SHARE

contents kv

出典:amazon

2019/04/24
1,215 0

『ウォーキング・デッド シーズン2』彼らに襲い掛かる代償!

ウォーキング・デッド シリーズが今すぐ観れる

\おすすめの動画配信サービス/

※配信状況により無料ではない可能性がございます。

海外ドラマ『ウォーキング・デッド』は、終末を迎えた世界での生き残りをかけたサバイバルドラマです。日本でも、放送当初から話題になり、多くのファンを獲得している。ここでは究極の人間ドラマ『ウォーキング・デッド』シーズン2の見どころを紹介します。

目次

『ウォーキング・デッド シーズン2』の見どころ

『ウォーキング・デッド』といえば、いつどこで誰が死ぬのか、または誰が加わるのかというのが見どころのひとつである。

やはり戦闘能力が高いほど、生き残る確立もあがるというもの。

しかし、たとえひとりになっても、この世界で生き抜くという覚悟があるかないかで変わってくる。


また、仲間同士のいさかいがあったり、恨まれたりした場合、単に自分を守るために誰かを犠牲にするというのは、この世界では当たり前に見る光景だ。

始まったばかりの新しい世界で、少しずつ仲間としての絆が深まっていく。

それが『ウォーキング・デッド』の一番の魅力ではないだろうか。


しかし、ただ守ることが義務だと深く考え過ぎて、自分が潰されてしまう場合がある。

この先々のリックがいい例である。

彼は、リーダーという立場上、仲間を守る義務がある。

もともと保安官だっただけに、責任感も強い。

だが、仲間を守るためには、まず最初に自分をリーダーとして信頼してもらわなければならない。

ただ、これは人数が多くなるほど、困難な作業でもある。


リックがリーダーシップを発揮しても、不満は少なからず発生する。

それをどう解決していくのか、それも『ウォーキング・デッド』の面白さでもあるのだ。

究極の人間ドラマにハマる!

