閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

Diner ダイナー

映画 邦画
Diner ダイナー
更新日:

Diner ダイナーが今すぐ観れる

\おすすめの動画配信サービス/

Diner ダイナーを観たい方におすすめの動画配信作品

現在、Diner ダイナーとよく似た 「邦画」 の作品をおすすめとして表示しています。

提供元:amazon

邦画

劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲 完全版

『ポケットモンスター』シリーズの記念すべき初の劇場版! 差別という重いテーマを、「本物」と「コピー」とに分かれたポケモンたちを通して描く、感動のポケモン・アドベンチャー。 ポケモンマスターを目指して修業の旅を続けるサトシたちに、一通の招待状が届けられる。その送り主である最強のポケモントレーナーを名乗る人物に会うために、サトシたちはその人物の居城であるポケモン城へと向かう。 しかしそれは、かつて人間によって造り出されたポケモン「ミュウツー」による、人間たちへの逆襲のはじまりに過ぎなかった。 ミュウツーの持つ絶大な力と、彼によって造りだされた優れたコピーポケモンたちを前に、太刀打ちできないサトシたち。絶体絶命の危機を迎えたそのとき、サトシたちの前に幻のポケモン、「ミュウ」が現れる。 ミュウとミュウツーを中心に、「本物」と「コピー」たちの己の存在をかけた戦いが、今はじまる!

配信中の動画配信サービス

提供元:FOD

邦画

ワンピース(ONEPIECE) FILM GOLD(ゴールド)

新世界の“怪物”が動き出す!!!物語の舞台は、世界中の名立たる海賊、海兵、大富豪たちが集う、世界最大のエンターテインメントシティ“グラン・テゾーロ”。そこでルフィたちの前に現れたのは、金の力で世界政府ですら容易く動かし、天竜人をも懐柔する絶対的な権力を持つ“黄金帝”ギルド・テゾーロ。豪華絢爛な街の裏ではテゾーロによる圧倒的な支配が渦巻き、ルフィたちはなすすべもなく街の非情なルールに飲み込まれていく。そんな中、テゾーロから天竜人への「史上最高額の天上金」の存在が明らかとなり、その支配力は世界を揺るがすほどの暴走をはじめていた。遂に動き出した新世界の“怪物”に、ざわめきはじめる世界政府、そして革命軍――。「自由とは、支配とは」この海を制するための答えを求め、ルフィたちの信念を懸けた闘いが幕を開けようとしていた。(C) 尾田栄一郎/2016「ワンピース」製作委員会

配信中の動画配信サービス

提供元:amazon

邦画

十二人の死にたい子どもたち

死にたい…、だけど“殺される”のはいや!! 集団安楽死のため廃病院に集まった少年少女12人が、いるはずのない“13人目の死体“をめぐって嘘と騙し合いを繰り広げる密室サスペンス!13人目は一体誰なのか? そして、殺人鬼はこの12人の中にいるのか…? 猜疑心と恐怖が押し寄せる中、逃げ場なしのノンストップ・サスペンスゲームが今幕をあける!!それぞれに理由があり“安楽死の会”に参加した12人の少年少女たち。彼らは会場である廃病院への到着順に【1】〜【12】までの番号札を取り、地下の自殺会場へと向かった。しかしそこには、なんといるはずのない“13人目の死体”が静かに横たわっていた…。病院内の至る所に残る不自然な犯行の痕跡、次々と起こる不可解な出来事、…まさか、この12人の中に殺人鬼が!? 一体誰が、何の目的で? “死にたい、けど殺されたくはない”彼らは、犯人を見事突き止め念願の安楽死を遂げられるのか?

配信中の動画配信サービス

Diner ダイナーの動画配信・レンタル情報

Diner ダイナーの作品紹介

Diner ダイナーのあらすじ

ようこそ殺し屋専門の食堂へ―美味いメシを食うか? それとも死ぬか?

