SHARE

contents kv

出典:amazon

2019/12/24
368 0

【ヱヴァンゲリヲン】「エヴァンゲリオン2号機」元祖ツンデレヒロインの愛機の設定と活躍まとめ!

『新世紀エヴァンゲリオン』および『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズにて、ヒロイン・惣流(式波)アスカの愛機として名高い「エヴァンゲリオン2号機」。深紅のパーソナルカラーと縦横無尽な戦いぶりは、エースの機体と言うに相応しいでしょう。テレビ版と新劇場版では扱いが全く違うのも魅力です。これから『シン・ヱヴァンゲリヲン劇場版:||』を控える中で、もう一度「EVA2号機」の活躍を振り返ってみましょう。

目次

「エヴァンゲリオン」ってそもそも何?

出典:amazon

エヴァンゲリオンとは、テレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』および『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズに登場する架空の人型兵器です。その体は機械ではなく人工的に作られた体組織でできていて、作中でもロボットではなく「人造人間」として扱われています

操縦は「エントリープラグ」と呼ばれるコックピット一体型の脱出カプセルを脊髄に打ち込み、プラグ内を満たす「L.C.L」と呼ばれる液体を通して、神経伝達によって行われています。操縦というよりは一体化という表現が近く、その精度を表す値として「シンクロ率」という数値を常に気にして戦うのが特徴となっています。

基本的には電力で稼働し、たいていの場合は「アンビリカルケーブル」という電力供給線を繋いだまま戦います。ケーブルが邪魔になったり、ケーブルの範囲外で戦わなければならない場合、内部電力で1~数分の活動が可能です。

しかし本来は生命体であることから、電力の供給なしに活動してしまうこともあります。多くの場合それは「暴走」と呼ばれる状態であり、そうならないようにパイロットはシンクロ率を高め、エヴァンゲリオンを自分の支配下に置かなければなりません。また全身を覆っている鋼の装甲も防具であると同時に、暴走を押さえつけるための拘束具としての役割を果たしています。

エヴァンゲリオン2号機とそのパイロット

出典:amazon

エヴァンゲリオン2号機(弐号機)は、先行量産型として開発された純戦闘用のエヴァンゲリオンです。「零号機」「初号機」を経て培ったデータを最大限に活用し、使徒と戦うことに特化した作りになっています。量産型は主に海外の支部で開発されており、そのうち2号機はヨーロッパの生まれとなっています。

独特な深紅のボディはパイロットである惣流(式波)アスカのパーソナルカラー。カメラアイが四つついたフルフェイス状のヘルメットから、特殊部隊員のような印象を受けます。しかし中には本当に目が4つあるため、やっぱり人外の生命体ですね。

『新劇場版』からは額に三日月型の二本角が追加。隊長機のような風格を備えつつ、初号機が一本角だから対比しての二本角のようにも感じられます。さらに「獣化」と呼ばれるリミッター解除を用いたアグレッシブな戦いもできるように。

量産型と言うこともあり、零号機や初号機に比べれば多くのパイロットが操縦できる仕様になっています。テレビ版・新劇場版を通せば搭乗者は3人と、全エヴァンゲリオン中最多です。

メインパイロットはヒロイン「惣流(式波)・アスカ・ラングレー」

出典:amazon

エヴァンゲリオン2号機のパイロットはヒロインの1人である惣流(式波)・アスカ・ラングレーです

――あんた、バカぁ?

のセリフでおなじみの元祖ツンデレヒロイン・アスカですが、実は14歳で大学を卒業している天才児。英語、ドイツ語、日本語のトライリンガルで、ヨーロッパ方面のNERVにおけるエースパイロットでもあります。

それらは血のにじむ努力によって手に入れたものでした。だからこそ司令官のお気に入りでパイロットをやっているようにしか見えないレイや、息子だからチルドレンに選ばれたシンジを「エコヒイキ」「ナナヒカリ」と呼んで軽蔑しています。

その戦い方は大胆不敵なもので、半ばやけくそなシンジ、繊細なレイとは一線を画しています。それは自分とEVAに絶対の自信を持っているからで、戦術や作戦を100%成功させる覚悟があるからです

自信はエヴァンゲリオンとのシンクロに必要不可欠。その一方で挫折を知らなかった彼女は、使徒との熾烈な戦いの中で自分の無力さと向き合わなければならなくなっていきます

エヴァンゲリオン2号機の装備

出典:amazon

エヴァンゲリオン2号機は純戦闘用ということもあり、零号機や初号機以上に豊富な武器を使用します

プログレッシブ・ナイフ」や「パレットライフル」といった汎用装備の他、二枚刃の長刀である「ソニックグレイヴ」や大斧「スマッシュホーク」、牽制用の「ニードルガン」など、2号機と共にリリースされて以降のEVA汎用装備となった武器が数多く存在しています。使徒に対しては射撃武器よりも、質量で勝る近接武器の方が有用であることから、近接武器が大半を占めていますね。

新劇場版からは「超電磁洋弓銃」や「サンダースピア」など、近接武器を応用した中距離武器も確認されています。

量産型ゆえか専用装備といったものはありません。その代わりに、次々と開発されていく量産装備の先行配備を受け続けています

改修につぐ改修はエースの機体だからこそ

出典:amazon

エヴァンゲリオン2号機には専用装備がない代わりに、『新劇場版』から様々な改修バリエーションが追加されました。その大半が修理改修によるものであり、歴戦の機体であることの証でもあります。

