SHARE

contents kv

出典:amazon

2020/08/02
10 0

『Re:ゼロから始める異世界生活』のキャラ.登場人物46人を徹底解説!

大人気アニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』(略称:リゼロ)は、 異世界に来てしまった主人公の少年と不思議なファンタジー世界の住人達で描かれるスペクタクル作品です。作品を彩る、魅力的なキャラクターについて、性格や強さなど、様々な視点から解説していきたいと思います!

目次

大人気アニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』(略称:リゼロ)は2016年に全25話でテレビ放送されました。

原作のライトノベル小説はシリーズ累計500万部突破し、2017年3月には日本のポップカルチャー作品を世界に紹介するイベント「SUGOI JAPAN Award 2017」にて、アニメ部門とラノベ部門の両方でファン投票1位を獲得!

この記事では、『Re:ゼロから始める異世界生活』を支える個性あふれるキャラクター、主人公、ヒロイン、悪役、そして時には仲間となり敵にもなる多くの登場人物について、解説していきたいと思います!

アニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』のあらすじについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

『Re:ゼロから始める異世界生活』の主要キャラ

それでは、ここから主人公を含む、本作のメインキャラクターとなる登場人物たちをご紹介していきます。


キャラ1 ナツキ・スバル/菜月 昴(声優:小林裕介)

出典:amazon

年齢:17歳
身長:172cm
体重:66kg
誕生日:4月1日


本作『Re:ゼロから始める異世界生活』の主人公。

とある理由から引きこもり生活を送っていた少年ですが、ある日コンビニからの帰り道、唐突に異世界に転移させられます。

転移後に自身を助けてくれた少女エミリアに一目惚れし、異世界生活を送ることになります。

普段は明るく冗談や軽口を口にしてばかりの快活な性格で、『Re:ゼロから始める異世界生活』のコミカルな要素を担い、ボケとツッコミの両方をこなしています。

パックのような動物のもふもふした毛並みが大好きで、モフリストを自称するなどの一面も。

前向きでコミュニケーション能力がとても高く、関わってきた多くの人と親しくなることでも困難に立ち向かいます。アーラム村の子供たちと仲が良く、子供好きな面も見られる。

身体能力は、街のチンピラ程度であればなんとか戦えるという普通の一般人レベルです。

ひ弱というわけではなく、引きこもり中に自主的にトレーニングを積んでいたため、体力はあります。

ルグニカに来てからはヴィルヘルムに剣の訓練をつけてもらい、修行に励んでいますが、本物の騎士には到底敵わず、魔法もほとんど使えません。

単純な戦力としては劇中ではあまり活躍せず、知恵と機転で乗り切っています。

ナツキ・スバル/菜月 昴の性格・特徴

出典:amazon

自身を助けてくれた人には文字通り命がけで助けようとする傾向がとても強く、二度も自分を殺害しているレムすら救おうとします。

また、人間観察力に優れ、わずかしか時間を過ごしていない子供やラムやレムの本心を見抜いたりといった様子が描かれています。

メンタル面は、傷つきやすく精神力は決して強くはありません。

何度も自身が殺され、大切な人を守れずに失っては死に戻りでそれを繰り返すという苦難に直面し、劇中では何度か廃人状態になることも。

基本は善人でも、ペテルギウスのような恐ろしい相手には憎悪を向けるなどといったこともあり、時に迷い暴走することもあります。

しかし、それでもその精神的苦痛を乗り越え、諦めずに立ち向かう様子が描かれることが本作の大きな魅力に繋がっています。

ナツキ・スバル/菜月 昴の「死に戻り」の能力

スバルは、「死に戻り」という特殊能力を持っています。

「死に戻り」とは、死ぬ度に特定の時間まで、記憶を保持したままタイムリープにより戻ってくる能力です。

維持されるのは自分の記憶のみで、他者は影響を受けません。

「死に戻り」の能力に関しては謎が多く、現時点では下記の内容が判明しています。

この現象を起こしているのはスバルの体の中にいる「魔女」によるものであり、その魔女はスバルが死に戻りの能力について口にしようとするとスバルの心臓を掴み苦痛を与えること。

また、スバルが能力について口にする、もしくは死ぬ度に「魔女の残り香」という特殊な匂いを纏わせることです。

キャラ2 エミリア(声優:高橋李依)

