SHARE

contents kv

出典:amazon

2019/02/05
1,952 0

バスケットマンの永遠のバイブル『スラムダンク』に学べ!

現代も受け継がれている名作『スラムダンク』は、後世に残したい作品にも選ばれているほど、人気が衰えない。人生を歩んでいく上で、必要とする名言も数多く知られていて、救われた方も多いのではないだろうか。何がそんなに魅力なのか『スラムダンク』を学んでみよう。

目次

『スラムダンク』とは

『スラムダンク』といえば、バスケットマンのバイブルといわれているほどの名作で、その名を聞いた人も多いだろう。

これまでバスケットをテーマにした作品はほかにもあるが、『スラムダンク』はなぜ、長い時を経た今でも、支持され続けているのだろうか。

原作者の井上雄彦は、学生の頃バスケを始めたという。初心者でも、一生懸命やれば上手になっていく過程に喜びを感じていた。

ドリブルやシュートの練習して上達する楽しさ、そのときの思いを漫画にしたいと考えたのだ。それが『スラムダンク』を生んだのである。

つまり『スラムダンク』は、井上自身の経験をそのまま書いているということである。こうであったらいい、こんなことがあったら面白いという飛んだ内容ではない。

それが”人”に近い形となって描かれているから、私たちも同じ立場に立つことができるのだ。それが『スラムダンク』である。

個性溢れる魅力的なキャラクター

リバウンドの天才:桜木花道

桜木花道は、不純な動機でバスケ部に入部した正真正銘のバカだが、実は天性の素質を持っていたのだ。

本人はそれに気づいていなかったが、安西先生はそれをしっかり見抜いていた。自分のことを天才と呼んでいたが、どうやらそれも本当のことである。

メンバーの流川とは犬猿の仲だが、ある意味とてもいいコンビでもある。桜木にとって流川は、いい刺激になってバスケもどんどん上達している。

赤髪でヤンキーな見かけだが、影でしっかり努力もしている。しかし、それを努力と認識しているのかは不明である。

湘北のスタープレイヤー:流川楓

流川は努力家で無愛想だが、湘北のスタープレイヤーとして活躍している。バスケ以外には興味は無いらしく、授業中も寝ていることが多い。

桜木との絡みには、普段にはない違う一面を見せることもあるが、桜木が努力してることも実力があることも分かっている。

いままで、だれにもパスしたことのない流川が、唯一、桜木にパスしたことがある。それが桜木を認めている証拠である。

この名場面には、ファンもヒートアップしたのではないだろうか。

湘北バスケ部主将:赤木剛憲

湘北バスケ部の主将、赤城剛憲は見かけはまさにゴリラそのもの。

正義感が強く、バスケに対する情熱も人一倍強い男である。全国制覇するため、大黒柱としてチームを率いているが、桜木には手を焼いている。

ゴール下の守りは堅く、相手のリバウンドもシュートも許さない。自身も得点をあげられることから、ゴール下のキングコングといわれるのも理解できる。

抜群なバスケセンスの持ち主:三井寿

三井は、怪我で挫折してバスケを諦めたものの、心からバスケを好きだと認識し、改めて入部している。このときの三井の言葉は、名言として残っている。

生まれ持ってのバスケセンスがあり、天才シューターとしても名を馳せているのである。

スピードプレイが持ち味:宮城リョータ

部員のなかで一番背が低いので、不利と思われがちだが、それを逆手にとったプレーを見せている。それが宮城リョータである。

チビだがスピードでは湘北一を誇っている。中学から知れた実力者で、安西先生とマネージャーに憧れて、高校に入ってからもバスケ部に入部した。

スピードを生かした、攻めを中心とするプレースタイルを得意としている。

湘北バスケ部監督:安西光義(安西先生)

