SHARE

contents kv

出典:amazon

2019/04/05
1,219 0

トム・ハーディ主演!孤高の男の愛と復讐が絡みあう歴史ドラマ『TABOO』

2017年4月、日本初放送がスタートしたトム・ハーディ主演によるドラマ『TABOO』。愛と復讐が絡み合うダーク・ミステリーで、19世紀のイギリスが舞台になっている。孤高の戦いを繰り広げる男の記憶が意味するものとは、物語で描かれるタブーとは一体何なのか。歴史ストーリーに隠された謎を紐解く。

目次

歴史ドラマ『TABOO』とは

『TABOO』とは、2017年4月からスター・チャンネルにて放送が開始されたドラマで、19世紀のイギリスを舞台にした歴史バイオレンスミステリーである。

殺害された父親の復讐を遂げるため、イギリスに戻ってきた男ジェームズが、巨大組織に挑む物語である。

しかし、ジェームズには誰にも明かすことのできない、大きな秘密があったのだ…。

ダークでバイオレンス、冒頭から緊張感の続くストーリーで、すべてが謎に包まれている。

トム・ハーディがドラマ初主演を飾った作品で、トム・ハーディと彼の父チップス・ハーディの原案のもと、スティーヴン・ナイトが脚本を手がけた。

イギリスBBCでは2017年1月から放送されているが、視聴者からの評価も高く、既にシーズン2の製作も決定している。

死んだはずの男が織り成す禁断の愛と復讐の物語

10年前にアフリカに向かったジェームズだが、その後死亡したと思われていた。

そんなジェームズが、父の死を知りイギリスに舞い戻ってきたのだ。

ジェームズの異母妹ジルファは、”愛する”兄の帰りに驚きを隠せない。

”今でもお前を愛している”ジェームズからジルファへのこの言葉は何を意味しているのだろうか。

そしてジェームズは父が遺した遺産を巡り、イギリスの巨大組織東インド会社に闘いを挑むのである。

製作は名匠リドリー・スコットとトム・ハーディがタッグを組んだ!

『TABOO』の製作総指揮に名を連ねているのは、映画界に影響を与え続ける名匠リドリー・スコット。

そして、主演を演じるトム・ハーディが強力なタッグを組んでいる。

リドリー・スコットといえば、映画界屈指の映像家であり、リアリティを追及することでも知られている。

映像に関しては常に完璧さを求め、より鮮明にするため決して妥協はしない。

一方で、舞台俳優としても活動するトム・ハーディとは、リアルさを突き詰めていくという点でも共通しているものがある。

この相乗効果を生み出した映像は、よりバイオレンスに、そしてよりリアルといった表現に注目である。

キャスト陣も違和感なし!まさに適役揃い

ジェームズ・ディレイニー役/トム・ハーディ

10年間行方不明で、死亡したと思われていた主人公ジェームズ・ディレイニー。

父親の死をなぜ知ることができたのか、行方不明の間彼に何があったのか全てが謎に包まれている。

ジェームズ役を演じているのは、製作にも携わっているトム・ハーディ。

2010年出演した『インセプション』で、イームス役を演じ注目された。

ワイルドな雰囲気とこの作品のダークな雰囲気がマッチしており、ジェームズになりきった演技にも注目だ。

スチュアート・ストレンジ役/ジョナサン・プライス

ジェームズと対立する巨大組織、東インド会社の幹部スチュアート・ストレンジ。

ジェームズが相続した土地を狙っており、対立することとなる。

ストレンジ役を演じているのは『ゲーム・オブ・スローンズ』のハイ・スパロウ役で知られるジョナサン・プライス。

舞台も務めるイギリスの名優で、偉大な脇役としても名を馳せている。

ジルファ・ギアリー役/ウーナ・チャップリン

ジルファは、ジェームズの父と後妻の間に生まれた異母妹である。

ジェームズが10年ぶりに帰ってきたことで、心がゆれ始めている。

ジルファ役を演じているのは、チャーリー・チャップリンの孫であり、『ゲーム・オブ・スローンズ』でタリサ役を演じたウーナ・チャップリン。

女優としての経歴はまだ短いものの、独特な演技と美しさに魅了される。

ソーン・ギアリー役/ジェファーソン・ホール

ジルファの夫ソーンは、ジェームズが帰ってきたことで、”自分たちの資産を守る”と、義父の遺産を狙っている。

妻のジルファを支配するかのような言動も見られるが、本当のところの立場はどうなのか…。

ソーン役を演じているのは、デビューしたばかりで俳優としての経歴も浅いジェファーソン・ホール。

2015年には『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』仕官役でも出演した。

ローナ・バウ役/ジェシー・バックリー

ローナ・バウは、ジェームズの父の妻と名乗る女性だが、遺産を巡って巻き込まれた可能性もあるが、詳細は不明。

ローナ役を演じているのは、女優で歌手のジェシー・バックリー。

2016年にBBCにて放送された『戦争と平和』で、心優しい女性マリア役を演じて注目を浴びた。

全てが謎!姿を消していたジェームズに何があったのか!?

ジェームズがアフリカに渡って10年、彼の消息は全く不明だった。

イギリスに戻ってきた後も、行方不明の間のことは決して誰にも口にしない。

しかし、彼が幻覚に襲われるシーンを何度か目にすることとなる。

血だらけの奴隷と思われる大男が迫り来るものだったり、死者が蘇ったりするものもある。

そのたびジェームズは、彼らを見下すような言葉で罵るのだ。

フラッシュバック時の映像から察するには、人に知られたくないものだろうという想像もつくが、それだけではないのだろう。

1話の冒頭で「私は大罪を犯した」と父親の亡骸に語っていることから、彼の過去は物語の重大な鍵を握っているのかもしれない。

ジェームズはなぜ父の死を知ることができたのか。

10年間、一度もイギリスに帰らなかったジェームズは、なぜ父親の死を知ることができたのか。

生前の父親は召使いに、ジェームズと話をしているといっていた。

そして、ジェームズもまた父から聞いたのだという。親子ふたりの共通点は、意味不明な言葉を唱えていたことだ。

意味不明な言葉とは、何かの呪文なのだろうか。それをジェームズも”聞いた”ということは、ふたりが悪魔と契約を交わしたということなのだろうか。

全てが謎だらけの展開から始まるが、全8話でどこまでが明かされていくのかにも注目したいところだ。

深みにハマるバイオレンスミステリー『TABOO』について

『TABOO』は、有料のスター・チャンネル独占放送作品である。

1話は無料で視聴できるので、この機会に一度観てはいかがだろうか。

歴史ものやバイオレンス、シリアスやダークファンタジーが好きな方にはオススメのドラマである。

また、トム・ハーディのファン必見!ワイルドで怪しげなトムの一面も楽しんで頂けるだろう。

『TABOO』は毎週火曜日、23時からスター・チャンネルにて放送。

参考元

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

合わせて読みたい

「海外ドラマ」人気ニュースランキング