SHARE

contents kv

出典:amazon

2019/04/25
1,811 0

アニメ2期放送決定!その前に『進撃の巨人』登場キャラクターのおさらい!

いまや空前の大ヒットとなっているアニメ『進撃の巨人』。2017年4月には、待望のアニメ2期の放送が決定しています。多くの謎を絡ませながら進むストーリーに、ネット上では様々な考察もされています。アニメ2期の放送前に、これまでの登場キャラクターを熟知しておきましょう。

目次

『進撃の巨人』とは

『進撃の巨人』は、諌山創原作による漫画を原作にしたアニメで、2013年に1期がテレビ放送されました。

2015年には、前後2部作にわたり実写映画化され、注目を集めました。また、スピンオフ作品として、パロディギャグアニメ『進撃!巨人中学校』も放送。舞台化もされています。

『進撃の巨人』は、巨人と人類との戦いがテーマになっており、独特な世界観が話題を呼び、2017年には待望のアニメ2期の放送が予定されています。

『進撃の巨人』の舞台設定

『進撃の巨人』の舞台設定はダークファンタジー要素を全面に押し出した軍事設定で、高い壁に囲まれた居住区域で生活する、古典的な人類が描かれています。

壁内の安全が続いてから100年の月日が過ぎ、人類が巨人の恐怖を忘れかけた頃に再び悪夢が襲ってきたのです。

人類を食らう巨人に立ち向かうのは、調査、憲兵、駐屯の3つの兵団。完全に架空の世界でありながら、そこが文明崩壊後の世界なのかは明かされていません。

魔法や特殊能力のような要素がないファンタジーな世界観で、断片的に描かれるシーンには多くの謎が隠されています。

主人公エレン・イェーガー

本作の主人公エレン・イェーガー。ミカサとアルミンとは幼馴染の15歳の少年。超大型巨人に壁を破壊された際、母を捕食されてしまいます。

巨人への復讐を胸に、第104期訓練兵団へ入団。卒業後は調査兵団へ所属しました。

勇気や行動力があり、誰の意見にも耳を傾けようとしないほどの強い意志があります。

本人も気がつかなかった巨人化能力が覚醒し、恐怖や疑念の目を向けられるようになりました。しかし、リヴァイが監督するという条件で、調査兵団に入団します。

後の壁外調査では、巨人化して女型の巨人と交戦し、捕獲に成功しています。

本作のヒロイン ミカサ・アッカーマン

本作のヒロインのミカサ・アッカーマン15歳。第104期訓練兵団卒業後、エレンを護るために調査兵団へ入団しました。

母は最後の純血の東洋人でしたが、強盗に目をつけられ一緒にいた父と共に殺害されてしまいました。

連れ去られたミカサを助けるために現れたエレンとふたりで強盗犯を殺害。このとき、ミカサの脳のリミッターが解放されています。

その後エレンの家に引き取られ、自分を救ってくれたエレンを慕うように。いつも沈着冷静ですが、エレンが関わることになると我を忘れるほど感情的になります。

エレンが仲良くする女子や、エレンに危害を加える人物には敵意をむき出しにします。また、異常なほど高い身体能力があることから猛獣と呼ばれています。

エレンとミカサの幼馴染アルミン・アルレルト

エレンとミカサの幼馴染アルミン・アルレルト15歳。第104期訓練兵団を卒業後、調査兵団へ所属しました。

理知的で、探究心があり壁外の世界に興味を持っています。穏やかで体力には欠けますが、意志の強さは堅固。

アルミンが祖父から貰った外界のことが書かれている蔵書を見てから、人類は外の世界に行くべきだという考えを持っています。

エレンが壁外に出たいという思いも、この蔵書が原因となっています。知略に優れており、調査兵団に入団後に才を表し、危機的な状況下で的確な判断をしてきました。

陰湿で姑息な考えを持っていますが、それを実行することは出来ません。しかし、それがアルミン・アルレルトなのです。

また、女型の巨人の正体をアニだと見抜いたのも、捕獲作戦の指揮をとり成功させたのもアルミンです。

調査兵団兵士長リヴァイ・アッカーマン

調査兵団団長のリヴァイ・アッカーマン。人類最強の兵士と呼ばれるほどの戦闘力を持っています。調査兵団に入る前は、地下街でゴロツキをしていました。

無愛想で冷徹な性格で、口調も厳しい現実主義者。情に囚われず、見抜く目にも長けているので、状況に応じて的確な判断をします。

表には出しませんが、とても仲間思いのところがあります。一見引いてしまうような行動をしたり指示を出したりますが、それらのほとんどは仲間の事を思ってのことです。

自分の意見を押し通すことはせず、相手の意思を尊重します。また、強度の潔癖症で、掃除に手を抜く者にはとても厳しいです。

