閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

【Fukushima 50】の動画を配信しているサービスはある??視聴したい人におすすめの動画配信サービス!

提供元:amazon
Fukushima 50
上映中の映画館を探す

Fukushima 50を配信中の動画配信サービス一覧

Fukushima 50の動画が配信されているサービス

Fukushima 50の動画が配信されているサービス詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

Fukushima 50の作品紹介

Fukushima 50のあらすじ

2011年3月11日、国内観測史上最大の巨大地震、東日本大震災が発生。地震による想定外の巨大津波、そして停電が起こり、福島第一原子力発電所で大事故が起きてしまった。

今作はその事故の状況を現地で取材したジャーナリストであり、ノンフィクション作家でもある門田隆将が、2012年に発表した著書『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発』を原作としている。日本アカデミー賞優秀監督賞の受賞歴をもつ若松節朗監督がメガホンを取り、2020年3月に公開された。

東北地方で2011年3月に起きたマグニチュード9.0の巨大地震。その後に起きた巨大津波が、福島第一原子力発電所(イチエフ)を襲った。想定外の浸水によって全電源喪失という、史上最大の危機に直面してしまったイチエフ。

このままでは、原子炉を冷やすことができず、原子炉の融解(メルトダウン)が起き、放射性物質がいっせいに漏れ出してしまう。最悪の場合、被害は半径250kmにも及ぶと予想され、東京を含むその被害予想範囲に住む人々、約5,000万人の命が危機にさらされてしまう。

被害を食い止めるためには、原子炉の格納容器内にたまった蒸気を抜く排気作業(ベント)をおこなわなければならない。が、電源喪失の今、その作業は作業員が真っ暗な原子炉内に突入し、手作業でおこなわなければならないのだった。

過酷な状況下での現場作業員たちの戦いが続く…。

Fukushima 50のクレジット(監督・キャスト)

出演:
佐藤浩市 渡辺謙 
吉岡秀隆 緒形直人 火野正平 平田満 萩原聖人
堀部圭亮 小倉久寛 和田正人 石井正則 三浦誠己 堀井新太 金井勇太 増田修一朗 須田邦裕
皆川猿時 前川泰之 Daniel Kahl 小野了 金山一彦 天野義久 金田明夫 小市慢太郎 伊藤正之 阿南健治
中村ゆり 田口トモロヲ 篠井英介 ダンカン 泉谷しげる 津嘉山正種 段田安則
吉岡里帆 斎藤工 富田靖子 佐野史郎 安田成美

監督:若松節朗
脚本:前川洋一
音楽:岩代太郎
原作:「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」門田隆将(角川文庫刊)
製作:KADOKAWA
配給:松竹、KADOKAWA

Fukushima 50の登場人物・キャスト

  • 伊崎利夫(佐藤浩市)

    福島第一原子力発電所1・2号機当直長。原子炉から最も近い最前線の現場、中央制御室で指揮をとる。地元、福島出身の熱血漢であり、現場にて部下たちを盛んに鼓舞し続ける。所長の吉田とは同い年であり、電話でもタメ口で話す仲。お互いを信頼し合っている。

  • 吉田昌郎(渡辺謙)

    福島第一原子力発電所長。緊急時対策室で指揮をとる。中央制御室の伊崎と電話で連絡を取りながら、極限状態の中で何が最善の策なのかを判断し、伊崎に委ねる。官邸や本店からの現場を無視した指示に対して苛立ちをあらわにする。

  • 前田拓実(吉岡秀隆)

    福島第一原子力発電所5・6号機当直長であり、地震直後から伊崎の応援に駆けつけたプラントエンジニア。危険な作業となるベントに死を覚悟して志願する。

  • 浅野真里(安田成美)

    緊急時対策室で総務班に所属し、作業員たちの安全確保に尽力する。また、本店とのやりとりに奔走する吉田所長を支え続ける。

  • 野尻庄一(緒形直人)

    福島第一原子力発電所の発電班長。吉田所長が率いる緊急時対策室で、大津波のために電源喪失となってしまった原子炉建屋の電源復旧のために尽力する。

  • 大森久夫(火野正平)

