閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

『ワイルドスピード ICE BREAK(アイスブレイク)』無料動画配信・あらすじを一挙公開!車も徹底的に解説!

映画 洋画
提供元:U-NEXT
ワイルド・スピード ICE BREAK
更新日:

ワイルド・スピード ICE BREAKが今すぐ観れる

\おすすめの動画配信サービス/

※配信状況により無料ではない可能性がございます。

目次

ワイルド・スピード シリーズの作品一覧

※注1:現在、作品詳細情報がありません。

ワイルド・スピード シリーズの動画配信状況

【PR】 シリーズ配信本数:9本

※注1:現在、作品詳細情報がありません。

ワイルド・スピード ICE BREAKの動画配信・レンタル情報

ワイルド・スピード ICE BREAKの動画が配信されているサービス一覧

『ワイルドスピード ICE BREAK』をanitubeやアニポ、YouTube、dailymotionでダウンロードするのは違法! 動画配信サービスなら余計な字幕もなく快適!

数年前までは違法サイトでアニメ、ドラマそして映画を視聴することができましたが、近年は「違法アップロード」の取り締まりが厳しくなり、違法サイト数は激減しました。万が一、違法サイトで観れたとしても、画質が悪かったり、音が切れていたり、再生できなかったりと満足に映画を楽しむことができないばかりかパソコンがウイルスに感染する恐れもあります。しかし、動画配信サービスを利用すれば上記の懸念は一切なく、安心して動画を楽しむことができます。HuluやU-NEXTをはじめとする動画配信サービスは無料期間を設けていることが多く、気軽に始めることができ、動画配信サイトの収益は次の作品を作るための手助けになります。本当にアニメ・ドラマ・映画が好きであればこそ、動画配信サービスの利用をお勧めします。

『ワイルドスピード ICE BREAK』の映画の動画配信サービス一覧!『ワイルドスピード』シリーズが一気に観れるのはココ!

2019年8月現在、上記の5社で『ワイルドスピード ICE BREAK』の動画をレンタル視聴することができます。登録後に即時観れる作品もあれば、それぞれ作品ごとに都度課金するレンタル作品もあります。なかには無料期間内ポイントが付与されるサービスもあるのでチェックしてみてください。

それでは、『ワイルドスピード ICE BREAK』をレンタル視聴できるおすすめサービスを紹介していきます。

『ワイルドスピード ICE BREAK』の動画をレンタルするなら「dTV」がおすすめ!!

『ワイルドスピード ICE BREAK』を視聴したい方におすすめしたい動画配信サービスは「dTV」です。dTVでは『ワイルドスピード ICE BREAK』が課金レンタル作品なものの、他の『ワイルドスピード』シリーズは月額会員料金を払うと即時見ることができるというおすすめなサービスです。

dTVは初回登録限定で31日間無料のトライアル期間を設けていますので、期間中に『ワイルドスピード ICE BREAK』をポイントを使ってレンタル視聴することができます。また無料トライアル期間であれば、退会や解約に伴う違約金の発生や月額金の支払い義務も発生しません。

dTVは『ワイルドスピード ICE BREAK』の他にも映画やドラマ、アニメ、音楽ライブや漫画など豊富なジャンルのラインナップを取り揃えています。

『ワイルドスピード ICE BREAK』の動画をレンタルするなら「ビデオパス」もおすすめ!!

dTVの次におすすめしたいサービスは「ビデオパス」です。
ビデオパスなら『ワイルドスピード ICE BREAK』がレンタルできます。またdTVと同様に『ワイルドスピード』シリーズが登録後から見ることができます。

ビデオパスも初回登録に限り30日間無料のトライアル期間を設けているので、『ワイルドスピード ICE BREAK』をレンタルして視聴することができます。U-NEXT同様に、無料トライアル中の退会、解約も問題ないので安心です。

ビデオパスはauユーザー以外でも加入できる動画配信サービスなので、誰でも利用できます。「auマンデイ」「auシネマ割」など映画館での鑑賞料金割引も! 映画好きならビデオパスがおすすめです

『ワイルドスピード』の新作『ワイドル・スピード / スーパーコンボ』は公開中!?ホブスとショウが大暴れ!

