほっとしますが、実はサナエにその一部始終を見られていたのでした。

『筋トレ』
一日中からかわれて帰宅した西片くん。たまたま見たテレビでアスリートが「自分への罰として、失敗したら普段の10倍練習する」とインタビューに答えていました。それを見た西片くんはからかわれた数の3倍腕立てをはじめることに。 翌日さっそくの筋肉痛に悩まされ、筋肉痛になったことをからかわれてしまいます。その日の腕立て伏せは前日よりさらに多いものになり、筋肉痛はさらに悪化。しかし翌日、「なんだかちょっとかっこよくなった」と高木さんにほめられ、つらくても腕立て伏せは頑張ろうと決意する西片くんでした。

『アフレコ』
『あしたは土曜日』の3人がメインです。 偶然空地で見つけた2匹の野良猫。ミナとサナエは悪ノリして、猫に合わせて寸劇のアフレコを始めます。その設定はどんどんカオスなものへとなっていき、それを見ていたユカリは呆れ果てるのでした。

『傘』
雨の日の下校時間。なかなか帰ろうとしない高木さんに声をかけると、傘を忘れてしまったとのこと。西片くんの傘が大きめなのを知っていた高木さんは、傘に入れてもらえるよう頼み、2人で1つの傘で帰ることになります。 帰り道、高木さん側に傘を預けて肩が濡れてしまった西片くん。それを見て腕と腕が触れ合うほどに密着する高木さん。 ドキドキしてしまい、それを隠すように高木さんが傘を忘れたことをからかいますが、素直に忘れっぽいことを認める高木さん。忘れっぽいことをいいことに、答えるのが恥ずかしい質問をしていきます。 最終的には家への帰り道も忘れてしまったと言う高木さん。やはり西片くんは高木さんに勝てないことが分かったエピソードでした。

第4話「掃除当番 逆上がり 風邪 尾行」

出典:amazon

『掃除当番』
授業中に騒がしい罰として、理科室の掃除をすることになった西片くん。理科室の掃除用具ロッカーを開けるとなんと高木さんが。驚く西片くんに「はやくかたしちゃおうよ」と2人で掃除することに。じゃんけんで負けた方が教室を4分の1ずつ掃除をしていくという方法で進めていると、中井くんと真野ちゃんがやって来ます。2人が去った後にあの2人は付き合っていることを高木さんから聞きます。「どんな感じなんだろうね。青春」という言葉に答えられないまま掃除は終了。結局高木さんが理科室にいた理由は分からずそのことを聞くと、「私も青春したくなってね」と意味深な言葉を残すのでした。

『逆上がり』
学校帰りに鉄棒の逆上がりで勝負することにした2人。しかし高木さんはスカートということで、逆上がり中は向こうを向くこと、こっちを向いたら西片くんの負けという追加ルールもできます。1度目はお互い成功し2度目。西片くんは高木さんが実は逆上がりをしていないのでは、と思い、悩みながらも振り返ることにします。すると高木さんはしっかりと逆上がりをしており、スカートの中にはハーフパンツを履いていました。振り返ってしまったことで西片くんの負け。高木さんには「えっち」とからかわれてしまうのでした。

『風邪』
クーラーを効かせた部屋で、夜更かしをして大好きな少女アニメを見てしまった西片くんは風邪をひいてしまいます。翌日遅刻し、マスクをして学校へ行くと高木さんは心配そうに様子を聞いてきます。西片くんはそのアニメからヒントをもらい、高木さんに「きみ、かわいいね」と言って高木さんを照れさせようと考えていました。しかし高木さんは一向にからかってきません。そうしているうちに、自分が言うセリフも恥ずかしいのではと思えてきます。高木さんの何気ない仕草に赤くなってしまった西片くん。その様子を高木さんに「やっぱり熱があるんじゃない?」と心配されてしまいます。しかし熱はないこと、心配ないことを伝えると高木さんは笑顔に。いつもよりたくさんからかわれてしまうことになりました。

『尾行』
『あしたは土曜日』の3人との直接的なセルフクロス回です。 駄菓子屋にアイスを買いに来たミナ、ユカリ、サナエの3人。そこには偶然高木さんと西片くんがいました。軽く話をして別れた後、2人を尾行することに。途中まではついていけてたのですが、尾行に気づいた高木さんによって巻かれてしまいます。電柱の陰に密着して隠れた2人。そのことに西片くんはドキドキが止まりません。諦めて帰った3人を見届けた後、突然に神社まで競争をしようとする高木さん。慌てて高木さんの後を追いかける西片くんでした。

