SHARE

contents kv

出典:amazon

2019/05/08
1,503 0

新作『ワイルドスピード ICE BREAK』の前に『ワイルドスピード SKY MISSION』を観てみない?

ワイルド・スピード SKY MISSIONが今すぐ観れる

\おすすめの動画配信サービス/

※配信状況により無料ではない可能性がございます。

2001年から公開されているシリーズ7作品目『ワイルド・スピード SKY MISSION』。2017年4月には、新作『ワイルド・スピード ICE BREAK』が公開!次回作もあのモンスターが登場!その前に、もう一度おさらいとして『ワイスピ SKY MISSION』を観てみない?

目次

『ワイルド・スピード』とは

2001年に1作目『ワイルド・スピード』が公開されてから、過激なカーアクションとスピード感で多くのファンを魅了してきた本シリーズ。

2003年には『x2』、2006年には『x3 TOKYO DRIFT』など、2017年1月現在7作品がシリーズ化している。

カーチェイスや爆破は当たり前。超ロングなタンクローリー強奪や、大金庫強奪など、普通ではありえないことも彼らはやってのけてしまうお尋ね者。

シリーズを追うごとに過激さも増しており、今や男性だけでなく女性をも魅了する作品となっている。

仲間をファミリーと呼び、リーダーとなって先頭に立つのは、ヴィン・ディーゼル演じるドミニク・トレット。

また登場する車の種類や台数の多さ、高級車もレプリカを造って登場させるなど、車好きにはたまらない映画である。

『ワイルド・スピード』シリーズの時系列

公開されてから、ますます過激になっていく『ワイルド・スピード』(以下ワイスピ)シリーズだが、7作品目ではついに空を飛んだ!

車が空を飛ぶなんてありえない?いや、そうでもないのである。『ワイスピ』に不可能はないのだ。

またこの作品には時系列があり、公開された順番に観ていてもワケがわからなくなってしまう。
EURO MISSIONで死んだはずの仲間が次の作品に出ていたり、いきなり仲間として加わっている者もいる。

順番としては、1作目『ワイスピ』→2作目『×2』→4作目『MAX』→5作目『MEGA MAX』→6作目『EURO MISSION』→3作目『×3 TOKYO DRIFT』→7作目『SKY MISSION』。

この順番で観れば、すべて辻褄が合うようになっている。そして、2017年4月に公開される『ICE BREAK』が8作目となるのである。

『SKY MISSION』では、弟の復讐に燃えるデッカード・ショウとの戦いが繰り広げられたが、ヤツはまだ諦めてはいない。

新作では、さらなる過激な戦いが繰り広げられるのだ。まず、ショウが報復として行動したのは、『×3』でハンを事故死させたことである。

10年以上も前の作品だが、『×3』では、北川景子や妻夫木聡もカメオ出演している。
そこから10年後に公開された作品に繋がるとは…。分かりにくくても仕方ないかもしれない。

空から車が落ちていくド迫力に目が釘付け!

『SKY MISSION』の見どころといえば、タイトル通り空から降ってくる車。だが、実はそれだけではないのである。

「神の目」という監視プログラムを開発した、ラムジーという女性を守るミッションに加え、デッカード・ショウとのカーチェイス。
また、ポール・ウォーカー危機一髪のシーンは、ドキドキハラハラものである。

そして何といっても『ワイスピ』には欠かせない、車の数々。ビルからビルへと飛び移る車。そこでもあの高級車が空を飛ぶのである。

とにかく舞台は空だけあって、上空からのアングルといい、地上からのアングルといい、すべてに目が釘付けになってしまうのである。

それもそのはず、実際に車を24mほどの高さから、木の上に落として撮影していたのである。
また危険なシーンではスタントマンを使っているが、彼らにとってもニセモノではなく現実を撮ることがゴールだという。

『ワイスピ』シリーズは、あまりCGを使っていないことでも知られているが、車でもスタントでもそれぞれのプライドがリアルさに繋がっているのだろう。

全シーズンのなかで最凶の敵はデッカード・ショウ

デッカード・ショウは、『EURO MISSION』で登場した、オーウェン・ショウの兄である。

弟をボコボコにしたドミニクたちに、報復したのだ。しかもこの男、かなりヤバイ人物である。
元イギリス軍特殊部隊に所属していた秘密諜報部員で、モンスターと呼ばれるほど危険な人物なのだ。