日米同時公開のワイドル・スピード / スーパーコンボ』。ずばり公開日は8月2日(金)ということで現在公開されています。

新作の『ワイドル・スピード / スーパーコンボ』はワイドルスピード史上初めてのスピンオフ映画。W主人公を務めるのは人気キャラクターのルーク・ホブズとデッカード・ショウです。『ワイルドスピード EURO MISSION(ユーロミッション)』でホブズの職場で奇襲を仕掛け、殺そうとまでしたデッカードショウが本作で手を組むのは新鮮で爽快ですね。

しかし、なぜ争っていたホブズとデッカード・ショウが手を組むようになったかという経緯に疑問をいただいている人も多いのではないでしょうか。その理由は『ワイルドスピード ICE BREAK』で明かされることになるんです。なので是非、『ワイドル・スピード / スーパーコンボ』をご覧になる人は事前に予習として『ワイルドスピード ICE BREAK』を見ていただきたいですね。

映画『ワイルドスピード ICE BREAK』の魅力と見どころを徹底解説!(ネタバレ注意)

12.39億ドルの興行収益を叩き出した『ワイルドスピード ICE BREAK』。その額は有名な『アナと雪の女王』の12.76億ドルとあまり大差がないのですから驚きです。それではド派手なカーアクション満載の『ワイルドスピード ICE BREAK』を徹底解説していきます。

トレットがファミリーを裏切る?その真相とは?

今までファミリーの中心でメンバーを支えてきたトレットがファミリーを裏切ります。『ワイルドスピード SKY MISSION(スカイミッション)』で記憶を取り戻したレティとともにハネムーンを楽しんでいたトレット。キューバでの生活は順風満帆と言えるものでした。そこにホブズからの連絡がきます。内容は「EMPという大量破壊兵器が盗まれたから取り返してほしい」とのこと。トレットは仲間を集めてEMPの奪還の任務に着手します。見事な連携プレーでEMPを奪還したトレットたち。しかし最後の最後でトレットが仲間を裏切り、EMPを奪い去ってしまいます。突然の行動にファミリーメンバー騒然。裏切った理由は一体何なのでしょうか?

ついに一連の事件の黒幕が明らかになる!? 潜水艦 VS スポーツカー

『ワイルド・スピード EURO MISSION』などの一連の黒幕が明らかになります。その人物とはサイファー。サイバーテロリストでハッキングの道のプロ。知らない人がいないほど有名な人物です。彼女の目的は核ミサイルの発射できるほどの権力を持つこと。そのためにニューヨークの車をジャックしたり、ロシアの潜水艦を盗んだりと予想をはるかに超える悪事に身を染めてしまいます。果たしてトレットたちはサイファーを止めることができるのか。そして、潜水艦をスポーツカーで止めることができるのか。

敵と手を組む!? 死んだと思われていたあの人が生きていた!?

死んだとおもれていたあの人物が生きていました。それはオーウェン・ショウ。彼は『ワイルド・スピード EURO MISSION』で病床に搬送されていたことから死んだと思われていました。しかし、本作で再登場します。『EURO MISSION』で敵同士だったトレットとオーウェン・ショウが手を組んでサイファーを追い詰めるシーンはハラハラドキドキです。そして本作で殺されたオーウェン・ショウの兄デッカード・ショウが生きていたというシーンも痛快で見ていて飽きません。

映画『ワイルドスピード ICE BREAK』の裏話を一挙公開!

『ワイルドスピード 』シリーズの中でも演出がド派手だった『ワイルドスピード ICE BREAK』。たくさんの裏話が渦巻く中、3つ紹介したいと思います。

『ワイルドスピード ICE BREAK』で700台の車はどうやって運転された?