    中央制御室管理グループ当直長。伊崎が指揮をとる中央制御室の現場に自ら行き、現場内の最年長でありながら危険な任務に自ら挑む。

  • 平山茂(平田満)

    第2班当直長。非番のため休日であったが、地震発生直後にすぐに現場の中央制御室に駆けつけ、伊崎をサポートする。

  • 井川和夫(萩原聖人)

    第2班当直副長。津波の知らせを受け、外の見回りをしている最中に迫りくる大津波を目の当たりにする。

  • 小野寺秀樹(篠井英介)

    本店常務であり、緊急時対策室総務班に所属。官邸との板挟みになり、現場での混乱をほとんど無視した、困難な指令を出さざるを得ない立場に立たされる。

  • 内閣総理大臣(佐野史郎)

    首相官邸内に設置された危機管理センターで陣頭指揮を執る。周囲の心配をよそに、自らイチエフの現場にヘリで向かう。

  • 伊崎智子(富田靖子)

    伊崎の妻。娘の遥香とともに、福島県富岡町の避難所に避難する。夫のことを心配しながらも、避難所にいる周囲の人々を励まし、気丈にふるまう。

  • 伊崎遥香(吉岡里帆)

    伊崎の一人娘。母と一緒に避難した先で、父との連絡が途絶えてしまう。音信不通となってしまった父のことを心配している。

Fukushima 50の見所ポイント

  • 1 『Fukushima 50』は、原発の様子をリアルに描いた作品! 試写会で語られた過酷な撮影秘話!

    映画の公開に先立って2020年2月におこなわれた特別試写会では、主演の佐藤浩市と共演者の吉岡秀隆、そして若松監督が揃って舞台挨拶をしました。そこで語られた撮影現場の様子は、本当に過酷なものでした。

    巨大地震後の大津波によって、全電源を喪失してしまった福島第一原発の様子をリアルに再現するため、真っ暗闇の中、予備電源もまったくない上に、動きにくい防護服を着て撮影をおこない続けたそうです。

    1週間かけて撮影をおこなった後には皆、頬がこけてげっそり痩せてしまったというエピソードからも、今作の撮影にかける、俳優陣やスタッフの方々の熱意が伝わってきますね。

  • 2 『Fukushima 50』は、原作『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発』の世界観を忠実に再現!

    今作品の原作となったのは、大手出版社のジャーナリストであり、ノンフィクション作家としても有名な、門田隆将によって書かれたドキュメンタリー『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発』です。

    90人以上の関係者への丁寧な取材をもとに、原発事故当時の真実が書き綴られた作品であり、私たちが知っておくべき事実が記されています。その原作の内容を映像として再現し、より多くの人に伝えることは、とても意義のあることです。

    東日本壊滅の危機が迫る中、自分の命を投げ打ってでも被害を食い止めようと奮闘した現場の方々の想いを、私たちは忘れてはいけないと痛感させられます。

  • 3 『Fukushima 50』のタイトルの意味は? 福島50死士とは?

    今作のタイトル『Fukushima 50』は、福島第一原子力発電所で事故が起きた際、最も危険な現場の最前線に残り、被害を最小限に食い止めるために作業をした人たちに対して、欧米のメディアが呼んだ呼称です。

    実際には50人以上いたようで、その後、いまだなお続いている現場での各種作業には、さらに数多くの人々が携わり続けています。これらの人々を称え、総称して「Fukushima 50」という呼称が使われ続けています。

    また、中国メディアでは「福島50死士」と報じられているようです。今作は、少しでも多くの人々が福島第一原発事故のことを考え、後世に語り継いでいくきっかけになるはずです。

Fukushima 50の予告・動画

Fukushima 50の評価・感想・レビュー

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 5 (4件中)
  • 投稿者名:長濱晃弘
    評価: GOOD 投稿日:2020.03.14/22:15

    『Fukushima50』
    まず『3.11を取り扱ってるのに評価低いなんて有り得ない!』と言う人を逆に否定したい。笑

    3.11を取り扱ったからと言ってそれが『映画として良い』訳では無い。
    絶賛している心は映画では無く、災害に対する"想い"では?