出典:amazon

実年齢:114歳
外見年齢:18歳
身長:164cm
体重:羽のよう
誕生日:9月23日


本作『Re:ゼロから始める異世界生活』のメインヒロインです。

銀髪のハーフエルフの精霊術師で、ルグニカ王国の次期国王候補者。

スバルが異世界で出会い、スバルのことを助けた少女です。

銀髪の美少女だが、その容姿は「嫉妬の魔女 サテラ」と瓜二つであるため、人々からは常に偏見の眼で見られ続けてきました。

そのため、「自分は嫌われている」と思い込んでいる傾向にあります。

スバルからは普段は「エミリアたん」という愛称で呼ばれているが、真面目なシーンでは「エミリア」と呼ばれています。

パックからは「リア」とも呼ばれています。

エミリアの性格・特徴

出典:amazon

心優しいお人好しな性格です。

本人は自分は「そんなに出来た人じゃない」と思っており、認めようとしません。

人に優しくしているようでも、それはあくまで自分のためだと主張しています。

しかし、その本質は利他主義的な考えによるもので、自分自身を好きになれないことの裏返しでもあるようです。

天使のような優しさから、スバルには「E・M・T(“エミリアたん・マジ・天使”の略)」と評されています。

一方で、注意するところはしっかりと意見する気の強い一面も。

その際に母親のような口調で言い聞かせることが多いため、スバルからは「おかん目線」と言われています。

また、「おたんこなす」「おったまげたでしょ」などの古い言い回しを口にする癖も。

エミリアの戦闘能力

出典:amazon

戦いを好む性格ではなく、戦闘シーンは少ないが、戦闘力は高いです。

火の精霊パックと契約しているため四系統の魔法を使いこなす「精霊術師」

特に氷系魔法を得意としています(「火の精霊」とは「熱量を操る精霊」という意味)。

キャラ3 レム(声優:水瀬いのり)

出典:amazon

年齢:17歳
身長:154cm
体重:鉄球より軽いように思える
誕生日:2月2日


本作のもう1人のメインヒロインです。人気投票ではほぼ1位となるほど人気が高いキャラクターです。

ロズワール邸のメイドを務める鬼族の少女で、ラムの双子の妹。

ロズワール邸では最も家事が得意で、実質取り仕切っています。料理・洗濯・掃除など、ほぼすべてにおいてラムやスバルより優秀。

青髪に青い眼の少女で、右眼が髪で隠れています。服装は常にメイド服。

普段は隠れているが、「鬼化」(鬼族の力の解放)する際には頭に角が1本生えます。

ほぼ双子のラムと同じ体格ですが、ラムに比べると胸が大きめ。

レムの性格・特徴

出典:amazon


敵でない限り、他者には常に丁寧語で喋ります。

初期と後期ではやや性格が異なっており、スバルと出会った当初は無表情で慇懃無礼だったが、彼に救われたことで明るくなり、後期ではよく笑うようになります。

内心は激情家でもあり、鬼の里を滅ぼした魔女教を激しく憎んでいます。

スバルに救われて以降は、彼を異性としても恩人としても慕うようになり、常に寄り添っています。

認めた相手には献身的であり、スバルの危機の際には文字通り命を懸けてまで救おうとするほど。

双子のラムに関しても、仕事ができない彼女のことをまったく責めず、甘やかしている傾向が。

その理由は、かつてラムが自分をかばったために角を折られ力を失ったと考えているためで、贖罪のために姉に尽くそうとしていました。

しかしスバルと出会って以降はあまりそういった考え方はしなくなり、純粋に姉として慕っているようです。

レムの戦闘能力

出典:amazon

見た目に反して戦闘力は高く、水魔法の使い手です。

攻撃魔法と回復魔法の両方を扱うことが可能で、モーニングスター(鎖の付いた刺付きの鉄球)を武器とするなど腕力も強め。

鬼化すると更に強くなるが、理性が失われ暴走する危険性も伴います。

しかし、それでも角を失う前の双子のラムには及ばないとか…。

『Re:ゼロから始める異世界生活』のロズワール邸のキャラ

ロズワール邸には、主人公のスバルをはじめ、個性豊かな住民が暮らしています。

ここからは、ロズワール邸の屋敷に暮らしているキャラクターたちを解説していきます!

キャラ4 ロズワール・L・メイザース(声優:子安武人)

出典:amazon

年齢:精神的には400歳以上(肉体は不詳)
身長:186cm
体重:60kg台
誕生日:9月16日


ロズワール邸の当主で、エミリアの後見人です。


ピエロのようなメイクをした辺境伯の貴族で、スバルからは「ロズっち」と呼ばれています。

ロズワール・L・メイザースの性格・戦闘能力

常に間延びした喋り方をする、掴みどころのない性格。

王国でも変わり者として知られています。

懐は深く、スバルを雇うことなどにほとんど抵抗がない。

宮廷筆頭魔術師で「魔導の加護」を持ち、魔術師としては作中トップクラスの実力者です。

格闘など体術の腕も高め。

キャラ5 パック(声優:内山夕実)