実際にどう撮影されたかどうかははっきりしていません。参考にと英文の記事も探してみたのですが。。。しかし、700台の車をハッキングして自動運転させることは現在の技術では不可能であるという記事が海外サイトでよく取り上げられていることから実際に取られた映像ではなくCGで作られた可能性が高いのかもしれません。また撮影はニューヨークで行われたわけでなく、合成されたらしいということも明らかになっています。


『ワイルドスピード ICE BREAK』のスタントは100人以上!?

映画のエンドクレジットには100人以上のスタントマンの名前が。
キューバ、クリーブランド、ニューヨークと様々な場所を舞台として行われたスタントシーン。本当の演出にこだわるからこそ、たくさんのファンに愛された止まない映画なのでしょうね。

トレットとヘレナの子供は「ブライアン」と名付けられた。その理由は?

最後のエンドクレジットの前のシーンで、トレットはヘレナとの子供にブライアント名付けます。映画内で明らかにされていないことから事実かどうかはなんとも言えませんが、ブライアンという名前は「ブライアン・オコナー」からきているそうです。

『ワイルドスピード SKY MISSION(スカイミッション)』のクランクアップ前に不慮の事故に遭ってしまい帰らぬ人になってしまったポール・ウォーカーをいたわってのことでしょう。

映画『ワイルドスピード ICE BREAK』の主題歌、挿入歌を紹介!

『ワイルドスピード ICE BREAK』で使われている主題歌や挿入歌の中で、おすすめなものを一つ紹介します!

映画『ワイルドスピード ICE BREAK』のエンディングはLil Uzi Vert, Quavo & Travis Scottの「Go Off」

ペンシルベニア州フィラデルフィア出身のルウージーヴァートが歌を担当。
全米チャートで1位を獲得するほどの実力派のラッパーのルウージの由来は「小型マシンガン」という言葉から来ています。なぜなら、「マシンガン」のように高速でラップすることを友人から評されていたからだとのことです。またヴァート(垂直)は「トップまで一直線に行け」という希望が込められているといいます。

『ワイルドスピード』の原題が違う?なぜ『The Fast and the Furious』なの?

あまりに馴染みすぎて違和感がない『ワイルドスピード』というタイトルですが、原題は『The Fast and the Furious』なんです。原題を直訳すると「速くて猛烈なもの」になります。ちなみに『ワイルドスピード ICE BREAK』の原題は『The Fate of Furious 8』です。

原作の雰囲気を残しつつ邦題をつけるのは大変難しいことですが、『ワイルドスピード』シリーズでは滞りなく邦題がついていますね。原作を直訳して『ファスト・アンド・フューリアス』って名前にしてしまったらこれほど日本で大人気にならなかったかもしれません。『フューリアス』は文字列からしてSFチックな印象を受けますからね。

『ワイルドスピード ICE BREAK』登場人物/キャスト(吹き替え声優)一覧

『ワイルドスピード ICE BREAK』で出演している登場人物/キャスト(吹き替え声優)を一挙解説します!

『ワイルドスピード ICE BREAK』ファミリーメンバー

『ワイルドスピード ICE BREAK』でのトレットのファミリーメンバーです。『ワイルドスピード SKY MISSION』で世界中に散り散りになったメンバー達。しかしトレットの一声でまた本作で再結集します。

ドミニク・トレット /ヴィン・ディーゼル (楠大典)

『ワイルドスピード』シリーズ全般を通して、ファミリーの中心としてメンバーを支え続けている主人公の1人です。幼い頃からストリートレースを好み、ゼロヨン(約400m)レースが得意です。仲間を第一に思い行動する兄貴分な性格の持ち主で誰からも尊敬されていますが、本作では元恋人であったヘレナと彼女との子供を人質として取られてしまい、ファミリーを裏切るという行動に出ます。

