閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

【わたしってブスだったの?】のドラマ無料動画を全話(1話~最終回)配信しているサービスはここ!

提供元:amazon
わたしってブスだったの?

わたしってブスだったの?を配信中の動画配信サービス一覧

定額見放題

定額見放題

レンタル

レンタル

無料配信

無料配信

現在、提供しているサービスがありません。

配信中サービスの詳細はこちら

迷っているあなたへ!

おすすめの動画配信サービスはこちら

【わたしってブスだったの?】は3社の動画配信サービスで配信中です。
定額見放題2社、レンタル1社です。ここでは配信されているサービスの詳細を紹介します。

わたしってブスだったの?の作品紹介

わたしってブスだったの?のあらすじ

夕子(松田聖子)は大手広告代理店のコピーライター。デザイナーの瀬尾(時任三郎)とは犬猿の仲だが、コンビを組んだ作品は常にヒットを生んでいた。コネで中途入社し、現在の地位を築き上げた夕子に対する風当たりは社内でも厳しい。ある日、夕子が退社しようとすると、カメラマン助手の戸高(西島秀俊)が現れた。以前、撮影現場で夕子から「命をかけた仕事を見せろ」と言われた戸高は、自作の報道写真を夕子に見せに来たのだった。戸高と話すうちに夕子は、昔の自分を重ね合わせていた。そんな彼に引かれた夕子はその晩、戸高のアパートで一夜を過ごす。翌朝、夕子が帰宅すると、父・尚道(石橋蓮司)が突然訪ねてきた。尚道は長崎の実家を売り、夕子と暮らすために上京したという。

わたしってブスだったの?のクレジット(監督・キャスト)

  • 監督
    :山田高道,鈴木利正
  • 主演・出演
    :松田聖子,時任三郎
  • 初公開
    :1993年
  • エピソード数
    :全12話

わたしってブスだったの?の評価・感想・レビュー

わたしってブスだったの?のエピソード一覧 全12話

  • わたしってブスだったの? 第1回 「夕子、無敵ッ!」

    第1回 「夕子、無敵ッ!」

    夕子(松田聖子)は大手広告代理店のコピーライター。デザイナーの瀬尾(時任三郎)とは犬猿の仲だが、コンビを組んだ作品は常にヒットを生んでいた。コネで中途入社し、現在の地位を築き上げた夕子に対する風当たりは社内でも厳しい。ある日、夕子が退社しようとすると、カメラマン助手の戸高(西島秀俊)が現れた。以前、撮影現場で夕子から「命をかけた仕事を見せろ」と言われた戸高は、自作の報道写真を夕子に見せに来たのだった。戸高と話すうちに夕子は、昔の自分を重ね合わせていた。そんな彼に引かれた夕子はその晩、戸高のアパートで一夜を過ごす。翌朝、夕子が帰宅すると、父・尚道(石橋蓮司)が突然訪ねてきた。尚道は長崎の実家を売り、夕子と暮らすために上京したという。

    • 再生時間
      :46分
  • わたしってブスだったの? 第2回 「なまいき」

    第2回 「なまいき」

    夕子(松田聖子)はポスターの撮影地で戸高(西島秀俊)と再会した。その夜、スタッフの女性と出掛けたまま帰らない戸高に胸騒ぎを覚えた夕子は、瀬尾(時任三郎)に頭を下げ、車で戸高を捜しに出た。2人の車は雪の中でガス欠を起こしていて、夕子と瀬尾に救出された。その帰路、瀬尾は深刻な表情でタクシーに乗る上司・真鍋(長谷川初範)を見て、不審に思う。翌日、夕子は会社で瀬尾の妻・美津子(高木美保)と面会する。美津子は瀬尾と夕子の関係を疑っているらしく、同席した本当の愛人・玲子(高橋ひとみ)は瀬尾に報告。一方、戸高は自分のアパートで帰りを待つ夕子を見て、嬉しそうにほほ笑む。しかし、「夢への資金」と夕子から100万円を渡されて態度を変え、「バカにするな」と言い捨て部屋を飛び出してしまう。