出典:amazon

年齢:420歳
身長:9cm(可変)
体重:5g


エミリアのパートナーである猫型の精霊で、火属性(温度操作)による氷魔法を得意とする。


エミリアと契約し彼女に力を貸しています。

本来の姿は巨大な獣だが、契約により現在の姿となっています。

毛並みがモフモフで、手触りがとてもいいらしく、スバルからは非常に気に入られています。

また、ベアトリスからも「にーちゃ」と呼ばれ慕われています。

エミリアが死亡した場合には本来の姿に戻り、エミリアを拒絶した世界を滅ぼす行動に走ることになります。

劇中では3度エミリアが死亡し、その度に氷魔法で周囲を凍らせていき、スバルも凍死させている。

パックの性格・戦闘能力

のんびりとした、おとなしくマイペースな性格。

基本的に常にエミリアと行動を共にしていて、彼女を「娘」と称しています。

ただし、エミリアを傷つけられるなどして本気で怒った場合は非常に凶暴な一面も…。

本来の戦闘力は世界を滅ぼすほど強大な大精霊だが、契約により人に扱えるレベルまで弱体化しています。

普段はエミリアの持つ結晶の中で休んでいて、日中の朝の9時から夕方5時の間しか活動できません。

キャラ6 ラム(声優:村川梨衣)

出典:amazon

年齢:17歳
身長:154cm
体重:膝に乗せても重くない
誕生日:2月2日


ロズワール邸のメイドを務める鬼族の少女で、ラムの双子の姉です。

ピンク色の髪に赤い眼をしており、レムとは対照的に左眼が髪で隠れています。

服装は常にメイド服で、ほぼレムと同じ体格だが、胸が小さい。

スバルのことを「バルス」と呼んでいます。

家事をはじめとしてロズワール邸での仕事のほぼすべてがレムより劣っていますが、素人レベルというわけではありません。

得意料理はふかし芋。

ラムの性格・戦闘能力

レムと対照的にエミリアやロズワールなど一部の者以外には丁寧語は使わず、常に傲岸不遜な態度を崩さず、マイペース。

一見冷たそうだが、実際は情に厚く優しい性格。

劇中ではレムと異なり、スバルに殺意を向けたのは呪いでレムが死んだときのみでした。

レムとの姉妹仲は良好。何をやらせてもレムの方が優秀なことは自覚しているが、コンプレックスなどは抱いていません。

同時に、どれほどレムが優秀でも自分は姉だという意識が強く、常に妹の身を案じています。

かつては鬼族の天才と呼ばれ、強大な力を操ることができましたが、魔女教に角を折られたため力の大半を失ってしまいます。

そのため、風属性の魔法を使えますが、戦闘力はレムに劣ります。

角を失ったため慢性的にマナが不足しており、毎晩ロズワールからマナ供給を受けています。

そのためロズワールに強い恩義と愛情を感じていて、誰よりも慕っています。

キャラ7 ベアトリス(声優:新井里美)

出典:amazon

年齢:11、2歳相当
身長:140cm


ロズワール邸の隠し部屋、「禁書庫」を管理する幼女の姿の精霊。


スバルからは「ベア子」という愛称で呼ばれていて、一人称は「ベティー」。

金髪ドリルの髪型と瞳が蝶の形になっています。

ベアトリスの性格・戦闘能力

出典:amazon

「~かしら」という語尾で喋り、基本的に誰に対しても尊大で不愛想。

しかし、実際は優しくお人好しな一面も。

スバルのことは「腹立たしい奴」と邪険にしつつも、何度も助けています。

パックとは親しく「にーちゃ」と呼び、慕っています。

戦闘はあまり行いませんが、陰魔法を極めており、呪いの解除や治癒魔法など、様々な魔術を使いこなすことが可能です。

『Re:ゼロから始める異世界生活』の国王選出選挙(王選)に関わるキャラ

主人公であるスバルが召喚された国・ルグニカ王国では、王族が全員病で倒れてしまったため、王位を継承できる者がいなくなってしまいました。

そのため、王選にて継承者が決められることになります。

ここからは、その王選の候補者となるキャラクターとその仲間をご紹介していきます。

キャラ8 クルシュ・カルステン(声優:井口裕香)

出典:amazon

年齢:20歳
身長:168cm
体重:課せられた責任や重圧よりは軽い
誕生日:4月4日


王選の候補者の1人で、最有力候補と言われている。

ルグニカ王国カルステン公爵家当主。

男装をしていて喋り方も男口調だが、女性。

クルシュ・カルステンの性格

礼儀正しく、スバルのことは「卿」(けい)と呼んでいます。

誠実だが、自分にも他者にも厳しい性格。

劇中では何度かスバルの懇願を退けたことがあり、それにより犠牲者が出ても「領地の範囲外なので自分の責任ではない」と切り捨てることも。

一方で、一度認めた相手には義に厚く助力を惜しみません。

終盤で白鯨討伐に成功した際、その功績を独占することもできましたが、エミリア陣営と分け合うのでした。

スバルからは「俺の心の一番目と二番目が埋まってなかったら、かなり危ないところだった」と評されていて、エミリアとレムの次にスバルと関係が深い女性。

当主としては強いカリスマ性を持ち、周囲には自然と人が集まる才能を持っています。

若くして当主の座を引き継いだ才媛で、戦略にも富み、「風見の加護」という特殊能力で相手の嘘を見破ることができます。

クルシュ・カルステンの戦闘能力

戦いでは自ら先陣に立って剣を振るう剣士です。

しかし、単純な実力ではヴィルヘルムやラインハルトには及びません。

「百人一太刀」という、射程を無視して相手に斬撃を与える剣技を使用する他、風系統の魔法を得意とします。

キャラ9 フェリス / フェリックス・アーガイル(声優:堀江由衣)

