SHARE

contents kv

出典:amazon

2019/04/05
1,079 0

人と蟹とのよじれた関係。泣ける怪奇小説【かにみそ】

かわいらしいタッチで描かれたサラリーマンらしき男性の頭に、つぶらな瞳で真っ赤な蟹が乗っかっている――こんなにコミカルな表紙なのに、これはホラー小説なのです。

目次

・蟹との遭遇

出典:

 主人公の「私」は実家住まいの無気力なフリーター。ある日近くの浜辺で、足の一本がもげた小さな蟹を見つけます。
 せっせと砂を口に運ぶ蟹が妙に気に入った「私」は蟹を家に連れて帰り、水槽の水を飼っていた熱帯魚ごと庭にぶちまけ、蟹との生活を始めました。

 蟹は小さいくせに、大食いでした。
 気まぐれで与えた魚肉ソーセージのかけらを皮切りに、「何でも食べるのかな」と興味本位でどんどん食べ物を与える「私」。切れ端や残り物をあらかた食べさせたせいで生ごみが激減し、家族に怪しまれてしまうほど。
 それらを次々と平らげて、蟹は脅威的な速度で成長していきます。

 そのころから「私」の家では小さな異常が頻発します。食べかけのお菓子が消えていたり、消したはずのテレビがいつの間にかついていたり。
 「私」が「勝手にテレビ見てるの?」と話しかければ、「えへへ、ごめんね」と軽薄に、蟹はしゃべり始めたのでした。

・蟹との生活

出典:

 蟹がしゃべるという異常事態を主人公はあっさりと受け入れ、蟹も調子に乗ってそれからは饒舌に語り始めます。
 家族の読み終わった新聞を読みたいと「私」に要求し、昨日の新聞だとテレビ欄が合わないとしょげかえり、代わりにとテレビのリモコンの使い方を教わって喜ぶ蟹。
 まるで人のように食事のリクエストをして、政治を語り、「私」と恋人とのことを冷やかします。

 テレビと新聞の知識を、食事同様貪欲に吸収する蟹。
 いつしか頭脳にコンプレックスを持つ「私」は、蟹と話すことで自分も賢くなれると思うまでに至ります。

 そんな蟹との蜜月ですが、ある事件によって関係は激変を始めることになります。

・蟹との密約

出典:

 その事件とは「私」が恋人を殺してしまったこと。かっとなって首を絞めたという計画性のかけらもない殺人でした。
 しかし「私」はしゃべる蟹を受け入れた柔らかすぎる心を活かして、あわてず騒がずいったん帰宅。大食漢の蟹を連れ出し、恋人の部屋に舞い戻ります。

 そうしてひとこと。
 「食べる?」

 蟹は「私」の目の前で、彼女の死体を平らげます。
 その光景を喜々として眺める「私」。
 こうして蟹は人間の味を覚え、今までの食事では飽き足らなくなったのでした。

 「私」は蟹をバッグに入れて連れ歩き、人間を狩る手伝いをし始めます。廃ビル、トイレ、さびれた映画館。様々なところで蟹は人間を食い殺し、「私」はそれを見ることに喜びを見出して、不健全ながらも楽しい生活を始めます。
 しかしいつの間にか罪悪感を感じ始める「私」。相変わらず無邪気に食事としての人間を求める蟹。彼らの関係は、だんだんぎくしゃくし始めて……。

・蟹との関係

出典:

 この蟹は、性別不詳です。
 一人称は「おれ」ですがアルトの少女のような声とのことで、口調も小生意気な女の子のよう。だけれどシニカルで、老成しているようで、でも軽薄な時もあって……と、実に不可思議な蟹です。
 このつかみどころのない人格(?)が、主人公との関係性をもあやふやにしています。彼らの間にあるのは友情なのか、打算なのか、ひょっとして恋慕なのか――はたまた考えも及ばぬ何かなのか。

 何にしろ、どんな形であっても、きっと彼らの間に絆はあったのでしょう。
 そう思わせてくれるラストシーンには、きっとほろりと来るはず。

・百合も忘れずに

出典:

 この本には中編の「かにみそ」とともに、同程度の長さの「百合の火葬」という作品が収録されています。
 そちらはタイトルの通り、百合の怪異。愛嬌があってよくしゃべる蟹が「動」のホラーなら、百合はひたひたと忍び寄る「静」のホラー。気づかないうちに自体は進行し、一種の侵略ものの様相を呈します。
 かにみそとあわせて、どうぞご賞味あれ。

参考元

  • ・かにみそ角川書店

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

合わせて読みたい

「漫画・本」人気ニュースランキング