SHARE

contents kv
2019/06/14
194 0

【制作秘話あり】誰ガ為のアルケミスト(タガタメ)公開記念! 河森&高橋両監督に密着インタビュー

全世界で900万ダウンロードを記録した大人気本格タクティクスRPG『誰ガ為のアルケミスト』。そんなタガタメがこの度『マクロス』『アクエリオン』シリーズを手掛けた河森正治総監督率いる「サテライト」によって映画化され、大スクリーンに到来しました。今記事では『劇場版 誰ガ為のアルケミスト』の河森正治総監督&高橋正典監督へのインタビューを掲載。作品に込められた、知られざる制作秘話をたっぷりご紹介します!

目次

「どこまで言ったらネタバレになるのか怖いな…笑」

そう言って、少し緊張で張り詰めていたインタビュー会場を和ませてくれたのは、河森正治総監督と高橋正典監督。

落ち着いた口調で、丁寧に『劇場版誰ガ為のアルケミスト』(以下タガタメ)制作現場のリアルに突っ込む質問に答えてくれました。

(C)2019 FgG・gumi / Shoji Kawamori, Satelight

『劇場版 誰ガ為のアルケミスト』のあらすじ

自分に自信がない女子高生のカスミは、ある日、不思議な声に導かれて異世界バベル大陸へと召喚される。

異世界バベル大陸は暗黒竜デストルークにより錬金術も魔法も封じられており、カスミはそんな世界を救う「幻影兵(ファントム)」として召喚されたのだった。

だが、カスミはそのような力を持っておらず、異世界の地でも無力のまま。しかし、絶体絶命のピンチの折、カスミの"本当の強さ"が姿を表す…!!

タガタメは、最初は新作映画にするつもりではなかった

ーQ. 今回の映画はゲームアプリ『タガタメ』のその後の物語を描いた完全新作映画とお聞きしました。ゲームのシナリオをそのまま映画にする作品も多くあるなかで、なぜ完全新作にしたのでしょうか?

河森総監督(以下河森): 最初は新作にするつもりではなかったんですよ。

タガタメはゲーム内にいくつもの世界があって、章ごとに主人公も変わる、とても作り込まれた世界です。

映画するにあたってどのエピソードをゲームにするか考えたのですが、どのエピソードも登場させたいキャラクター全員を登場させることが叶わなかった

そこで、ゲームのエピソードが完結したと想定し、その後の世界を完全新作で描くことにしたのです。

(C)2019 FgG・gumi / Shoji Kawamori, Satelight

ーQ. 『タガタメ』に関わることになったきっかけはなんだったのですか?

河森: ゲーム初期のオープニング映像の演出をしたのがきっかけですね。

それからアニメ映画化のお話をいただき、企画を持っていったところ「これならタガタメの世界を表しながらも独立した作品として成り立つ」と返答いただけたので、映画制作がスタートしました。

私自身、錬金術に興味があったので、タガタメの世界を借りて自分の作りたい魂の錬金術の世界を作れることにとてもワクワクしました。

主人公のカスミは自分を出し切れずに生きている女の子

ーQ.主人公のカスミはオリジナルキャラクターですが、どのようにして制作されたのでしょうか?

河森: カスミは、以前ファンタジー系の企画を考えていた時に想定していたヒロイン像に近いんです。

SNSが流行って表現媒体はたくさんあれど、空気を読めと言われ続けているこの社会では、まずどう見られるかを意識して表現しなきゃいけない。

思いっきり自分を表現することが難しくなっているように思いました。

「そんな時代に生きて、自分を出し切れずに生きている女の子がいたら、それはどんな子なのだろう」と考えて生まれたのがカスミです。

高橋監督(以下高橋): だからと言って暗いわけでもないキャラクター像にしました。

お母さんとの会話シーンでは言うことを聞く一見大人しい子だけど、自分の興味のあることに対してはむしろグイグイ突き進む、ギャップを持った子。そんな彼女が、異世界で成長していくのです。

(C)2019 FgG・gumi / Shoji Kawamori, Satelight

映画はタガタメファンもタガタメを知らない人も楽しめる作品

高橋: 映画では主人公であるカスミが現実世界から異世界に召喚され、異世界で奮闘する姿を描いています。

その主人公の立ち位置が、オープニング映像制作という少し離れたところから映画化に関わることになった河森さんやスタッフと重なるところがあるなと思いますね。

河森: そうですね。少し遠いところにいたからこそ、ゲームを知らない人でも楽しめる世界を作れたと思っています。ぜひ、劇場でスケールの大きな『タガタメ』をご覧いただきたいですね。

(C)2019 FgG・gumi / Shoji Kawamori, Satelight

ーQ.最後に、ゲームアプリ『タガタメ』のファンにとって見どころとなるポイントも教えてください。

高橋: ゲームの中ではその立ち位置が明らかにならなかった幻影兵(ファントム)という存在について、映画で扱われているのは見どころのひとつですね。

また、ゲームのキャラクターをスクリーンの大画面で体感できるのも見どころかと思います。クライマックスシーンをゲーム制作側の皆さんと見ましたが、一緒にかなり盛り上がりました。

(C)2019 FgG・gumi / Shoji Kawamori, Satelight

【まとめ】『劇場版 誰ガ為のアルケミスト』2019年6月14日いよいよロードショー

さて、インタビューはいかがでしたでしょうか。

河森総監督とタガタメの不思議な縁から生まれた今作。

『マクロス』『アクエリオン』シリーズといった、厳密な計算のもとリアリティのある作品を描くのを得意とするサテライトが、ファンタジー作品である『劇場版 誰ガ為のアルケミスト』で魅せるアクションシーンは必見です!

2019年6月14日、いよいよロードショーになります。みなさん、ぜひ劇場に足を運んでみてくださいね!

また、タガタメを制作するサテライトのオフィスに密着取材した記事も公開されました。制作現場のリアルをより知りたい方は、こちらも合わせてご覧下さいね。

『マクロス』や『アクエリオン』シリーズのアニメ制作会社サテライトに潜入してきた

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

「アニメ」人気ニュースランキング