出典:amazon

年齢:19歳
身長:172cm
体重:ひ・み・ちゅ♪
誕生日:1月16日


クルシュの騎士で、フェリスは愛称。

猫耳にフリルの服装を纏っていて一見女性に見えますが、男性です。

フェリス / フェリックス・アーガイルの性格

クルシュとは幼少期からの付き合いで、強い信頼関係と忠誠心を持っています。

人懐っこくスバルにも友好的ですが、常にクルシュを第一に考えて行動しています。

フェリス / フェリックス・アーガイルの戦闘能力

王都随一の治癒魔法の使い手で、スバルの呪いの後遺症治療も受け持っています。

戦いでもその治癒魔法は大いに役立っているが、攻撃魔法などはあまり得意ではありません。

キャラ10 ヴィルヘルム・ヴァン・アストレア(声優:老年期 堀内賢雄/青年期 石川界人)

出典:amazon

年齢:61歳
身長:178cm
体重:60kg台後半
誕生日:5月7日


愛称はヴィル爺。

クルシュの執事で、常に執事服を着てクルシュに付き従っています。

ファンの間で人気が高く、スピンオフ小説では主役を務めています。

アニメ版では若い頃の様子も描かれ、回想シーンでは主人公となっています。

ヴィルヘルム・ヴァン・アストレアの性格

自他共に認める愛妻家。

妻のテレシアは先代の「剣聖」ですが、14年前に魔物の白鯨に襲われて死亡しています。

亡くなった後でも彼女への想いは全く変わっておらず、長年白鯨を倒す機会を心待ちにしていました。

クルシュに似て誠実で義理堅い性格で、認めた相手には徹底して敬意を払います。

スバルとの関係にもこの性格が現れており、物語の中盤ではスバルに剣の稽古をつけています。

後に白鯨討伐を成功させたことから、スバルに深い恩義を感じ、魔女教討伐の戦力として自ら志願。

以降はスバルと行動を共にし、スバルがエミリアを助けるのに大きく貢献するのでした。

魔女教の脅威に意気消沈しかけたスバルに「戦え!」と励ましの言葉を贈るなど、孫と祖父のような親しい関係になっています。

ヴィルヘルム・ヴァン・アストレアの戦闘能力

「剣鬼」の名で知られている剣の達人。

加護や魔法の才能は全くないが、単純な剣の腕は作中トップクラス。

普段は抑えているが、オーラだけでスバルを圧倒するほどです。

研鑽により剣技を極め、「剣聖」の妻に匹敵するほどの実力を得た努力家。

キャラ11 アナスタシア・ホーシン(声優:植田佳奈)

出典:amazon

年齢:22歳
身長:155cm
体重:持ち歩く財布の方が重い
誕生日:3月10日


王選の候補者の1人で、ルグニカの近隣国カララギの大手商会を率いる商人。

薄紫色の髪と白いドレスを纏った少女。

カララギ弁(関西弁に近い)で喋ります。

私兵として傭兵団「鉄の牙」を保有しており、自ら戦闘は行いません。

アナスタシア・ホーシンの性格

出典:amazon

強欲であり、王選に参加した理由は王国を手中に収めるため。

ビジネス至上主義で、自分の利益を最優先するため、ときに冷酷かつ狡猾な手段に走ることもあります。

相手に手の内を探られないため、常に笑顔を絶やさず隙を見せません。

ただし、満足の行く利益や報酬を相手が提示すればその限りではなく、相手にも礼と義を尽くす一面もあるなど、良くも悪くも商人。

貸し借りはきっちり返す主義であり、功績を収めれば助力は惜しまないなど気前のいいところも。

キャラ12 ユリウス・ユークリウス(声優:江口拓也)