    • 再生時間
      :46分
  • わたしってブスだったの? 第3回 「風に向かって」

    第3回 「風に向かって」

    上司の真鍋(長谷川初範)が懲戒免職になった。クライアントの会長を恐喝したことが露見し、瀬尾(時任三郎)の妻・美津子(高木美保)も関与していたことから、瀬尾は社内で窮地に立たされる。一方、父・尚道(石橋蓮司)の部屋探しは進展せず、いら立った夕子(松田聖子)は荷物をまとめて戸高の部屋へ向かう。しかし彼は不在で、夕子は会社で唯一心を開いている玲子(高橋ひとみ)の部屋に泊まることに。数日後、瀬尾は辞表を提出。瀬尾と犬猿の仲であることも忘れ、夕子は社長に直談判に行く。しかし、会社にとって自分や瀬尾は使い捨てだと感じた夕子は、自分も辞表を提出すると言い残し会社を後にした。そして、瀬尾の家を訪れ、独立して一緒に事務所を設立しようと提案する。そんな中、バーで夕子が玲子と飲んでいると、戸高(西島秀俊)が現れて金を貸してほしいと言い出す。

    • 再生時間
      :46分
  • わたしってブスだったの? 第4回 「だまされても」

    第4回 「だまされても」

    勢いで退職した夕子(松田聖子)は、クライアント先を奔走するが、前の会社『パブリシティTOKYO』の手回しにより、どこも冷たい反応。やっとつかんだ仕事のギャラはわずかで、夕子はフリーランスの厳しさを実感。瀬尾(時任三郎)は、妻・美津子(高木美保)の常識外れな行動と、愛人・玲子(高橋ひとみ)との別れで、落ち込みはピークに達していた。一方、夕子から大金を得た戸高(西島秀俊)は、取材のためフィリピンにたつ。夕子と瀬尾が抜けた職場では、玲子が夕子の仕事を引き継ぐが、夕子の才能に気付き複雑な気持ちになっていた。そんな中、夕子は瀬尾から会社設立の良い返事を得ようと、事務所に予定しているマンションの地図を手渡し「あなたと私は一緒に仕事をする運命だ」と伝える。しかし、瀬尾からの返事を待つ夕子も、瀬尾の気持ちが変わるか内心不安だった。

    • 再生時間
      :46分
  • わたしってブスだったの? 第5回 「女王様」

    第5回 「女王様」

    夕子(松田聖子)は瀬尾(時任三郎)との事務所のために部屋まで借りたが、瀬尾は首を縦に振らない。翌日、夕子は後任の玲子(高橋ひとみ)に出稿までの経緯を聞き、自分のコピーを勝手に流用したクライアントに抗議に向かう。しかし、担当者の中島(芹澤名人)はシラを切る。その後、瀬尾は立ち寄ったバーで夕子に会う。2人で仕事をする意義を熱く語る夕子に、瀬尾は動揺する。さらに、バーを出た直後、瀬尾は寄り添い歩く中島と玲子に遭遇。玲子の裏切りに怒った瀬尾は中島を殴り、夕子と仕事をする決心をした。一方、帰国した戸高(西島秀俊)は高熱を出し、夕子は急いで看病に駆けつける。数日後、瀬尾と夕子の事務所『フロム30』は充実したスタートを切る。そんな中、戸高のために借りたマンションを訪れた夕子は、見知らぬ女性と抱き合う彼を目の当たりにし、ショックを受ける。

