SHARE

contents kv

出典:amazon

2019/04/19
816 0

アニメ化決定!現代と神秘の共存を描く「魔法使いの嫁」が伝える美しい世界と言葉たち

魔法使いの嫁が今すぐ観れる

\おすすめの動画配信サービス/

※配信状況により無料ではない可能性がございます。

電子書籍ではロングセラーともなっている「魔法使いの嫁」ですが、ついにアニメ化が決定しました。魔法といえば、古代をテーマにしたり、近未来を舞台にしたりと多くの作品がありますが、「魔法使いの嫁」では現代を舞台にし、どう魔法と、世界と付き合っていくかをテーマにしています。

目次

OADからテレビシリーズへ展開

「魔法使いの嫁」は、OADとして「前篇」「中篇」「後篇」として、すでに映像化されています。

OADではアニメオリジナルストーリーで作られましたが、テレビシリーズでは原作に忠実に進む予定です。

また、放送期間が2クールと、映像化としては大きく展開します。

OAD同様、長沼範裕監督と和田丈嗣プロデューサーがテレビシリーズも担当し、期待も高まります。

声優陣は、ドラマCDとOADと変わらないところも、魅力のひとつです。

魔法使いの嫁あらすじ

生まれつき多くの人には見えないものが見え、他人からも家族からも疎まれ、不幸と孤独の中で生きてきた日本人の羽鳥智世は、「ただ帰れる場所が欲しい」と願います。

そんな折、ある男が智世の前に現れ、「貴女を欲しいと思う『誰か』に『貴女』を預けてみますか?」と尋ねます。

智世はその男とともにイギリスに渡り、闇オークションの「商品」として身を委ねます。

その会場にて人外の魔法使い、エリアス・エインズワースに500万ポンドとかなりの高額で、智世は落札されました。

イングランドでの生活が始まり、エリアスから、魔法使いの弟子とともにお嫁さんにすると告げられます。

魔法使いとして巨大すぎるほどの素質を持つ「夜の愛し仔(スレイ・ベガ)」である智世は、人との関わり方や、人ならざるものであり世界でもある存在たちと、どう付き合っていくかを学んでいきます。

そして、目を背け続けていた自分自身と向き合いはじめます。

エリアスもまた自分の感情を上手く理解できず、また人間が考えていることも分かりません。

智世とエリアスは、一緒に人や世界を学んでいきます。

テレビシリーズでは“チセとエリアス”から見た世界を描く

OADでは“外から内”への表現が多かった「魔法使いの嫁」ですが、
テレビシリーズでは原作に沿って“内から外”へ、つまりチセとエリアスがどのように人や世界を見て、どう対応し、どう付き合っているのかが描かれます。

また、魔法使いが『隣人』と呼ぶ妖精たちが、原作では美しく妖しく表現されています。

これを映像化するということで、どのような表現方法になるのかも、期待が高まっています。

神秘的で独特の音楽は“感情そのもの”を表現

TVアニメ「魔法使いの嫁」PV第1弾

OADでは世界観に沿って音楽を付けられましたが、テレビシリーズでは「感情に沿って音楽を」と音響監督であるはたしょう二さんが提案し、音楽を担当する松本淳一さんが作成されました。

「感情そのもの」に音楽を付けることによって、原作読者視線からの矛盾を解消するため、「怒り」「悲しみ」というワードでの発注を挑戦されました。

どのような仕上がりになっているのか、10月が楽しみです。

原作者を悲しませない作品つくりを

「ただ帰れる場所が欲しい」

切実な願いから始まる神秘の物語

「魔法使いの嫁」には、寂しさや悲しみ、怖さなどを内包している世界観があり、それを表現する音楽を作って欲しいと、原作者であるヤマザキコレ先生は音楽のオーダーを出しています。

また、キャラクターデザインのこだわりなども、ヤマザキ先生は熱く語ったとのことで、
制作側はヤマザキ先生の「魔法使いの嫁」に込める熱量、そして原作ファンの熱量に、真摯に応えようとしています。

かなりの熱量を抱えた制作現場から表現される「魔法使いの嫁」のアニメは、大きく期待できます。


2017年10月から放送開始となる「魔法使いの嫁」、これを機に原作を手に取ってみてはいかがでしょうか。

美しい言葉や世界、寂しく悲しい、怖い言葉や世界。

どちらも存在する世界観で妖しく彩った作品を、その目で確かめてみてください。

参考元

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

合わせて読みたい

このニュースに関連する作品と動画配信サービス

魔法使いの嫁

動画が配信されているサービス一覧

定額見放題

2,189 円/月

U-NEXT詳細

定額見放題

976 円/月

FODプレミアム詳細

定額見放題

1,026 円/月

Hulu詳細

定額見放題

1,100 円/月

バンダイチャンネル詳細

レンタル

2,658 円/月

TSUTAYA TV/DISCAS詳細

レンタル

1,958 円~/月

music.jp詳細

定額見放題

440 円/月

dアニメストア詳細

レンタル

550 円~/月

ビデオマーケット詳細

「漫画・本」人気ニュースランキング