映像化不可能と言われた平山夢明原作のホラー小説を、監督・蜷川実花×主演・藤原達也の最強タッグで衝撃の実写化。

客は全員殺し屋のダイナー<食堂>で、殺し合いのゲームが開宴。蜷川監督が手掛ける幻想的な映像と個性的な殺し屋たちが繰り広げる殺し合いに、貴方は目を奪われる! 本能を極限まで刺激する未体験サスペンスがいざ始まるー。

日給30万円を謳う怪しいアルバイトに手を出したオオバカナコは、ウエイトレスとして”命がクズ同然”の殺し屋専用のダイナー<食堂>に売られてしまう。この食堂の店主は、元殺し屋で天才シェフのボンベロ。この食堂でのルールは「1、シェフに従うか、死ぬか。」「2、殺し屋以外、入店不可。」「3、どんな殺し屋でも、平等に扱う。」というもの。

次々と訪れる殺し屋たちのオーダーはボンベロの極上の料理か、はたまた殺し合いか…? 店主、ウエイトレス、殺し屋たちを巻き込んだ「殺し合いの狂宴」がいま始まる…!

Diner ダイナーのクレジット(監督・キャスト)

藤原竜也
窪田正孝 本郷奏多/武田真治 斎藤 工 佐藤江梨子 金子ノブアキ
小栗旬/土屋アンナ/真矢ミキ/奥田瑛二
監督:蜷川実花、原作:平山夢明『ダイナー』(ポプラ社「ポプラ文庫」)
脚本:後藤ひろひと 杉山嘉一 蜷川実花 音楽:大沢伸一

Diner ダイナーの登場人物・キャスト

  • ボンベロ(藤原竜也)

    殺し屋専門ダイナー<食堂>の店主。元は凄腕の殺し屋だったが、現在は殺し屋から足を洗っており、ダイナー内ではその料理の腕前で王のように君臨している。ダイナーで勝手な振る舞いをする者に対しては相手が誰であろうと決して許さない。味はもちろんのこと、見た目もとても美しい極上の料理を生み出す天才シェフである。

  • オオバカナコ(玉城ティナ)

    幼いころ母に捨てられ、祖母に育てられた少女。誰のことも信じることができず、料理だけが心のよりどころである。日給30万円を謳う怪しいバイトに手を出し、殺される寸前のところで、ボンベロのダイナー<食堂>に新人ウエイトレスとして売られてしまう。

  • スキン(窪田正孝)

    全身に凄まじい傷跡を持つ殺し屋。その傷だらけの容姿から、殺し屋たちからは「雑巾男」などと揶揄される。ボンベロとは古い仲であり、ダイナーでの立ち居振る舞いは紳士的。辛い境遇のカナコに同情し、ダイナーから救い出そうとする。

  • キッド(本郷奏多)

    虎視眈々とカナコの命を狙う年齢不詳の殺し屋。一見幼い子どものような外見をしているが、全身整形やホルモン注射を繰り返し、骨格にまで手を加えた結果である。無邪気に笑いながら死体を切り刻むサイコパス。

  • ブロ(武田真治)

    ダイナーの常連で、筋肉自慢の荒くれ者。堪能なスペイン語を話し、4人組”ロス・チカーノス”の仲間とともにダイナーでも度々バカ騒ぎを繰り広げる。酒と同じくらい女が大好き。カナコの前のウエイトレスにも、手を付けた挙句殺してしまった。

  • カウボーイ(斎藤工)

    カウボーイみたいな恰好をし、キャンディを舐めながらカタコトの英語で叫ぶハイテンションな男。「運転するだけで即金30万円」という怪しいバイト先でカナコと出会った。

  • ディーディー(佐藤江梨子)

    怪しいバイト先でカウボーイとともにカナコの前に現れた女。ド派手な化粧と服装で、カウボーイのことを「ダーリン」と呼ぶ。危険な仕事の最中もカウボーイと熱烈なキスを何度も交わし、終始ラブラブなところを見せつける。

  • ブタ男(金子ノブアキ)