    • 再生時間
      :46分
  • わたしってブスだったの? 第6回 「起つ!」

    第6回 「起つ!」

    『パブリシティTOKYO』では、アメリカ帰りのエリート・柏原(長塚京三)が新局長に就任。これは、『フロム30』を潰そうとする横沢専務(坂本長利)の意向だった。一方、夕子(松田聖子)の弟子になると事務所に押しかけて来た七子(大寶智子)も加わり、瀬尾(時任三郎)と夕子は新製品・ランジェリーのプレゼン準備に追われていた。ある夜、柏原と食事をする玲子(高橋ひとみ)は、夕子からの信頼を利用して『フロム30』の情報を提供することを約束。玲子は度々『フロム30』を訪れ、再び瀬尾への接近を図り始めた。数日後、戸高(西島秀俊)がジフテリアで入院。彼を心配しながら、ランジェリーの公開プレゼンに臨んだ夕子と瀬尾は勝利を確信する。しかし、軍配は『パブリシティ・TOKYO』に上がり、会社の知名度が実力を押さえつけた結果に夕子は憤る。

    • 再生時間
      :46分
  • わたしってブスだったの? 第7回 「挑む女」

    第7回 「挑む女」

    夕子(松田聖子)は次の目標をあるホテルのクリスマスキャンペーンに定め、意欲を燃やす。しかし、すでに『パブリシティTOKYO』との取引が決まっていた。夕子はホテルの宣伝部長に直談判し、ついに公開プレゼンの約束を取り付けた。この動きに警戒心を強めた『パブリシティTOKYO』の新局長・柏原(長塚京三)は玲子(高橋ひとみ)を使い、『フロム30』の情報収集を行う。そんな玲子に瀬尾(時任三郎)は、公私に渡る決別を告げる。プライドを傷つけられた玲子は、『フロム30』潰しに積極的になり、柏原との関係も急速に接近していった。一方、入院していた戸高(西島秀俊)は、仕事への復帰を励ます夕子に「しばらくカメラを持ちたくない」と語る。後日、夕子が戸高の病院を訪ねると彼は退院していて、看護師に戸高からの手紙を手渡される。

    • 再生時間
      :46分
  • わたしってブスだったの? 第8回 「噛む女」

    第8回 「噛む女」

    カメラを置いたまま、戸高(西島秀俊)が姿を消した。一方、ホテルのクリスマスキャンペーンの公開プレゼンが突然中止になる。夕子(松田聖子)が直談判した宣伝部長が、柏原(長塚京三)の差し金で左遷されたのだ。さらに、姓名判断に洗脳された瀬尾(時任三郎)の妻・美津子(高木美保)が事務所を訪れ社名変更を要求したり、以前の上司・真鍋(長谷川初範)が金をせびりに現れたりと、夕子と瀬尾の周囲は雑音が多かった。しかし、2人は互いに仕事のパートナー以上の感情が芽生えるのを感じた。一方、2人の存在を脅威に思う柏原は瀬尾に好条件で『フロム30』を『パブリシティTOKYO』の子会社にする話を持ちかけるが、瀬尾はきっぱり断る。そんな中、玲子(高橋ひとみ)から戸高を見かけたとの連絡が入る。夕子は工事現場で働く戸高を連れ戻しに行くが、冷たく追い返される。

    • 再生時間
      :46分
  • わたしってブスだったの? 第9回 「悪女対悪女」

    第9回 「悪女対悪女」

    夕子(松田聖子)は大手ホテル社長から、キャンペーン広告は『パブリシティTOKYO』との2社コンペにする約束を得た。そんなある日、夕子は「極秘だったコンペの件が、外部に漏れている」とホテル社長から電話を受ける。玲子(高橋ひとみ)が夕子の留守電を盗み聞きし柏原(長塚京三)に密告したため、新たな圧力がホテルに加わっていた。玲子の裏切りに驚く夕子に瀬尾(時任三郎)は、玲子の過去と夕子を愛し始めていることを告白。夕子も戸高(西島秀俊)と別の部分で瀬尾を愛していきたいと答える。その時、会社を訪ねてきた戸高がドアの外でこれを聞いてしまいショックを受ける。そんな中、コンペも終わり、勝利を確信して連絡を心待ちにする夕子と瀬尾。夕子のデスクの電話が鳴りオフィスには緊張が走った。