かつては鬼と呼ばれた監督であるが、ある出来事により、別人のようになった。桜木によく絡まれるが、鬼は封印している。

太り過ぎを医者に指摘されており、影ながらダイエットに励んでいる模様。ここぞというときに、心に残る名言の数々を残している。

必殺技は存在しないリアル志向のバスケで人気

『スラムダンク』は、普通の高校生が純粋にバスケする姿を描いているので、ファンタジー性のある必殺技は存在しない。

リアルにバスケしているということが、何よりも魅力なのである。また、現在バスケをやっている方たちもバイブルにしている人もいるのではないだろうか。

ファンタジーの世界では、どんな技でも作り出すことが出来る。しかし、それをマネしようと思っていても、誰もその技をしかけることは出来ないのである。

また、プレーの仕方もそうだが、数々の名言が心に突き刺さった方もいるのではないだろうか。

『スラムダンク』のリアルさが生み出した名言だからこそ、納得できるのだ。なかには、この名言で人生が変わった人もいるかもしれない。

バスケを知らなくてもルールや技を覚えられる

『スラムダンク』の魅力はこれで留まらない。バスケ経験者には、バイブルになっているが、初心者にとっても、とても親切なものなのである。

たとえバスケ用語を全く知らない人が見たとしても、『スラムダンク』を見ると、ルールや基礎知識を覚えることができる。

リアル志向だから、実際に通用することしか描かれていない上、セリフを通じて全てのことを教えてくれているのだ。

アニメや原作を観たり読んだりしているうちに、自然とバスケに関する知識を、吸収しているのに気づくはずである。

また、バスケだけでなく人生の歩み方まで教えてくれる、最高の宝物ではないだろうか。

当時バスケット漫画はタブーだった!

井上雄彦が、『スラムダンク』を書こうとした時代は、バスケ漫画はタブー視されていた。それは「売れないから」である。

しかし、井上が誰かに伝えることが出来るのは、バスケに関することだけだったのだ。自分の人生を変えてくれたバスケを、どうしても書きたかったと語っている。

そのタブーを押し切って仕上がった『スラムダンク』だが、今では名作のひとつになっている。これも、再び井上の人生を変えたということでもあるのだろう。

作中には井上雄彦の遊び心も満載!

『スラムダンク』の原作には、作者・井上雄彦の遊び心も、所々に散りばめられているのを知っているだろうか。

ほんのひとコマに小さく描かれているのもあれば、すぐに気づくものもある。発見したときは、お宝に出会えたような気になってしまう。

たとえば、電車のなかの流川の背景に、英会話教室のチラシが貼ってある。その受講料がなんと90億ドルとかかれているのだ。

日本円にしたら、いったいいくらになるのか…。井上は、そんなおちゃめな遊び心も忘れないのである。

『スラムダンク』その後

『スラムダンク』は、山王戦で勝利したが、全国大会の途中で終了しているため、完結となっていない。

しかし彼らは、王者・山王工業高校に勝利することが目標だったため、それを叶えてしまったあとは、あえて完結させないほうが良かったのだろう。

しかし、連載が終了してから20年後、『スラムダンク』の正式な、その後の物語『あれから10日後…』が、黒板漫画で復活したのである。

廃校になった教室の黒板に、井上雄彦がひとつひとつ描いたのは、まるで何も無かったように、穏やかな空気が流れていく優しいものである。

あんなに熱い試合をしたあとの、ちょっとした続きものではあるが、それがなんとも『スラムダンク』らしいものなのである。

『スラムダンク』の続きを勝手に考えたブログも話題!

全国大会の途中で終わった『スラムダンク』だが、ファンが独自で、続きを書いているサイトも話題になっている。

文章だけだが、その様子は十分に伝わってくる。頭のなかで、湘北チームがバスケをしている姿が浮かんでくるほど、白熱した様子も伺える。

参考元

  • ・『スラムダンク』コミック本集英社
  • ・アニメ『スラムダンク』東映動画

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

合わせて読みたい

このニュースに関連する作品と動画配信サービス

スラムダンク シリーズ

動画が配信されているサービス一覧

定額見放題

1,990 円/月

U-NEXT詳細

定額見放題

933 円/月

Hulu詳細

定額見放題

562 円/月

ビデオパス詳細

宅配レンタル

500 円~/月

ビデオマーケット詳細

定額見放題

400 円/月

dアニメストア詳細

レンタル

933 円/月

TSUTAYA TV/DISCAS詳細

「アニメ」人気ニュースランキング