閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

【映画 ドラえもん のび太と緑の巨人伝】の無料動画を配信しているサービスはどこ?

提供元:amazon
映画 ドラえもん のび太と緑の巨人伝

映画 ドラえもん のび太と緑の巨人伝を配信中の動画配信サービス一覧

定額見放題

定額見放題

現在、提供しているサービスがありません。

レンタル

レンタル

現在、提供しているサービスがありません。

宅配レンタル

宅配レンタル

無料配信

無料配信

現在、提供しているサービスがありません。

配信中サービスの詳細はこちら

迷っているあなたへ!

おすすめの動画配信サービスはこちら

【映画 ドラえもん のび太と緑の巨人伝】は1社の動画配信サービスで配信中です。
宅配レンタル1社です。ここでは配信されているサービスの詳細を紹介します。

映画 ドラえもん のび太と緑の巨人伝の動画が配信されているサービス

映画 ドラえもん のび太と緑の巨人伝が視聴できる1社の各サービス詳細です。
月額料金、無料期間、見放題本数の基本情報と各サービスのおすすめポイントが確認できます。

映画 ドラえもん のび太と緑の巨人伝の動画が配信されているサービス一覧

【PR】
配信状況 料金(税込)
宅配レンタル
1ヶ月無料 1,980円/月
無料配信無料で配信中のサービス

現在配信のないサービス一覧

dTV U-NEXT FODプレミアム Paravi Hulu TSUTAYA TV/DISCAS バンダイチャンネル ビデオマーケット DMM見放題chライト クランクイン!ビデオ WATCHA(ウォッチャ) music.jp dアニメストア ABEMA auスマートパスプレミアム Amazonプライムビデオ(Amazon Prime Video) AppleTV+ GYAO!ストア Netflix(ネットフリックス)

映画 ドラえもん のび太と緑の巨人伝の動画が配信されているサービス詳細

宅配レンタル

宅配レンタル

DMM宅配レンタルの基本情報

DMM宅配レンタル
月額料金
1,980円(税込)
無料期間
1ヶ月無料
種類
宅配レンタル
同時再生可能
端末数
-
ダウンロード
×
見放題作品
-

DMM宅配レンタルの編集部的ポイント

3
コスパ
プランによって月額1080~4960円(税込)と幅が大きいですが、送料込みで延滞金もないので自分に合ったプランを選ぶことができます。
5
無料期間
まるまる1ヶ月無料期間を試すことが出来ます。無料期間中の場合は新作のレンタルは出来ませんが、その他サービスはじっくり楽しめます。
5
作品数
作品数はなんと50万本。他社と比較しても圧倒的な多さで、過去の名作や動画配信サービスでは配信されていない作品も充実しています。
3
使いやすさ
店舗でレンタルしに行くより手間は省けますが、作品が届くまでの時間があるので今すぐ見たいという方には不向きかもしれません。
3
特典
選ぶ料金プランによってDMMポイントが貯まります。

たくさん借りたい人は月額レンタルがおすすめ!視聴頻度に合わせて料金プランを選べる

映画 ドラえもん のび太と緑の巨人伝はDMM宅配レンタルで視聴可能です!

DMM宅配レンタルで、たくさんの作品を観たいという人は借り放題の月額レンタルがおすすめ。視聴頻度に合わせて料金プランを選んで契約することができます。

月額レンタルは、プランごとに毎月決まった枚数のDVD・Blu-ray/CDがレンタルできるもので、基本的に2枚1セットごとで借りることができます。

1度に借りられる作品の数はパック数によって変わり、以下の通り。1セットを返却すると、新しい作品が2枚1セットで送られてくる形式です。

シングルパック‥一度に2枚までレンタルできる
ダブルパック‥最大4枚まで一度にレンタルできる
トリプルパック‥最大6枚を一度にレンタルできる

パックの枚数に応じて、料金プランは以下の3つから選べます。

ベーシック4‥月額1,080円(税込)で4枚までレンタル可能
ベーシック8‥月額1,980円(税込)8枚までレンタル可能
借り放題‥月額2,480円(税込)で無制限にレンタル可能