ミカサと同じアッカーマン性ですが、ふたりの関係性は明かされていません。ただ、アッカーマン家は戦闘能力が通常より高いことで知られています。

調査兵団団長エルヴィン・スミス

調査兵団第13代団長のエルヴィン・スミス。普段はとても冷静で聡明な穏やかな性格です。

5年前まではキース第12代団長の下で兵士として活躍。その後、第13代団長に就任しました。

しかし、目的達成のためなら自分の命はおろか、仲間の命も容赦なく切り捨てることができる冷徹な一面もあります。

リヴァイや兵士たちからは深い信頼を寄せられており、エレンの巨人化能力にも可能性を見出した人物です。

エレンがライナーとベルトルトにさらわれたときは、全兵士で奪還しにいきますが、その際片腕を巨人に食われてしまうトラブルも発生。

しかし、その捨て身の行動により、エレン奪還作戦を成功させました。

調査兵団第四分隊長ハンジ・ゾエ

調査兵団第四分隊長ハンジ・ゾエ。優れた洞察力で、巨人の生態調査をしています。怖いもの知らずの変わり者で、巨人に殺された仲間のため巨人と戦っていました。

しかし、戦闘中に見えるものと本質は違うと気がついてから、これまでとは違う視点で巨人と戦うようになったのです。

巨人に対しては、異常なほどの執着心をもっており、ひとたび巨人の話を始めると、夜が明けても終わらないほどの熱意を持っています。

変わり者ですが兵士としての誇りは高く、巨人の正体が人間だと知ったとき、これまでにないほど落ち込んでいました。

ライナー・ブラウン

第104訓練兵団に紛れこんでいたスパイで、鎧の巨人ライナー・ブラウン。訓練兵団から調査兵団へ所属しました。

体格もよく責任感も強い青年で、仲間からの信頼も厚いです。鎧の巨人でありながら、その正体を隠し故郷に帰りたい一心で生きています。

兵士としての実力も高く、自分より仲間を優先にします。危険な任務も率先して行い、自分を犠牲にして仲間を守りましたが負傷するだけで済んでいます。

クリスタに想いを寄せていて、何度か求婚するもユミルに阻まれてしまいます。エレンに自分の素性を明かしましたが、拒否されたためエレンを拉致しました。

ベルトルト・フーバー

ライナー同様に第104訓練兵団に紛れ込んだスパイで、超大型巨人のベルトルト・フーバー。

当初憲兵団を希望していましたが、調査兵団の入団へと変更しています。

大人しく積極性は乏しいものの、時にはアルミンの戦略を見抜くことも出来る優秀な思考能力を持っています。

ベルトルトの芸術的な寝相の悪さから、訓練兵はその日の寝相で天気を占っています。

自分には明確な意思がなく、逆に自らの意志で兵士になったエレンやアルミンを羨ましく思っている一面もあります。

アニ・レオンハート

第104訓練兵団卒業後、憲兵団に所属したアニ・レオンハート。冷静沈着で口数も少なく、小柄ながらも格闘術に長けています。

無駄な動きはしないという理念をもっており、立体機動装置を装着しているも巨人の弱点を次々と捉えて倒していきます。

壁外調査のとき、調査兵団を襲い損害を与えましたが、落馬したアルミンを襲わなかったことが原因で、正体を見破られてしまいました。

自分の正体が女型の巨人だとアルミンに気づかれ、捕獲される直前に自身の能力で超硬質化し、水晶の中に閉じこもり深い眠りに入ってしまいました。

ジャン・キルシュタイン

第104期訓練兵団卒業後、調査兵団に所属したジャン・キルシュタイン。

用心深い発言が多く、トゲのあるような顔立ちですが、仲間の窮地を救うような熱い男です。

現実主義者のジャンは、巨人への攻撃がすべて敗戦におわっていることから人類は巨人には勝てないと自分のなかで考えています。

それとは逆に巨人を駆逐することだけを考えているエレンを、ジャンは死に急ぎ野郎と呼んでいます。

内地で暮らす特権を得るため憲兵団への入団を希望していましたが、仲間の死を目の当たりにした後、調査兵団への所属を決めました。

兵士となってからのジャンは目覚しいほど成長し、決して強くはないものの、今何をすべきかを自分なりにわかるようになりました。

コニー・スプリンガー

第104期訓練兵から、調査兵団へ所属した坊主頭が特徴のコニー・スプリンガー。

バランス感覚に優れ、俊敏な動きが評価されています。当初は安全とされる憲兵団を希望していましたが、エレンに感化され調査兵団所属に変更しました。

自分の故郷のある方角から巨人が発生したときは、確認に向かいましたが血痕も人の姿もありませんでした。

また、コニーの実家の上に倒れていた巨人がコニーに向かって「おかえり」といったことから、様々な疑問が生じています。

マルコ・ポット

第104期訓練兵から、調査兵団へ所属したマルコ・ボット。とても穏やかで、王への忠誠心は人一倍の現実主義者です。

