閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

【神の手】の動画を配信しているサービスはある??視聴したい人におすすめの動画配信サービス!

画像はありません。

神の手を配信中の動画配信サービス一覧

神の手の動画が配信されているサービス

神の手の動画が配信されているサービス詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

神の手の作品紹介

神の手のあらすじ

それは、延命させる手か? 安楽死させる手か? 現代日本に安楽死は必要なのか…

2019年6月期にWOWOWプライムで全5話が放送された現代の終末期医療の在り方を問う、衝撃の医療サスペンスエンタテインメント。

原作は現役の医師でありながらベストセラー作家でもある久坂部羊により2010年出版の同名小説。今作までに久坂部の作品がドラマ化されたのは『第三のミス〜まず石を投げよ〜』(2009年)、『無痛〜診える眼〜』(2015年)、『破裂』(2015年)の3作品。

今作で主人公を演じる椎名桔平は『破裂』に続き、久坂部作品2作目の主演。共演は杉本哲太や鈴木砂羽、北村有起哉に坂井真紀、近藤正臣など実力派俳優が顔を揃える。

腕が良いと評判の外科医・白川泰生(椎名桔平)は肛門がんと診断された21歳の古林章太郎(葉山奨之)の主治医となる。章太郎は手術を受け、退院をしたが、数か月後にがんの転移が判明。がんの進行が速く、悪化していくにつれ、耐え難い痛みが章太郎を襲う。

章太郎に付き添い、懸命に支えてきた伯母の晶子(坂井真紀)もあまりの状況に精神的に追い込まれ、ついに白川に安楽死の処置を懇願。その願いを拒否し、あらゆる治療法を試みた白川だったが、もはや手の施しようがない状態に追い込まれてしまった。痛みに苦しむ章太郎を目の前に、苦悩する白川。彼はついに患者の希望通り、安楽死の処置を行うことを決断するのだが…。

神の手のクレジット(監督・キャスト)

神の手の予告・動画

神の手の評価・感想・レビュー

神の手と合わせてよく観られている人気の動画配信作品

この記事の執筆者
aukana編集部
aukana編集部

aukanaは、毎日の生活をほんの少しだけワクワクさせるエンターテイメント情報を届けるメディアです。動画配信サービス、映画、ドラマ、アニメ、漫画、音楽など、エンターテインメント作品に関する情報が満載!