主なバリエーションのひとつとしては『新劇場版:破』の初登場時に使用された「空中挺進専用S型装備」。空からの落下補助用とはいえ、エヴァンゲリオンが空を自在に翔ける姿はとても印象的でした

『破』にて「獣化第2形態」を使用した激戦を経た後は、『新劇場版:Q』にて大改修を施した「改2号機」がお披露目されました。反NERV組織「Wille」の所有となっている本機は、欠損した生体パーツを機械で補っており、サイボーグのような見た目をしているのが特徴です。

機械化により武装の換装がさらに容易になり、結果として汎用兵器としての側面が強く押し出されています。動力源もバッテリー式が採用されたことで、宇宙空間での戦いが可能になったことも大きな変化でしょう

そんな改修に次ぐ改修も、すべては2号機がどんな激戦でも撃墜されずに戦い抜いているからです。新劇場版の操縦者であるアスカとマリが、パイロットとしていかに優秀であるかの表れと言えるでしょう。

エヴァンゲリオン2号機の活躍 これこそ、本物のエヴァンゲリオンなのよ。

エヴァンゲリオン2号機は、メインパイロットのアスカをして「本物のエヴァンゲリオン」と語るように戦闘での華々しい活躍を見せています。特に初登場時にはテレビ版、新劇場版ともに単独で使徒を圧倒してしまうほど

それまでの戦いが初号機と零号機の共闘や、初号機の暴走による辛勝ばかりであることを考えると、機体・パイロット共にいかに優れているのかが分かります。もちろん先の2機のデータがあってのことでしょうが、使いこなしているのは2号機とアスカです。

機体そのものに関しては、テレビ版と新劇場版では若干のカラーリングと額の角の他、所属と名称に僅かな違いがあります。

テレビ版ではNERVドイツ支部製で、機体表記は「弐号機」。

新劇場版ではNERVユーロ支部製で、機体表記は「2号機」。

この違いが今後どのような差異を生むか分かりませんが、「獣化」などの違いを考えると、見た目が似ているだけで全くの別物という可能性も考えられています。

テレビ版『新世紀エヴァンゲリオン』での活躍

出典:amazon

テレビ版では第八話から登場です。日本へ移送中の弐号機を積んだ船を第6使徒「ガキエル」が襲撃したことで、アスカの判断によりスクランブル発進。艦隊と共に単独で使徒を撃滅しました。その後は日本支部の預かりとなって、シンジらと共に使徒殲滅に力を注ぎます。

始めは初号機・零号機の2機分の働きをこなしていた弐号機でしたが、第13使徒「バルディエル」戦での不意の敗北から暗雲がたちこめます。直後の第14使徒「ゼルエル」には全く歯が立たず、第15使徒「アラエル」戦でアスカの精神は完全に破壊。補充要員の渚カヲルがパイロットを引き継ぎますが、彼の離反により初号機の手で活動停止に追い込まれています

続く旧劇場版ではアスカの復帰と共に量産型EVAの群れへと立ち向かいます。弐号機に封じ込められている母・キョウコの魂が共鳴して初号機のように暴走しかけましたが、寸前でトドメを刺されてしまいました

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズでの活躍

出典:amazon

新劇場版では『新劇場版:破』の序盤から登場です。時計のような姿にデザインが一新された第7の使徒に対し、空輸中の輸送機からの空挺戦で華々しく戦線デビューを果たしました

しかし直後の第8の使徒でさっそく共同作戦を強いられ、アスカのプライドが傷つきます。第9の使徒「エヴァンゲリオン3号機」戦では、バチカン条約に抵触するという理由で凍結されてしまいます

出番はもうないものと思われていましたが、第10の使徒「ゼルエル」戦にて真希波マリが無断で凍結を解除。「ザ・ビースト」と呼ぶ「獣化第2形態」でゼルエルに肉薄し、視聴者の度肝を抜きました

その後の『新劇場版:Q』では、ゼルエル戦の損傷から修理・改修を受けた「改2号機」として再びアスカの愛機に。NERVとWilleの戦いの中で、マリが駆る「8号機」と共に、シンジ&カヲルの「第13号機」とアヤナミレイ(仮称)の「Mark.09」を相手に激しい攻防を繰り広げました

エヴァンゲリオン2号機の『シン・ヱヴァンゲリヲン劇場版:||』での活躍は?

出典:amazon

『新劇場版:Q』のセントラルドグマ決戦で「Mark.09」に勝利するため自爆を選んだ改2号機ですが、その存在は次回作『シン・ヱヴァンゲリヲン劇場版:||』のトレーラー映像ですでに公開されています

『新劇場版:Q』のラストでは、次回作速報として2号機と8号機のパーツを半分ずつ組み合わせた「8+2号機」が

最新の劇場版商品では、顔と右腕以外を全て予備パーツで補った、全身ギブスのような姿も公開されています。

直前でもあまり情報を開示しない『新劇場版』シリーズですから、劇中でどの様な活躍が繰り広げられるのか、誰がパイロットとなるのか、公開が待ち遠しいですね!

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

「アニメ」人気ニュースランキング