    3.11を取り扱った映画で1番良く出来ているのは『シンゴジラ』だと思う。
    『君の名は』『天気の子』も素晴らしかった!それらを怪獣映画やアニメだと言う理由で観る事もせずに、本作を鑑賞して大絶賛している人が、本作の良さを本当に理解出来たとは思えない。映画は"表現"です。ドキュメンタリーでは無い。


    【オープニングの素晴らしさ】
    ・海底が地割れして地震が来て津波が来て飲み込まれる映像。あのVFXが素晴らしい!
    津波の映像ならハリウッドの『カリフォルニアダウン』の方が断然、迫力がある。だけど、日本人としては、直接被害を受けていない人であっても、動機がするほどの大迫力!

    "想い"が技術的に勝るハリウッドの一流映像をも凌ぐ大迫力を感じさせる!
    そしてタイトルがバン!完璧でした!


    【永遠のテーマ:管理側と現場側】
    これはあらゆる職業に共通する事で、『シンゴジラ』同様、急な災害が発生した際の"日本の現状"が描かれていた。
    上記したオープニングで前振り無しでいきなり災害が起きる描き方も『シンゴジラ』と同じ作りで、緊張感を与える作りになってた。

    現場のキャラ構成がリアルでした!
    歳上の部下と歳上のリーダーの関係が良かった。日本には『敬語』があるおかげで会話させるだけでその関係性が示せるし、それが職場としてのリアルさを与える。

    そんな現場のリーダーの上には、少し離れた管理室の渡辺謙。そしてTV電話先の本社、首相という組織の構造が描かれており、そこで命令の伝達による、現場との時差が良かった♪

    『シンゴジラ』ではミサイル発射の中止命令が電話で伝言ゲームとなり、ハラハラする展開がありましたね!


    【地域のリアルさ】
    原発の良い面も描いていた事が本作の最も良い点!地域に原発が来た事で経済的に潤い、出稼ぎに行ってた父が地元に残る事が出来る!など末端の人々の生活を支える希望にさえなっていたんです。

    中学時代に希望の眼差しで見学会に行った記憶、支援にきたアメリカ兵が子供の頃に福島に住んでいた!と史実に基づいたエピソードが映画の設定にリアルさを与えていました!

    あと、商店街にある『原発で明るい町』の看板が起用した事には素晴らしいの一言!


    【映画としての良き表現】
    ●『どうしてこんなにタバコがうめぇんだ』
    ・渡辺謙の台詞!疲れと一息ついた感が完璧に演出されている!そして台詞後にタバコを吸うと"ジュー"て葉が燃える音があってその中に"ピュ〜"て唇が笛みたいになるアレが聴こえるんですよ!笑
    タバコ吸う人にしか分からないと思うけど、その音を入れた事が、台詞の持つ一息付く表現を
    更に引き立てている!録音した人、神!


    ●トイレ掃除のシーンが与える効果
    ・水が来ないからトイレは無法地帯。段ボールにビニールをしてその中に汚物が。そのシーンの後に、部屋にこもっている渡辺謙率いる職員達を、上からのショットで部屋全体として映す!
    生々しいトイレの描写が、観客に"嗅覚"で感じる術を思い出させる。だから風呂に入っていないオジサン達が部屋にこもっている事を"嗅覚"で感じる流れになっている。

    もちろん部屋は汗や加齢臭が充満していて臭いでしょう。これ凄い表現!映像では絶対に分からない事を上手く表現している!


    【まとめ】
    タイタニックの実際の被害者が映画『タイタニック』を観たら事実との相違に怒るかも。
    そんな感じで、これは映画だから物語として成立するように着色がされている。
    だから、良い部分だけを描いている!と内容を否定するのは間違えだと思う。

    かと言って、本作を100%事実だと捉えるのも間違えだと思う。しかし、本作で描かれている背景は紛れもない事実だし、職員達を主人公にした本作のストーリーも大筋は事実!
    そういう正しい判断をする事で、本作の鑑賞は素晴らしい体験になると思う!