    • 再生時間
      :46分
  • わたしってブスだったの? 第10回 「大切なあなた」

    第10回 「大切なあなた」

    夕子(松田聖子)に週刊誌編集長から電話が入る。戸高(西島秀俊)の写真がグラビアに採用されたという。夕子は戸高に話がしたいと伝えるが、彼の反応は冷たい。一方、夕子と瀬尾(時任三郎)に敗北した玲子(高橋ひとみ)は、腹いせに瀬尾の衣服を自宅に届ける。これを夕子の仕業と思い込んだ美津子(高木美保)は、夕子のマンションに怒鳴り込む。同じ頃、戸高を訪ねた夕子は彼を慕う知恵(網浜直子)と遭遇。2人が待つ部屋へ帰ってきた戸高は、素直でない態度を夕子に責められ「事務所に行った時、瀬尾と夕子のラブシーンを見た」と語る。夕子は「命と同じくらい大切なのはあなただけ」と伝えるが、彼は耳を貸さないまま部屋を飛び出した。さらに、帰宅した夕子を待っていた美津子は、瀬尾と別れて会社もクビにしてほしいと訴える。翌日、事務所に意を決した表情で戸高が現れ、夕子を驚かせる。

    • 再生時間
      :46分
  • わたしってブスだったの? 第11回 「愛に渇いて」

    第11回 「愛に渇いて」

    事務所を訪れた戸高(西島秀俊)は夕子(松田聖子)に、瀬尾(時任三郎)と別れて自分だけを見るように迫る。しかし、夕子は「2人とも必要だ」と断る。戸高は知恵(網浜直子)にも別れを告げ、心の痛みをカメラで忘れる決意を抱く。一方、瀬尾は美津子(高木美保)の精神状態に治療の必要を感じ病院へ行くが、病院で口論になり美津子は逃げ出してしまう。やっと美津子を家に連れ戻した瀬尾は限界だと、とうとう別れ話を切り出す。錯乱状態に拍車がかかる美津子への気持ちと裏腹に、瀬尾の気持ちは急速に夕子に傾きつつもあった。そんな中、『フロム30』に週刊誌編集長から連絡が入る。企画が認められ新しい写真を撮るために、戸高がフィリピンに行くという。その直後、夕子は夕方には旅立つ戸高に会うためマンションに急ぐが、彼はすでに出発した後だった。

    • 再生時間
      :46分
  • わたしってブスだったの? 最終回 「ブスは負けない」

    最終回 「ブスは負けない」

    戸高(西島秀俊)はカメラを手に再びフィリピンへと旅立った。落ち込んだ夕子(松田聖子)は、父・尚道(石橋蓮司)に八つ当たりするが、その直後、尚道は狭心症で倒れてしまう。一方、瀬尾(時任三郎)は美津子(高木美保)に、玲子(高橋ひとみ)との関係を告白した。自分の誤解を知った美津子は、数々の無礼を夕子に詫びる。そんな中、夕子はニュース速報で戸高の訃報を知る。戸高の死を理解できない夕子だが、現地への渡航よりも尚道の看病を選ぶ。そして、編集長の関根(大林丈史)から戸高の最後の様子を聞いた夕子は号泣するのだった。1カ月後、尚道は退院し、瀬尾は家庭を省みる気持ちになっていた。そして、関根から戸高の遺作を見せられた夕子は、彼の自分への愛情を実感し、最後の涙を流した。その涙を隠すサングラスをかけた夕子は、明日への前進を呟き、自分を鼓舞する。

    • 再生時間
      :45分

わたしってブスだったの?の動画が配信されているサービス

わたしってブスだったの?が視聴できる3社の各サービス詳細です。
月額料金、無料期間、見放題本数の基本情報と各サービスのおすすめポイントが確認できます。

わたしってブスだったの?の動画が配信されているサービス一覧

【PR】
配信状況 料金
定額見放題
2週間無料 1,017円/月
定額見放題
30日間無料 2,658円/月
レンタル
入会月無料 550円~/月
無料配信無料で配信中のサービス