出演したヴィン・ディーゼル は『ピッチ・ブラック』や『リディック』などの作品にも出演しています。声優は楠 大典さんが担当しています。

レティ・オルティス /ミシェル・ロドリゲス(甲斐田裕子)

トレットの幼い頃からの付き合いであり恋人。敵からの発砲により記憶を失うという過去があり、ファミリーを離れてトレットたちと対峙していた時期がありました(ワイルドスピード EURO MISSION(ユーロミッション))。ドライブテクニックはトレットに劣らずで乗っている車はアメ車が多いです。

演じるミシェル・ロドリゲスの他の出演作品は『アバター』や『マチェーテ』などで、車の免許がなくても『ワイルドスピード』に挑戦し、その後すぐに免許を獲得するなどの器用さが見られます。

声優は甲斐田裕子さん担当しており、アンハサウェイなど多様なジャンルで活躍されています。

ローマン・ピアース/タイリース・ギブソン(松田健一郎)

常に口が達者なムードメーカー。『ワイルドスピード ICE BREAK』では自分がメンバーの中で11番目ということに嫌悪感を隠せていないようでした。10番目で女性のラムジーに文句を言っていたぐらいですからね。減らず口が印象的な彼ですが、車の運転はピカイチ。ロシアの氷上でスリップしながらも運転し続けるその技術には脱帽でした。またスポーツカーが好きらしく本作ではランボルギーニやベントレーなど「ザ・スポーツカー」に乗っています。

演じるタイリース・ギブソンの他の作品には『ラヴ・ソング』『マッド・レイジ』などがあります。

声優は松田健一郎さんが担当しており有名な作品にジョジョのドノヴァンなどの声などがあります。

テズ・パーカー/クリス・“リュダクリス”・ブリッジス(渡辺穣)

コンピューターのプログラミングから電子機器の取り扱い、車の修理・改造までなんでもこなすことができます。『ワイルドスピード』全体を通して、トレットたちのブレインとしてチームを支え、本作でも機械の搬入から電子機器まで幅広く活躍します。

演じるクリス・“リュダクリス”・ブリッジスの他の作品は『ウォッシュ』『ロックンローラ』などがあります。

声優は渡辺穣さんが担当しており、本作以外の有名な作品では『ALCATRAZ/アルカトラズ』のハーマン役やオーシャンズシリーズのデル役などがあります。

ラムジー/ナタリー・エマニュエル(坂本真綾)

テズと同じく技術系に特化しているメンバーの1人です。特にハッキングが得意そう。本作ではサイファを止めるためにハッキングをかけて潜水艦を止めようとしますが、サイファの方が一枚上手でした。またローマンが彼女が10番であるということに文句を垂れていましたが、本人はあまり気にしていなさそう。

演じたナタリー・エマニュエルは他の作品として「メイズ・ランナー」シリーズに出演しています。

声優を務める坂本真綾さんは『〈物語〉シリーズ』の忍野忍役などアニメ作品にて多数の担当を持っています。

ルーク・ホブス/ドウェイン・ジョンソン(小山力也)

『ワイルドスピード』シリーズの序盤では外交保安官としてトレットたちに関わります。最初はトレットたちを敵対視していたのですが、徐々に彼らの技術や能力に惚れ込んで依頼を持ってくるようになります。

FBI側といえど型破りな行動をするので特徴的ですが、娘に対しては部活のコーチを手伝うほどの優しい一面も。フットボールチームで見せたあのダンスはディズニー映画の『モアナ』を思い出させるものでした。

『ワイルドスピード』以外の有名な作品には「ザ・ロック」があります。
「ロック様」といわれるくらいですからね。相当人気なことがわかりますね。

声優を担当しているのが小山力也さんです。有名な作品では24のジャックバウアーが挙げられます。

ミスター・ノーバディ/カート・ラッセル(大塚芳忠)