出典:amazon

年齢:21歳
身長:179cm
体重:70kg前後
誕生日:7月7日


アナスタシアの騎士で、「最優」という称号を与えられています。


王国の近衛騎士団所属。

整った顔立ちに優雅な振舞いで、生まれも高貴。

ユリウス・ユークリウスの性格

騎士であることに強い誇りを持っており、軽々しく騎士を名乗ったり騎士の名を汚すような者は見過ごすことができない性格。

騎士の誇りに厳格であるため、大した実力もなく騎士を自称するスバルに決闘を申し込み、一方的に痛めつけるという容赦のなさを見せつけることも。

そのため、スバルからは嫌われています。

しかしスバルも自分の軽率な行動や彼の行動理念は理解しているため、憎んではいません。

終盤では本来近衛騎士団が成すべき白鯨討伐を成功させたことからスバルを認め、心から感謝しています。

それにより一応は和解しましたが、互いに大嫌いだという感情は変わらず、スバルからは「天敵」と評されています。

ユリウス・ユークリウスの戦闘能力

剣の腕も魔法技量も優れています。

「誘精の加護」を持ち、精霊を目視することが可能であるため、使役することも可能。

決して生まれや身分に胡坐をかかず、自分にも他人にも厳しく、鍛錬を怠りません。

キャラ13 リカード・ウェルキン(声優:乃村健次)

年齢:39歳
身長:206cm
体重:140kg


アナスタシアの保有する傭兵団「鉄の牙」団長を務める獣人。


アナスタシアを「お嬢」と呼んでいます。

大柄で声も大きく、カララギ弁で豪快に喋るのが特徴。

リカード・ウェルキンの性格

ワイルドながら人情に厚く、傭兵団の部下からは慕われています。

パールバトン兄弟のことを気にかけたりと、アナスタシア陣営のお父さん的存在。

リカード・ウェルキンの戦闘能力

見た目に似合った大ナタを武器に豪快な戦い方を得意とする戦士で、パワーに優れ、その実力は近衛騎士からも認められています。

ヴィルヘルムと連携して戦うことが多いです。

キャラ14 ミミ・パールバトン(声優:藤井ゆきよ)

年齢:14歳
身長:135cm
体重:30kg台
誕生日:5月5日


三つ子であるパールドン三姉兄弟の長姉。

アナスタシアに仕えており、傭兵団「鉄の牙」の副団長。

ミミ・パールバトンの性格

奔放な性格で子供っぽいが、裏表のない性格からアナスタシアからは可愛がられています。

ミミ・パールバトンの戦闘能力

戦闘力は三姉兄弟の中で最も高く、弟のどちらかと連携することで声を衝撃波にして放つことが可能。

キャラ15 ヘータロー・パールバトン(声優:藩めぐみ)

年齢:14歳
身長:135cm
体重:30kg台
誕生日:5月5日


パールバトン三姉兄弟の真ん中で男の子。姉と同じく傭兵団「鉄の牙」の副団長を務めています。

ヘータロー・パールバトンの性格

ミミと対照的に大人しくおっとりしています。

周囲への気遣いが上手いため、ある意味最も副団長としての仕事をしています。

ミミには振り回されてばかりだが、姉には甘い。

ヘータロー・パールバトンの戦闘能力

戦闘時は、指示出しをするなど部隊を率いる場面が見られます。

また、戦闘力も高く、劇中ではミミと連携して白鯨に立ち向かいます。

キャラ16 ティビー・パールバトン(声優:下和田ヒロキ)

年齢:14歳
身長:135cm
体重:30kg台
誕生日:5月5日


パールバトン三姉兄弟の末弟。「鉄の牙」の副団長。

ティビー・パールバトンの性格

三姉兄弟の中では最も落ち着いた理知的な性格で、モノクルをかけているのも特徴です。

ティビー・パールバトンの戦闘能力

戦場よりもアナスタシアの会計係としての仕事を行っています。

キャラ17 フェルト(声優:赤崎千夏)

出典:amazon

年齢:14歳
身長:153cm
体重:猫みたいに軽い
誕生日:8月8日


王選の候補者の1人で、金髪に赤い眼の小柄な少女。

貧民街に暮らしていた底辺層の住民。

天涯孤独の身で、スリなどの軽犯罪をしながら生計を立てていました。

エミリアの徽章(きしょう)を盗んだことがきっかけでスバルと知り合います。

その後、彼女自身も何故か徽章に選ばれ、王選の候補の1人となります。

王座に興味は全くありませんでしたが、家族同然のロム爺を助けるために渋々参加することに。

フェルトの性格

王室や貴族を嫌っているため、王国の政治体制をひっくり返すことを方針としています。

一方で底辺層の弱者の気持ちを誰よりも理解しているため、仁義には厚く、「強く生きろよ」が座右の銘。

フェルトの戦闘能力

「風の加護」の持ち主で、素早い動きが可能。走るのが早く、壁を駆け上がることもできます。

キャラ18 ラインハルト・ヴァン・アストレア(声優:中村悠一)