第5話「テスト勉強 テスト テスト返却 本屋 雨宿り」

出典:amazon

『テスト勉強』
図書館で真面目にテスト勉強をしていた西片くん。そこに高木さんがやってきます。次のテストで50位以内に入らないといけないという西片くんに、高木さんが勉強を教えてくれます。成績がいい高木さんのおかげで、数学のテスト勉強が大きく捗った西片くん。帰りにジュースを奢ろうとしますが、「いやーいいよ。今日教えたところ、テスト範囲外だし」と笑顔で言われてしまうのでした。

『テスト』
『あしたは土曜日』の3人がメインです。 今回のテストが全部90点以上だったら、好きなゲームを買ってもらえることになっているユカリ。次のテストの準備のために教えを請いにきたミナにも断ります。しっかりと休み時間も確認に当ててテストへ向けて万全の体制を作るユカリ。次のテスト科目を勘違いしていたことに気づくのは、問題用紙が配られた時なのでした。

『テスト返却』
テストが返却され、お互いの点数を当てっこすることにした西片くんと高木さん。西片くんの59点に対して、高木さんが出した答えは56点。3点の誤差でした。そして高木さんの反応を見ながら点数を探る西片くん。「92点」という言葉にあからさまな反応を見せる高木さんですが、逆にそれは怪しいと判断し、97点と判断。しかし結果は92点。5点の誤差ということで西片くんの負けとなりました。わざと3点外したことも明らかになり、余計に恥ずかしくなる西片くんなのでした。

『本屋』
大好きな少女漫画の最新刊を買うために離れた本屋へ、変装してやってきた西片くん。無事に買うことができましたが、店を出て散歩中の高木さんと遭遇してしまいます。何を買ったのか聞かれ、人気のサッカー漫画と嘘をつく西片くん。結局嘘をついたことがバレ、少し一緒に歩くことに。少女漫画を買ったことを誰にも言わないでほしいと懇願する西片くんに、「じゃあ私の秘密も教えるから、お互いに秘密にしよう」と提案されます。耳打ちされた秘密は、「私、西片のこと好きだよ」。 赤面し固まる西片くんに、「西片が嘘ついたから、私もお返しに嘘だよ」と言われます。別れ際大声で「今度その少女漫画貸してよー!」と叫ぶ高木さんに、声が大きいと必死にたしなめる西片くんでした。

『雨宿り』
帰り道に雨が降ってきて、神社の軒下で雨宿りをすることにした2人。5時までに雨が止むかを賭けることにします。雨宿りを続けていると雨で濡れ制服が透けてしまっている高木さんが、自分の体操服は雨で濡れてしまったとのことで、西片くんの体操服を貸すことに。自分が今日着ていた服を高木さんが着ていることに気恥ずかしさを感じていると、やってきた野良猫により西片くんもずぶ濡れに。濡れてはいるものの、今よりはましだということで高木さんの体操服を着ることになります。いけないことをしているような気分になってきたところで雨が止みます。雨が止まない方に賭けていた西片くんの負けで、このまま寄り道していこうという高木さんに従うことになってしまうのでした。

第6話「2人乗り 夏休み初日 肝試し 自由研究 水道」

出典:amazon

『2人乗り』
夏休み前日、楽しみにしている西片くんと浮かない顔の高木さん。目の前を中井くんと真野ちゃんが自転車の2人乗りで通り過ぎていきます。それを見た高木さんが「私たちも2人乗りしようよ」と提案。なかなか上手く漕ぎ出せないでいると、「前に乗せてもらった人はすいすい漕いでたよ」と発言。その言葉にムキになった西片くんは見事漕ぎ出すことに成功。しかしすぐに転んでしまいます。その後「明日からここで2人乗りの練習しようよ」と提案する高木さん。「だって明日から夏休みだもん」と言う高木さんの表情は最初とはうってかわってきらきらとしているのでした。

『夏休み初日』
『あしたは土曜日』の3人がメインです。 夏休み初日から雨で遊ぶ予定がつぶれた3人はユカリの家に集まっていました。宿題しようとするユカリですが、持ってきてすらいない2人。宿題をするユカリを尻目にだらだらする2人。「読書感想文って漫画でもいいのかな?」などくだらない会話をする2人に「お前らもう帰れよ」とあきれつつツッコミをするユカリでした。

