SHARE

contents kv

出典:amazon

2019/01/20
1,165 0

新作公開間近!『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス』気になるキャストやその内容は?

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックスが今すぐ観れる

\おすすめの動画配信サービス/

※配信状況により無料ではない可能性がございます。

マーベル・コミックの同名のスーパーヒーローをテーマにした実写映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス』。着々とファンを獲得するマーベルの最新作で、登場するキャラクターやあらすじなど謎が多いことでも知られている。公開間近となり、詳細も少しずつ明かされた。ストーリーは?また登場キャラやキャストは?など気になる情報を紹介していく。

目次

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス』とは

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス』とは、2014年の映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の続編である。

マーベル・コミックスのなかでも目玉となっている同名の、スーパーヒーローを描いた作品である。

前作ではピーターが育ての親ヨンドゥのオーブを盗むことから物語が始まった。

そのオーブを狙ったロナンが、ピーターの元へ送った宇宙一のは暗殺者ガモーラ。

ガモーラに命を狙われるなか、ロケットとグルートと出会ったピーターは、ここからストーンやオーブを巡る冒険を繰り広げていくのだ。

監督は『スクービー・ドゥ』のジェームズ・ガン

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス』の監督を務めたのは、『スクービー・ドゥー』の脚本を務めたジェームズ・ガン。

既に製作が決定している『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』3作目も、続投することが発表されている。

キャラクターに愛情と敬意をもって製作するというジェームズ・ガン監督。

また、2作目同様脚本もジェームズ・ガン監督が担当するという。

本作ではどんな結末を迎えるのか、どんな冒険が繰り広げられるのか。

その結末は、次回作へ繋がるヒントになるのかもしれない。

またジェームズ・ガン監督は、これから登場するキャラクターたちへの愛情もかなり深いという。

それがどんな形でスクリーンに表わされるかにも、ぜひ注目してほしいところである。

気になるキャストは?

