閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

【善徳女王】の動画を配信しているサービスはある??視聴したい人におすすめの動画配信サービス!

提供元:FOD
善徳女王

善徳女王を配信中の動画配信サービス一覧

善徳女王の動画が配信されているサービス

善徳女王の動画が配信されているサービス詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

善徳女王の作品紹介

善徳女王のあらすじ

2009年にMBCで放送され、朝鮮半島で初めて国を治めた女性・善徳女王の生涯を、フィクションを交えつつ描いた作品である。総制作費は250億ウォンともいわれ、韓国での最高視聴率は50%に迫る数値を記録している。

脚本を手がけたのは、日本でも大人気となった『宮廷女官チャングムの誓い』や『薯童謠(ソドンヨ)』など、骨太でありながら緻密なストーリー展開が魅力的な時代劇の脚本を担当してきたキム・ヨンヒョンである。

2009年のMBC演技大賞では、ヒロインの宿敵・ミシルを演じたコ・ヒョンジョンが大賞を、ヒロイン・善徳女王を演じたイ・ヨウォンが最優秀賞を受賞するなど、今作のキャストたちが多くの部門で受賞する快挙を成し遂げている。

新羅の国王・チヌン(イ・スンジェ)は、寵愛するミシル(コ・ヒョンジョン)をそばに呼び、自分の亡きあとの国政に関する遺言を書き取らせる。ミシルが王座を脅かす存在であることを悟ったチヌンは、ミシルに仏門に入ることを勧めた。

ミシルは自分に惚れ込んでいる情夫・ソルォン(チョン・ノミン)に反乱を起こさせ、その一方でチヌンを毒殺しようと企てる。しかしミシルが毒薬を持って王のもとへ向かうと、そこにはすでに息絶えたチヌンの姿があった…。

善徳女王のクレジット(監督・キャスト)

善徳女王の登場人物・キャスト

  • トンマン王女/善徳女王(イ・ヨウォン)

    チンピョン王とマヤ夫人との間に生まれた双子の王女のうちの、次女。王族にまつわる不吉な迷信から、その存在を隠すために生まれてすぐに王宮から出される。侍女のソファによって守られ、賢くてたくましい娘に育つ。女であることを隠し、男のふりをして郎徒の一員となり、ユシンのもとで厳しい修練に耐え、武術を磨く。

  • ミシル(コ・ヒョンジョン)

    新羅第24代王・チヌン大帝の側室として仕え、その美貌と能力で王妃の座を狙うが、なかなか果たせずにいる。王の印章を管理する重要な役職につき、歴代の王たちに圧力をかけ続けている裏の権力者。夫・セジョンを王にするため、あらゆる策を巡らせる。

  • チョンミョン王女(パク・イェジン)

    トンマンの双子の姉として生まれ、王宮に残り、大切に育てられる。美しく心優しい王女で、夫・ヨンス公との間に息子・チュンチュを授かるが、夫に先立たれてしまう。王妃の座を狙うミシルに目の敵にされ、何度も命を狙われる。

  • キム・ユシン(オム・テウン)

    伽耶出身で、若いころから武術に長けており、新羅の花郎徒のリーダーに選ばれる。真面目で努力家であり、自分に従う郎徒たちにもリーダーとして厳しく接する反面、郎徒たちのことをとても大切に思っており、大きな信頼を集めている。自分にも厳しく、武術の鍛錬を怠らない。

  • ピダム(キム・ナムギル)

    親を知らず、ムンノに育てられる。ムンノの厳しい指導のもと、武術の腕前を磨かれる。自由奔放に生きていたが、ミシルの放った刺客に命を狙われたトンマンを助け、トンマンたちと行動をともにするようになる。

  • キム・チュンチュ(ユ・スンホ)

    チョンミョン王女とヨンス公の間に生まれた子ども。トンマンの甥。頭が良く、かなり緻密な策を練ることが得意。

  • チンピョン王(チョ・ミンギ)

    新羅第26代王。ミシルたちの勢力に押され、名ばかりの王として力を発揮できずにいた。双子の王女に恵まれるが、不吉な迷信を恐れ、やむを得ず妹のトンマンを侍女のソファに預け、王宮の外に逃がしてしまう。

  • セジョン(トッコ・ヨンジェ)

    ミシルの夫であり、新羅時代の最高官職である上大等を務める。ミシルのおかげで、花郎徒たちの長である風月主も務めるなど、政治的には強い力を持っている。

  • ソルォン(チョン・ノミン)