『肝試し』
前日の雨の影響で地面がぬかるんでおり、2人乗りの練習ができない2人。高木さんは昼から遊ぶ予定があるため、それまで時間をつぶすのに付き合うことに。 古いトンネルを探検することにした2人ですが、高木さんがトンネルにまつわる怖い話をし、西片くんはビビってしまいます。高木さんのおどかしもありからかわれてしまう西片くん。別れて家につき腕立て伏せをしながら、夏休みなのに腕立ての回数が減らないことに気づくのでした。

『自由研究』
『あしたは土曜日』の3人がメインです。 自由研究のテーマが決まっておらず、どうするかを相談します。犬の観察日記をしようという話になりますが、そんなの意味がないとバッサリ。さらに宿題が全く進んでいない2人に見せないとあらかじめ念を押しておきます。しかし2人は委員長なんだから結局見せてくれると言い続けます。その様子を見たユカリは、「この2人の観察日記を自由研究にしてしまおうか」と考えてしまうのでした。

『水道』
悪いことが重なり、今日は最悪の一日だと考えながらおつかいへ行く西片くんは、偶然家族旅行帰りの高木さんを見つけます。ひっそりと尾行するもののあっさりとバレてしまい、逆に驚かされるはめに。その後、ふと転びそうな高木さんを助けようとした西片くんが転んでしまい、膝をすりむいてしまいます。 消毒のため、公園の水道で膝を洗っていると、高木さんは裸足になり水に足を付けます。ご機嫌な高木さんは助けようとしてくれた西片くんにお礼を言い、「私はいい日だったよ。だれかさんに合えたからね」と嬉しそうに言うのでした。

第7話「買い物 水着 海 部屋」

出典:amazon

『買い物』
ショッピングモールに大好きな少女漫画を買いに来た西片くん。そこで水着を買いに来た高木さんと出会います。何を買ったかを当てる勝負をすることになり、負けたら高木さんの水着選びに付き合うことに。何とかかわそうとしましたが、結果は西片くんの負け。水着選びを手伝うことになるのでした。

『水着』
水着売り場へ来た2人。水着を選び、試着する高木さんを見ているうちに、自分は今とても恥ずかしい場所にいるのではないかと思いはじめます。そこへ中井くんと真野ちゃんも水着選びのデートで同じ場所へやってきます。思わず西片くんは隠れ、なんとかやりすごします。中井くんと真野ちゃんが去った後、高木さんに声をかけられ隠れていた場所から出てくる西片くん。その後も水着選びは続き、最終的には今日買った水着で今度一緒にプールへ行く約束までしてしまうのでした。

『海』
『あしたは土曜日』の3人がメインです。 海へやってきた3人。はしゃぐミナとサナエをよそに、せっせと浮き輪に空気を詰めるユカリ。一通り遊んで浜に戻ってくると、空気ポンプが壊れてしまい、口で浮き輪を膨らませようとした挙句に疲れ果てて倒れたユカリの姿が。「ちゃんと人生楽しめてる?」というミナの言葉に「もう宿題見せてやらない」とふてくされるユカリ。半泣きでそれだけは勘弁してもらおうと騒ぎだすのでした。

『部屋』
夏休みの宿題を高木さんの提案で西片くんの部屋でやることに。高木さんが部屋にいるということで緊張が止まらない西片くんをよそに、ベッドで勉強しようと誘ってくる高木さん。さらに宿題を見せてくれるという話でしたが、高木さんが見せてくれたのは書き取りのみの漢字ドリル。落ち込みながらもお互いに宿題を進めていると、ふいに消しゴムを取る2人の手が重なります。慌てる西片くんは飲み物を持ってくることに。待っている間部屋を見渡す高木さんは、習字の時間に書いた「油断大敵」の紙、さらに行く予定のプールのカレンダーを見つけ嬉しそうに微笑みます。 帰り際、「また来るね」といい高木さんは帰っていきました。

第8話「台風 マラソン わき腹 未練」

出典:amazon

『台風』
台風が近づいているある日、風が強くテンションが上がってきた西片くんははしゃいでいます。その光景を高木さんに見られてしまいからかわれることに。そのとき、普段は自転車通学の高木さんが今日は徒歩であることに気づきます。その理由を当てることになり、風でスカートが捲れるからではと考え恥ずかしくなってしまいます。結局答えは風が強くて危ないというシンプルな理由で、考えすぎた西片くんは余計に恥ずかしくなってしまうのでした。

