SHARE

contents kv

出典:amazon

2019/04/19
1,057 1

「逃げ恥ロス」してる場合じゃない!2017年の新ドラマをご紹介

「逃げ恥」「校閲ガール」「Chef」など、ドラマの当たり年となった2016年秋。 それぞれ最終回の放送が終了してしまい、ロス状態になっている方も多いのでは? そんなあなたのために、来期のドラマの中からオススメ作品をご紹介します!

目次

2017年のドラマも期待が高まる!

2016年は「ドクターX」や「相棒」などのシリーズものに加え、「逃げるは恥だが役に立つ」「世界一難しい恋」「重版出来!」「勇者ヨシヒコと導かれし七人」など、たくさんの名作ドラマが生まれた年となりました。

2017年に制作・放送が決定している作品も名作の予感がするものばかり!
その中から、一部オススメの作品をピックアップしてご紹介していきます。

ドラマといえば恋愛!ラブストーリーが見たいあなたへ

【月9】突然ですが、明日結婚します

2017年1月スタートの月9ドラマ「突然ですが、明日結婚します」は、宮園いづみさんが小学館のプチコミックで連載中の少女漫画が原作です。

「逃げ恥」のようなリアルな結婚観がテーマで、「専業主婦になりたい女」と「絶対に結婚したくない男」が次第に惹かれあう…というストーリーです。

主人公・高梨あすか役を演じるのは、シンガーソングライターやモデルとしても活躍する西内まりやさん。
名波竜を演じるのは、ロックバンド・flumpoolのボーカルを務める山村隆太さんで、今作が俳優初挑戦となります。

主演2人がどちらも歌手としてのイメージが強いため、吉と出るか凶と出るか、インターネット上では早くも賛否両論となっています。

【火10】カルテット

「逃げ恥」で定着した火曜10時枠を埋めるのは、松たか子さん主演で大人の恋愛を描く「カルテット」。

松たか子さんの他、「ごめんね青春!」で主演を務めた満島ひかりさん、「シン・ゴジラ」で安田龍役を演じた高橋一生さん、「探偵はBARにいる」シリーズでも主演を務めた松田龍平さんなど、演技派揃いの豪華キャストが出演。また、RHYMESTERのMummy-Dさんも出演します。

「最高の離婚」を手掛けた坂元裕二さんのオリジナル作品とあり、ますます期待が高まります!

ヒューマンドラマ

【金曜深夜】バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~

2017年1月13日より始まる"おじさんだらけのテラスハウス"「バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~」は、日本を代表する名脇役たちが本人役で登場するヒューマンドラマ。

出演するのは、遠藤憲一さん、大杉漣さん、田口トモロヲさん、寺島進さん、松重豊さん、光石研さん。

「日本映画界を支える俳優6人」にも選ばれたことのある名脇役たちは、果たして主役不在のドラマを成功させられるのか?

アイドルドラマ

【土曜深夜】豆腐プロレス

AKB48メンバーが挑む「リアルアイドル×女子プロレス」ドラマ!

出演はAKB48から、宮脇咲良さん、向井地美音さん、横山由依さんなど、あまり「闘う」イメージのないアイドルたち。

中でも、プロレスの試合で悪役としてふるまう「ヒール」役を演じる島田晴香さんと松村香織さんは、悪役メイクをバッチリキメてアイドルとは思えないほど本格的なプロレスラーに!

今まで、ヤンキーやキャバ嬢をテーマとしたドラマに挑戦してきたAKB48ですが、今回も斜め上からのテーマ「プロレス」に挑戦するということで、ファンならずとも興味の湧く新ドラマになりそうです。

解散後のSMAPメンバーの活動にも注目

【日9】A LIFE~愛しき人~

年内で解散を発表したSMAPの木村拓哉さんが、SMAP解散後に出演するドラマ「A LIFE~愛しき人~」は、木村さんが初の「医師」役を演じる医療モノドラマです。

「本当の医療とは何なのか」をテーマに、“愛しき人”のたったひとつの“命”、かけがえのない“人生”を巡って繰り広げられるヒューマンラブストーリー。

医療モノドラマは「ドクターX ~外科医・大門未知子~」をはじめあまりハズレがないことも特徴なので、放送が待ち遠しいですね。

【火10】嘘の戦争

火曜10時台に放送するドラマ「嘘の戦争」は、昨年放送されたドラマ「銭の戦争」シリーズの第二弾で、韓国ドラマを原作とした壮絶な復讐劇です。

主演はSMAPの草彅剛さんで、原作のあった「銭の戦争」とは違い完全オリジナルストーリーで描かれるとのこと。

草彅さんのほか藤木直人さん、水原希子さんもメインキャストとして出演します。

参考元

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

合わせて読みたい

「国内ドラマ」人気ニュースランキング