  • 投稿者名:やたおか(映画レビュアー)
    評価: GOOD 投稿日:2020.03.08/19:45

    【レビュー】
    この映画を観た感想として一言で言うと「アルマゲドンのように命をかけて日本を守ってくれた彼らに涙が止まらない感動作」という印象です😭

    まず良かったのは、「現場のリアルな描き方」ですね😌
    地震による津波発生から、時間が刻々と進む中で、早く対処しなければいけないという緊迫感を、騒然とした本部や現場で命をかけて戦う人たちの恐怖心を抱く姿によって、非常にリアル表現されていました😌

    また、津波のリアルな演出や、地獄のように見える原子炉周り、地震や爆発による被害演出から、更なる緊迫感でリアルさをつくりだしており、素晴らしかったです🤨

    次に良かったのは「佐藤浩市さんと渡辺謙さんの演技」ですね😂
    彼らにより、いかに緊急事態であるかということの表現や、現場チームでの戦いという印象づけ、そして感傷的な表現を演出し、この作品の良さを何倍にも引き上げているように思いました😂
    特に今回の佐藤浩市の表情と渡辺謙さんの東電本店へ激怒する姿には感銘でした😂
    彼以外の方達の演技も素晴らしかったですけどね!!

    次に良かったのは「問題点の明確な描き方」ですね🤔
    何故ここまでの被害になってしまったのかを、ストーリーの中で明確に表現されていて好印象でした😌
    現場、東電本店、官邸の間での意識&知識の差により苦しむ状態は特に印象的でしたね😂
    ここでの渡辺謙さんが素晴らしかったです😌

    そして「彼らの勇敢さを伝えるテーマ」が一番心に刺さりました😌
    9年前にテレビの向こうで爆発していた原子炉、それはテレビの向こうの話でどこか他人事のように感じていところがあったのかもしれない、そう思わされました。

    彼らが命をかけていなければ、今の日本はどうなってしまっていたのかと考えると、もはや絶望的未来しか見えません。
    1人1人に守るべき家族がいながらも、果敢に立ち向かう彼らには尊敬と感謝の気持ちでいっぱいになりました。。
    大舞台でスポットライトに当たらなかった彼らにそれだけの大きな功績があること知れて良かったです。
    彼らの勇敢な行動を考えると、エンドロールではもう涙が止まりませんでしたね😭

    【総評】
    総評として、「現場のリアルな描き方」「佐藤浩市さんと渡辺謙さんの演技」「問題点の明確な描き方」「彼らの勇敢さを伝えるテーマ」、これらは好印象で、ここ最近の邦画の中でも最高に素晴らしい作品だと思いました😂

    この作品を観て原発の危険さを目の当たりにして完全に悪いものと思ってしまいますが、決してそうではなく、世界の流れではCo2削減に向けて火力発電よりもクリーンな原発のほうが再評価されてきています。
    それに準じて対応すべく、災害時への対策や新たなクリーンエネルギー発電の開発に力を入れて行かなければいけないと思いますね😣

    日本人が絶対に忘れてはいけない出来事です!!完成度の高い作品でもありますので、是非観ることをオススメします🙏

  • 投稿者名:まりりん小豆
    評価: GOOD 投稿日:2020.03.08/16:05

    改めて東日本大震災の恐ろしさを味わって来ました!佐藤浩市さん、渡辺謙さんの迫真の演技も素晴らしかったです!

  • 投稿者名:ちっちゃなきょゥじん💖Little🍀Titan
    評価: GOOD 投稿日:2020.02.14/00:04

    日本人なら観ておくべき作品。
    当時、外側からしか垣間見えなかったフクイチの内情を、臨場感と緊迫感をもって追体験できます。
    結末を知っていても、絶望的状況にヒリヒリし、慄き、やるせなくなる映画。
    岩代太郎の音楽と、五嶋龍のバイオリン🎻も聴きどころ。

Fukushima 50と合わせてよく観られている人気の動画配信作品

Fukushima 50に関する記事一覧

この記事の執筆者
aukana編集部
aukana編集部

aukanaは、毎日の生活をほんの少しだけワクワクさせるエンターテイメント情報を届けるメディアです。動画配信サービス、映画、ドラマ、アニメ、漫画、音楽など、エンターテインメント作品に関する情報が満載!