秘密工作員の組織をまとめており、多少の問題が発生したとしても持ち前の戦闘能力と交渉能力を武器にして対処していきます。『ワイルドスピード ICE BREAK』では引き継ぎも兼ねてリトル・ノーバディと共に行動します。

演じるカート・ラッセルは他の出演映画は『ヘイトフル・エイト』『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス』などがあります。

声優を担当している大塚芳忠さんは『NARUTO -ナルト-』の自来也などの作品に出ています。どすの利いた声は誰しも聞いたことがあるのではないでしょうか

リトル・ノーバディ/スコット・イーストウッド(小野大輔)

ミスター・ノーバディの部下で、新米捜査官として登場します。上司のミスター・ノーバディと比べると能力は劣りますが、ひたむきに捜査を手伝い、トレットたちを助けていきます。

ミスター・ノーバディの部下で。新米捜査官として本作に登場します。新米であるがゆえ、マニュアル通りの捜査をしてしまいホブズの怒りを買ってしまいます拘置所から出所したホブズに対して妹を引き合いに出したリトル・ノーバディがホブズによって抑えられるシーンはヒヤリとしました。しかし、ひたむきで素直な性格から捜査が進むにつれて馴染んでいき、チームのやり方に慣れていきます。

演じているのはスコット・イーストウッド。あの有名な映画監督クリント・イーストウッドの息子です。

声優をと止めた小野大輔さんは『ジョジョの奇妙な冒険 Parte3 スターダストクルセイダース』空条承太郎の声などを担当してます。

テゴ・レオ/テゴ・カルデロン(ピストン西沢)

『ワイルドスピード MEGA MAX』後、久しぶりに登場。
死んだはずのオーウェン・ショウを救護車に入れて助けます。

リコ・サントス/ドン・オマール(吉村昌広)

『ワイルドスピード MEGA MAX』後、久しぶりに登場。
テゴと同様にオーウェン・ショウを助けます。

演じるドン・オマールは『ワイルドスピード』の主題歌を務めるほどの有名なアーティストですね。

デッカード・ショウ /ジェイソン・ステイサム(山路和弘)

オーウェン・ショウの兄で、『ワイルド・スピード EURO MISSION』で弟が痛めつけられたことでトレットたちに復讐することを誓います。そしてトレットの仲間のハンを殺し、ホブズの仕事場に忍び込んで、ホブズを入院させます。

しかし、『ワイルドスピード ICE BREAK』で本当の黒幕がサイファであることを知り、かつ母にお願いされたこともあってトレットを手伝うことを決意します。自分1人でサイファに挑むつもりであったが母の意向もあって兄弟で飛行機を乗っ取る作戦を組みます。

常時、強面な表情な彼ですが、弟の仇を取るためにホブズを襲撃したり、トレットとエレナの子を手厚くあやしているところから優しい一面が伺えます。

声優は山路和弘が務めています。有名作品では『デュラララ!!×2』でドラゴン、ワンパンマンのシルバーファングなどがあります。

オーウェン・ショウ /ルーク・エヴァンズ(東地宏樹)

デッカード・ショウの弟で、トレットの恋人レティが記憶を失っているということをいいことに利用し、部下にしていましたが、レティがオーウェンのやり方に賛同できず、チームを去るという過去がありました。『ワイルドスピード SKY MISSION(スカイミッション)』で病床にいる姿が映されていたために、死んだと予想されていましたが『ワイルドスピード ICE BREAK』で見事復活を果たします。

演じているルーク・エヴァンズは俳優としての早い時期から自身がゲイであることをカミングアウトしていました。また「カミングアウトしたことによって仕事に影響が出たことはなかった」とインタビューで語っています。

声優を担当した東地宏樹の他の作品では『プリズン・ブレイク』のマイケル・スコフィールド役の吹き替えを担当していました。

エレナ・ネベス/エルサ・パタキー(坂井恭子)