『マラソン』
体育のマラソンで、ひそかに特訓を重ねていた西片くんは高木さんと勝負することに。最初は順調な走りを見せていましたが、実は高木さんも走りに自信があるのではないかと思いペースを乱してしまいます。大きくリードしていた高木さんになんとか追いつくと、「私にタッチできたら西片の勝ちでいいよ」とのこと。「俺を50m以上離せたら高木さんの勝ちでいいよ」と挑発しかえすと、なんと高木さんはその時点でUターン。女子の折り返し地点は男子より短いところだったのです。茫然と立ち尽くす西片くんはやはり高木さんに勝てないのでした。

『わき腹』
帰り道、突然高木さんにわき腹をつつかれてしまう大声を出してしまう西片くん。自転車を押しているため高木さんのわきもノーガードということに気づき、「次に笑ったら負け」という勝負をもちかけます。勝負が始まったものの、女子のわき腹をつつくのが恥ずかしく思えてきます。さらに「私わき腹弱くないよ」というカミングアウトまで。こう着状態が続き、最終的には高木さんの変顔で笑ってしまった西片くん。負けた罰として高木さんのわき腹をつつくことに。 平然としている高木さんですが、「わき腹の下は弱いんだけどね」とのこと。そんなとこ触れないと、ますます顔が赤くなってしまうのでした。

『未練』
『あしたは土曜日』の3人がメインです。 夏休みに肝試しをしていないことに気づいたミナは、2人を連れトンネルへ。肝試しとは思えない高いテンションではしゃぐミナとサナエに、無言でついていくユカリ。外に出るともう夕方になっていました。するといきなり「もう夏休みは戻ってこないんだね」とテンションが下がるミナとサナエ。感傷にひたるかと思いきや、めんどくさいから急にテンション下げるなと冷たいツッコミをしてしまうユカリなのでした。

第9話「ケータイ ホラー 写真」

出典:amazon

『ケータイ』
ケータイを手に入れた西片くんは、教室で友人とアドレス交換をしていました。高木さんをケータイでからかう作戦を立てていたのですが、高木さんはアドレスを聞いてきません。そのまま下校時間になってしまい、結局自分からアドレスを聞くことにしました。しかし恥ずかしくてなかなか言い出せない西片くんに「私のメールアドレスを聞きたいのかと思った」とお見通しの一言が。「私とメールしたいの?」という質問に動揺し、ついケータイで高木さんをからかう作戦だったと口を滑らせます。結局メールアドレスを交換したあと「また家でね」と言い帰っていく高木さん。家でもメールでからかわれると気づいたのは、高木さんが見えなくなってからでした。

『ホラー』
ケータイでからかおうとしたことへの罰として、高木さんの日直当番を手伝うことになった西片くん。朝早く登校し一緒に仕事をしていると、どんなメールを友達をしているかという話に。高木さんが普段誰とメールをしているかが気になり、お互い普段のメールを教え合うことに。ちょうど昨日友人から届いたホラー動画を見せて驚かせようとしますが、からかわれた上に朝見てもこわくないと一蹴。結局高木さんのメール相手はいとこなのでした。 夜、再びホラー動画を送ろうとしていると高木さんから電話が。初めて電話で会話する2人。「なんだかドキドキするね」という高木さんの言葉につい照れてしまいます。いっせーので電話を切ろうとするもののお互い切らず、甘酸っぱいひとときを過ごすのでした。

『写真』
友人と誰が一番面白い写真を撮れるかの勝負をしている西片くんは、帰り道、高木さんに変顔を撮らせてほしいとお願いすることに。当然断られてしまい、逆に驚かされた写真を撮られてしまいます。仕返しに大笑いしている写真を撮ろうとしますが、その瞬間高木さんは笑顔でピースサインまで決めます。 結局面白い写真は撮れずじまいでしたが、高木さんの笑顔の写真は手に入りました。「恥ずかしいから誰にもそれ見せないでね」という高木さん。西片くんは誰に見られるか分かったもんじゃないから、と削除しようとしますが、「何かの取引に使えるかもしれない」と思い直し、そっと保存したままにするのでした。