    組織の男。カナコのことを殺そうとしていたが、カナコの「料理が得意です。おいしいものが作れます」の一言を聞き、カナコのことをボンベロの食堂(ダイナー)に売り飛ばした。

  • マテバ(小栗旬)

    組織内の東のトップで「東のマテバ」と呼ばれる。スキンのボス。容姿端麗・頭脳明晰な殺し屋で、美しい昆虫を寵愛している。

  • マリア(土屋アンナ)

    組織内の西のトップ「西のマリア」。女性ながら、自分の倍以上ある大男たちを冷酷に殺しまくる殺しのプロ。根っからの女王気質の持ち主で、その美しさと強さを武器に多くの殺し屋たちのトップに立つ。

  • 無礼図(真矢ミキ)

    組織内の北のトップ「北の無礼図」。美しき男装の麗人。腹心の部下に荒裂屈巣と雄澄華瑠を従えている。「美しいことは正しい」という確固たる信念を持っている。

  • コフィ(奥田瑛二)

    組織のナンバー2であり、南のトップ「南のコフィ」。物静かな老紳士に見えるが、些細な理由から躊躇なく部下を撃ち殺すことができる生粋の殺し屋。

Diner ダイナーの見所ポイント

  • 1 蜷川実花監督が手掛ける色彩美に目が離せない!

    本作の監督は、世界的に有名な写真家としても知られる蜷川実花さんです。蜷川実花さんの作品は、とにかくカラフルで鮮やかな色彩を持ち、その独特の世界観から熱狂的なファンも多くいます。

    2007年公開の『さくらん』、2012年公開の『ヘルタースケーター』に続いて、蜷川実花さんの劇場監督作品3作目となる本作も、「蜷川実花ワールド」全開の世界観が繰り広げられます。

    ダイナーの内装から食材一つひとつに至るまで、とにかく画面に映るすべてが色彩豊か。蜷川実花さんの代名詞ともいえる「花」も多く取り入れられており、その幻想的な映像に目が離せません。

  • 2 とにかくキャストがすごい!豪華な出演陣の演技は圧巻!

    本作の主演は演技派俳優として人気の藤原竜也さんです。さすがの演技力で、藤原竜也さん演じるボンベロの迫力に一気に物語に引き込まれます。ヒロインは最近注目されている女優の玉城ティナさん。親に捨てられた少女役という難しい役どころを見事に演じていました。

    ほかにも、窪田正孝さんや本郷奏多さん、小栗旬さん、真矢ミキさんなど、豪華すぎる出演陣が個性的なキャラクターを見事に演じており、その演技力は圧巻です。

    ちょっとした役で有名な女優や俳優などが出演されており、最後のクレジットを見たときに驚く方も多いのでは? 誰がどの役で出ているのか、もう一度映画を見たくなるかもしれません。

  • 3 殺し屋たちのバトルを盛り上げる音楽にも注目!

    監督である蜷川実花さんからの直々のラブコールによって「MONDO GROSSO」の大沢伸一さんが本作の音楽担当を務めています。

    大沢伸一さんといえば、音楽プロデューサーだけではなくDJとしても活躍しており、その独特なサウンドはとにかく斬新。殺し屋たちのバトルシーンには、大胆にもクラシックの名曲、ドヴォルザークの『新世界』を起用しています。「バトルシーンにクラシック!?」と思うかもしれませんが、大沢伸一さんのアレンジにより絶妙な仕上がりとなっており、後半のバトルシーンを盛り上げます。

    蜷川実花さんの手掛ける映画の世界観ともマッチしており、目だけではなく耳でも作品を楽しむことができます。

Diner ダイナーの予告・動画

映画『Diner ダイナー』本予告【HD】2019年7月5日(金)公開

Diner ダイナーの評価・感想・レビュー

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 5 (3件中)
  • 投稿者名:長濱晃弘
    評価: GOOD 投稿日:2019.07.10/01:43

    『ダイナー』
    美術面に大絶賛です!
    内容とかストーリーは日本人が大好きなやつですね。国内向けの映画でした。

    正直、万人ウケはしない!
    漫画のようなキャラ、在り来たりなストーリー、見慣れた料理モノのお腹が鳴るような感じ、時代遅れのアクションやキャラのポージングシーンなどで楽しめなかった人も沢山いると思う。

    しかし変わりやすいほどの見慣れた設定に、監督独自の表現を加える事で、敢えて他作と比較させる作り!しかもそれが芸術的に優れた表現!