    ミシルの情夫であり、第9代風月主を務める。武術や戦術に長けており、公私ともにミシルのことを慕い、ミシルの右腕として活躍する。

  • ミセン(チョン・ウンイン)

    ミシルの弟であり、第10代風月主となる。頭の回転が速く、あらゆる場面でミシルを手助けしている。いつも軽いノリで、すぐに調子に乗ってしまう。

  • チュクパン(イ・ムンシク)

    トンマンとともに、ユシンが率いる花郎徒のメンバーとなり、一緒に辛い修業に耐えるうち、友情が芽生える。もともとは詐欺師であり、トンマンをだまそうと近づいたことがきっかけで知り合う。

  • チルスク(アン・ギルガン)

    かなりの武術の腕前を持ち、ミシルの一番の護衛武士として仕えていた。密かに王宮を出たトンマン王女のことを嗅ぎつけたミシルの命令により、トンマンを執拗に探し回る。

  • チヌン大帝(イ・スンジェ)

    新羅第24代王。美しくて頭も良いミシルのことを寵愛し、いつもそばに置いていたが、心の奥ではミシルの出世欲を恐れていた。

善徳女王の見所ポイント

  • 1 『善徳女王』の主要キャスト、さまざまな顔を持つ実力派女優・イ・ヨウォンの魅力に迫る!

    今作のヒロインである善徳女王を演じたのは、今作で初めて長編時代劇での主演を務めることになった若手実力派女優、イ・ヨウォンです。

    イ・ヨウォンは、ストーリーの前半、男装して花郎徒のメンバーとして厳しい訓練にも耐え抜きながら生きるトンマンの、勇敢で芯の強い部分を体当たりの演技で力強く演じており、その姿に強く惹きこまれます。

    またストーリー後半で、新羅の国で初めての女王に即位してからは、威厳のあるまなざしや表情、ひとつひとつの仕草などに、イ・ヨウォンの持つ気品がにじみ出ており、彼女の表現力の幅に驚かされます。今作の大ヒットで幅広い年齢層からの支持を得たイ・ヨウォンの魅力を堪能できる作品です。

  • 2 『善徳女王』で最大の敵・ミシル役を演じた女優、コ・ヒョンジョンの妖艶な美しさに注目!

    ヒロイン役のイ・ヨウォンの演技、次回が必ず待ち遠しくなるドラマチックな展開など、今作の魅力はたくさんありますが、そのひとつに善徳女王の最大の敵・ミシルを演じた実力派女優・コ・ヒョンジョンの存在もあります。

    歴代の王に取り入り、王座を何度も狙いながらもなかなかうまくいかないミシルにとって、ヒロインのトンマンは最大の敵となります。その妖艶な美しさを武器に、さまざまな悪だくみを企てるミシルのずる賢さを、コ・ヒョンジョンが表現しています。

    美しく着飾った彼女の眉がピクンとつりあがる様子を見ているだけで、ゾクゾクっと背筋が凍るような思いにさせられ、善徳女王との対立がより一層面白いものになるのです。

  • 3 『善徳女王』で話題を呼んだキャスト、ピダムを演じたキム・ナムギルとは?

    善徳女王とミシルとの間に繰り広げられる、頭脳戦の数々。そこにさらなる深みをプラスしているのが、女性君主を支える男性キャストたちです。

    トンマンを育て、常に支えてきた頼れるリーダー・キム・ユシンとの2人の間に芽生える淡い恋心も見逃せません。さらに、トンマンの一番の理解者となるピダムも、その登場シーンから目を惹きつける存在です。

    このピダム役を演じたのは、ミステリアスな魅力を放つ俳優・キム・ナムギルです。自由奔放でとぼけた一面を見せる一方で、ここぞという場面では鮮やかな武術で頼もしい一面を見せるなど、ミステリアスなピダムのキャラクターは、まさに彼のハマリ役ですね。

善徳女王の予告・動画

善徳女王の評価・感想・レビュー

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 5 (1件中)
  • 投稿者名:永多葵
    評価: GOOD 投稿日:2019.11.30/22:51

    いい

善徳女王と合わせてよく観られている人気の動画配信作品

善徳女王に関する記事一覧

この記事の執筆者
いけだ
いけだ

ドラマ鑑賞と読書が好きです。ドラマは国内のものをよく観ます。笑って観られるコメディが好きです。あとミステリー小説を読むのにもハマっています。