閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

【映画 ドラえもん のび太の新恐竜】の動画を配信しているサービスはある??視聴したい人におすすめの動画配信サービス!

映画 ドラえもん のび太の新恐竜
上映中の映画館を探す

映画 ドラえもん のび太の新恐竜を配信中の動画配信サービス一覧

映画 ドラえもん のび太の新恐竜の動画が配信されているサービス

映画 ドラえもん のび太の新恐竜の動画が配信されているサービス詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

映画 ドラえもん のび太の新恐竜の作品紹介

映画 ドラえもん のび太の新恐竜のあらすじ

2020年にコミック連載開始から50周年を迎えた、国民的アニメ『ドラえもん』。その映画第40作となるオリジナルストーリーが、『映画 ドラえもん のび太の新恐竜』だ。2018年『映画 ドラえもん のび太の宝島』でシリーズ史上最高の興行収入53.7億円を記録した、監督の今井一暁、脚本の川村元気が再びタッグを組んだ。

ジャイアン(木村昴)、スネ夫(関智一)、しずかちゃん(かかずゆみ)とともに、恐竜博を訪れたのび太(大原めぐみ)。そこで見つけた化石を、絶滅した恐竜の卵だと信じたのび太は、ドラえもん(水田わさび)のひみつ道具・タイムふろしきを化石にかける。

化石は本当に卵で、中から双子の恐竜キュー(遠藤綾)とミュー(釘宮理恵)が生まれた。新種の恐竜2匹を苦労しながらも育てるのび太だったが、次第に大きくなり現代ではこれ以上育てきれなくなる。

キューとミューを白亜紀の時代へ返すため、のび太たち一行は6600万年前へ出発する。足跡を追ってたどりついた謎の島で、ついにキューとミューの仲間を発見するが、のび太たちの行動を監視する存在が現れる。果たしてのび太たちは、キューとミューを無事に送り届けることができるのか!?

映画 ドラえもん のび太の新恐竜のクレジット(監督・キャスト)

【キャスト・スタッフ】
ドラえもん:水田わさび
のび太:大原めぐみ
しずか:かかずゆみ
ジャイアン:木村昴
スネ夫:関智一

原作:藤子・F・不二雄
監督:今井一暁
脚本:川村元気

映画 ドラえもん のび太の新恐竜の登場人物・キャスト

  • のび太(大原めぐみ)

    勉強や運動は苦手だが、他人の心に寄りそえる純粋な心を持った少年。今作では、化石から復活させた恐竜キューとミューを、親代わりになって育てていく。現代で育てるのが難しくなり、2匹を元の時代である白亜紀へ返すために、ドラえもんや仲間たちとともに出発する。

  • ドラえもん(水田わさび)

    22世紀の世界からやってきたネコ型ロボット。ひみつ道具を使い、のび太の成長を見守っている。今作では、のび太から頼まれ、タイムふろしきを使い、化石を卵へと戻す。キューとミューを元の時代へ返すため、のび太たちとともにタイムマシンで出発する。

  • ジャイアン(木村昴)

    のび太の同級生。立派な体格でガキ大将のような存在。乱暴な言動も目立つが、仲間のピンチには立ち上がる熱い心を持つ。今作では、キューとミューを元の時代へ返そうとするのび太に、スネ夫、しずかちゃんとともに同行する。

  • スネ夫(関智一)

    のび太の同級生、金持ちの家の子どもで、ジャイアンとともにたびたびのび太をからかう。ピンチでは弱音を吐くことも多いが、最後には仲間とともに立ち向かっていく。今作ではジャイアン、しずかちゃんとともに、のび太に同行する。

  • しずかちゃん(かかずゆみ)

    のび太の同級生、おしとやかで優しい女の子で、お風呂に入ることが大好き。ドジの多いのび太に対しても、常に優しく接する。今作では、ジャイアン、スネ夫とともに、のび太に同行し、主にミューと行動をともにしている。

  • キュー(遠藤綾)