効率的に物事を考えることができ、洞察力や判断力でもすぐれた才能を発揮しています。

数少ないジャンの理解者であり、ジャンの指揮役としての素質を見出したのもマルコです。

しかし、トロスト区奪還作戦で遺体となって見つかりました。ですが、マルコの死因については目撃した者がいないことから死因不明となっています。

けれど、マルコの立体機動装置をアニが装着していることにアルミンが気づきました。

サシャ・ブラウス

第104期訓練兵から調査兵団へ所属したサシャ・ブラウス。

仲間にはすべて敬語を使い、食べ物に対して異常なまでの執着心があります。また、仲間にでさえ敬語を使うのは、言葉訛りを隠すためです。

兵団の食料庫から食べ物を盗んだりして、たびたび懲罰されるも一向に改めようとしません。

五感の鋭さや食べ物への執念は天性のもので、射的技術はとびぬけて優秀。遠距離から巨人の足音を聞くことができるほど、聴力も高いです。

クリスタ・レンズ / ヒストリア・レイス

第104期訓練兵から調査兵団へ所属したクリスタ・レンズ。誰にでも優しく接する女神のような少女で、その献身さで仲間から信頼を寄せられています。

しかし、クリスタが仲間たちに献身的に尽くすその姿は、エレンとユミルの目には不自然に写っていました。

ユミルと行動することが多いです。また、実はクリスタ・レンズは偽名で、本名はヒストリア・レイスだと明かされています。

クリスタはこの先物語を進めていく上で、巨人と王家に関わる重要な鍵を握る存在となっていきます。

ユミル

第104訓練兵から調査兵団へ所属したユミルは、黒髪に鋭い目、顔のそばかすが特徴的な少女です。

利用価値があるかないかで仲間を判断し、偽悪的な態度で接することもあります。

クリスタに「結婚してくれ」など、無粋なジョークをいうこともあれば、クリスタに想いをよせるライナーを排除しようとすることも。

しかし、クリスタや仲間たちが窮地に追いやられたときは、巨人化して自分の正体をさらけ出してしまいました。

グリシャ・イェーガー

エレンの父グリシャ・イェーガー。かつて疫病が蔓延した際多くの人類を救ったことで、優秀な医者と尊敬されています。

妻のカルラが亡くなったときに涙を流していたことや、エレンやミカサの元へ急いで戻ろうとしていたことなどから、家族への深い愛情が伺えます。

自宅の地下室に秘密を隠していたようですが、シガンシナ区が陥落した後に消息不明となっていました。

しかしエレンに巨人化能力の注射を打ち、巨人化したエレンに自身を捕食させていたことが明かされています。

2017年4月にアニメ2期スタート!その内容とは?

2017年4月に、待望のアニメ2期の放送が決定しました。1期放送から既に4年経っているので、忘れてしまった方のために1期終了時でのキャラのおさらいをしました。

1期では、超硬質化した水晶体にアニが閉じこもってしまい、壁の一部が欠けて巨人の顔が現れました。

2期では、巨人が壁の中にいる理由が突き止められるのでしょうか。また、調査兵団は硬質化したアニを追及することができるのかも気になりますね。

また、1期では原作とは少し違うシーンも追加されていましたが、2期は原作通りなのか、追加シーンがあるのかにも注目です。

参考元

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

合わせて読みたい

このニュースに関連する作品と動画配信サービス

進撃の巨人 シリーズ

動画が配信されているサービス一覧

定額見放題

1,990 円/月

U-NEXT詳細

定額見放題

888 円/月

FODプレミアム詳細

定額見放題

933 円/月

Hulu詳細

定額見放題

500 円/月

dTV詳細

定額見放題

562 円/月

ビデオパス詳細

レンタル

500 円~/月

ビデオマーケット詳細

定額見放題

400 円/月

dアニメストア詳細

レンタル

933 円/月

TSUTAYA TV/DISCAS詳細

進撃の巨人 Season2

動画が配信されているサービス一覧

定額見放題

1,990 円/月

U-NEXT詳細

定額見放題

888 円/月

FODプレミアム詳細

定額見放題

933 円/月

Hulu詳細

定額見放題

500 円/月

dTV詳細

定額見放題

562 円/月

ビデオパス詳細

レンタル

500 円~/月

ビデオマーケット詳細

定額見放題

400 円/月

dアニメストア詳細

レンタル

933 円/月

TSUTAYA TV/DISCAS詳細

「アニメ」人気ニュースランキング