現在配信のないサービス一覧

U-NEXT Hulu FODプレミアム ABEMA クランクイン!ビデオ dTV バンダイチャンネル music.jp dアニメストア ゲオTV980 Amazonプライムビデオ(Amazon Prime Video) DMM見放題chライト テレビ東京ビジネスオンデマンド(BOD) Netflix(ネットフリックス) DMM宅配レンタル

わたしってブスだったの?の動画が配信されているサービス詳細

定額見放題

定額見放題

Paraviの基本情報

Paravi
月額料金
1,017円(税込)
無料期間
2週間無料
種類
定額見放題
同時再生可能
端末数
1
ダウンロード
見放題作品
1万

Paraviの編集部的ポイント

3
コスパ
月額自体は平均的。毎月550円分のチケットをもらえますが、レンタル作品は400~500円台が多いのでドラマを何話も見るなら課金必須。
5
無料期間
無料期間は30日なので、人気のドラマやバラエティを思う存分楽しめます。
3
作品数
作品数は非公開ですが、TBS、テレ東、WOWOWならではのドラマ、バラエティ番組などの動画がたくさん楽しめます!
3
使いやすさ
同時視聴ができません。ただしダウンロード機能が付いているため、外出先でもデータ容量を気にせずに動画を楽しむことができます!
1
特典
なし

テレ東やTBS、WOWOWも!Paraviの見放題ドラマは圧巻のラインナップ!

わたしってブスだったの?はParaviで視聴可能です!


Paraviでは、30日間の無料体験期間が用意されているため、気軽にお試しいただけます。

Paraviの国内ドラマは圧巻のラインナップ!テレ東やTBS、WOWOWのドラマの多くを定額見放題で楽しむことが可能です。

無料お試し期間を利用すれば、もちろん無料で見放題!ほかの動画配信サービスにはないドラマも多いのがドラマ好きにはうれしいところです。

Paraviで視聴できる人気作品

\Praviを2週間無料で楽しむ!/

定額見放題

定額見放題

TSUTAYA TV/DISCASの基本情報

TSUTAYA TV/DISCAS
月額料金
2,658円(税込)
無料期間
30日間無料
種類
定額見放題
同時再生可能
端末数
1
ダウンロード
見放題作品
1万

TSUTAYA TV/DISCASの編集部的ポイント

3
コスパ
TSUTAYA TVは月額料金を上回る金額分のポイントを付与。TSUTAYA DISCASは新作が月8本までレンタル可能。一見料金は高く見えますがコスパは◎。TSUTAYA TVとTSUTAYA DISCASを両方利用したい人は約400円ほど安く利用できるプランがあります。マイナー作品が見たい人におすすめ。
5
無料期間
無料お試し期間はたっぷり楽しめる30日間。月額内で見放題の作品は10,000タイトルあり、これらがすべて無料で見放題です。
4
作品数
TSUTAYA TVは見放題作品が約10,000タイトル、TSUTAYA DISCASは旧作やCDは無制限、新作も8本までレンタルOK。マイナー作品も多め。
3
使いやすさ
購入作品以外は同時視聴ができません。0.5から2.0まで変更可能な4段階の倍速機能と会員数を活かした豊富なレビュー数が魅力!
5
特典
新作約2本分相当の1,100円分のポイントが毎月貰えます!

TSUTAYA TVには見放題のドラマが400作品以上!まずは無料お試しでチェック!

わたしってブスだったの?はTSUTAYA TV/DISCASで視聴可能です!


TSUTAYA TVでは、30日間の無料体験期間があり、国内ドラマが見放題で400作品以上ラインナップされています。
無料お試し期間を利用すれば、見放題対象のドラマを無料で視聴することが可能です!