パックやプランが選べるので、迷ってしまうかもしれませんが、プランのなかではバランスよく借りられる「ベーシック8」の利用がおすすめです。

初回1ヶ月間の無料お試し期間も用意されているプランなので、お得に借りることができます。

DMM宅配レンタルで視聴できるシリーズ作品

DMM宅配レンタルのシリーズ本数:29本/41本

映画 ドラえもん のび太と緑の巨人伝の作品紹介

映画 ドラえもん のび太と緑の巨人伝のあらすじ

映画版『ドラえもん』シリーズの第28作目。

のび太が拾った小さな苗木からはじまるファンタジー・アドベンチャー!

緑の星に迷い込んでしまったのび太たちは、地球の人類を滅ぼそうとする恐ろしい計画を知ることになる。

原作のリメイクではないオリジナル作品となる。


ある日、のび太はウラ山で小さな苗木を見つけた。

ドラえもんのひみつ道具「植物自動化液」をかけると、なんと手足が生えて自由に動けるように!

のび太は苗木に「キー坊」と名付け、家族とともに育てることになる。

楽しく過ごしていたある日、ひょんなことからのび太たちは緑の星に迷い込んでしまう。 

そこでは地球の自然が減少していく状況に危機感を覚え、自然破壊を続ける人類への報復計画が進められていた。 

先導するのは女王リーレと彼女に助言をする大臣シラー。

キー坊は緑の星の恐るべき計画のために捕らえられてしまい、地球も緑の星も危機に陥ってしまう…。 

果たしてのび太たちはキー坊を救うことができるのか?

ふたつの星の運命やいかに!

映画 ドラえもん のび太と緑の巨人伝のクレジット(監督・キャスト)

  • 再生時間
    :112分
  • レーティング
    :指定無し

映画 ドラえもん のび太と緑の巨人伝の登場人物・キャスト

  • ドラえもん(水田わさび)

    ドジなのび太の面倒を見るために22世紀から来た猫型ロボット。のび太が拾ってきた苗木に植物自動化液をかけて自由に動けるようにした。いつもはひみつ道具を使ってのび太を助けるが、緑の星に行く前にほとんどのひみつ道具を修理に出してしまう。

  • のび太(大原めぐみ)

    運動音痴で勉強もできない少年。いつもジャイアンとスネ夫にいじめられ、ママには叱られてばかり。ウラ山で拾った小さな苗木を育てはじめたことから、大冒険に巻き込まれてしまう。キー坊を実の弟のように大切にしている。

  • しずか(かかずゆみ)

    頭が良くて可愛らしいのび太の友達。細かいことによく気がつき、機転が利いた行動をする。持ち前の優しい性格でキー坊や女王リーレと仲良くなる。

  • ジャイアン(木村昴)

    熱い心を持ったのび太のクラスのガキ大将。普段はのび太をいじめてばかりいるが、キー坊の危機には率先してのび太を手助けする。

  • スネ夫(関智一)

    のび太のクラスメートで金持ちのお坊ちゃま。いつも困ったことがあると「ママー」と泣いてしまう。緑の星でも泣きべそをかくが、大事な場面では仲間と手を取り合って立ち上がる。

  • のび太のパパ(松本保典)

    おおらかな性格ののび太のパパ。のび太が拾ってきたキー坊を育てることに賛成し、その成長をわが子のように優しく見守る。

  • のび太のママ(三石琴乃)

    のび太のママ。いつものび太を叱ってばかり。のび太が拾ってきた苗木を庭に植えることを反対するが、キー坊と過ごすうちに心を許し、次第に家族として接するようになる。

  • キー坊(吉越拓矢)