ブラジルで出会った警察官である夫を亡くしたことで、警察官を志すようになった女性捜査官。『ワイルド・スピード MEGA MAX』でトレットの恋人になりますが、死んだはずの元恋人レティが戻ってきたことで関係が解消されます。あまり長くはありませんでしたね。エレナはトレットの子供を授かりますが『ワイルド・スピード ICE BREAK』で惜しくもサイファに人質として捕らえられ最終的に殺されてしまいます。

声優はは坂井恭子さんが担当しています。

『ワイルドスピード ICE BREAK』で登場していないファミリーメンバー

『ワイルドスピード SKY MISSION』までは出演していましたが、『ワイルドスピード ICE BREAK』はストーリー上の理由で出演しなかった主要メンバーを紹介します。

ブライアン・オコナー/ポール・ウォーカー(高橋広樹)

『ワイルドスピード』の主人公の1人。『ワイルドスピード』ではロサンゼルス警察、また『ワイルドスピード MAX』ではFBI捜査官でした。悪事を暴く、カーレースをするという信念を持っているものの強引な手法から警察側からはうまく思われないことが多く、昇進や剥奪を繰り返しています。またトレットの妹であるミアと結婚し、トレットたちの仲間になります。

しかし、ブライアンを演じていたポール・ウォーカーが『ワイルドスピード SKY MISSION(スカイミッション)』のクランクアップ前に不慮の事故に遭ってしまい帰らぬ人になってしまいます。『ワイルドスピード ICE BREAK』ではトレットが引き戻そうとしたもののレティが引き止めることで出演はありませんでした。

ポール・ウォーカーの出演作品としては『タイムライン』や『フルスロットル』などがあります。

声優は高橋広樹さんが担当しています。ジェイクギレンホールの役の吹き替えをすることが多いようです。

ミア・トレット/ジョーダナ・ブリュースター(園崎未恵)

トレットの妹であり、ブライアンに惹かれて結婚します。女性らしい一面を持ちながらもドライブテクニックは兄譲り。ブライアント同様にレティがトレット止めたため『ワイルドスピード ICE BREAK』の出演はしていません。ブライアントの子供を授かったためにレティが気を使った可能性が高いですね。

『ワイルドスピード』以外の作品では『パラサイト』や『テキサス・チェーンソー ビギニング』などがあります。

声優は園崎未恵さんが担当しています。

『ワイルドスピード ICE BREAK』の敵メンバー

『ワイルドスピード ICE BREAK』の敵メンバーです。ハッキングを利用してレティやホブズ達を追い詰めていきます。

サイファー/シャーリーズ・セロン(田中敦子)

一連の事件の黒幕。サイバーテロの中では名前が知らないというほど有名で、特にハッキングに関してはピカイチとのことです。冷徹な性格を持ち、目的のためであればなんでもこなすという怖さがあります。恋人のレティの前でトレットにキスをしたシーンは衝撃的でした。そんな彼女の目的は一体何なのでしょうか。本作で明かされます。

演じるシャーリーズ・セロンは『マッドマックス』『アトミック・ブロンド』などの作品に出ている女優です。

声優を務める田中敦子さんの他の作品には『攻殻機動隊』や『NARUITO ナルト』などがあります。

『ワイルドスピード ICE BREAK』の車種一挙紹介!

なるべく正確かつ、裏話を盛り込めるように海外の『car and bike』を参考に内容をまとめてみました!

プリマス(プリムス) GTX

トレットがニューヨークで乗り回していた車です。
初代から受け継いだパワー・バルジというボンネット上の膨らみが特徴的で、マッスルカーと言われています。日本では所ジョージさんが所有していることで有名ですね。

フォード カスタムライン

本作の序盤で、キューバ最速と言われる男ラルドが乗っていた車です。大幅なモデルチェンジを得て一般車というイメージを払拭し、高級志向のブランドを作り出しました。まさにフォードが車業界を牽引し、車のデザインが大きくシフトしていく時代の流れが目に見えてと感じられます。