第10話「背比べ 寒がり お誘い 二択クイズ」

出典:amazon

『背比べ』
ある日の登校中、電柱に頭をぶつけてしまう西片くん。その直後高木さんに会い、さっきの光景を見られてるのではと心配してしまいます。ふいに高木さんに背が伸びたのでは? と言われ、背比べをすることに。背中合わせに立つと2人は同じくらいでした。背伸びしているのではと疑う西片くんに、じゃあ向き合って測ろうとの提案が。見つめ合っていると恥ずかしくなってしまうものの、西片くんの方が若干背が高い結果に。背伸びしていたことをあっさりとカミングアウトし、「背が高いと電柱とかにぶつかりそうだよね」と、見られていたことが明らかになるのでした。

『寒がり』
『あしたは土曜日』の3人がメインです。 寒そうにしていた3人は、お互いのほっぺに手を当てたり、お腹に手を当てたりしてはしゃいでいました。 そこに西片くんと高木さんが同じようなことをしている光景が目に入ります。いちゃいちゃしているように見えた2人の光景を、3人は廊下の影でじっと見続けるのでした。

『お誘い』
 やはり2人は付き合っているのではないかと疑いはじめたミナ、サナエ、ユカリ。通りかかった高木さんを呼び止め、真実を確認することにします。 その後、教室で一緒に帰ろうと誘われた西片くんはいいことを思いつき承諾。すると「放課後に改めて返事ちょうだい」と言われてしまいます。よくよく考えると、つまり西片くんから一緒に帰ろうと誘わなくてはいけないことに気づきます。恥ずかしさもありながら、なんとか一緒に帰ろうと誘えた西片くん。 その帰り道、高木さんから「なにか考えてるでしょ」とからかおうとしていることを見透かされてしまいます。破れかぶれではありますがいい方法を思いつき、「美味しいけど飲んだら熱が出るジュースと、ただまずいジュース、どっちがいい?」と高木さんに質問をするのでした。

『二択クイズ』
『お誘い』からの続きになります。 「もし美味しいジュースを飲んで熱を出したら、西片はお見舞いに来てくれる?」と逆に質問をする高木さん。戸惑いながらも行くことを伝えると、ノータイムで美味しいジュースを飲むとの返答が。高木さんを困らせようとする作戦がばれてしまった西片くんは逆に「私がいなくなっちゃうのと、からかわれつづけるのどっちがいい?」「小テストで0点しか取れないのと、私とキスするのどっちがいい?」など、どんどん答えに困る質問をされ続けます。結局からかわれ続け、次の質問を考える高木さんを慌てて止める西片くんなのでした。

第11話「ネコ 好み 似顔絵 占い クリティカル」

出典:amazon

『ネコ』
登校中、ネコを見つけた西片くんは撫でたいと思い近づきますが、高木さんがやってきたときに逃げられてしまいます。その後ネコは戻ってきて、高木さんに懐いている様子。実は高木さんの知り合いのネコで、人に慣れているため撫で放題とのことでした。「撫でたい」と表立って言うことができず、からかわれつつも撫でようとすることにできた西片くん。しかし、その頃すでに、ネコはまたどこかへ行ってしまっていたのでした。

『好み』
『あしたは土曜日』の3人がメインです。真野ちゃんと友人が恋愛話をしているのを見て、自分もミナとサナエと同じようなことがしたいと思うユカリ。「どんなのがタイプ?」と聞くと意外にも食いつきが良く盛り上がっていきます。しかし、途中からずれていることに気づくユカリ。実は2人は好みの男性についてではなく、好みの犬について話していたのです。茫然とするユカリをよそに、2人は犬トークで盛り上がり続けるのでした。

『似顔絵』
美術の時間中、お互いの似顔絵を描くことになった2人。顔を見るのが恥ずかしくて、つい顔を背けてしまいます。そんなときミナがユカリの絵を「イメージで描いたからしかたない」と話しているのを聞きます。そこであえてめちゃくちゃに絵を描いて、「イメージで描いたんだよ」とからかう作戦を思いついた西片くん。しかし高木さんは無反応。それどころか変顔を披露され、「どうせ描くならこれくらい面白くしてよ」とダメだしされる始末。恥ずかしくて顔を真っ赤にしてしまいます。それを見た高木さんは完成した西片くんの絵を赤く修正。「そんなに赤くないよ」と反論するも、その顔は真っ赤になっていたのでした。

