閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

【電車男 (ドラマ)】の動画を配信しているサービスはある??視聴したい人におすすめの動画配信サービス!

電車男 (ドラマ)

電車男 (ドラマ)を配信中の動画配信サービス一覧

電車男 (ドラマ)の動画が配信されているサービス

電車男 (ドラマ)の動画が配信されているサービス詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

電車男 (ドラマ)の作品紹介

電車男 (ドラマ)のあらすじ

ドラマ『電車男』は、2005年7月から放送された。オタクで彼女いない歴23年の「電車男」と、容姿端麗で英語も堪能の仕事ができる才色兼備の「エルメス」が、あるきっかけで電車内で出会い、恋へと発展していく軌跡が描かれている。

恋に臆病な青年が、ネット上の仲間たちからの大きな声援によって、純粋に恋と向き合っていく。主演は、伊藤淳史と伊東美咲が務めている。ほかにも、白石美帆や速水もこみち、小栗旬など豪華キャストが勢ぞろいしている。

東京にある外資系貿易会社グレースフル・トレーディングに勤務している、青山沙織(伊東美咲)。容姿端麗で英語も堪能と、才色兼備の女性である。その日は、会社の同僚である沢崎果歩(佐藤江梨子)たちと、会社が主催する船上パーティーに駆り出されていた。

同じ日、人材派遣会社「ワーカホリック」の営業マンである山田剛司(伊藤淳史)は、友人の松永勇作(劇団ひとり)たちとともに、秋葉原で開催されていた声優イベントに参加していた。

接点のないふたりはその日の夜、電車内で酔っぱらいに絡まれた沙織を、山田が勇気を振り絞って助けたことで出会う。「お礼がしたい」という彼女の気持ちに応え、住所を教えた山田。そのことを、Aちゃんねるの毒男スレッドに書き込むのであった。

電車男 (ドラマ)のクレジット(監督・キャスト)

電車男 (ドラマ)の登場人物・キャスト

  • 山田剛司(伊藤淳史)

    彼女いない歴=年齢の、アキバ系オタクで今作の主人公。ワーカホリックの営業マンとして働いている。ガンプラやボークスなどのフィギュア収集が趣味。おどおどとした気弱な性格で、恋とは無縁だと思っている。Aちゃんねるの毒男のスレッドのなかでは、電車男と呼ばれている。

  • 青山沙織(伊東美咲)

    グレースフル・トレーディングに勤めている美女。モデル級の外見に、実家もお金持ちと育ちも良い。あるきっかけで山田に助けられ、お礼にエルメスのティーカップを渡した。このことから、毒男のスレッド内では、エルメスと呼ばれるようになる。

  • 陣釜美鈴(白石美帆)

    山田が担当している会社に派遣されている、美人OL。見た目の美しさとは裏腹に、とても凶暴で山田を奴隷として扱っている。山田以外の、どんな男でも魅了してしまうほどのテクニックを持ち合わせている。

  • 沢崎果歩(佐藤江梨子)

    グレースフル・トレーディングに勤めている美女で、沙織の親友。オタクを毛嫌いしていて、山田のことを良く思っていない。

  • 観月裕子(須藤理彩)

    グレースフル・トレーディングに勤めている女性で、沙織の先輩。大台間近であることもあり、恋愛や結婚にかなりシビア。

  • 青山啓介(速水もこみち)

    沙織の弟で、モデル並みの長身イケメン。姉想いで、幸せになってほしいと願っている。沙織が元カレに深く傷つけられたこともあり、山田の人間性を疑っている。

  • 松永勇作(劇団ひとり)

    資産家の息子で、山田のオタクの師匠。毒男のスレッドでは、「ギター男」というハンドルネームで投稿している。

  • 川本信二(菅原永二)

    同人活動もおこなっている、山田のオタク友達。アニメについて熱く語ってしまう、理論派オタク。

  • 武田花梨(早織)

    山田・松永・川本がバイブルとしている、アニメ「月面兎兵器ミーナ」のヒロイン声優。毒男のスレッドでは書き込みをした際、電車男に励まされる。

  • 皆本宗孝(小栗旬)

    毒男のスレッドの管理人で、アスキーアートの達人。山田のことをスレッド内で、電車男と名付けた。

  • 牛島貞雄(六角精児)

    熱烈なタイガーズファンのおじさん。毒男のスレッドで、電車男とエルメスの恋を励ましているうちのひとり。ミリタリーオタクで、周りからは軍師と呼ばれている。

  • 山田葵(堀北真希)

    山田の妹で、活発でハキハキと話すイマドキの女子高校生。オタク嫌いで、おどおどした性格のオタクな兄に嫌悪感を抱いている。

  • 黒木文人(佐藤二朗)

    ワーカホリックに勤めている山田の上司。気の弱い山田をいじめるのが、唯一の生きがいであるイヤな上司。

  • 及川尚人(前川泰之)

    ワーカホリックに勤めている山田の同僚。社長の息子であるため、たいして仕事ができないのに、黒木から一目置かれている。

電車男 (ドラマ)の見所ポイント

  • 1 ドラマ『電車男』の主演キャストには、伊藤淳史と伊東美咲が抜擢!

    『電車男』は、インターネットの電子掲示板で誕生した物語をもとに、テレビドラマ化したものです。気弱で女性経験がないオタク男子と、才色兼備のお嬢様であるOL美女との純愛が描かれています。

    オタク男子役には、その後ドラマ『硫黄島〜戦場の郵便配達〜』などで主演を務めた伊藤淳史、OL美女役には『ごくせん』などに出演した、伊東美咲が抜擢されています。

    伊藤淳史の小柄な体型に、おどおどとしたオタクっぽい演技が型にハマっていて、電車男のイメージそのままの高クオリティな作品に仕上がっています。

  • 2 ドラマ『電車男』の主題歌は、サンボマスターの「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」!

    『電車男』は主題歌も魅力的で、高揚感を覚えます。主題歌は、サンボマスターの「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」です。

    2005年8月3日にリリースされた、サンボマスターの5枚目のシングル曲です。このドラマのために書き下ろしされた曲で、純愛にふさわしい心に沁みる歌詞が魅力ですね。

    また、オープニングにはエレクトリック・ライト・オーケストラの「トワイライト」、挿入歌にはC-C-Bの「Romanticが止まらない」などが起用されています。

  • 3 ドラマ『電車男』では、オタク男子と美女の純愛が見所!

    ドラマ『電車男』では、アニメとゲームをこよなく愛するオタク男子・山田剛司と、優良企業に勤めるお嬢様OL・青山沙織の純愛が描かれました。

    普段の生活では出会うことのないふたりが、電車内で酔っ払いに絡まれた沙織を助けたことをきっかけに物語が進んでいきます。

    恋に臆病な恋愛経験ゼロの山田ですが、電子掲示板のスレッドに書き込み、さまざまな人からアドバイスをもらうことで前進していきます。ネットを通じて、世界中がふたりの恋を応援するところに胸が熱くなること間違いなしです!

電車男 (ドラマ)の評価・感想・レビュー

電車男 (ドラマ)と合わせてよく観られている人気の動画配信作品

電車男 (ドラマ)に関する記事一覧

この記事の執筆者
aukana編集部
aukana編集部

aukanaは、毎日の生活をほんの少しだけワクワクさせるエンターテイメント情報を届けるメディアです。動画配信サービス、映画、ドラマ、アニメ、漫画、音楽など、エンターテインメント作品に関する情報が満載!