ダッジ チャージャー

トレットがロシアの氷上で使っていた車です。潜水艦に向かって飛んでいくシーンはスリル満点でしたね。トレットといえばダッチチャージャーで、スーパーチャージャーといわれる「過給器」が特徴的ですが、今回は氷の上ということもあって取り付けられていませんね。ちなみにスーパーチャージャーは空気をたくさん取り込んで圧縮しエンジンに送り込むことができる機械で、ボンネットから縦に突き出ています。見た目は煙突みたいですね。

マッドマックスの車などのように特別に作られています。なのでファインダーなど独特な形をしています。

アイス・ラム

ホブズがロシアで乗っていた車です。ドウェイン・ジョンソンがインスタグラムで『ワイルドスピード ICE BREAK』の公開前にアイス・ラムに似た車を紹介していたのがきっかけでファンの間で話題になりました。氷上なことも考慮し、トラックに改造が加えられています。タイヤがキャタピラになっているのと掘削することができそうなアームが付いているのが特徴ですね。本作ではそのアームでミサイルを防ぎました。

内容は英文の記事を参考にしています。

ダッジ チャレンジャー SRTデーモン

ベルリンで乗っていた車です。相変わらずチャージャーは「マッスルカー」ですね。

シボレー コルベット スティングレイ C2

レティがニューヨークで乗っていた赤のコルベット。本作で出てくるのが2代目で、最近出たのが8代目なので歴史を感じますね。特にファンの中ではC3といって3代目が人気があるようです。生産台数でも50万ほどと売り上げを特に上げており、そのフォルムのベースは「Mako Shark II」からきています。

シボレー インパラ

序盤でトレットがキューバ最速のラルドと賭けた車です。キューバが舞台なこともあって、質が高いアメ車が揃っていますね。インパラの最新モデルのデザインがキャデラックみたいなゴツゴツしたものになっていることから、本作で登場するような50,60年代のものは大変珍しいのかもしれません。

シボレー フリートライン

序盤のレースでトレットが使用した車です。もともとフェルナンドの車でレース仕様にするためにドアやミラーを全て外しました。またゴール間際にバックで進むシーンは誰もが予想もしていなかった展開でしたね。本作ではあまり目立ちませんが、当時は破格の値段で価格設定されていたようです。コブダイみたいなボンネットが特徴的

スバル BRZ

リトル・ノーバディが運転していた車です。本作では少ない日本車の一つですね。BRZの名前の由来はBはボクサーエンジン(Boxer Engine)、Rは後輪駆動(Rear wheel drive)、Zは究極(Zenith)で、それぞれの頭文字から名前を取っています。後輪駆動は自転車などが代表例で、車の前部にエンジンが位置し後輪を駆動させる方式のことをさします。

スバル WRX STI

リトル・ノーバディが乗っていた車です。彼は日本車が好きなのかもしれませんね。本作で出てくる車2つともスバルのものなのですから。400万ほどで取引されており、先日改良モデルが新たに発表されました。ウイングが似合う車ですが、好みは人それぞれですね。

ランボルギーニ ムルシエラゴ LP640

ローマンがロシアで乗っていた車です。スタッドレスにしていなくて氷を滑っていましたね。それでスリップしないローマンの運転も流石なのですが。

ムルシエラゴはスペイン語で「コウモリ」を表しており、その名の通り扉が縦に開くんです。フロアパネルと一部の補強構造にカーボンファイバーが使われてて、そのため車内の座席の触りごごちが他社の車と明らかに違います。やはりスーパーカーは軽さと丈夫さが求められた故の素材なんでしょうね。

時速100キロまでたった4秒足らずで達するこの車の色はオレンジ。今日ではランボルギーニ アヴェンタドールが代用車として使われていることが多いですね。

ベントレー コンチネンタルGT

ローマンがニューヨークで運転していた車で、ド派手な赤と白のカラーリングが特徴的でした。クーペと言われる2人乗りの車ですね。

現在の取引価格の平均が2000万を超えているから驚きですね。ちなみに新型コンチネンタルGTは4人乗りで2500万円以上の価格です。価格的には走る「家」といっても過言ではないのでしょうか。