主人公ピーター・クイル/スター・ロード役:クリス・プラット

幼少期、海賊ヨンドゥに誘拐され育てられたピーター・クイル。

宇宙人の父と人間の母の間を持つクインが銀河警察の証を受け取り、スター・ロードというヒーローとなった。

近接戦を得意とするスター・ロードは、エイリアンの知識を持つ戦略家。

武器はエレメント・ガン、着用しているスーツは宇宙空間を移動することもできる。

ピータークイル/スター・ロード役を演じているのは、最大ヒット作『ジュラシック・ワールド』でオーウェン役を演じたクリス・プラット。

前作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』でサターン主演男優賞を受賞している。

宇宙で最も危険な暗殺者ガモーラ役/ゾーイ・サルダナ

サノス(ヴィラン)によって暗殺者に育てられたガモーラは、宇宙一危険な女といわれている。

前作では、ピーターの命を狙う者として送り込まれたが味方となった。

ガモーラはあらゆる武器に精通しているが、剣やナイフを使用することが多い。スピードや耐久性、パワーも申し分なくピーターと同じく近接戦闘に長けている。

ガモーラ役を演じているのは、『アバター』のネイティリ役で注目を浴びたゾーイ・サルダナ。

前作のプレッシャーを感じていたという彼女だが、いざ撮影が始まるとプレッシャーはなくなり、新作出演への幸福感が満ちたという。

『アバター』もシリーズ化が発表されていることから、このさき見逃せない期待の女優である。

強靭な肉体のドラックス役/デイヴ・バウティスタ

強靭な肉体をもつドラックスは、元々人間で名前はアーサー・ダグラス。

一時、家族とともに殺害されたが、その後クロノスによってドラックスとして生まれ変わった。

家族を殺害したロナンへの復讐心に燃え、ガーディアンズのメンバーとなる。

宇宙空間を移動でき、超人的なスタミナや並外れた怪力が武器となっている。

ドラックス役を演じているのは、俳優であり元プロレスラーのデイヴ・バウティスタ。

元プロレスラーということもあり、強靭な肉体はキャラクター設定というだけでもないようだ。

ピーターの仲間ベビー・グルート役/ヴィン・ディーゼル

ベビー・グルートは、前作で命をかけて仲間を救い粉々になってしまった。

しかし、その枝から新たに小さなベビー・グルートが生まれたのだ。

本来、実験用の人間を捕らえるための知性を持った木で、枝を使って攻撃したり再生能力もある。

グルート役を演じているのは『ワイルド・スピード』シリーズで知られるヴィン・ディーゼル。

「私はグルート」というたったひとつのセリフだが、感情の入れ方を場面ごとに変えているのにも注目だ。

グルートの相棒ロケット役/ブラッドリー・クーパー

グルートの相棒ロケットは、武器や戦闘に長け高い知性をもつアライグマの傭兵である。

アライグマと呼ばれるのを嫌い、可愛い見かけとは違っておしゃべりで悪態をつく。

ロケット役を演じているのは、『アメリカン・スナイパー』で、アカデミー賞主演男優賞にノミネートされた実力派俳優ブラッドリー・クーパー。

これまで多くの賞にノミネートされているクーパーだが、ロケットのバージョンアップも気になるところだ。

役どころは不明!?あの大物俳優の出演も!

ガーディアンズの最新作では、カート・ラッセルやシルヴェスタ・スタローンという超大物俳優も出演するという。

生きる惑星エゴ役にはラッセル、スタカー・オゴルド(スター・ホーク)役にはスタローンと役名は明かされたが、どのような役割を果たすのかは分かっていない。

エゴは宇宙一の知性ある存在ということで、惑星の表面がエゴの顔になっている驚きのキャラのようだ。

またスタローン演じるスタカー・オゴルドは、れっきとしたヒーローである。

ピーターの育ての親ヨンドゥとは旧知の仲のようだが、原作がどのくらい反映されているのかも気になるところだ。

あらすじは未だ謎!?

謎多き『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス』だが、キャストや役名は明かされたものの、あらすじに関しては一切明かされていない。

ジェームズ・ガン監督によると、前作で未解決となったストーリーが展開されるとのこと。

また一方で、ピーター・クイン(スター・ロード)の本当の父親を探すというストーリーでもあると、まことしやかに囁かれている。

いずれにしろ、数々の大物俳優の出演ともあって、前作より遥かにスケールアップしていることは間違いないだろう。

吹き替えは前作と同じキャストが担当!

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス』での吹き替え声優はどうなっているのか。

前作ではクイン役は山寺宏一、ロケット役は加藤浩次、グルート役は遠藤憲一らが担当している。

そして最新作でも、前作からのお馴染みのメンバーに決定している。

また、ガモーラ役の朴美や、ヨンドゥ役の立木文彦らも再び参加するとのこと。

前作で粉々になったグルートは、本作ではベビーのまま登場するということだが、その際も遠藤憲一が吹き替えを務める。

強面の遠藤憲一が、”ベビー”をどう演じるのかにも期待が集まる。

気になる最新情報は?

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズは、『アイアンマン』同様、3作目にて完結すると発表されている。

また3作目には、マーベルでも超重要とされているヒーロー、アダム・ウォーロックの登場も示唆されている。

アダム・ウォーロックは生物兵器の人造人間で、サノス(ヴィラン)と戦うのに最も重要といわれるキャラクターである。

1作目で”ウォーロックの繭”という伏線を残しているので、3作目でそれが回収されるという可能性が高いだろう。

ガン監督は2018年公開予定の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の仕事が終了次第、『ガーディアンズ』3作目に取り掛かると語っている。

いずれにしろ、まずは2作目を観ないことには次へは進めない。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス』は2017年5月12日公開。

スケールアップしたスーパーヒーローを目に焼き付けろ!

参考元

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

合わせて読みたい

このニュースに関連する作品と動画配信サービス

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス

動画が配信されているサービス一覧

レンタル

1,990 円/月

U-NEXT詳細

レンタル

562 円/月

ビデオパス詳細

レンタル

500 円/月

dTV詳細

レンタル

2,417 円/月

TSUTAYA TV/DISCAS詳細

レンタル

500 円~/月

ビデオマーケット詳細

「洋画」人気ニュースランキング