    のび太がウラ山で拾ってきた苗木。ドラえもんの道具、植物自動化液をかけたら動くようになった。植物たちと心を通わすことができる。緑の星に迷い込み、人類絶滅計画のために連れ去られてしまう。

  • リーレ(堀北真希)

    緑の星の王女。側近シラーの言葉を信じ、地球の緑を移住させる計画を進行させる。高圧的でかたくなな少女だったが、キー坊と出会いのび太たちと過ごすうちに心を許すようになる。

  • ジィ(三宅裕司)

    謎に包まれた長老。緑の星に迷い込んだキー坊を助け、のび太たちに協力する。森に住む民たちから慕われており、生命の営みを大切にしている。

  • シラー(大塚周夫)

    女王リーレの側近であり、地球の人類を滅ぼそうとする張本人。リーレに「緑のため」だと吹き込み、政治を意のままに操っていた。

映画 ドラえもん のび太と緑の巨人伝の見所ポイント

  • 1 キー坊とのび太たちの交流が可愛らしい!キー坊と過ごす日常をほのぼのと描く

    のび太によってキー坊がつくられ、一緒に暮らしていく様子が可愛らしく描かれています。キー坊のハチャメチャな行動に振り回されながらも、心を許していくのび太の家族や友達たち。

    最初は戸惑っていたのび太のママとパパさえも、次第にキー坊を家族のように大切に思うようになります。

    天真爛漫なキー坊とのび太たちとの交流は心温まるシーンが満載! ときに笑い、ときに涙ぐみながら観ることができます。

    印象的なのは、のび太がキー坊に靴を履かせる姿を見て、ドラえもんが「弟みたいだね」と言うシーン。

    ちなみに「靴」はのび太とキー坊の「絆の証」として映画の随所にインサートされていきます。ぜひ探してみてくださいね。

  • 2 環境問題だけじゃない!『のび太と緑の巨人伝』が伝えたかったこと

    緑の減少と海水面の上昇を知った植物たちの「緑の怒りを!」という言葉から映画ははじまります。のび太が小さな苗木と出会ったウラ山でおこなわれている工事も、緑をないがしろにする人間たちを描いています。

    普段身近でも目にする機会のある森林開発の風景ですが、破壊される側の気持ちに立って鑑賞すると違った感情が浮かんでくるものです。

    とはいえ、環境破壊の戒めだけで終わる映画ではありません。小さな苗木を見捨てられずに拾ってくるのび太やキー坊を温かく見守り育てる、のび太の家族と友達にも注目しましょう。

    たとえ動かずとも命あるものとして大切に扱っていれば、その思いを通じるのだと感じることができる映画です。

  • 3 声優としてたくさんの子どもたちが登場!独特の世界観を巧みに表現

    今作では渡辺歩監督の希望により、たくさんの子供が声優として出演しています。キー坊をはじめ、緑の星の地下で暮らす「森の民」、植物星の会議で植物と動物のつながりを訴える植物型宇宙人たちなど、映画ドラえもん史上最多とも言えます。

    つたないながらも核心を突く、子供たちの言葉に胸を打たれること間違いなしです。緑の星という身近にある世界を連想させる上で、同じ純粋さを持つ子供と植物は切っても切れない関係だったのかもしれません。

    作中のあどけない子供の声にぜひ耳を傾けてみてください。"

映画 ドラえもん のび太と緑の巨人伝の評価・感想・レビュー

ドラえもん シリーズのあらすじ一覧

その他のドラえもん シリーズ一覧

映画 ドラえもん シリーズのあらすじ一覧

その他の映画 ドラえもん シリーズ一覧

映画 ドラえもん のび太と緑の巨人伝と合わせてよく観られている人気の動画配信作品

この記事の執筆者
坂本菜緒
坂本菜緒

大学卒業後、公立小学校で教員として勤務。 その後、株式会社サイバーエージェントグループ会社である株式会社CyberOwlに転職。 現在、「aukana」の記事編集業務を行う。