閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

【半沢直樹】の動画を配信しているサービスはある??視聴したい人におすすめの動画配信サービス!

半沢直樹
更新日:

半沢直樹が今すぐ観れる

\おすすめの動画配信サービス/

半沢直樹を観たい方におすすめの動画配信作品

現在、半沢直樹とよく似た 「国内ドラマ」 「ドラマ」 の作品をおすすめとして表示しています。

国内ドラマ

半分、青い。

失敗って、楽しい。今日とは違う明日が、きっと見つかるから―2018年上半期放送のNHK連続テレビ小説第98作目。脚本は民放局で数々の恋愛ドラマを手掛けた北川悦吏子。岐阜と東京を舞台に「思い立ったらすぐ行動。失敗なんて怖くない」というヒロイン・楡野鈴愛を永野芽郁が演じ、鈴愛のかけがえのない存在で幼なじみの萩尾律を佐藤健が熱演した。高度成長期の終わりである1970年前半から現代に至るまで数々の挫折や失敗を経験しながら前向きに生き、やがて一大発明を成し遂げる鈴愛の成長物語。1971年、岐阜の小さな町に鈴愛という女の子が誕生する。明るく元気な子だったが、小学生の時、病気で左耳の聴力を失ってしまう。そんな鈴愛を支えたのは家族と、同じ日に同じ病院で生まれた幼なじみの律だった。ふたりは幼なじみとして特別な存在として成長していく。時は流れ、時代は平成に突入し、バブル絶頂期の1989年。高校3年生となった鈴愛は律と同じ高校に通っていたが、卒業を目の前にしたある日、運命的な出会いが訪れる…。

配信中の動画配信サービス

提供元:FOD

国内ドラマ

ディア・シスター

性格も生き方も全く違う凸凹姉妹が、傷つけ合いながらもお互いに足りない部分を補い合って共に生きていく、ちょっぴり切ないラブコメディー。自由奔放で天真らんまんな妹と真面目で不器用な姉、2人の姉妹が物語の主人公。高校卒業と同時に姿を消し、音信不通状態だった深沢家の2人姉妹の妹・美咲(石原さとみ)が、姉・葉月(松下奈緒)の前に突然姿を現して、それぞれの人生に波乱が・・・。丁々発止の口ゲンカなど、凸凹姉妹が魅せる“姉妹あるある”は必見。さらに、2人が抱えている誰にも言えない秘密とは? 三角関係にとどまらない多角関係に絡み合う大人の恋愛模様の行方は? “姉妹の絆”だけでは語れないラブコメディー。

配信中の動画配信サービス

提供元:FOD

国内ドラマ

白い巨塔

医学界の知られざる実態と人間の生命の尊厳を描いた山崎豊子の代表作「白い巨塔」を、25年ぶりに再連続ドラマ化。原作の持つ圧倒的なエネルギーはそのままに、舞台設定を現代に置き換え、徹底した取材をもってリアリティを追求しつつ、人間の業を深く掘り下げる、濃密な内容の本格派ドラマ。豪華キャストを配しての、全21話・2クールの大型企画、フジテレビが贈る大河ドラマです。

配信中の動画配信サービス

半沢直樹の動画配信・レンタル情報

半沢直樹の人物相関図

半沢直樹の人物相関図 | aukana(アウカナ)動画配信サービス比較

半沢直樹の作品紹介

半沢直樹のあらすじ

バブル経済末期に東京中央銀行に入行し、融資課に勤める半沢直樹が銀行内外で起こる数々の理不尽な事件や不正に真っ向から立ち向かい、「やられたらやり返す! 倍返しだ!!」の決めセリフとともに解決に向けて奔走していくストーリー。

回を追うごとに視聴率が伸び、最終話では驚異の42.2%という数字を打ち出した大ヒットドラマ。

直木賞受賞作家、池井戸潤の人気小説「オレたちバブル入行組」と「オレたち花のバブル組」をベースにしている。




前半の第1章では、融資失敗の責任を上司に押し付けられてしまった半沢が、融資額5億円をすべて取り返すための戦いを描く。

後半の第2章では、120億円もの巨額の損失を出してしまった融資先の会社を、担当の半沢が再建させるために奮闘する姿を描く。

半沢の前に立ちはだかる数々の試練、そして手強い敵。たとえ、その敵がどんな大物であったとしても、ひるまずに自分の信念を貫き通す半沢。

それは銀行員として当然の正しい行いをするために…。半沢はバンカーとして生き残ることができるのか!? 

半沢直樹の登場人物・キャスト

  • 半沢直樹(堺雅人) | aukana(アウカナ)動画配信サービス比較

    半沢直樹(堺雅人)

    東京中央銀行大阪西支店融資課長。曲がったことが嫌いで、不正を正すためなら相手が上司でも容赦なく立ち向かう。家族や部下に対してはとても優しく、部下からの信頼も厚い。

  • 半沢花(上戸彩) | aukana(アウカナ)動画配信サービス比較

    半沢花(上戸彩)

    半沢の妻で、息子がひとりいる。明るく夫を支え、半沢にとっては唯一頭が上がらない相手。半沢の力になれるように、嫌々ながらも銀行社宅の奥さま会に参加する努力をしている。

  • 大和田暁(香川照之) | aukana(アウカナ)動画配信サービス比較

    大和田暁(香川照之)

    東京中央銀行常務。歴代最速のスピードで、最年少常務にまで上り詰めた出世頭。人心掌握術に長けているが、容赦なく人を切り捨てる冷酷さも持つ。派閥意識がとても強く、中野渡頭取に敵意を持っている。

  • 中野渡謙(北大路欣也) | aukana(アウカナ)動画配信サービス比較

    中野渡謙(北大路欣也)