    のび太が化石から戻した卵から生まれた、双子の恐竜のオス。育ての親であるのび太に似て、弱気でのんびりとした性格。ミューと比べて上手く飛ぶことができずにいる。

  • ミュー(釘宮理恵)

    のび太が化石から戻した卵から生まれた、双子の恐竜のメス。活発で自ら積極的に行動を起こす。早い段階で飛ぶことができるようになる。

  • ゴル(間宮康弘)

    ジャイアンがひみつ道具「ともチョコ」を使い、友達になったティラノサウルスの仲間。

  • トップ(下和田ヒロキ)

    スネ夫がひみつ道具「ともチョコ」を使い、友達になったトリケラトプスの仲間。

  • 恐竜博士(小野大輔)

    のび太たちが恐竜博で出会った、恐竜の生態に詳しい博士。キューとミューを育てるのび太が、たびたびアドバイスをもらいにいく。

  • ジル(木村拓哉)

    猿の姿をした、怪しげな行動をとる謎の男。のび太たちの様子を監視しており、謎の島についても探り続けている。

  • ナタリー(渡辺直美)

    ジルと連絡をとり、命令を出す女。何らかの理由でのび太たちの行動を警戒している。

映画 ドラえもん のび太の新恐竜の見所ポイント

  • 1 まさかのセルフオマージュも! ネタバレ厳禁の『映画 ドラえもん のび太の新恐竜』!

    『ドラえもん』は連載開始から50周年、そして映画ドラえもんシリーズ通算第40作の記念すべき節目を迎えました。そんな歴史あるシリーズで、完全オリジナルストーリーとなるのが、『映画 ドラえもん のび太の新恐竜』です。

    記念すべき今作のゲスト声優は、木村拓哉、渡辺直美が抜擢されています。本編では、かつて公開された第26作『のび太の恐竜2006』にまつわる、セルフオマージュシーンも盛り込まれています。

    ドラえもんファンも驚きのシーンで、観ていない人に思わず話したくなる演出は必見です。

  • 2 『映画 ドラえもん のび太の新恐竜』の主題歌は、Mr.Childrenによる書き下ろし!

    これまでの映画シリーズでは、福山雅治、BUMP OF CHICKEN、Perfume、平井堅など、数々の豪華なアーティストが主題歌を担当してきました。

    そして今作では、その主題歌「Birthday」と「君と重ねたモノローグ」を、人気アーティストのMr.Childrenが書き下ろしています。

    今井監督が、少し人と違う子が進化、成長していくというテーマに合わせ、Mr.Childrenにオファーしました。「Birthday」と「君と重ねたモノローグ」はテーマに沿った応援歌として、ストーリーをより深める役割を果たしています。

  • 3 『映画 ドラえもん のび太の新恐竜』では、ユニークなひみつ道具が登場!

    ドラえもんといえば、毎回数々のひみつ道具が登場し、そのユニークなアイディアで観客を楽しませています。

    大きさや地形、天気を自在に変えられて、動物や虫を飼うことができる「飼育用ジオラマセット」で、のび太はキューとミューを育てます。また「探検隊セット」はどんな気候にも対応できるため、白亜紀に向かう一行が身に付けています。

    さらに、恐竜の足跡を追いかけてくれる「たまご探検隊」は、キャラクターとしての可愛さも必見です。もちろんタケコプター、タイムマシン、タイムふろしきといった、ファンにはおなじみの道具も登場します。

映画 ドラえもん のび太の新恐竜の予告・動画

映画 ドラえもん のび太の新恐竜の評価・感想・レビュー

ドラえもん シリーズのあらすじ一覧

その他のドラえもん シリーズ一覧

映画 ドラえもん シリーズのあらすじ一覧

その他の映画 ドラえもん シリーズ一覧

映画 ドラえもん のび太の新恐竜と合わせてよく観られている人気の動画配信作品

この記事の執筆者
aukana編集部
aukana編集部

aukanaは、毎日の生活をほんの少しだけワクワクさせるエンターテイメント情報を届けるメディアです。動画配信サービス、映画、ドラマ、アニメ、漫画、音楽など、エンターテインメント作品に関する情報が満載!