    エンタメ映画では無く芸術作品!



    【①舞台調の表現】
    冷たいコンクリートのビル、地面と現代社会の中にスーツを着た人々。
    周りの人が後ろに揺れてまた歩き出す。あの奇妙な動きが傑作ですね!
    皆が同じ身なりで同じ行動をしているプログラムされた社会の中で主人公だけが孤立している感が表現として独特で最高♪
    (憧れの街の色鮮やかさとのギャップも良い)

    また、生い立ちやネガティブ思考を舞台調に表現する。観客の興味を引きつけ、一気に主人公の人柄を説明します。

    そして拘束シーン。『お前を活かしておいておれ達に何の得がある?』そこで自分は料理が好きだと気付く。その主張が世間に初めて自分をアピールした瞬間ですよね。そして店に送られる流れは、面接に合格し就職したかのようですね。


    【②音響面〜リズムが恐怖心を演出〜】
    恐怖で心臓の鼓動は激しくなりますよね?そんな時、何か一定のリズムを与えられると、人は恐怖心を煽られるんです。
    それは心臓の鼓動リズムを乱されるから。

    藤原竜也の初登場。主人公は身の危険を感じてドキドキ。そこに心臓の鼓動よりも遅いテンポで包丁を研ぐ音が聞こえてくる。

    そして階段を降りる音が心臓よりも早いテンポで。恐怖がジワジワと現れて、目の前にやってくる瞬間と2段階の恐怖を表している。


    【③ロウソクの灯り】
    この店に残りたい!と自分の生き甲斐を見つけた主人公。『要らなくない』と言われ、人生で初めて人に必要とされた訳です。
    そこで優しいロウソクの灯りが店内に灯されるんですよね♪
    これまで、ずっとギラギラしたネオンばかりだったのに。主人公の人生に初めて光が灯った時、ロウソクの優しい火の光が灯る。
    またラスト間際、主人公を守ろうとする藤原竜也がマッチを使って店内を爆発させる。
    主人公が他人に大事にされる描写は、優しい灯りで統一されている。


    【④赤い薔薇とピンクの桜】
    四天王が殺されるシーン。飾られていた薔薇が散る。赤ドレスの遺体、黒スーツの遺体が倒れるカットで、そこに赤い薔薇の花びらがある事で、絵面としての美しさを表現する。
    (本作には無いけど個人的に美しいと思う色の組み合わせは黒8割、赤2割)

    薔薇はアクションシーンにも活かされている。
    薔薇が持つどこか危なしげなイメージがピッタリでした。

    そしてキリスト教を連想させるクラシック。しかし途中でアレンジされた曲だと気付く。
    クラブ的なビートがイカす音楽。そして『マトリックス』みたいなアクション。

    あのアクションはもちろん一流じゃない!
    ただ見慣れたポーズを見慣れたカメラワークで見せる事で観客の記憶にある似た映画のシーンと脳内で比較される。
    それによって本作独特の美術的な映像表現が際立つ作り。

    そしてアクションが終わると店内に防災の水が降り注ぐ。それが飾りの桜を刺激して、大雨と散る桜!とさっきまでの真っ赤な薔薇の刺激的な映像から優しさの映像に切り替える。


    【⑤その他の映像技術について】
    ●CGや合成にも挑戦していました!
    あの犬は、邦画にしてはそこそこクオリティあったのでは?もちろん藤原竜也があやすシーンは机で犬が死角になっていて実写とCGが重なる部分は隠してあったけど。