ゾンビ映画というと、かなり昔からあるジャンルだが、本作は究極の人間ドラマがメインテーマとなっている。

ゾンビ映画は苦手、という方もいるだろうが、この作品においてゾンビはあくまでもサブテーマである。

生き残った人間同士が戦い、喰うか喰われるかのパニック映画なのだ。


みんなで協力すれば世界を取り戻せるかもしれない、なんてそんな甘っちょろい考えは、この世界には存在しない。

仲間以外みんな敵になってしまうのである。


しかも、敵と戦うということはどちらかの死を意味する。

そうなると生存者がどんどん減ってしまい、元の世界に戻る希望も薄くなる。


自分たちが生きるために、誰かのものを奪う。

奪われたら、また奪い返す、というイタチゴッコのような展開だが、それがクセになってしまうのだ。


また、シーズンを追うごとに、敵の規模が拡大していく。

それを少ない人数でどう勝ち残っていくのか、はたして勝ったあとに何が残るのか。


そんな究極の人間ドラマが『ウォーキング・デッド』にハマる理由のひとつではないだろうか。

新たに加わったメンバー

ハーシェル・グリーン

ハーシェル・グリーンは獣医であり農場の経営者である。

のちに、リックの良き理解者となる。


保守的であり、当初はよそ者を敷地内に受け入れることは拒んでいた。

また、崩壊した世界を受け入れられない節もあり、ウォーカーは病気だから治療すれば治ると信じている。

マギー・グリーン

マギー・グリーンは、ハーシェルの長女で、正義感も意志が強いが、気も強い。

何事もハッキリさせないと気がすまない性格。


父親と妹を大切にし、面倒もよくみている。

長女らしいといえばそうだが、精神的な弱さを見せないようにする努力も健気である。

ベス・グリーン

ベス・グリーンは、この世界になってから精神的ダメージが大きく、生きる気力を失っている。


母が犠牲になったことも理由だが、何より現実から目を逸らしていることが大きい。

自殺未遂を起こしたが、結果生きることを選ぶ。

ミショーン

ミショーンの登場場面は強烈である。

彼女は深くフードを被り、両手とアゴを切り落としたウォーカーを2体、鎖につないで引き連れていたところ、仲間とはぐれてしまったアンドレアと出会った。

その後、二人で様々な困難を乗り越えながら生きてきたが、あるグループと出会ったのをきっかけに、リックたちと知り合う。

連れているウォーカーは、もともとは誰だったのか明かされていない。

仲間を探してたどり着いた先には

CDCからフォートベニング基地に向かう途中、ウォーカーの大群に襲われ、キャロルの娘ソフィアが行方不明になってしまうのだ。

また、森に探しに入ったカールも、間違えて撃たれてしまったりと、シーズン2は冒頭から、子供たちが犠牲になってしまうのだ。


リックがカールを抱えて向かった先は、広い敷地の農場。

ハーシェルの治療によってカールは無事一命を取りとめた。

カールが回復するまで、仲間は敷地内でキャンプを張っていたのだが、そこでリックたちはあることに気がついたのである。

ここにはウォーカーがいない…。

いくら街から離れていたとしても、1体も見ないのはかなり不自然である。

外では養鶏もしているので音がしないわけがない。


それもそのはず、そこには恐ろしい現実が待っていたのだ。

意外な展開を見せる愛憎劇も!

リックが死んだと思い込んで、ローリとシェーンは深い関係になった。

当然ながら、リックが戻ったあとは、ローリはシェーンと手を切った。

しかし、そう簡単に治まらなかったのはシェーンのほうである。

親友のリックを裏切ってまでも、ローリを自分のものにしたいと考えるようになってしまったのだ。

リックもそれを薄々感じていただろう。

しかし、ローリの妊娠を機に、3人の関係が複雑にねじれていくのである。

ローリのお腹の子は一体誰の子なのか。


ローリ本人はリックの子だといい、それにリックも同意するが、シェーンは自分の子だという。

次第にローリとリックを見るシェーンの目に、狂気が満ち溢れていく。


シーズン2は、ウォーカーの恐怖に加え、重体のカール、行方不明のソフィア、そしてローリ、リック、シェーンの愛憎劇が詰まっている。


さらに、農場が安全だと知った以上、なんとしてもここに留まりたいと思うのは本能である。

彼らは、ここでの暮らしを選択出来るのだろうか。

シーズン2ではキャラが急成長!

このシーズンでは、リック側とハーシェル側にそれぞれ死者が出ている。

また、リックが初めて生ける者に手をかけているのである。


このとき、リックのなかにある何かが壊れてしまったのだろう。

世界が変わると、人も変わってしまうということを、目の当たりにする。


カールを手術するのに必要な薬品を、シェーンとオーティスで探しに向かう。

しかし、そこでもある展開が待ち受けている。


また、このシーズンをきっかけに、急成長した人物も多い。

たとえ強くなったとしても、彼らが最後まで生き残れるとは限らないが。

新たな局面を迎える

何とか農場に留まろうと、リックはハーシェルを説得する。

だがなかなかハーシェルはうんとは言わない。

それもそのはず、ここでは「あること」を行っていた。

それは、ウォーカーは病人だという、ハーシェルの考え方が原因であった。

その後、農場にウォーカーがいない理由も明らかになる。


やっと見つけた安全な場所だったが、農場に危機が迫るまで、そう長い時間は掛からなかった。

リックたちの行く先々で、何かしらのトラブルが発生する。

まるで、彼らが引き寄せているかのようにも感じてしまうだろう。

また、1期では山のなかでのキャンプ、CDC、そして牧場と、次第に規模も大きくなっていく。

次なる舞台は、さらに大きな舞台が用意されているのだろう。

そこでもまた、トラブルを引き起こすのだろうか。



彼らに平穏が訪れるのは、まだまだ先のことのようだ。

参考元

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

合わせて読みたい

このニュースに関連する作品と動画配信サービス

ウォーキング・デッド シリーズ

動画が配信されているサービス一覧

定額見放題

2,189 円/月

U-NEXT詳細

定額見放題

1,026 円/月

Hulu詳細

定額見放題

550 円/月

dTV詳細

定額見放題

2,658 円/月

TSUTAYA TV/DISCAS詳細

ウォーキング・デッド シーズン2

動画が配信されているサービス一覧

定額見放題

2,189 円/月

U-NEXT詳細

定額見放題

1,026 円/月

Hulu詳細

定額見放題

550 円/月

dTV詳細

定額見放題

2,658 円/月

TSUTAYA TV/DISCAS詳細

「海外ドラマ」人気ニュースランキング