出典:amazon

年齢:19歳
身長:184cm
体重:70キロ台
誕生日:1月1日


現在の「剣聖」の称号を持つ騎士で赤毛の青年。

歴代の剣聖の中でも最強と言われています。

フェルトを王選候補者として祭り上げ、彼女の騎士となりました。

ラインハルト・ヴァン・アストレアの性格

ユリウスとは親友ですが、彼ほど厳格ではなく、スバルに対して友好的。

スバルの軽率な発言に対してもあまり気にしていません。

気取ったところもなく、雰囲気も柔らかい。それでいて正義感も強いという、ほぼ完璧な人間。

ヴィルヘルムの孫ですが、家族関係はあまりよくありません。

ラインハルト・ヴァン・アストレアの戦闘能力

原作者公認の作中最強のキャラクター。

魔法は全く扱えませんが、「剣聖の加護」「矢避けの加護」をはじめ、さまざまな加護と卓越した剣の腕を持ちます。

ただし、劇中では序盤以降は戦闘シーンがほとんどありません。

キャラ19 ロム爺(声優:麦人)

出典:amazon

年齢:100歳超
身長:220cm
体重:160kg超
誕生日:2月20日


巨人族の老人。

貧民街で「盗品蔵」という店を経営していて、盗品を売りさばくなどを仕事としています。

フェルトからは「じいちゃんみたいな存在」と慕われていて、家族同然の付き合い。

ロム爺の性格

見た目は威圧的だが、性格は良識的。

ロム爺の戦闘能力

いざとなれば巨大な棍棒を武器に戦います。

キャラ20 プリシラ・バーリエル(声優:田村ゆかり)

出典:amazon

年齢:19歳
身長:164cm
体重:所有する装飾品の数々より軽い
誕生日:9月7日

王選の候補者の1人。

オレンジ色の髪に赤い眼の女性で、いつも赤い派手なドレス姿で扇子を扇いでいます。

プリシラ・バーリエルの性格

出典:amazon

「この世の全ては自分に都合の良いように出来ている」と公言して憚らない傲岸不遜な性格。

「太陽の加護」を強く受けていることから、日中に行動すれば本当に彼女の都合のいいように物事が進むという異常な豪運を持っています。

これまで8回も結婚し、その度に夫が亡くなり遺産を相続しています。

気まぐれな気分屋だが、クルシュとは異なるタイプのカリスマ性の持ち主。

一方で箱入りなところがあり、リンガ(リンゴに酷似した果物)を皮をむいた状態でしか見たことがありません。

プリシラ・バーリエルの戦闘能力

アニメでは戦闘シーンはほとんどありませんが、陽魔法の使い手です。

キャラ21 アルデバラン(声優:藤原啓治)

年齢:推定40歳前後
身長:173cm
体重:70kg前後


プリシラの騎士。愛称はアル。

顔を黒い鉄兜で覆っているため、素顔は不明。

何故かスバルのことを馴れ馴れしく「兄弟」と呼びますが、アニメでは出番が少ないため真意は不明。

アルデバランの性格

敬語や丁寧語を全く使わず、プリシラのことを「姫さん」と呼んでいます。

飄々とした性格で、自らを「渋くて気のいいオッサン」と評しています。

アルデバランの戦闘能力

土属性で、土壁を魔法で作り、その壁によって防御や攻撃を繰り出して戦います。

『Re:ゼロから始める異世界生活』のアーラム村のキャラ

ロズワールの別邸近くにある村落・アーラム村。

村に住む子供たちは年齢10~12歳で、スバルに懐いています。

幼いため、一般の大人のように偏見を持っておらず、ハーフエルフのエミリアのことも「優しいお姉さん」と思っています。

終盤ではスバルの計らいにより同じ竜車に乗ることになり、村人とエミリアの橋渡し役となります。

キャラ22 ペトラ・レイテ(声優:高野麻里佳)

年齢:12歳
誕生日:2月14日


アーラム村に住む子供達の代表格の少女。

頭の大きなリボンが特徴で、将来は都で服を作る仕事をするのが夢。

スバルには特に懐いていて、魔獣の襲撃から救ってもらって以降は拍車がかかっています。

アーラム村の子供では最も出番が多いです。

キャラ23 リュカ(声優:芳野由奈)

薄着の少年。

村一番の木こりだという父親の跡を継ぐのが夢。

キャラ24 ミルド(声優:小林由美子)

肥満体の男の子。

花冠を作って母親にプレゼントしたいとスバルに話していました。

キャラ25 メイーナ(声優:桑原由気)

ツインテールの女の子。

もうすぐ妹が産まれるらしい。

キャラ26 カイン(声優:篠田みなみ)/キャラ27 ダイン(声優:石上静香)

カインとダインは兄弟。

将来どちらがペトラをお嫁さんにするかで張り合っているらしい。

キャラ28 若返りババア/ミルデ・アーラム(声優:伊沢磨紀)

アーラム村の村長の老婆で、派手な身なりをしています。

スバルをはじめとした若者の尻を撫でるというセクハラをしては「若返った」と口にする変な癖を持っています。

キャラ29 ムラオサ/ラスフム・アーラム(声優:佐々木健太)