    東京中央銀行頭取。温厚で人望があるが、銀行内での派閥問題に悩まされている。半沢の仕事ぶりにも目を向けている。

  • 浅野匡(石丸幹二) | aukana(アウカナ)動画配信サービス比較

    浅野匡(石丸幹二)

    大阪西支店支店長。銀行内では大和田派であり、大和田にはとても低姿勢な反面、部下の半沢たちに対して常に高圧的な態度をとる。最優秀店舗を目指して躍起になっている。

  • 渡真利忍(及川光博) | aukana(アウカナ)動画配信サービス比較

    渡真利忍(及川光博)

    半沢と同期で、東京中央銀行本店融資部に所属。顔が広く、人事のことをよく把握している。半沢のことをいつも心配している。

  • 近藤直弼(滝藤賢一) | aukana(アウカナ)動画配信サービス比較

    近藤直弼(滝藤賢一)

    半沢の同期で、慶応大学時代も同じ剣道部に所属。出世コースを外れてしまい、東京中央銀行からタミヤ電機に出向。慣れない出向先で不安に押しつぶされそうになる。

  • 中西英治(中島裕翔) | aukana(アウカナ)動画配信サービス比較

    中西英治(中島裕翔)

    東京中央銀行大阪西支店、融資課社員。入行2年目。半沢の直属の部下で半沢を尊敬し、信頼しているが、激しい行動には怖気づいてしまうこともある。

  • 黒崎駿一(片岡愛之助) | aukana(アウカナ)動画配信サービス比較

    黒崎駿一(片岡愛之助)

    金融庁検査局主任検査官。出向していた大阪国税局査察部から金融庁に戻ってきたエリートだが、大阪西支店を査察して以来、半沢を目の敵にしている。なぜかオネエ口調。

  • 東田満(宇梶剛士) | aukana(アウカナ)動画配信サービス比較

    東田満(宇梶剛士)

    西大阪スチール社長。東京中央銀行から無担保で融資を受けるが、その直後に倒産し、返済しないまま逃亡してしまう。

  • 半沢慎之助(笑福亭鶴瓶) | aukana(アウカナ)動画配信サービス比較

    半沢慎之助(笑福亭鶴瓶)

    半沢の父親。地元の金沢でネジ工場を経営していた。当時担当していた大和田に融資を断られてしまったことで、周囲への支払いができなくなり、自殺してしまった。

  • 半沢美千子(りりィ) | aukana(アウカナ)動画配信サービス比較

    半沢美千子(りりィ)

    半沢の母親。自殺してしまった夫が残したネジ工場を、地元の金沢で守り続けている。東京中央銀行に就職した息子を心配している。

半沢直樹の見所ポイント

  • 1 変幻自在な堺雅人の表情にくぎづけ!

    これまで数々のドラマでさまざまな役をこなしてきた、変幻自在な演技派俳優・堺雅人。

    その見事な変貌ぶりが、このドラマのなかでも随所に楽しめます。

    仕事に誠実に取り組み、部下にも優しい言葉をかける熱心な銀行員の顔、家に帰って妻の手料理をうれしそうに食べるときの満面の笑顔、目力たっぷりに敵を見据え、「倍返しだ!」を繰り出すときの怒りに満ちた顔…。

    この次から次へと変わっていく半沢の表情が、視聴者をぐいぐいと引き込んでいく原動力になっているのではないでしょうか。

  • 2 半沢を取り囲む、凄みのきいた敵役たち

    信念を貫こうとする半沢の前に、大きく立ちはだかる敵役を演じる個性豊かな俳優陣にも注目です。

    半沢の最大の敵となる大和田常務を演じた香川照之は、半沢と対決するシーンでの鬼気迫る表情が迫力満点です。

    さらに、実績アップのため、部下に高圧的な態度を取り続ける浅野支店長役の石丸幹二や、独特のオネエ言葉でヘビのようにせまる国税局員、黒崎を演じた片岡愛之助も、表情から仕草のひとつひとつまで嫌味たっぷりの悪役になりきっています。

    敵が悪人であればあるほど、半沢との対決も迫力が増し、見ごたえのある戦いになっています。

  • 3 思わずスカッとする「やられたら、倍返しだ!」

    このドラマをきっかけに、流行語にもなった「やられたら、倍返しだ!」。凄みたっぷりのこの言葉を、なんと上司にも言ってしまう半沢。

    普段、「こんなことは上司に絶対言えない!」と誰もが我慢しているであろう言葉を、ズバッと言いのけてしまうところに、爽快感すら感じてしまいます。

    そのまま返すだけではなく「倍」になっているところが、さらにスッキリするポイントかもしれません。

    善が悪をバッサリと倒す、人々が幼少期から慣れ親しんできた多くの昔話と同じ「勧善懲悪のストーリー」のため、視聴者の心をぐっとつかんで離さないのは間違いないでしょう。

半沢直樹の評価・感想・レビュー

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 5 (2件中)
  • 投稿者名:かす
    評価: GOOD 投稿日:2020.02.01/09:05

    最高

  • 投稿者名:AYUMI
    評価: GOOD 投稿日:2018.12.19/03:39

    最初は観てなかったけど流行り始めてから
    日曜お昼のダイジェスト?再放送?みたいなのを観て
    途中からリアルタイム鑑賞(^ν^)

    ほんとスカッとする!!面白い!!
    戦隊とか世界を救うとかではないけど
    なんていうか新しい正義のヒーローって感じ。

半沢直樹の動画が配信されているサービスの詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

半沢直樹と合わせてよく観られている人気の動画配信作品

この記事の執筆者
坂本菜緒
坂本菜緒

大学卒業後、公立小学校で教員として勤務。 その後、株式会社サイバーエージェントグループ会社である株式会社CyberOwlに転職。 現在、「aukana」の記事編集業務を行う。