TSUTAYA TVは定額動画見放題サービスがメインです。

TSUTAYA DISCASは豊富なタイトル数と在庫量を誇る定額宅配レンタルサービスとなっており、動画配信サービスではまだ配信されていないような作品も多くあります。

どちらのサービスもお試し期間の30日間は無料となっています。また、DISCASでは月内に定額レンタルできる枚数を超えても旧作DVDは借り放題なので、飽きてしまうことはなさそうです。さらに、レンタルサービスも翌日配達率が98%(北海道・九州地域を除く)なのでスピードの面でも満足度は高いと言えるでしょう。

Tポイントが貯まるのもうれしいポイント!利用料金からポイントが付き、貯まったポイントは支払いにもつかうことができます!

TSUTAYA TVで視聴できる人気作品

\TSUTAYA TVを30日間無料で楽しむ!/

レンタル

レンタル

ビデオマーケットの基本情報

ビデオマーケット
月額料金
550円(税込)〜
無料期間
入会月無料
種類
レンタル
同時再生可能
端末数
1
ダウンロード
×
見放題作品
2万

ビデオマーケットの編集部的ポイント

3
コスパ
「プレミアム&見放題コース」なら25,000本以上が見放題。月額550円(税込)の「プレミアムコース」は都度課金なので△
4
無料期間
入会月は無料で楽しむことができます。最大で31日無料で利用可能。月の初めに入会するのがお得です!
5
作品数
作品数220000本で日本最大級のコンテンツ量。そのうち190000本以上が追加課金のレンタル作品ですが、他サービスにはないマイナー作品も見つかります。
2
使いやすさ
4段階の倍速機能、細かくジャンル分けされた検索機能など多数!しかしダウンロード機能がついていないため、Wi-Fi環境下での視聴がマスト。
3
特典
毎月550ポイントが貰えます!110ポイントからレンタルできる作品も!ポイント数によっては見れない作品もあるので注意。

様々なテレビ局のドラマが見られる!ビデオマーケットで国内ドラマをレンタルしよう!

わたしってブスだったの?はビデオマーケットで視聴可能です!

毎月レンタルにつかえるポイントが550ポイントもらえるのでレンタル作品もお得に楽しめます!(プレミアム&見放題コース)

朝ドラや名作ドラマなど、日本最大級の配信作品数から見たいドラマを選べます!
月額550円(税込)のプレミアムコースは都度課金制なので、見たい作品が限られているいますが、月額は抑えたいという方にぴったりです。

ビデオマーケットの主なプランは「プレミアムコース」、「プレミアム&見放題コース」のふたつです。どちらにおいても毎月550ポイントが付与され、そのポイントを使ってレンタル作品を視聴することができます。

・ドラマ…1話220~330ポイント
※全話や1~5話までのまとめ買いも可能。まとめ買いは20%以上の割引になります。
また、登録初月はどちらのプランにおいても550ポイントを利用して無料で国内ドラマの動画が視聴可能です!

ビデオマーケットでは過去の名作ドラマから新作ドラマまで取り揃えてあります!取り扱っているテレビ局はテレビ朝日、TBS、テレビ東京、フジテレビなどの民放テレビ局に加え、他サービスではあまり見ることのできないNHKのドラマ作品まで視聴することができます。

ビデオマーケットでしか配信されていない国内ドラマ作品も!
見たかったあの作品がビデオマーケットなら見つかるかもしれません!

ビデオマーケットで視聴できる人気作品

\ビデオマーケットを初月無料で楽しむ!/

ちょっと待った!違法サイトは危険もある?

pandoraやdailymotion、アニチューブなどの違法動画サイトにある
動画の視聴ダウンロードはウィルス感染のリスクがある大変危険な行為です!


無料でみれるからと、違法サイトに手を出す前に、
安心安全で動画視聴できる動画配信サービスを検討してみてください!
無料期間のある動画配信サービスなら、無料で動画を視聴できますよ!

わたしってブスだったの?と合わせてよく観られている人気の動画配信作品

※配信されている作品は、サービス各社の状況によって配信スケジュールが変更される場合がございますので詳しくは、動画配信サービス各社のサイトにてご確認ください。

ページトップ