    ●子供になった殺し屋
    子役には出来ない表情での演技が不気味さを出していたし、子供の体に大人の顔がついている事がクリーチャーとしての不気味さも演出していたと思う(^^)

    やはりバックからのショットや顔だけアップなど、背景付きの表からの全体像はあまり出してませんでしたけど。1シーンだけ実写の主人公と2人で映ってるシーンがあった。
    『一緒に逃げようよー』と言ってくる最初の方。あそこは暗いシーンだったから上手く隠せていたし、あのキャラはスカーフを巻いているから合成の繋ぎ目を隠す役割も果たしている。

    要はまだ日本に技術として十分で無い映像にも挑戦しており、その欠点を隠す視覚効果を万全体制でやっている!

    逆に隠す為の手段が、視覚効果をアピールした形になってもいると思う(^^)

  • 投稿者名:まつも
    評価: GOOD 投稿日:2019.07.06/23:48

    ネタバレを含むレビューです。

    ティナちゃん激かわいい。
    殺し屋が土台だからグロいかなと思ったけど、そこまでだった。
    蜷川幸雄が出てきたのにはビックリした!笑

  • 投稿者名:ケンシン/映画マッチメーカー
    評価: GOOD 投稿日:2019.07.05/21:10

    作品:Diner
    評価:[A]良作(映画館で観てほしい)

    【感想】
    眼福、満腹、大満足!
    殺し屋ばかりの絶望的環境で、平凡な少女が過去を乗り越え成長していく逞しさと爽快感が至高。色彩豊かな世界観と料理に見惚れ果て、視覚と脳と心が満たされるドリームタイムに、我を忘れてのめり込む。
    確実に劇場は食堂(ダイナー)に変貌してた。
    自分らしさは自分で築く!
    オオバカ(大馬鹿)くらいで丁度イイ!

    【作品のテーマ】
    自分らしさ

    【作品の見どころ】
    たくましく成長するオオバカナコ(玉城ティナ)の姿は必見!
    キャラクターの持つ魅力を引き出す演技力は、役者陣の中でベストでした!
    今後公開予定の「惡の華」(2019年9月27日)や「地獄少女」(2019年11月15日)で彼女の演技を見るのが楽しみで仕方ありません。

    【作品のプラス&マイナスポイント】
    (Good)
    ・カナコとボンベロの精神的成長&変化
    ・光と陰の関係にあるカナコとスキン(窪田正孝)の対比
    ・お手本のようなストーリー構成&展開
    ・個性的なキャラクターたち
    ・映像美
    ・音楽

    (Bad)
    ・ボスキャラと対峙したときの圧倒的強敵感不足
    ・ミスが命取りになる、という描写の説得力が乏しくやや緊迫感に欠ける

    【総評】
    圧倒的に不利な環境に理不尽に投げ込まれながらもそれを乗り越え、前に進むカナコの姿勢はぼくらの日常にも通用する。
    居場所がないなら作ればいい。自信がないなら付ければいい。破壊と創造のバランスが気持ち良い作品。

    【こんな人にオススメ】
    ・自分らしさって何だろう?
    ・自分の居場所がない気がして仕方がない
    ・自信が持てない
    ・色鮮やかな世界観に触れたい

    ストーリー:★★★★☆
    テーマ:★★★★☆
    キャラクターの魅力:★★★★☆
    サスペンス/緊張感:★★★☆☆
    レッスン/教訓:★★★☆☆
    ユーモア/笑い:★★★☆☆
    アクション:★★★☆☆
    お色気:★★★☆☆

    【評価の目安】
    SS:超傑作(さっそく映画館へ!!)
    S:傑作(絶対に映画館で観てほしい)
    A:良作(映画館で観てほしい)
    B:佳作(できれば映画館で観てほしい)
    C:凡作(暇つぶしにどうぞ)
    D:駄作(レンタルでどうぞ)
    E:時間泥棒(地上波のながら見でどうぞ

Diner ダイナーが動画配信されているサービスの詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

Diner ダイナーと合わせてよく観られている人気の動画配信作品