また、シリーズきっての最凶最悪の人物で、どのくらい悪いのか辞書でも表現する言葉がないほど。

デッカード・ショウを演じているのは、ムッキムキの筋肉美がたまらないジェイソン・ステイサム。

ヴィン・ディーゼルがSNSで、共演者は誰がいいかとファンに尋ねたところ、ジェイソン・ステイサムの名前が圧倒的に多かったのだ。
こうして、最強のデッカード・ショウがステイサムに決まったわけだが、最強というところでは、申し分のない配役である。

冒頭での、ドウェイン・ジョンソンとステイサムの格闘シーンも、滅多に観られない貴重なワン・シーンであることには間違いない。

車ファンにはたまらない!あの車ってもしかして?

アブダビの大富豪が所有していた”野獣”は、Wモーターズ・ライカンハイパースポーツである。

世界で最も高価な車であり、日本円で3億4000万円を超え、限定7台しか生産されていない。

さすがに本物を使うわけにはいかないので、撮影にはポルシェ・ボクスターをベースに制作した、ライカンハイパースポーツのレプリカが6台用意された。

まさしくこの”野獣”が、そびえ立つマンションのペントハウスから解き放たれ、正面のビルまで空を滑走したのである。
その姿は見事に美しく、スローアップのときは、そのド迫力に身震いしてしまうほど。

また、車が空を駆けているような横からのアングルにも、度肝を抜かれてしまうのだ。

エンディング『See you again/Wiz Khalifa』は涙を流さずにはいられない!

『ワイスピ SKY MISSION』のラストシーンで流れる『See You Again』は、過去の回想映像にリンクしている。

まさに、この作品が遺作となったポール・ウォーカーに捧げるものとなった。『ワイスピ』ファンなら、誰もが涙を流したことだろう。

『ワイスピ』の主人公として、絶大な人気を誇ったブライアン・オコナー役のポール・ウォーカー。本作の撮影半ばで、不慮の事故によって亡くなっている。

この『SKY MISSION』は、大事な仲間でありファミリーのウォーカーに捧げると、ヴィン・ディーゼルも語っていたがその思いはファンも同じである。

その映像と歌詞には、まさにポールへの思いが詰め込められているので、思い出さずにはいられないのである。

新作『ICE BREAK』も桁違いの破壊力! 準備はいいか?ファミリー

2017年4月に公開が予定されている『ワイスピ』シリーズ最新作『ワイルド・スピード ICE BREAK』。

今回はミッションではなくBREAKなので、桁違いの破壊力が期待される。
しかも、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』に出演した美女、シャーリーズ・セロンも登場するのだ。

そして内容はというと、なんと”ファミリー”をあれほど大切にしていたドミニクが、仲間を裏切るというのである。

決してありえない内容に、あっけに取られたファンも多いのではないだろうか。また、公開された予告映像では、ホブスが逮捕されている…。

どうやらドミニクは操られているようだが、デッカード・ショウがドミニクの”ファミリー”と行動を共にしている様子も…。

どうなる最新作!今度の敵はさらに厄介なやつらかもしれない。準備は出来てるか?ファミリー!

参考元

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

合わせて読みたい

このニュースに関連する作品と動画配信サービス

ワイルド・スピード SKY MISSION

動画が配信されているサービス一覧

定額見放題

933 円/月

Hulu詳細

レンタル

562 円/月

ビデオパス詳細

定額見放題

500 円/月

dTV詳細

購入

2,417 円/月

TSUTAYA TV/DISCAS詳細

レンタル

500 円~/月

ビデオマーケット詳細

ワイルド・スピード ICE BREAK

動画が配信されているサービス一覧

レンタル

562 円/月

ビデオパス詳細

レンタル

500 円/月

dTV詳細

レンタル

2,417 円/月

TSUTAYA TV/DISCAS詳細

レンタル

500 円~/月

ビデオマーケット詳細

「洋画」人気ニュースランキング