閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

当サイト内に掲載されている[PR][Sponsored]の表記がある商品は広告(アフィリエイトプログラム)により編集部のおすすめとしてご紹介させて頂いております。
更新日:

【アウトレイジ】の動画を配信しているサービスはある??視聴したい人におすすめの動画配信サービス!

アウトレイジ

アウトレイジを配信中の動画配信サービス一覧

アウトレイジの動画が配信されているサービス

アウトレイジの動画が配信されているサービス詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

アウトレイジの作品紹介

アウトレイジのあらすじ

2010年6月に公開された、15本目の北野武監督作品。「全員悪人」「下剋上、生き残りゲーム」というインパクトがあるキャッチコピーも話題になった。第63回カンヌ国際映画祭のパルム・ドームノミネート作品。バイオレンスなシーンが数多くあるため、R15指定を受けている。

従来の北野作品に比べると、セリフ量が多い異色作品でもある。北村総一朗、石橋蓮司、國村隼などの大ベテランから、椎名桔平、加瀬亮といった実力派が揃ったバイオレンスアクションムービー。公開から10年たった今も、根強いファンが多いアウトレイジシリーズ3部作の記念すべき1作目である。

関東のヤクザ界を牛耳る山王会本家会長の関内(北村総一朗)は、傘下の池元組が村瀬組と親密になっていることを快く思っていなかった。関内は、組の若頭の加藤(三浦友和)とともに、池元(國村隼)に村瀬(石橋蓮司)を締めるように命じる。

自ら、兄弟杯を交わした村瀬を締めるのを避けたかった池元は、配下の大友組組長・大友(ビートたけし)に、村瀬を締めるように命令を下した。予想外の抵抗やトラブルの末に、大友は村瀬組を締めることに成功し、最終的に村瀬組は解散となる。

しかしこの事件がきっかけとなり、関東ヤクザ界のなかで壮絶な権力争いが勃発するのだった。

アウトレイジの登場人物・キャスト

  • 大友(ビートたけし)

    山王会池元組内大友組組長。親元である池元から厄介な仕事ばかりを押しつけられるものの、愚直な性格ゆえに従う。自らの手を汚したくない池元に、村瀬組を締めるように命じられる。村瀬組との抗争は成功するものの、思いもよらぬ裏切りに遭う。抗争では自ら率先して動く武闘派で、部下想いの一面を持つ。

  • 水野(椎名桔平)

    山王会池元組内大友組若頭。組長である大友に対して強い忠誠心を持っている反面、大友と異なり部下の失態には容赦がない。目的のためならば、拷問や暴力、殺人すらも厭わない残忍な性格である。抗争の際には、若頭ながらも自ら大きな仕事をすることが多い。大友と同じく昔ながらの武闘派ヤクザである。

  • 石原(加瀬亮)

    山王会池元組内大友組組員。現代的なインテリヤクザで、英語を流暢に話す。組内の金庫番でもある。古いタイプのヤクザを内心馬鹿にしているが、武闘派が多い大友組のなかでは浮いた存在でもあり、ほかのヤクザから馬鹿にされることも多い。失態のたびに暴力を振るわれるため、水野を憎んでいる。

  • 関内(北村総一朗)

    長年、関東のヤクザを牛耳る山王会本家・会長。一見、穏やかな風貌だが、自分の利益のためならば、どんな犠牲も厭わない冷酷さと腹黒さを持つ。自身の傘下にある池元が、村瀬と兄弟杯を交わしたことを快く思っておらず、無茶と知りながら池元に村瀬を締めるように命じる。

  • 村瀬(石橋蓮司)

    村瀬組組長。山王会に入るために、池元と兄弟杯を交わす。シノギは麻薬売買や、水商売が主の弱小ヤクザの組長。山王会のシマで麻薬を流してしまったことが原因で、関内の怒りを買ってしまう。部下が命令に従わないなど、組長の割には情けない一面もある。

  • 池元(國村隼)