メルセデスベンツ AMG GT

テズとラムジーがニューヨークで乗っていた車です。
現在1600万ほどで取引されており、いわゆるスポーツブランドのベンツ車であることがわかりますね。ドイツ南部のアッファルターバッハに拠点を構えるAMG本社。そこから来た車をファンが「アーマーゲー」という車はまた違った魅力を放っています。

ジャガー Fタイプ

ニューヨークでデッカード・ショウがドミニクを追っているときに使っていた車です。現在の取引価格が800万ほどで、オプションをつけると1000万に余裕で達しそうです。クーペ仕様で、長いノーズ部分とリアエンド(後端)にかけてのなめらかな曲線美は誰がみても欲しいと思うに違いないでしょう。

ローカルモーターズ ラリーファイター

『トランスフォーマー・ロストエイジ』でも有名になったこの車は本作ではロシアでレティによって運転されていました。車体がスポーツカーと比べると高く、Jeepを思い出させるほどです。しかし、エンジンは6.2LでV8、430馬力のパワフル車で、氷上の厳しい場面で使われるのも納得です。

ワイルド・スピード ICE BREAKの評価・感想・レビュー

ワイルド・スピード ICE BREAKの動画が配信されているサービスの詳細

シリーズ配信数
8
レンタル

毎月1,200円分のポイント付与!最新作をお得に見たい方はU-NEXT

月額料金 2,189円 (税込)
31日間無料
作品数 5,023本 (内定額見放題:4,089本)
機能 アカウント共有ができるから家族で使える!ペアレンタルコントロールで視聴制限も可能
こんな方に 最新劇場公開作やTV放送中の作品をイチ早く見たい方

U-NEXTで配信中のおすすめ作品

シリーズ配信数
8
レンタル

ドコモユーザー以外も使える!月額550円(税込)のバラエティに富んだ低価格サービスはdTV

月額料金 550円(税込)
31日間無料
作品数 2,416本 (内定額見放題:871本)
機能 音楽プレイリスト機能やカラオケなど音楽に強い。別アプリでVR動画も!
こんな方に 低価格で映画もカラオケもコミックも楽しみたい欲張りな方

dTVで配信中のおすすめ作品

シリーズ配信数
8
レンタル

宅配DVDレンタルとの併用で見られない作品はほとんどナシ!?TSUTAYA!

月額料金 2,658円(税込)※動画見放題+定額レンタル8の場合
30日間無料
作品数 非公開
機能 オフライン再生や動画のダビングもできる。宅配レンタルが魅力!
こんな方に 動画配信サービス+CD・DVDの宅配レンタルも利用したい方におすすめ!

TSUTAYA TV/DISCASで配信中のおすすめ作品

シリーズ配信数
8
レンタル

月額あたり約500円!独占配信やオリジナル作品も充実

月額料金 500円(税込)※年会費4,900円
30日間無料
作品数 8,755本 (内定額見放題:2,150本)
機能 オフライン再生やマルチデバイスでの視聴に対応!
こんな方に とにかく安い月額料金で利用したい方・話題のオリジナル作品を楽しみたい方・Amazonの利用が多い方

Amazonプライムビデオ(Amazon Prime Video)で配信中のおすすめ作品

ワイルド・スピード シリーズの作品一覧

ワイルド・スピード ICE BREAKに関する記事一覧

ワイルド・スピード ICE BREAKと合わせてよく観られている人気の動画配信作品

この記事の編集者
マーシャ
マーシャ

大学卒業後、株式会社CAMに入社。 同年、グループ会社である株式会社CyberOwlへ出向。 現在、「aukana」の記事編集業務を行う。

この作品を配信中のおすすめ動画配信サービス