村民で、若返りババアの弟。

ムラオサという呼称はただの愛称で、見た目が村長っぽいだけのただの老人です。

『Re:ゼロから始める異世界生活』の悪役! 狂信集団「魔女教」のキャラ

嫉妬の魔女であるサテラに仕える狂信集団「魔女教」。

「魔女教」のキャラクターたちは、主人公・スバルやエミリアの前に立ちはだかる存在です。

キャラ30 サテラ(声優:未公開)

400年前に世界を滅ぼしかけたと伝えられている「嫉妬の魔女」。

銀髪に紫の眼のハーフエルフで、外見はエミリアに瓜二つ。

ルグニカでは誰もが知っていて、400年経ってもなお人々から恐れられ、口にすることすら阻まれる存在です。

魔女教(特にペテルギウス)からは崇拝されています。

本作序盤では、スバルと出会ったばかりのエミリアがハーフエルフである自分と関わらせたくなかったため、本名を伏せ偽名として使用していました。

キャラ31 ペテルギウス・ロマネコンティ(声優:松岡禎丞)

出典:amazon

年齢:402歳
身長:180cm(参考は最初の体)
体重:50kg台(参考は最初の体)


魔女教大罪司教のうち「怠惰」担当で、緑色の髪を切り揃えた痩躯の男性。

アニメ第1期におけるラスボス的存在でスバルの宿敵。

本作の悪役ながら、声を担当した松岡禎丞さんの凄まじく狂気的な演技が好評となりました。

松岡禎丞さんは「今までのどの作品よりも、感情ののせ具合が難しかった」と語っています。

嫉妬の魔女「サテラ」を病的に崇拝する狂信者で、その精神は完全に狂っています。

怠惰」であることを何よりも重い罪と考えていて勤勉であろうとし、それを他者にも強要します。

それ故に、口癖は「アナタ、『怠惰』デスね?」。他にも「脳が震える!」という意味不明な言葉も頻繁に使用。

首を横に90°傾けて話すのが特徴。

自身が勤勉であろうとするため、戒めとして自らへの自傷行為(指をかむ、頭をぶつけるなど)を頻繁に行っています。

スバルが「魔女の残り香」を纏っているため、彼を「魔女に寵愛された敬虔な魔女教信徒」だと勘違いして執拗に狙ってきます。

魔女教の「福音書」という予言書に従い、メイザース領の住民を虐殺をくわだて、2度の時間軸でエミリアやラムを含めた住民を殺害しているため、スバルからは激しく憎まれている。

「見えざる手」という、文字通り不可視の手を操ります。

その手は数十本まで増やすことが可能で、伸縮自在であり力も強い。

憑依する特殊能力も持っており、殺害してもその意識を「指先」と呼ばれる別の信徒の体に乗り移らせることで復活が可能。

あらかじめ体と波長が適合する配下を「指先」として確保しておく必要があり、劇中では10人存在します。

指先がすべて倒されれば復活はできませんが、劇中では何故かスバルの体と波長が合ってしまい、憑依されることとなってしまいました。

キャラ32 ケティ・ムッタート(声優:家中宏)

一見ただの商人の中年男性だが、その正体は魔女教信徒で指先の1人。

連絡係を務める他、エミリアの竜車に爆発する「火の魔石」を設置している。

キャラ33 白鯨(はくげい)(声優:未公開)

出典:amazon

嫉妬の魔女が生み出したと言われている巨大な魔物で、全長50mもの白いマッコウクジラに似た巨体でありながら飛行しています。

14年前にヴィルヘルムの妻にして先代の「剣聖」テレシアをも殺害したほどの強さ。

耐久力がずば抜けて高く、斬りつけて血を流してもほとんどダメージを受けません。

巨体だけでも脅威なのですが、霧を操る能力も持っています。

ただの目くらましとしての霧の他、「消滅の霧」と呼ばれる霧を浴びた者はこの世界から消滅し、存在したことすら他者から忘れられてしまいます。

また、ダメージが蓄積すると3体に分裂することが可能。

魔獣の性質として、スバルが纏わせている「魔女の残り香」の臭いを本能的に追ってしまいます。

劇中ではスバルが囮となることで罠に誘導され、大樹に下敷きとなり万策尽きました。

『Re:ゼロから始める異世界生活』のその他キャラ

ここからは、スバルの竜やヴェルヘルムの愛妻、王都に住む行商人などのキャラクターたちをご紹介していきます。

キャラ34 エルザ・グランヒルテ(声優:能登麻美子)

出典:amazon

年齢:23歳
身長:168cm
誕生日:4月29日


序盤においてスバル達と敵対した暗殺者の妖艶な美女。

「腸狩り」という名で知られていて、殺害する相手の腹を裂いて内蔵を観察することを趣味とする異常者。

何者かの依頼され、エミリアの徽章を狙っています。


グルカナイフに似た剣を多数操ります。魔法は扱えませんが、その速さはかなりのもの。

あくまで仕事であるためスバルやエミリアに恨みはありませんが、2度の時間軸でスバル、フェルト、ロム爺、エミリアを殺害しています。

最終的にラインハルトによって倒され、逮捕されました。

敗れはしたものの最強キャラクターであるラインハルトの攻撃を見切るなど、動体視力がずば抜けているようです。

キャラ35 パトラッシュ(声優:未公開)

