閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

【Fukushima 50】の動画を配信しているサービスはある??視聴したい人におすすめの動画配信サービス!

Fukushima 50
更新日:

Fukushima 50の動画配信・レンタル情報

Fukushima 50を観たい方におすすめの動画配信作品

現在、Fukushima 50とよく似た 「邦画」 の作品をおすすめとして表示しています。

提供元:U-NEXT

邦画

カイジ 〜人生逆転ゲーム〜

ようこそ、クズの皆様―!1996年から『週刊ヤングマガジン』で連載された福本伸行による人気漫画『賭博黙示録カイジ』は、その後タイトルを変えながらシリーズ作品として現在も2019年も連載中のギャンブル漫画。今作は実写映画化第1作として、『家政婦のミタ』などのヒット作を生み出した佐藤東弥を監督、『マイ☆ボス☆マイ☆ヒーロー』などの人気作品を手掛ける大森美香を脚本に迎え、日本テレビ製作・東宝配給によって2009年10月に公開された。ある日突然借金を背負わされた青年・伊藤開司(カイジ)が借金返済を賭け、命がけで奮闘する姿を描くギャンブルストーリー。定職にもつかずその場しのぎの生活を送る、まさに負け組人生まっしぐらな26歳のカイジ。むしゃくしゃした腹いせに高級外車を蹴っ飛ばしたことで、思わぬ借金を背負うことになってしまう。さらには借金返済のために、通称ギャンブル船と呼ばれる「エスポワール号」に乗車させられることに。そこで待ち受けていたのは、負け組たちの命を賭けたギャンブルバトルだった…。クズ同士の騙し合いから、負けたら文字通り「死」が訪れるデスゲームまで、予測不能の事態が起こるギャンブルクルーズ。さらにカイジの行く手を阻む極悪人・利根川幸雄の存在。数々の困難を乗り越えてカイジは無事、借金を返済することができるのか? 騙し合いの頂点に立ち、未来を手に入れるのは誰だ!?

配信中の動画配信サービス

提供元:FOD

邦画

翔んで埼玉

30年以上前に発表された魔夜峰央の人気漫画を原作に、豪華キャストで実写映画化され大ヒット! 愛と爆笑に包まれた、未だかつてない壮大な茶番劇がついに始動!! ある家族を乗せたワンボックスカーが埼玉県の農道を走り、東京へ向かっていた。 カーラジオからは、“埼玉にまつわる都市伝説”が流れてくる…。 その昔、埼玉県民は東京都民からひどい迫害を受けており、通行手形がないと東京へいくことは許されなかった。 そんななか、東京にある超名門校・白鵬堂学院にアメリカ帰りの帰国子女・麻実麗が転校してくる。 東京都知事の息子で生徒会長の壇ノ浦百美は、はじめは麗に嫉妬心をむき出しにするも、あることをきっかけに心を奪われる。 しかし、百美が愛した麗は…なんと隠れ埼玉県人で、手形廃止を目指して活動する埼玉解放戦線の主要メンバーだった! 正体がバレてしまった麗は追われる身に。 百美は地位も未来も捨て、麗についていくことを決める。 果たしてふたりは手形を撤廃することができるのか? 埼玉、そして日本の未来はー?

配信中の動画配信サービス

提供元:FOD

邦画

コードギアス 復活のルルーシュ

「ゼロ・レクイエム」により、ルルーシュが命を賭して作りあげた争いのない世界。 「日本」の名前を取り戻したエリア11を含め、世界の人々は超合集国を中心に平和な日々を過ごしていた。 しかしその平和は、突如として崩れ去ってしまった…。 『コードギアス 反逆のルルーシュ』劇場版三部作で起こったゼロ・レクイエムから2年後を描いた谷口悟朗監督による映画『コードギアス 復活のルルーシュ』。 ゼロとして黒の騎士団の首席顧問となった枢木スザクは、超合集国の依頼で軍事力を担当するとともに、世界人道支援機構(WHA)名誉顧問となったナナリーの活動を支援していた。 WHAの活動の一環としてハシュバスの難民キャンプを訪れたスザクとナナリーは、謎のナイトメアフレームに襲われ、それに応戦するも敗退を喫して連れ去られてしまう…。 この事件を発端に、続いていた平和に終止符が打たれ、世界はまた戦いに飲み込まれようとしていた…!

配信中の動画配信サービス

Fukushima 50が動画配信されているサービスの詳細

Fukushima 50の作品紹介

Fukushima 50のあらすじ

2011年3月11日午後2時46分、東日本大震災発生。そして福島第一原発事故。日本人誰もが経験し、全世界が震撼した3.11。その最前線で戦い続けた人々の物語。原作は、90人以上の関係者の取材をもとに綴られた門田隆将渾身のドキュメンタリー「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」(角川文庫刊)。2011年3月11日午後2時46分。マグニチュード9.0、最大震度7という、日本の観測史上最大の地震が発生。全てが想定外の大地震による巨大津波は福島第一原子力発電所を襲う。全電源喪失により原子炉の冷却が不可能となり、原子炉建屋は次々に水素爆発を起こし、最悪の事態メルトダウンの時が迫りつつあった。1・2号機当直長の伊崎は次々に起こる不測の事態に対して第一線で厳しい決断を迫られる。所長の吉田は現場の指揮を執りつつ、状況を把握していない本社とのやり取りに奔走。緊急出動する自衛隊、そして米軍。福島第一を放棄した場合、避難半径は250km、対象人口は5,000万人−想像を超える被害をもたらした原発事故。現場では何が起きていたのか?何が真実なのか?浮き彫りになる人間の強さと弱さ。現場と本社、そして官邸との軋轢。東日本壊滅の危機が迫る中、死を覚悟して発電所内に残った職員たちは、家族を、そしてふるさとを守るため、いかにしてこの未曾有の大事故と戦い続けたのかー

Fukushima 50のクレジット(監督・キャスト)

出演:
佐藤浩市 渡辺謙 
吉岡秀隆 緒形直人 火野正平 平田満 萩原聖人
堀部圭亮 小倉久寛 和田正人 石井正則 三浦誠己 堀井新太 金井勇太 増田修一朗 須田邦裕
皆川猿時 前川泰之 Daniel Kahl 小野了 金山一彦 天野義久 金田明夫 小市慢太郎 伊藤正之 阿南健治
中村ゆり 田口トモロヲ 篠井英介 ダンカン 泉谷しげる 津嘉山正種 段田安則
吉岡里帆 斎藤工 富田靖子 佐野史郎 安田成美

監督:若松節朗
脚本:前川洋一
音楽:岩代太郎
原作:「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」門田隆将(角川文庫刊)
製作:KADOKAWA
配給:松竹、KADOKAWA

© 2020『Fukushima 50』製作委員会

Fukushima 50のフォトギャラリー

Fukushima 50の評価・感想・レビュー

Fukushima 50と合わせてよく観られている人気の動画配信作品

※配信されている作品は、サービス各社の状況によって配信スケジュールが変更される場合がございますので詳しくは、動画配信サービス各社のサイトにてご確認ください。

ページトップ