『占い』
友人にタロットカードで占ってもらい、「願い事は上手くいく」と結果が出て上機嫌な高木さん。一方居残り掃除の西片くんは落ち込んでいました。そこへ高木さんがやってきてジャンケンを提案。勝ったら掃除を手伝ってくれるとのことでした。 仲良く掃除をしながら、占いのことを話す高木さん。実は西片くんのことも占ってもらっていたのです。「西片も上手くいくってさ」との話に照れる西片くん。そのまま2人で帰るのでした。 実は高木さんが占ってもらったのはジャンケンで西片くんが何を出すかで、その結果は当たっていたのです。つまり、そういうことだったのです。

『クリティカル』
朝の占いが星座占い1位、血液型1位で、今日こそはからかわれないと意気込む西片くん。しかし学校が終わるころには、50回もからかわれていました。このまま終われない西片くんは、友人からのゲームの誘いも断って、高木さんと帰ることに。「よかったの?ゲーム」という問いに「高木さんと帰りたくてさ」と何の気なしに答える西片くん。すると見たことのない驚いた顔をして固まる高木さん。すぐにいつもの調子を取り戻しましたが、西片くんんと別れたあと、顔を赤くしてため息。「こわいなあ、クリティカル」と一人ごちて帰っていくのでした。

第12話「手紙 入学式 席替え」

出典:amazon

『手紙』
女子の間で手紙が大流行しているある日、西片くんの教科書に手紙が挟まっていました。差出人は高木さんとのことで、「今読んですぐ返事してよ」と急かされます。期待と不安を抱えながら開くとそこには「今日一緒にかえろー」と1文だけ。直接言ってほしいと返すと、「流行ってるんだよ、手紙」とのこと。思わず騒いでしまった西片くんは先生にチョークを投げられ、高木さんは大笑いするのでした。

『入学式』
時期は入学式までさかのぼります。高木さんは悲しそうな表情で一人座っていると、遅刻した西片くんが教室へやってきます。遅刻した理由が「高木さんという人のせい」と言った言葉で高木さんは何かに気づきます。 後日、西片くんが遅刻したのは高木さんが落としたハンカチを職員室に届けていたからということが判明。西片くんはその落とし主が自分の隣の席の女の子だったということに気づき大声を上げてしまいます。2人で騒いでいると並んで先生に怒られてしまいます。「これからよろしくね」という言葉に少し照れながら「よろしく」と返す西片くん。こうして2人の関係が始まったのでした。

『席替え』
夏休みに借りたハンカチを返してなかったことに気づいた西片くん。次の日学校で返そうとすると、席替えが行われることが判明。「もうすこし西片の隣がよかったな」と言う言葉に照れつつも、結局大きく離れてしまう2人。先ほどの言葉がちらついて、なんとか高木さんの席の隣へ移ろうとするものの結果はだめ。落ち込んでいると隣から高木さんの声が。結局高木さんが色々な人の席の都合で回りまわって、結局西片くんの隣までやってきたのです。嬉しさを隠すように照れながら、朝返そうと思っていたハンカチを返す西片くん。 帰宅後、そのハンカチを広げると中には手紙が。「高木さんへ どうもありがとう」と書かれたその手紙を読んだ高木さんは、ベッドの枕に顔を埋め、足をバタバタさせながら照れるのでした。

『からかい上手の高木さん』あらすじまとめ

出典:amazon

アニメ『からかい上手の高木さん』のあらすじを全12話ネタバレありで徹底解説してみました!

いかがでしたでしょうか?

人気の原作、旬の声優、懐かしのJ-POPカバーをしたエンディング曲など、人気になる要素が他にも盛り沢山の今作!

スピンオフなどの作品もあり、2期放送の期待も高まっているため、まだまだ『からかい上手の高木さん』の人気は続くことでしょう。

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

合わせて読みたい

このニュースに関連する作品と動画配信サービス

からかい上手の高木さん 第一期

動画が配信されているサービス一覧

レンタル

1,990 円/月

U-NEXT詳細

レンタル

888 円/月

FODプレミアム詳細

レンタル

562 円/月

ビデオパス詳細

レンタル

2,417 円/月

TSUTAYA TV/DISCAS詳細

レンタル

1,080 円/月

バンダイチャンネル詳細

レンタル

500 円~/月

ビデオマーケット詳細

「アニメ」人気ニュースランキング