スバルが白鯨討伐の際に、クルシュから贈られた俊足の地竜。

数ある竜の中からスバルが「一目ぼれ」と評して選び、討伐後もスバルの相棒となります。性別はメス。

気位が高く普通は扱いにくい竜のはずですが、何故かスバルには懐いています。

過去にロズワール邸にヴィルヘルムと共に来たことがあり、その際にスバルとも対面していました。

普通の人間なら2人乗せることも容易で、劇中ではスバルとレムの2人で乗ることも多いです。

レムからは「どちらがスバルの役に立つか」という点でライバル視されています。

キャラ36 コンウッド・メラハウ(声優:梅津秀行)

かつての白鯨との戦いの生き残りで、テレシアの剣をアストレア家へ持ち帰った初老の男性。

ヴィルヘルムとは古い付き合いで、彼より少し若いです。

一戦を退いていましたが、ヴィルヘルムの呼びかけにより白鯨討伐に参加することに。

クルシュ曰く、現在でも剣の腕は現役の騎士にも後れをとらないとのこと。

キャラ37 テレシア・ヴァン・アストレア(声優:高橋未奈美)

出典:amazon

ヴィルヘルムの愛妻。

劇中では故人で、回想シーンにのみ登場する赤髪の女性。

先代の「剣聖」であり、当時は最強の剣士でした。

剣聖の家系に生まれますが、争いを好まない温和な性格であり、花が大好きでした。

それでも剣聖として戦わなかればならない責務に悩んでいましたが、ヴィルヘルムと出会い、彼が自分に勝利するほど強くなってくれたことから、剣聖の重圧から解放されたのでした。

そしてヴィルヘルムと結婚します。

しかしその後、白鯨との戦いで死亡。

以降、ヴィルヘルムは妻の仇として白鯨を追い続けています。

キャラ38 ラッセル・フェロー(声優:大川透)

年齢:29歳
身長:180cm
体重:60kg台


王都の商人組合代表者。
貧民街・裏路地の顔役。

金髪の長髪にスーツを着た男性。

同じ商人としてアナスタシアとは交流が深く、クルシュとも王都で武器の取引などを行っていました。

中盤では白鯨討伐にあたり、スバルの携帯電話を譲渡することを条件に協力します。

キャラ39 オットー・スーウェン(声優:稲田徹)

年齢:20歳
身長:177cm
体重:60kg台
誕生日:3月24日


行商人の青年。

ごく普通の一般人だが不幸体質であり、よく面倒ごとに巻き込まれます。

戦闘力は大したことはありませんが、護身術と簡単な魔法程度なら扱えます。

仕事柄、竜車の扱いに長けていてルグニカの地理にも詳しいです。

アナスタシアほどではないが商人であるため、報酬を提示されれば行動は迅速。

キャラ40 マーコス・ギルダーク(声優:稲田徹)

王国近衛騎士団の団長。

緑色の刈り上げた髪にいかつい顔をした30代ほどの男性です。

ラインハルトなどには及びませんが、団長として十分な剣の腕を持っています。

キャラ41 トン(声優:山本格)/キャラ42 チン(声優:室元気)/キャラ43 カン(声優:山下大輝)

王都を根城とする3人組のチンピラ。

本名は、トンがガストン・チンがラチンス・カンがカンバリー。

異世界に転移したばかりのスバルに絡んできましたが、実力は大したことはなく、見るからにザコ的なキャラクター。

ただし、1度スバルをナイフで刺し、殺害しています。

後にスバルが王都に再来した際にもプリシラに絡んでいたため、スバルは「この街にチンピラってお前らしかいないのか?」とツッコまれています。

キャラ44 カドモン・リッシュ(声優:三宅健太)

王都の街で果物屋を経営している男性。

いかつい容姿ですが、本質は優しく義理堅いです。

妻子持ちで、家族を大切にしています。

一方で、良くも悪くも普通の感性の持ち主であり、ハーフエルフであるエミリアが国民から恐れられているのも当然のことと考えています。

キャラ45 ラクシャ(声優:山村響)


カドモンの妻。

キャラ46 プラム(声優:田中あいみ)

カドモンの娘で、街で迷子になっていたところをスバルとエミリアに助けられます。

『Re:ゼロから始める異世界生活』のキャラ、登場人物まとめ

いかがでしたでしょうか。

アニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』を支える個性豊かなキャラクターたちを徹底解説してみました。

既に見た方も、これから見る方も、魅力あふれるキャラクターのことをより詳しくなった上で再度視聴することによって、より深く作品を楽しめるでしょう。

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

「アニメ」人気ニュースランキング