    山王会池元組組長。山王会本家の傘下にありながら、村瀬と兄弟杯を交わす。相手によって言い分を変える二枚舌を使い、自分の私利私欲のためだけに動く。関内から村瀬を締めるように命じられたが、自らの手を汚したくないため、その役割を大友に押し付ける。

  • 加藤稔(三浦友和)

    山王会本家若頭。関内の右腕存在であり、関内の命令は彼を通して命じられることが多い。関内から、どんな不当な扱いを受けても耐えて従っている。冷静沈着な性格である一方、関内の知らないところで刑事と繋がっていたり、村瀬に交渉を持ちかけたりと策略家の一面もある。

  • 片岡(小日向文世)

    「マル暴」の刑事ながら、ヤクザから賄賂を受け取っている悪徳な刑事。大友とは大学時代からの知り合いである。一方、山王会若頭の加藤とも繋がっている。

アウトレイジの見所ポイント

  • 1 『アウトレイジ』は豪華キャストの熱演に、最後まで目が離せない!

    『アウトレイジ』は、日本映画界が誇る名優たちが集結しました。豪華なキャスト陣も見所のひとつです。R15指定で、いわゆる「ヤクザもの」の映画なので敬遠する方も多いかもしれません。

    しかし、ただ荒々しい映画で終わらないのが『アウトレイジ』の面白いところです。どの登場人物も強面で、まさにキャッチコピーの通り「全員悪人」なのですが、その一方情けない一面だったり、人間くさかったりとどこか憎めません。

    暴力的なシーンが続くなか、思わず笑ってしまうシーンが絶妙なさじ加減で出てきます。また、今まで悪者のイメージがなかった役者たちの熱演にも、最後まで目が離せません。

  • 2 すべてはここから始まった! 大人気シリーズの1作目『アウトレイジ』!

    『アウトレイジ』は、今でも絶大な人気を誇る『アウトレイジ』シリーズの第1作目です。2作目『アウトレイジ ビヨンド』、3作目『アウトレイジ 最終章』と、シリーズを重ねるごとに新たなキャストも加わり、ストーリーに過激さが増していきます。

    思わぬ人物の登場、下剋上の末にのしあがった人物の新たな苦悩など、続編2本も十分に楽しめる内容となっています。そしてその物語のすべては、今作から始まったといえます。

    ぜひ『アウトレイジ』からチェックしてみてください! 3作品ともテンポよく、予想外の展開に最後まで目が離せません。

  • 3 北野作品のなかでも、異色な作品の『アウトレイジ』!

    第54回ヴェネツィア国際映画祭の金獅子賞を受賞した『HANA-BI』をはじめ、北野作品は世界各国に熱狂的なファンが多くいます。そんな北野作品のなかでも、『アウトレイジ』は異色の作品といえます。

    必要最低限のセリフ、「動」よりも「静」というイメージが強いのが北野作品です。しかし『アウトレイジ』は、監督自身がインタビューで「ヤクザたちの言い合いのシーンは漫才の間」と答えているように、テンポの良いセリフの応酬や派手なアクションシーンが見られます。

    また北野作品のなかで唯一、続編があるのも『アウトレイジ』なのです。それだけに監督をはじめとした、製作陣の力の入りようも伺える作品になっています。

アウトレイジの評価・感想・レビュー

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 4.8 (2件中)
  • 投稿者名:名無し
    評価: GOOD 投稿日:2023.08.10/21:35

    好き

  • 投稿者名:流れ星
    評価: GOOD 投稿日:2022.09.14/21:21

    面白い

アウトレイジ シリーズのあらすじ一覧

アウトレイジと合わせてよく観られている人気の動画配信作品

この記事の執筆者
aukana編集部
aukana編集部

aukanaは、毎日の生活をほんの少しだけワクワクさせるエンターテイメント情報を届けるメディアです。動画配信サービス、映画、ドラマ、アニメ、漫画、音楽など、エンターテインメント作品に関する情報が満載!